2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

大学時代に親友に乗り換えた彼女。そいつらと関係を切らずに続けてた結果

 




721 :えっちな21禁さん:04/09/28 01:29:09 ID:hPxL9nHZ
大学時代の思い出なんですが、ちょっと書かせてもらいます。



722 :ちな21禁ん:04/09/28 01:30:48 ID:hPxL9nHZ
調入学て間もなくサールで、加といの子出会いました

そのクルは大層な前のわり、実は単なる飲みサークル、俺は最初の頃ちょっと戸ました。

加奈も友達に誘れるま、よく分らず入ったとの事。

となしい性格彼女は、軽いノリやがしいのが苦手みの雰囲気についけない様子。

いそううところ波長が合っか、た俺とサークル内で一、学部が同じだったのあり、いつしかサークでも授業でよく一緒にいうにりました。

ややもすサークにも馴染んできまし



723 :えっちな21禁さん:04/09/28 01:31:42 ID:hPxL9nHZ
加奈は素朴で可愛くて、一緒にいると何か落ち着くんです。

俺はそのうち加奈の事が好きになりました。

夏休み前に俺は意を決して彼女に告白。


実は俺は それまで女の子と付き合った事なかったし、告白なんかして、もしふられちゃったら、もう友達でもいられなくなると恐れもした。

当時の俺にしては相当の覚悟をもって臨んだわけだが、拍子抜けするほどアッサリとOKをもらい付き合う事になった。

加奈も俺の事が前から好きだったと言ってくれ、本当に嬉しかった。



724 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:32:54 ID:hPxL9nHZ
大学、特にサークルでは多くの友人が出来ました。

その中でも中井という男とは行動をよく共にした。

学部は違うが学年は同じ1年生。でも彼は浪人しているので年齢は1つ上。

社交的な面白い奴で、サークルでもすぐに中心的存在になった。

格好も良く、女関係も派手な遊び人でもあったが、彼だったらモテるのも許せるなって思わせるほどイイ奴だった。

すべてが俺とは全く対照的ながら、ウマが合った。




725 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:34:04 ID:hPxL9nHZ
毎日が楽しかった。


そんな中 ただ俺の悩みの種というか、ちょっと気にかかっていたのが、加奈と中井の仲が悪かった事です。

と言うか、単に加奈が一方的に中井を嫌っていたのだが。

ちゃらちゃらした性格が嫌いな彼女。

決して中井は軽いだけの奴ではなかったのだが、加奈の目には そうとしか見えなかったみたい。

またサークル内でも平気で抱いた女の話をする中井が、彼女は生理的に受け付けなかったようだ。

中井もそういった加奈の態度を感じとり、加奈を苦手としていたようだ。



726 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:35:09 ID:hPxL9nHZ
二人で板ば尿ってほどでもないが、中来れば加奈いなくなるし、加奈が来ると井は慮がちになる 

俺としては自分の彼女と親し友達と、やっぱり仲てもらい

俺は俺なりに人に気い、仲を取稿持つような事をいろいした。

それがに功を奏し人はきた。

奈が中いて抱いいた情は簿偏見と誤解かきたものがほ姿どだし中井は彼女が思っていような悪い奴じない

その辺り加奈に々とかってきたんだろう。

はもとも悪意なんか抱いてったんだし。



727 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:36:10 ID:hPxL9nHZ
2年になる頃にはかつての険悪なムードが嘘のように仲良くなり、3人で遊びに行くこともたびたび。

中井は大学の近くで一人暮らししていたのだが、俺と加奈の二人で泊まりに行ったりもした。

ただ中井の女癖については、加奈は許せなかったようで、たまに本気で激論を交わしたりしていた。

まあ、それは仕方ないわな。

俺のそこまでの大学生活は、良い人間関係に囲まれていた。



728 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:37:12 ID:hPxL9nHZ
れは2年の夏休みが終わりに差った頃、俺がまっとしていると、中井から電話がか

井、「大学の近くの飲にいるから来て

うちから大で一くらいかし、しかももうい時間。

面倒なの俺は断っ

中井のこういう突誘いはよくある事で断ればもはてこい。


しか日はくしつこった。

たい事るみけして湿く事に

屋に着いた時に夜をまわてい

とはカウンターだの話が便と言ってくせ世間話ばかり。

でもまなんて呼び出すだろうと、くは考えなかったけど



729 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:38:39 ID:hPxL9nHZ
そして閉店時間が近づいてきた時、ふいに中井が言った。

「あのさあ。俺と加奈ちゃん、付き合う事にしたから。」

「は?」

俺はこいつは何を言い出すんだと思った。

加奈は俺の彼女じゃないか。俺と加奈がどれだけ好き合ってるか、知らないお前じゃあるまい。

例えお前が加奈のこと好きになったとしても、加奈は お前になびいたりしないよ、と俺は口にはしなかったが、思った。


中井はこう続けた。

「実は今、加奈ちゃん、俺の部屋にいるんだ。」

そして中井は間髪いれずに言う。

「お前に悪いと思ったが、実は加奈とは一ヶ月ほど前から関係があるんだ。」

まさか!それを聞いた時は本当にビックリした。



730 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:40:13 ID:hPxL9nHZ
一ヶ月前から関係って・・・。

