2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

デパガの妻の正体

 



婚し半年、私は毎日が楽しくて仕なかった。

姿知りったいわる合コいう奴だ。

私が、支店取引先に、界で比較的老舗デパートがあり、そこの経理部の男にわれたのだ

「俺らの貿だめっすお。うちの店のんて、俺らのことなん無視っ、無視。来性いから。Tさんンパきてくたらサイコ—るとおもいます

彼は少屈な方をしなった。

「N銀行っつったら、最手っもん。それもTさんはバリバリ出世コース

融資をしようにったの会社に気を使っか、彼必要にへりくだって

大学業の時、彼女と分かれほぼ10年した彼女を持っていない私は、そろそろ結を考えなければけない年になって

帯者でなけもまならなによ女性にもてないメな寿われるのはプライさなかった

「じゃ、自己ショーカイっす。こちらがN銀行H支店、3にして副支エリート、Tさ!。」

のエニッ風居酒屋に、私その男、そ人の女

とりは、どうも幹事男となり親密らしく、やたら体を触りあっていた。

もう人の栗色のショートの髪をした、顔の小さ性が妻だった

「かなちゃんはあコンパとか嫌いだからあ、慣れてないんですよお、Tさんどん話しくださいねえ」

友達らい、派手な顔をした女早くも酔ているの、そうにしかける

その横恥ずしそに笑ってた。


Sさんエレなんすよ、エでもってこんに可愛いから内でも社外でァンが多いのに真面ねここ」

男はそ言っ、照れる妻に、Tさんは大丈夫ちょ—真面目だから、と言った

、彼を一目で入ってまっ

遊んといっート業見も、話していくうになていた。

--------------------

その後、数ートをね、知り合っ四ヶ月、私隣の市への支店長としての勤と同時に婚式をあた。

にでに入欲しかのだが、後任が決まる春まで働かないお店に迷がかかるといって、しばらく妻は働く事めてた。

いうきちんとしたとろも、私が彼女をに決めた理由でもあった。

--------------------

日、私は前いた支店に用り、妻の働パーの近くまた。

稟議に時間がかか、その日は、その町で夕食を一人食べめになった

妻は、父親がとになりだけのだ




和風のこぎれな居酒屋で人酒を飲んで隣のが騒しくってきた

の大きな男が五婿いでい

するとの耳に突然、妻の旧が聞こえた。

「ショックですよー。本社研修か帰ってきたら、Yさん結婚もん。それかどっか行のや?」

妻の社のなのか?い聞耳を立ててい

お前が全本に選ばれるか悪いん?おかげでっちは一部守るのに大

なく妻会社の連だ。

女の勤めるデパートのラグビー部はップレベルのチ宿ームで名大学から何も選手がはいってる。

「ショック大だよなあ、、。俺すげえたのになあ、、。エガでだけ人もめずらしーのにな、、。」

優越感に浸りかけた時、彼らが大声でした

Yが清楚、、。ントまだうちの店っていなあ。」

どういうことっす?彼が聞い

私も胸の鼓 動が激しくなってきた。

もこーもないて、同期こいつに聞て見たら?障寿に言葉が私の耳きささって

こにいるら、みな兄弟だぜ?お前以外あいつ部のフィジルマジャーだもんな」

んな?私 を仲間はずれの男が聞いてくれた。

「マジ?マジすか?倉田、、お前いつからだ結婚する前?

は、手震えてくのをさえれなかった。

、、ばかな、、。

「まえっつか、まもっつか、、俺、最近前に屋上ですのがくになってるけど、」

前もあいつめちゃくちゃフェラうまいろ?制服立ちバックは男夢だよなあ、

じられない会話が障こうり広げれる。

話しどんどんも、男の人が妻のに電話をかけ始めた。

仲間れの男が妻と喋っていて、あさって飲みく約をとりていた

私は、なにかのちがえだ、同じ名字の同僚に決まってる。

の、清楚な妻が、、、と必死で自分させていた。

障子のから聞こえ

うちのあの制Yが、婿俺のをしゃくれる思うともまだまだ現役続けきゃて思うよな

ど、、ど、、どこうか?屋上のどこっすか?」

「おもしてもらえるって。あの従業員用のCエーターって、ぼった乾物倉あるだろ?あっこナースポット。鍵もかるし、ほとんどねーし。」

「俺、あそこでYさ後ろからしながら、ダンさんのきなんすよ

だって。そーいえば去年までいたクイーが、すり制服マになっ帰っていったのは笑うよなあ」

は、テル使な。アイツの、、さいこだっ

私は、彼ら話しが、別のにかわっての店を出出来った

--------------------

二日後、家る妻は、今は送別会でちょっとだけおなる、といっを出てった。

帰宅すころには帰っていたし、なにも変わっえなった

が聞話しはだったんだ、、、。

--------------------

私は翌日、入社以来始めて給を取り、妻るデった

従業員通の警員は、私の事をえて

ブロック一緒に入る多かった私を、彼はVIPだと思ってたらしんなり中へとれた。

こんなこ殿してなにになる、、。宿

、つぶやきながらCエレベー探し、で行き、階段をり右に曲がり、乾物倉庫着いた

ドアは開いていた。

私はに入られたダンボーに身を隠した

こんなことして、俺どうしたっていうんだ、だいたい妻が浮気してたとしても、ここって決まっるわけでないし、、大体あ話が本当だって拠もいし、い、あれ中の願望、いや妄想だ、は、そんなことを考えなら、ずくまって夜一悩んだせか眠くなってきた


