2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

婚約者の浮気発覚で、密かに脱出(預金口座移動、新居契約)とワナ(ニセ出張)の準備を進めた

 




308 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 01:24:50 ID:XUeVVkqoO
流れぶったぎって投下。酒入ってるから勘弁www


3ヶ月前の話。


俺 28 A介 

元カノ 26 B子

浮気相手 33 C男

浮気相手婚約者 30 D江


俺とB子は大学からの付き合い。同棲して喧嘩もしつつバカップルやってた。

前に俺の親友が離婚で修羅場になったのをふと思い出して、B子の行動が気になった。

何となく、携帯が気になった。

B子が寝ている間にメールを見るがたいしたメールはなし。なんだ思い違いか。

と、ふとB子の携帯番号を表示させたら、俺が知らない番号がB子の番号として登録されている。

自分の携帯からかける。部屋のどこからかバイブ音が鳴る…


309 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 01:26:59 ID:XUeVVkqoO
寝ている間に探しだす。

クローゼットのコートのポケットから発見。見たこともない携帯。

そろっとトイレ入って見知らぬ携帯拝見。

湧き水のようにでてくるラリメール。メールを見ると三年前から続いてる模様。

なんてこったwww寝取られてんじゃないかwww

しかもお相手様相当金持ってるそうでwww

しかもアレがデカイとwww

セクス上手いとwww

優しいとwww

職場セクス最強wwwwww



ゆっくり外出て、悲しみと自分のヘタレさと怒りとで泣きながらケラケラ笑って親友に即電話。夜中に超失礼。



310 :恋人名無さん:2009/08/13(木) 01:27:39 ID:SPSaSE2h0
帯のプロフィじゃな、アドレス帳に番号として登録っこと?




311 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 01:29:36 ID:XUeVVkqoO
>>310
携帯のプロフィールのほう。何気に見た。


親友「寝てんだコラァァァァ!」

俺「そりゃそうだなwwwwwwははははwwwwwwwww」

親友「…?どうした?」

俺「今度はお前に手伝って貰いたい。」

親友「今度は?…まさか!」

俺「そのまさかだwwwwww」

親友「本当かよ?」

俺「だったらこんな夜中に電話しねぇってwwwwwwしかもな、お前が修羅場ってる最中もラリってたんだよ、あの女。」

親友「…わかった。今いく。家の前だろ?そこにいろ。いいか妙な考え起こすなよ」


そのまま電話切って、親友くるまでメール転送。ひたすら

「愛してるよ」「私も。貴方と出会えて幸せ」「今度いつ会う?」「アレしたいからホテル行ける時」「お前も好きだな」

こんなメールをひたすら転送。



315 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 01:32:44 ID:XUeVVkqoO
しばらくして親友到着。

親友「乗れ。」

俺「悪いな。こんな夜中に。呼び出すつもりはなかったんだ。」

親友「お前が俺にしてくれた事やってるだけだ。」


俺親友の車乗って携帯渡す。転送したメールを見せる。


親友「…いや、全部見る気失せた。気持ち悪い。で、どうしたいんだ?」

俺「さぁ?突然の事だし、ぶっちゃけお前の修羅場思い出したら発覚しただけなんだ。悪いとは思ったが、こんなん喋れんのお前しかいない。」

親友「俺の思い出してかよwwwwwwひでぇなwww」

俺「悪いwww後で殴れwww」



313 :恋人は名無しさん:2009/08/13(木) 01:31:56 ID:chqT4A1E0
転送ってのは証拠として自分の携帯に転送したってことかな?


318 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 01:35:21 ID:XUeVVkqoO
>>313
その。稚拙文でゴメ



親友「したいんだよ?」

俺「法律がなきゃ今すぐ殺したいよwwwwww」

親友「落ち着けよ。無理なてんだろ?」

「ははwwwwww涙いが止まらないてるよwwwwww」

親友妙な行起こしたり飛ばすからな

俺「そうしてくれwwwさて、どうよか?の2人

親友「金持ちなんだろ?金ふんだくれば

「いねぇwwwお前とって慰謝料なん状況じゃwww」

親友「う

俺「興信所とか考えてないぞwww」

親友ゃ暴力とかは人追い込退ば?そは流自分で考よ。」

俺「う、わかった



322 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 01:46:53 ID:XUeVVkqoO
とりあえず泣き笑い止んだので家戻ってラリ携帯を元に戻し、ソファで寝た。

昼前、B子に文字通り叩き起こされた。メチャクチャ気分悪い。


B子「どこで寝てるの!遅刻するよ!」

余裕で間に合う時間だしアラーム鳴る前だしすげぇイライラしながら出勤。僅かに残った愛情が消え始める。



さて、やりなおそうかとも考えていたが、朝の何ギレか解らない態度で別れ&報復決意。

平静を装い夜中にクローゼットの携帯を確認し、メールを盗み見。

「彼氏が冷たい」

「俺で良ければ相談乗るよ」


原因となる人間が相談乗るとかwww解決しねぇwww

「ゆっくり聞きたいから家行きたいなぁ」

馬鹿がウチ来たいってwww

んじゃ、俺が家空ければ来るだろwww

馬鹿が馬鹿誘ってヒャッハー!




