2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

初めて彼女できたから今までの女付き合い語る。

 




1 :名も無き検体774号+:2011/08/22(月) 21:14:18.83 ID:9OV5XyUT0
これ校デビューった1のお話

ID:ldBMtEpk0


2 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:16:32.30 ID:ldBMtEpk0
代行サンクス。

スレタイ通り勝手に語るから暇人は聞いてくれ。


4 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:18:38.85 ID:ldBMtEpk0
高校に入学して浮かれ気分だった俺は いわゆるキョロ充ってやつだった。

同じクラスのH(男)とさほど波乱のない日々を送っていた。


5 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:20:34.23 ID:ldBMtEpk0
Hはボーカルをやりたくて、俺は家にギターがあったからと、軽音に入った。

入部説明会に行くと、そこには同じクラスのMとAがいた。(両方女子)

正直このころから、人懐っこいMに惚れていた。

Hにはそんなこと言わなかったし、バレたくもなかった。


6 :名も無き体774号+:2011/08/22(月) 21:22:06.00 ID:ldBMtEpk0
、軽音からバンドを組もうという時なり俺は勇気を振り絞っMにバンドを組いか、とた。

想いは実り、晴てMボーカル、俺ギター、その他男三てバドを組だ。

ちなみHは別に組んでい

ドラムなしのH がボーカルだった。


7 :名無き被検774号+:2011/08/22(月) 21:24:44.12 ID:ldBMtEpk0
一気話はんで、先輩退て、一年も部室が使えるようになりバン西ドごとに練習を決ると西き、事は起こった。

たちのバンドのドラムと もう1人うもMにいが。)が喧、それが原因でてしった。


とベースのSは他のバドにが、Mが人にり、泣してしまった

る俺。ざわざわするりの奴

苦笑いする問。


8 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:26:50.32 ID:ldBMtEpk0
すると、いきなりHが、

「俺がドラムやるから、Mボーカルに入ってよ。」

と泣いてるmに言ったのだ。

もちろんHはドラムなんて出来ない。


周りは若干どよめき、結局HとMが組む事になった。

俺は立ち尽くしてた。


帰り道、Hに探りを入れてみた。

するとH は、女としては見ていないなんて言いやがった。

なんか釈然としなかったが、それ以上はなにも言わなかった。


9 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:28:44.45 ID:ldBMtEpk0
ためてたぶん消化。

こっからは書いてく。

Vipの、ときと若干文違うかもだがよろしく。





10 :無き774号+:2011/08/22(月) 21:32:13.79 ID:ldBMtEpk0
して、ま飛ぶ

秋。


ほか員が大会にでる、というかオーディションのがいかれないが、 そ応援というこで、東でいくとにった。


11 :名も無き検体774号+:2011/08/22(月) 21:36:00.65 ID:ldBMtEpk0
の時はもうMへの気持は薄れはのSに気はじめていた。

Sへの微恋心はHになぜかバレていて、向きは俺はSが好きになた。


12 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:40:40.69 ID:ldBMtEpk0
話を戻す。

バスでの座席は、俺は別の男と隣で、HとMは隣だった。

なんか不安だったんだが、 以前聞いた、HはMを女としては見ていないということを知ってた俺はあまり気にしないようにした。


13 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:44:17.50 ID:ldBMtEpk0
帰りのバスの中で、二人は寄り添って寝てた。


確かに二人が付き合ってるって噂はあったが、 そんなのはウソなのは、いつも三人で一緒にいる自分がよく知ってた。

だけど、いつも一緒だからこそ、二人を見て俺は気づいてしまったんだ。


15 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:46:58.01 ID:ldBMtEpk0
きっと、二人は自分では気づいていない。

でも、きっとこいつらは両思いなんだろう。


俺の不安は確信に変わっていた、


17 :も無き被検774号+:2011/08/22(月) 21:48:29.37 ID:ldBMtEpk0
やつらは冷やかしながらメを撮っ
俺もった

て、それを二人に


18 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:53:04.94 ID:ldBMtEpk0
Hからは返事がなかった。

だがMからはすぐに来た。


「付き合ってるように見えるかな?」

やはり、MはHが好きだったのだ。


19 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:55:37.14 ID:ldBMtEpk0
次の日、Hにメールシカトすんなと言いにいった。

するとなぜかHは不機嫌だった。

なんのこっちゃ、と理由を聞いた。


20 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 21:58:43.84 ID:ldBMtEpk0
「Mの事で、気持ちが揺れてるんだ。そんな時にあんな写メを送んないでくれ」と、あいつは俺にいった。

そこから二人付き合うまで、時間はかからなかった。


21 :名無き検体774号+:2011/08/22(月) 22:03:54.51 ID:ldBMtEpk0
局、俺二人をくっつた。

これいと思っていた

俺は自分のり、親友せにしたことを誇りに思ってい

二人は今で1のおかげで付き合えた、と言ってくれる

今度1がだよ、とMもってくれた。


22 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:07:57.11 ID:ldBMtEpk0
二人は不器用だから、いつも俺に一緒にいてくれとたのんだ。

