2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

【閲覧注意】惨めさを痛感するコピペ 後半

 



関連】
【閲注意惨め痛感する
【閲覧注意】惨めさを痛感するコピ 中盤


304 :以下名無にかりましVIPがお送り:2011/08/09(火) 20:02:20.65 ID:v1NxeI2S0
そうの前 中学の時好で振られになんとなく会い稿に行った

近いもう20過から。時効的なじで。

なんか家にみたいでて久ーとか話した。近所あい的なやつで。

回目でああれてるのかってやっと気づ


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:02:52.13 ID:L3uS82GU0
俺の親友A 

俺の好きな女B 

そして俺

高校時代 3人は仲良しだった

出かける時は3人でいつも出かけたものだ

問題は俺はBに惚れていた 

だが BとAはお互い好きあっていたようだ

つまり俺は恋の上では邪魔者だ・・・そう感じていた

よくBの家で晩飯をご馳走になっていた 

だがBの母親はイケメンのAがお気に入りらしかった 待遇が違った・・・


なぜそんな思いをしてまで2人と一緒にいるかと言えば

2人きりにしたら・・・と思うと怖かったからだ


ある日俺達はBの家で遊んでいた 俺は眠くなりベットを借りて少し眠る事にした。


自然と目が覚め 目を開けると目の前にはAとBがキスしている姿が目に入った・・・

俺は目をつぶり 今起きたかのように振舞った

2人はサッと離れ何もないフリをした


俺は眠いので帰るといい 一人帰った 

惨めに泣きながら帰った


あの部屋でその後 何が起きたかなど考えたくも無かった・・・



309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:05:39.97 ID:L3uS82GU0
俺が会社の面接を受けに行ったときのやり取りなんだが。


面接官「悪いけどひょっとして君、女の子と付き合ったことないんじゃない?」

俺「そうですけど・・(何か?)」

面接官「やっぱりね。そんな感じがしたよ。今時そんな人いるんだ(軽蔑したような目で)」

俺「・・・・」

面接官「あのですね、うちの会社では そういう人はやっていけないと思うんだよね。女子社員多いし」

「やっぱそっちの方の経験もそれなりにないとね、人間としてちょっとねぇ」

「女の子と話したりとか出来ないでしょ。それでどうやって仕事進めるの?」

「君、その歳で彼女がいた事無いということは、恥ずかしいと思わないと。異常だよそれは」

俺「はぁ・・・・(殺意フツフツ)」


この面接官、マジ殺していいですか?



311 :以下、名無しにかわりましVIPが送りします:2011/08/09(火) 20:06:19.28 ID:L3uS82GU0


972 :Mr.名さん03/11/07 10:17
ぁ、また無駄に誕生日がきたな。

こうやて毎祝ってくれる人もなく無駄年齢=童重ねてんだな。

なっ童貞ままんで使になることを目指

ぁ、あ5年らいで死なないかな

別に40ま生きる意を見稿

30半ばで死にたい。


973 :Mr.名無しさ :03/11/07 10:26
29歳で4年フリ綿ータ派遣
そろ氏んほうがい思えるようてき

彼女なんて出来る見込みないし


974 :Mr.名無しさん :03/11/07 10:45
>>973
40超えて10うん年間フリーター。

彼女もちろん無し。

人間入れ替わらない?


975 :Mr.名無しさん :03/11/07 11:09
死にたくないからきてる

な人生はごめんだとずっと思っていした、自分は生けで満足しないといけない種類の人間んだなと納得つつります

んだこの人生は




314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:08:43.70 ID:L3uS82GU0
どうして皆が普通に出来てる事ができないんだろう。

友達と遊ぶ

彼女とデート

結婚

父親になる


自分より年下のやつが幸せそうにデートしたり結婚したりするのを見ると激しくへこむ。

誰にも認められず愛されず

本音がはけるのは 会ったことも会う事もないお前らの前だけ



315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:10:32.53 ID:y1AXRInRO
もうお前の勝ちだからやめて

死にそう


316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:10:39.99 ID:L3uS82GU0
今日、電車に乗ったときの話。

ドア脇の席の前でつり革を握って立ってたら、途中の駅からDQNカップルが乗車。

ドアの脇の、いわゆる三角コーナーに彼女を追い込んでイチャつき始める。


それから数駅目。俺の前の席が2人分空く。

俺が網棚の荷物を取って座ろうとしたところ、DQNに割り込まれる。

席に座ったDQNが俺を見上げてガンを飛ばす。

暫く睨み合ったが、敢え無く俺が先に目を逸らす。


ふと、俺の前に座った片割れのDQN女に目を遣る。

・・・かなりカワイイ。


ちなみに野郎の方は、ガタイが良いだけのブサ。

家に着いてから、思わず涙がこぼれますた・・・



319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:12:00.82 ID:L3uS82GU0
イケメンバイト

