2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

予備校で出会ったお嬢様のような娘の話

 




952 :774RR:2005/04/04(月) 16:15:11 ID:nZ4nWc4m
とりあえず俺のスペックだけ書いとく


【年】20歳

【職業】浪人生(二浪)

【車種】HONDA JADE(CBXカラー)


こんな俺ですが、今夜からちょっと書きます。


955 :952:2005/04/04(月) 21:43:02 ID:nZ4nWc4m
今から二年前、俺は大学受験するべく予備校に入った。

最初は「勉強に集中汁!!」と意気込んで友達も作らず現役合格を目指してた。

しかし勉強ってのは退屈ですぐに飽きて友達もジャンジャン作ってバイク乗りの奴らと遊び捲ってた。

そんなこんなで、成績なんぞ上がるわけでもなく下がる一方で「こりゃマズい、マジで夏から勉強汁!!」と心を入れ替えて予備校にも行くようになった。


辛い予備校生活たまには良い事があるもんで

ある日、自習室に凄い可愛い子がいた。

着ていた制服から都内の超有名某お嬢様学校だと解った。

しかし、アタックしようにも勇気が無い…。

なぜなら俺は当時、彼女いない歴18年目つまり生きて来てこの方「女と付き合った事が無い」のだ…orz。

そんな俺に出来る事は友達に「あの子超可愛いよ〜」って言う事と毎日予備校に行ってその子をチラ見する事だけだった。



961 :952:2005/04/04(月) 23:34:26 ID:nZ4nWc4m
>>955の

結局、俺にはチラ見しか出来ず夏みは

この頃と正直、強には全つかなかくなってたもう覚めもあ子この事ばかり

しかし「勉しなくちゃ」と気分換すくの土手まバイ走らせる。

手は、当時受の悩事なんかあったりて一なりたに行ってた俺の入りの

ここ気分転換しうとしやはりあ子のかり。

名前んてーのかな…

「彼氏いるん…いるだろ…可し…」

はては、バイクに向かて「なぁ〜JADE。お前どー思うよ?俺持ちんのおだけだよ…」喋り簿かける始末

んなだろw」とか言うかも知れなの俺受験ャーと片思いのおかげで心身とにボロボロった

そし成績上がら、片思いも進展せず9月、10月が過ぎ11月もだったと思


遂にった。




962 :952:2005/04/04(月) 23:50:37 ID:nZ4nWc4m
>>961の続き

11月中頃のある日、予備校の女友達からメールが入った。

「952が可愛いって言ってた子のアドgetしたよ!!952に教えても良いってさ〜」

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!


マジでこう叫んだw

しかし、俺は好きな子になると素の自分が出せず格好付けたりしてしまう癖がある…そのせいで今まで何度もフられてきた。今回は慎重にマジ慎重に…

とりあえず、初めは「初めまして952です。よろしく〜」と自己紹介メールを送った。


するとすぐに

「よろしく〜佐緒(仮名)です!!」


再び

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!