俺は加奈とは その間にも何度か会った。

しかし そんなの俺は全く気付かなかった。


しかも一昨日、俺は加奈とデートしたばかりだ。

もう その時には中井に抱かれた後だったのか。

そして中井と付き合う決心をした後だったとは。

全く気付かなかった。

いや、思い返しても加奈におかしなそぶりはなかった。



731 :えっちな21禁さん:04/09/28 01:41:17 ID:2y97EfF9
ほんでほんで


733 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:42:57 ID:hPxL9nHZ
月前井がお盆に実の九る前日に、加誘っ人で この屋にたらしい。

故かれてない。


つからか二人お互い口に出さないもの密かにひかれ合っていたようだ。

人には下出来上がっていただろう。

そして その日の飲みで二人、その気持ちを互い、結局、中の部屋でまで何度合っうな




734 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:44:48 ID:hPxL9nHZ
中井は朝、九州帰省した。

加奈は空港まで見送りたと


井がって数日後、何と加中井を彼の住んまで来たら

中井の帰省て ただか2週間程度だろうに、大袈裟なだ。

しかし中井は嬉しかった

井は、加奈をいろいろと案内し地元達に彼女を紹介てまわった

加奈初は自分予約したホルに宿泊してたのだが、最後はの実家に泊めてもらったらし

つまり中井は親にも恋として紹介ろうか。

そして二人でこに戻てきた

それ何週今日至る、



735 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:48:43 ID:hPxL9nHZ
飲み屋で ここ詳しく中井に話してくれたワケでない後でいろころから聞いた話をまとめて


ちなみにそのの九州行き姿は、俺は しばら祖父母の田舎に行くとかされていたんだ

何にせよ、知らぬは俺かりもはや二ての障害は俺だけにって西よう



737 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:50:07 ID:hPxL9nHZ
話を中井と俺の飲み屋に戻す。

中井と加奈は もう心は定まっていたんだろうけど、俺にしてみれば突然の事で心の準備も出来てない。混乱した。

中井は凍っている俺の横でしきりに、自分がいかに加奈が好きかとか、俺に対する罪悪感がどうとか、もっと早く言うべきだったが言い出せなかった、などなど、何かごちゃごちゃ言っていた。


俺は、「うるさい」とか「ふざけるな」とか、そんな答えしか返せなかった。



738 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:51:28 ID:hPxL9nHZ
「分かった。加奈も呼ぼ沿う。三人でおう。」、中井

今までは奈ちゃん」って呼んでたのに、気付加奈」っ呼び捨て

しかし一体何を話しうとろう

人で話し合いと言うよ、お前らを俺認めさせたいってだけだろう

中井は飲屋から屋で待機てい加奈に電話した。

そし近くの公園で三人う事となった。


屋から公まで数分俺も中井ずっと無言だった。

俺の中ではろんな巻いていよ。

中井にれる加奈を想像しへこん

俺を欺きやが

こんな事な加奈が井を嫌ままにしばよかった。



739 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:52:37 ID:hPxL9nHZ
公園に着いた。加奈はすでに来ていた。

知ってしまうと不思議なもので、一昨日会った加奈とは別人に見えた。

加奈は泣いていた。

そしてずっと俺に謝っていた。


「ゴメンね・・・あなたの事、嫌いになったワケじゃないの・・・でも・・・」

中井は 加奈の横で沈痛な顔をして黙っていた。

怒りやら、悲しみやら、惨めさやらで、ホント狂いそうな気分だった。

嫌われて捨てられた方がどれだけましか。

加奈は俺も中井も好きで、それでも中井を選んだって事か。


中井より俺が劣っている事は自覚しているが、残酷な選択だ。

俺と別れて中井と付き合うなら、嫌だけど、仕方ない。

でも俺と付き合いながら中井ともセックスして、その後で俺と別れるなんてフェアじゃないだろ、そんなの。



742 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:53:52 ID:hPxL9nHZ
加奈はそれ以上は何も言わず、ただただ泣いて謝るばかり。中井無言。

10分くらいずっとそんな調子だった。


さすがに俺も業を煮やし、

「分かったから、もう行けよ。」

結局、そう言わざるをえなかった。

「話し合い」は終わりだ。

中井は俺にもう終電ないのを気遣ってきたが、放っておいてくれと二人を追い払った。

「スマン。・・・じゃあ、行くわ。」

と言って加奈と一緒に行ってしまった。


俺は二人が公園を出て行く後ろ姿を見ていたら、心が冷めていくのを感じた。

しばらく公園で一人ぼんやりした後、歩いて帰りました。

家は遠いので途中で歩きは断念して、適当な駅のベンチで始発を待ちました。



744 :721 ◆jn2BvvavOk :04/09/28 01:55:34 ID:hPxL9nHZ
みが終わぶりにサクルの部室に顔を出し

ああう事があったせホン余り人前出たくなかっんだど、まあ、意地と言うか何言うか、努めて平穏を装い笑した。

るとしばして部室にてきました。

一瞬、部室の空気が重くなっのをた。

、サークの皆にう噂は広まってんだったよ


は いつりでした。俺に対し

だから俺もいつもり振舞った

結局、中井とは卒業わること友達関係を続た。表面上は

彼も俺に気を使ったのかンにってきたり、女の子紹してくれりした。

ど、何か加奈の代りをてがわれているようで、すべ断った




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様