325 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 01:48:58 ID:XUeVVkqoO
毎日夜中まで起きて泥棒の様にクローゼット確認、メール保存作業。

バレてないし、奴らもバレてると思ってない。

疲れたって言ってソファで寝たフリ、B子はむくれながらベッドで就寝、無論レス。今さら出来るか。



自分がやるとは思ってなかった「罠」を仕掛ける羽目に。


まず、お決まりの嘘の三日間出張。ウチの会社に出張なんざないがwww

加えて、預金全部引き落としてアパート解約と同時に新居契約。

入居日を有休に、嘘出張中の間にし、更にB子の出勤に合わせる。


二週間でほぼ計画通りに事が進む。

ずっとソファ、睡眠もロクに取れず流石にしんどかった。

最後に保存したメールは

「いよいよ明後日だね」「いっぱい愛してね」「勿論!」


テラバロスwwwwwwwww

疲れ吹っ飛ぶwwwwwwwww



328 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 01:52:01 ID:XUeVVkqoO
出張当日

計画ずれたのはここ。さか初日から馬鹿を招待する退なかっ石ビwww

俺仕方なく出勤。

で動てくたのが親友。

、B子勤した同時に親がウチへ。

俺がたすべての物を搬送ンタルBOXへ

当初は出張の間、つまり有休の日にが新居に搬入する定だ


事を猛スピードでこ早退願い。

今までの信頼に多少ヒビ入った、仕に差し支えはなったで受理してもらえた


親友と合流。親の仕事は早く、アパーはほぼもぬけの殻。

がい痕跡、全くないくらい俺のものだけが無い。故かすげぇウケwwwwww



333 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 01:55:21 ID:XUeVVkqoO
親友「お前、これある意味キツいぞwwwよく考えたなwwwよく行動出来たなwww」


俺「気付かない俺も馬鹿だが、三年間も騙されたんだ。可愛いもんだろ?

俺が嫌なら、キチンと別れた後付き合えばいい。

たったそれだけの順序を踏まなかっただけなんだから、こんだけやりゃいいよwww」


親友「それはB子ちゃんに対してか?」


俺「当たり前だろwwwさ、行くか。」



この時もう一つの計画をしてた俺。



341 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 02:02:24 ID:XUeVVkqoO
それは、C男の婚約者、D江の同伴。

親友は二週間、仕事を休業しB子の携帯から抜き出したC男の写メでC男を探し、どういう手を使ったか解らないが家まで探し当てるという興信所紛いの行動をしてくれた。


B子とC男が職場一緒じゃなきゃ無理だっただろう。それを聞き、同伴出来ないか企む俺。

すると親友はC男が家にいないことを確認して凸。

D江が出てくる。

親友は事情を事細かに説明。

D江は信じられないと号泣。

親友は自分が離婚したことも話して、ようやくついて来てくれる事になったそうだ。

この親友、当時俺が助けた倍以上動いてる。

車中で

親友「D江さん、いい人そうだった。結婚前でよかったよ。」

と悲しそうに語った。



350 :308 ◆ir5s3SJr0I :2009/08/13(木) 02:07:36 ID:XUeVVkqoO
C男の家到

親友帯にD江す。


車から出々と。Dごくごく通の人。とびり綺麗訳でもい。


俺「この自分女がとんでもい事変申訳ありません。また、親友とはいえ使という形でしか突然告しまった事稿くお詫び申し上げます。」


「貴方がしよもありません。私。顔を上げて下


ると

まずは足労感謝す。そして、夫とる人間の過ち、許いもです。私からもお詫び申し上げます。

た。


俺「上げて下さい。で困ります。」


「D江ん。ご結婚前とはいえ、今から最悪の、一番光景を見もしれません。必ず報告しますし証拠A介がお渡しするいまので、今一度ご同伴はお考えにられた方が…


確かから見てせこけて、気のない彼女。一害者である彼流石にこのまま羅場に撃さるのは気が引ける。しかし


D江「大です。本日、両親を交家族を行定でいます。Cは何があっても、ういう状態きずり帰しまA介さんのも同伴します。そだけご了い。」

しそうな、申し訳なさそな顔から一変。


修羅ここに誕生




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:すっきりした話, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様