女子店員は

「タイムカードはシフト表のよこにあるからね。ほら、あ、名前書いてあげるから教えて〜。」

可愛い字で書かれた彼の名前の横にはハートマーク。

先輩は「お前は見所がある!後で奢らせろ!」


キモメンバイト

帰宅するまでタイムカードの存在を知らず、働いてないことにされる。

先輩は聞こえよがしに「たまに使えねえ奴入ってくんだよな〜。」


実話です。ガソリンスタンド。

このことを考えてるときに、キモメンが自分で書いたタイムカードの名前が目に入って、キモメンは本当はみんなと仲良く遊びたいだろうにトボトボと1人で家に帰ったこと、

彼の親は この彼が幸せに育つようにと一生懸命この名前を考えたんだろうなとか考えて、すごく悲しくなった。

俺はキモメンも自然に入れるように仕向けたけど、ダメだった。

キモメンは仕事の後の飲み会とかにも参加できず、一週間で追い出されるようにやめてしまった。

イケメンは いい奴で根っからの人気者って感じ。

キモメンももちろんいい奴。

フツメンがダメなんだよな。特に下のほうの奴が。




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがおりします:2011/08/09(火) 20:15:14.54 ID:954EDySf0
おいやめろよおま

まだレスしか読でないに死にてきた


331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:20:25.06 ID:L3uS82GU0
919 名前:Mr.名無しさん 投稿日:03/11/09 12:07
ちょっと聞いて下さい。

キモイ俺にやさしくしてくれる女の友達がいたんですよ。

二人っきりで食事とかにも行ってくれてたんですよ。

で、そんなもんだから俺は その子のことをどんどん好きになってしまっていました。

昨晩、食事に行ったんですね。

俺は告白しようと思って 自分なりにオサレしていきました。気合も入っていたと思います。

その子はそれを感じとったんでしょう。

途中、トイレに行くといって、席を外したんですがなかなか帰ってきません。

どうしたのかな?気分でも悪いのかなあ?もしかして倒れてるのでは?と心配になり見に行ったんですよ。

じゃあ、トイレにはだれもいませんでした。あれ?と思い電話してみたんです。

そしたら「もう電車乗ってる、帰ります〜」だって・・・・・

頭の中真っ白になりました。

家帰ってワンワンと泣きました。

やっぱり俺がキモイから???しばらく立ち直れそうにありません。

940 名前:919 投稿日:03/11/09 13:55
励ましてくれたみなさん、ありがとう。

今更ながら何が悪かったのだろうとちょっと考えてました。半泣きですが・・・

普通に食べて飲んでただけのはず。

まあ、かなーり飲める方なんでガンガン飲んでましたが・・・会話もかみ合っていたはず。

恋愛の話もしましたし。


943 名前:Mr.名 投稿日:03/11/09 14:35
>>940
愛の話した

人っきりに行ったこと

のことを好きになってしまったこ

告白

自分なりにオサいったこ

気合を入れたこ


悪かったことなら、お書きみを読んだだけでもこれだけ挙げらよ。

キモメンな俺たちがしとばだからな。



336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:23:16.80 ID:HhAIu3pY0
もうやめてくれ


338 :以下名無しにかわしてVIPがおます:2011/08/09(火) 20:24:19.43 ID:9RPHVUzC0
このスレのお陰で唯一のみのゲームさも つまらなく


339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:24:30.23 ID:MFTpGolH0
恋愛には全く縁のない俺、仕事で頭角を表してやろうと必死に頑張った

おかげで若手No.1になれた

お客様からも指名され お前じゃないと任せられないと上司達にも かわいがられた

他の若手は結婚して子供も産まれ、仕事は そこそこに 浮気や遊びに夢中だった

そんな同僚の家に遊びに行った帰りは、何故か孤独と虚無感が酷かった


この前知った事実があるんだ

仕事一筋で必死に踏ん張ってきた俺よりも、

家庭がありながら女や遊び三昧で仕事すらあまりできないヤツらの方が、

社 会 的 な 信 用 は 上 だ と言うこと


もう死にたい




>>次のページへ続く


 


 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:泣ける話, これはひどい,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様