いつもみたいに三人がいいと。

でも、俺は気づいていた。どこかで感じていた。 俺は邪魔物なだけで、二人のためにとか言って、自分が一緒にいたい だけな事。 Mに対する未練がまだどこかにあること。

だが、この時は完全にRに惚れてると自覚していた。 なのに、Mに彼氏がいるのは嫌だったのだ。

我ながら身勝手な奴だと思った。


23 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:09:33.45 ID:jdsrvz920
Rはどこからわいてきたんだ


25 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:12:35.78 ID:ldBMtEpk0
〉23
ミスったw
Rは、Sなw

これからRでいくわw


24 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:10:40.64 ID:ldBMtEpk0
ここまでが前座だったりする。

なんか、質問ありますか? つか人いるんか。


27 :も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:19:18.82 ID:ldBMtEpk0
ゃあも少し、ラ裏に付き合ってくれ

時間に戻





28 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:23:50.09 ID:ldBMtEpk0
すまんこw

じゃあ、Rとの話をすこし。


夏。

文化祭の手伝いを頑張ってたら、生徒会長に気に入られて、生徒会に入る事になった。

顔合わせして びっくりしたのだが、俺ともう一人の男以外、みんな女子だった。

ちなみに男二人女13人?


29 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:28:28.52 ID:ldBMtEpk0
そして、役職を決めるさいに、俺は副会長になった。まぁ先輩が推してくれたんだが。

その日の生徒会は終わり、下駄箱に行ったら いきなり声をかけられた。

後ろむくといきなり 「あたしやりたかったのにーw」 とか言われた。

これがRとの初会話。


30 :名も無き検体774号+:2011/08/22(月) 22:32:36.15 ID:ldBMtEpk0
Rはちゃくてクリリしてる可愛らしい子だ。

って身はそんなじゃなかった

なにしろバにするってくる蹴ってく

あげく俺がるまえでスカートあげて扇風機あびうな子だっ


31 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:35:12.16 ID:ldBMtEpk0
だが、俺がガチな下ネタを言うと顔を赤くしたり、
たまにみせる女の子らしさに俺は惹かれてた。


32 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:37:32.19 ID:ldBMtEpk0
まぁ、そんなこんなで、俺の微妙な恋心はHにバレて、時間軸はさっきに戻る。


33 :名も無き検体774号+:2011/08/22(月) 22:43:20.65 ID:ldBMtEpk0
HとMが付き合いだして、俺は課後とな人をるようになった。

りからの空気読めコールがうるったかだ。

二人、もうイチャしたりるようになっから、俺は一人で下校人はた。


34 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:47:04.82 ID:ldBMtEpk0
やっぱり、俺は一人になってしまった。

結局、二人をくっつけて残ったのは、妙な孤独感だけだった。


35 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:51:01.29 ID:ldBMtEpk0
そんな気持ちを消したいがために、Rには積極的にアタックした。

俺のRへの気持ちは、HとMも理解してくれて、応援してくれた。

俺だって幸せになりたかった。


36 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 22:58:25.87 ID:ldBMtEpk0
が、思い虚しく。

Rには、まだ友達でいよ? と言われた。

俺の頑張り次第!?って、聞いたら、うん。と言ってくれた。

俺は喜んで二人に報告した。

二人も喜んでくれた。


43 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 23:08:54.62 ID:ldBMtEpk0
マジで一人かと思ったんだぜ。

ちなみにこの時点で12月くらいです。


47 :名も無き被検体774号+:2011/08/22(月) 23:11:04.07 ID:ldBMtEpk0
そんなこんなで、自分磨き頑張る★とか思ってた矢先、いきなり事件は起きた。


49 :1:2011/08/22(月) 23:14:23.59 ID:ldBMtEpk0
、頑張ぜ。

まぁ、あの、んでりゃわかど、Mっるのよ

実際二たあとに、なぜかのとこに、mの事好ったんだか言ってくるやいた。


50 :1:2011/08/22(月) 23:17:12.10 ID:ldBMtEpk0
正直俺だってMのことが好きだったのにだ。

軽々しくそんな相談してくるやつはウザかった。

だが、そのなかに、最初にチョロっとでたベースのSがいたんだ。


53 :1:2011/08/22(月) 23:29:19.96 ID:ldBMtEpk0
Sは本気だった。

部活終わりに かえってるときもMへの思いを語られたりしていた。俺も、ちょっと申し訳ないかな、とか思ったりもした。

Mは、かなり天然で、そのせいで色んなやつらを勘違いさせちゃう子なんだよ。


55 :1:2011/08/22(月) 23:31:48.60 ID:ldBMtEpk0
〉51
結局ドラムがいなかったからなぁ。

少なくとも俺にはドラムを始める勇気がなかった。
それがいまの差なんだろうな。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様