俺の心臓バクバクのドキドキ。「次は何て返したら良いんだぁ!!??」もう頭の中真っ白…orz

何も思い浮かば無いので、どこの学校か知ってるのに「学校どこ行ってるんですか?」

俺って本当駄目な奴だ…っと再確認しますた…orz



971 :952:2005/04/05(火) 23:53:59 ID:BTyTYVWd
>>961の続き

やはり学校は俺の予想と的中。都内某有名お嬢様学校だった。

この後、メールのやり取りは深夜まで続いた。

午前0時。佐緒でメールのやり取りは止まり、「何かつまんない事言っちまったかな…明日もメール出来んのか?」見たいな事考えながら寝た。



次の日、朝起きると「ごめん!!昨日寝ちゃった…楽しかったよ〜」とメールが入ってた「マジかよ!?メール返って来たよ!!」と朝からハイテンション。

その日も一日中メールし午前0時、佐緒の就寝と共に終わった。


メールのやり取りが何日か続き、その頃には

午前0時佐緒就寝→続きの日の朝「寝ちゃった」メール→一日中メール

の方程式が出来上がっていた。


しかし、喜んでばかりもいられない問題が発生した。



973 :952:2005/04/06(水) 00:20:09 ID:Mwsi+Snk
問題とは佐緒は俺の顔を知らないのだ…。


俺はもちろん、佐緒の事知ってたが「知らない男が自分の事知ってたら、キモがられるだろーな…」って思って佐緒には俺も佐緒の顔知らないって事にしてあった。

今考えると「普通、顔知らない女にアドレス教えてって言うかよ…orz」って感じだが、当時は佐緒に嫌われたくない一心で必死に格好良い自分を作ってた。

はては、「バイク乗ってるの知られて暴走族って思われたらどうしよ…」って事で自分の大切な相棒であるJADEすら、彼女の前では「無きもの」にしてた。

そんなある日、佐緒からメールで「952に会いたい」って来た。

俺は前出の通り 当時18年間彼女いない歴を更新中だったので顔には全く自信が無かった(今も無いが…)

「会えば佐緒に嫌われる、でも会わないと前には進めない…どうしよ」と考えたが、やはり前に進もうって事で会う事にした。



981 :952:2005/04/08(金) 21:50:44 ID:DIbSCSme
>>973の続き

俺は何だかんだ理由を付けて佐緒と会う事を引き延ばそうと抵抗したが、無駄な事だった。

勿論、俺も佐緒と会いたいし二人きりで話したい。

でも「18年間彼女がいない」と言う事実が俺をネガティブな方向へと持って行っていた。

結局、約束の期日が決まり俺は佐緒と会う事になった。

約束の日。

俺は暴走族と思われたく無いのでバイクで行かない事を決めていたが、急遽バイク仲間との用事が入り、その帰りに佐緒と会わなければならなくなった。

つまり、佐緒に俺がバイク乗りである事がバレてしまうのだ。

バイク仲間との用事が終わり、不安に押し潰されそうになりながら約束の場所へバイクを走らせた。

到着予定時刻の五分前に約束の場所である予備校の裏の公園に着いた。

俺は佐緒の姿を探しながら公園を歩いた。心臓が尋常で無いスピードで鼓動してるのが解った。喉もカラカラに渇いている。


公園を一周して見ても佐緒の姿は確認出来ず、俺の中で「逃げられたか…」と言うネガティブ思考が働いた。

俺はどうにか落ち着こうと思い、タバコを吸って(すいません。当時はまだ未成年でした)気分を紛らわせようとしたが いつもよりタバコがマズい…。

タバコの匂いを消すのと落ち着きたかったので近くの自販機でコーヒーを買い、飲んでると入り口から佐緒が入って来た。



982 :952:2005/04/08(金) 22:09:26 ID:DIbSCSme
この時で後戻りは来ないと思い、逆に開き直佐緒声をかけた

緒に近き「佐緒さんですよね」と声をかけた。

彼女は満笑みで「はい!952さんですか?初めまて。」とお辞儀して拶して来た。


この後の事は緊張まりを話したく覚えていが突然、佐入り口止まってるバイク952さんのですか?」と尋ねて来

の瞬調!!」と思い否定しよとし殿たが手にはヘル握られた為正直にうですよ。」と答えた

俺は得意のネティ思考の事態を想定した佐緒外にも「凄い大きの乗てるね!?これ何言うバイクですかン?」尋ねて来た。


予想外えに驚きなが

「!?。こHONDAのJADEって言うナナハり全然小さい250㏄すよ。答えた。

「でも、大きくて乗る大変そうなんなのれるなん凄いですね。それに凄い綺麗!!大事にしてるんですね」

また笑顔って


大好きな自分のバイクを褒めて貰えた俺は少救われた思がした




983 :952:2005/04/08(金) 23:13:00 ID:DIbSCSme
その後、佐緒は門限が決められていりので帰らなければならなくなった。

「今日は楽しかったよ。952さんがバイク好きって解ったし。今度乗ってみたいな…なんてw」

この時の佐緒の笑顔は今日一番だった。

「俺も楽しかったよ。バイクは今度機会があったらねw」

俺もこの時には自然に笑って話す事が出来るようになっていた。


俺のバイクにはモリワキのワンピースが付いていて公園がある住宅街でエンジンをかけるのは迷惑になるので、佐緒を送るついでに駅がある大通りまで押して歩いた。

佐緒は「なんで、押して歩いてるの?」と、かなり不思議そうな顔をして言うので俺は「俺のバイク、マフラー変えてちょっと うるさいからあそこでエンジンかけると周りに迷惑になるんだよ。だから広い通りまで押して歩いてんだよ。」と教えた。