、、、、、、、ドアく音で目を覚ました。自分がどこいるの思い出すまでし時間がかかった

俺は、こぼーっとして私の耳に、聞き慣れた声が聞こえてきた

「も、、。誰聞いたの?この場所の事、、

だっ

妻が大柄なと2人倉庫入ってた。

いや、、別、。っていうんで

あの酒屋、ショックよなーていた声った

十分しかないよ、昼休み山口君のーフって金さんでしょ?あの人きびしよお

服を着た妻を見はそれがめて

エレガが好、とか制服はいか私はとても言え

話をこころがきたの




し、モスグリーンのャケにピンクのスカーフ、そし黒のタイトミニの妻は、る時のいい女った。

大丈夫です。あの人俺退オーってとすっげえ自慢してるいです、業に。なん妙に気に入ってくれてて」

「山口君じさうけいいんだね。でも、、昨日したばっなのに、

妻は、笑いなら彼足元にしゃがみこむ。れが当のように。

んなん、ってのあたった一時間だけじゃないすか。ダンナさんる前に家いな西かなだっていっても、帰るの8時、短すぎすって

妻はっくりのベルトをはずズボンをおろしながら話す

がないしょ?今年新人は生意気だなあ、。悪いと思綿たから、ホラ、今日は君の夢ってのをかなてあ?」

ンクスだけなった彼の股間を、は細い手でなしながら話す。

「ああ、、。ジすかなこんって、なんでそんッチなんすか、、。

「うーんとね、なんだろえ。でも、家庭ッチはわけん。ちゃーと」

妻の手ンクスをびできたものを軽る。ラガーのそのコーのビにそっくりだった

、おの2,3回しと、たうことに這せ始めた

私の3メートル先私の妻が他のものをしゃぶっている。、結婚4ヶ月の妻が

あうう、、、。若い男は体を震わてい

グリのジケットに、小柄がらアクセントる体をつつだ妻、白い手袋をしたま20センチ以上はあ剛棒をきな、舌を頭から括れ、そして元へと丁寧にはわせてに気がつかず、

「ここも全日本そう」

妻は、若い男を潤んだ目で見げながら、先元、根元から先へ何回その柔らかい舌を往復させる

だ彼女にその行為を頼む勇気がなかった、、。んて気さそうなんだ、、、

「あ、。ああ、、ホ夢かないましたっ感じですよお、、、。制服だもん、、あ、、あ、ダンナさんにはいてげるんですか

妻はほどまで咥ながら、たしなめるように頭の早めた。

「あ、、やべ、、だめ、、、」

は、妻のをつかと、軽く下身を震わせいた。口、私調妻の口に出して

は、少ししかめるとっくり搾り出すように棒をしご、何回か喉を振るわせた。飲みこんだのだ

さいこーですよ、、。でも、20分ある

い男は、尿を強引に立たせるとそびったままの剛棒を握っ女のを壁につか、パンを丁寧し すばやくおろた。

「うわ、っぽすぎまって、、。」

は、妻の腰をつかと、のままゆっくり腰を突きて行った

妻は、くもっ声を出しながら、彼を受け入れていた。

「う、ん、、俺制服きエレガとやってるよ、、それも、、人妻、、、しられねえ、、。」

彼は、憑かれ様に腰激しかしてい

きおの奥調らくぐもっをだし快感にえてように顔を臥いる

あ、、山口君、すご、、、。」

ルは脱げそっている。

若い男はどんスピドをあげて腰をたしく動かしていた。

「ピ、、、ピル飲んんですよね、、いいですよね

寿がうなずく

は、妻の、細いトをら、低うめ下半振るわせ

中にぎこんでい妻の中に。


--------------------

簿らが庫からいなくなってら3時間の間、めそめそ泣ていた。

妻が事をやめるでの2ヶ月の貿間、私尿そのあと一回だそのデパートへと向かい、倉に隠れて

その日も妻は来。私に彼女を紹介してと一緒に

彼は、あいつまじめだろ絶対出世するし、

い家んで、買物いほうぜ?

謝しろよな、、い、、と乱暴に妻の胸を制上から揉みひしぎながら、柔ら舌の動きをしんでいた

は、ラグー部ではなかったが異様に大きなものを妻の口に出入れしいた湿

「あいつでも、セックへたうだあ、、。おもあいわらずビ連中くいまくってるんだろえ?おい?

男は妻の顔をつかんで、激上下せた。妻は、まったくいいなりだ。

は、をたたせる壁にけ、胸をぐり、服のイトスカートをなでまわす、パンストをおろし、妻の片足もちあ前から挿入した。

うちの制服は、ん、、しめる、。ニアの中で一番人気なんだぜ、色っぽいモンなあ、このスカーフも、

は、やせすの体に似い動物 はげしさで腰を送りこむ

は男につきながら微かに声を上げ、黒のルをぶらぶらさながら、男のだしを中で受ていた。

--------------------

今、私のている妻はもう事を止め専業主婦を西している

こころなしか少しとっているよう尿

浮気もまったくしてる気配がい。

残りの四ヶで充分その欲を発散させたのだろ

、あ見た妻の姿を着てひざま、男のものを咥沿いる姿、黒のタイミニ捲り上げられ、後ろから責る姿うしても忘れる事が


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 相手の過去,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様