佐緒は「優しいんですね」と笑って言ったが俺には その言葉の意味が良く解らなかった。


マフラー変えてるバイク乗りならみんなやってる事だし、優しいって?と思ったが言わないでおいた。


大通りに着き佐緒と別れなければならなくなった。

俺は、出来る事ならこのまま佐緒といた!もっともっといろんな話がしたい!と思ったが時は無情に佐緒の門限の時間へと進んで行く。

もう、本当に別れの時。

「それじゃぁ。」佐緒はそう言うと駅の方へ歩き出した。


俺はその時、「もう一度会いたい」と言おうか迷っていた。

どうしても、言葉が出て来ない。


佐緒が駅へ入る前、今ある勇気を全て出す感じで叫んだ。

「あの!!」佐緒は立ち止まって振り返って、俺はもう一度叫んだ

「あの!!また、会ってくれますか!!」

佐緒は笑顔で大きくうなずいて駅へ入って行った。



993 :952:2005/04/09(土) 10:25:31 ID:5drdb1j7
>>983の続

それら何か後予備校へ行くと当然の事なら佐緒もが、二ともす違い様にちょっと目を合わせるしか出来なかった。

なんの人達いる前で話すのは恥ずかしいからだ。


その、俺は授が無ったので自習室で最まで残って勉強していた

時計を見10:30。

退10:00に了なので舎には誰もって無いだろうし俺も帰るかな思い早く度をして、一階へ向った。

すると階の出に制服姿の佐緒がいた


俺はあれ!?どうたの?佐緒さん、授業だよね?何でこんまでいるの?」とうとは「授業が長して遅く宿ったナリw」ちょっとおどけて言った

しか業延のに他の緒とスの生徒が一人もいない。

っと不審に思っが、問い事にした

制服姿の佐緒は こないだよりもちょと幼くえた。


「こ駅まで送るよ。自転車取てくるか待っててた予備校にはバイ置くペーが無いの事が無い限り俺は自転車で来

佐緒は「今バイじゃないんすね。送ってくれるて言うかちょと期待しち



994 :952:2005/04/09(土) 10:40:44 ID:5drdb1j7
すまん途中で送信しちゃった…orz

続き。


佐緒は「今日はバイクじゃないんですね。送ってくれるって言うからちょっと期待しちゃったかもw」と言った。

正直、バイクで来ていてヘルメットが2つあったとしても俺は佐緒を乗せなかっただろう。

俺が一人でバイクに乗ってて自爆なんかで死んでも構わないが、万が一佐緒を怪我させてしまったらと考えると どうしても乗せる気にはならなかった。



999 :952:2005/04/09(土) 21:57:07 ID:5drdb1j7
>>994の続き。

駅まで佐緒と歩く僅かな時間。

この時だけは受験へのプレッシャーも日々の悩みも忘れ、佐緒の恋人になったような気分になった。

ちらっと横を見ると佐緒が笑ってる本当に幸せで、漫画じゃないが本当に「時間よ止まってくれ!!」と願った。


その佐緒はと言うと しきりにバイクの事を聞いてきた

「今まで、どこに行った?」とか

「どうしてバイクに乗り始めた?」とか

「バイクに乗ってて、辛かった事や楽しかった事は?」とか

そして、最後にまた「バイクに乗りたい」と言ってきた。


俺は前出の通り佐緒をバイクに乗せたく無かったので「今度ねw」とお茶を濁す感じで言った。

話の中で佐緒の家がうちからバイクで10分かからない位のところにある事も知り、二人で驚いた。

それから数週間後の12月の始めだったと思う。大変な事が起こった。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様