2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

おっさんと3年間一緒に住んでた話

 



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1383401669/


1 :スレ立て代行:2013/11/02(土) 23:14:29.44 ID:c+6TXJVr0
いろいろ終わったからここに書かせてほしいです。
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1383055176/184の依頼を代行
ID:htchxWc/0


2 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:16:42.60 ID:tLLeAC0V0
スレ立てありがとうこざいます!

1です〜

人によっては気持ち悪い話かもしれないのと日本語下手くそだから読みにくいと思うのであしからず



3 : 忍法帖【Lv=28,xxxPT】(2+0:8) :2013/11/02(土) 23:20:51.27 ID:rLo452cV0
スペック

まずはスペックからだ


4 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:24:10.77 ID:B1DsXUoZ0
まずスペック

>>1 当時二十歳 160センチで女

相手 当時45歳 185センチで猿みたいな人。

さっそくツラツラと書いてく


当時、私は小さな繁華街でキャバクラで働いてました。

18からやってたから仕事も慣れてきてそれなりに指名も取れて順調な時でした。


5 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:28:45.06 ID:AC7dXfVe0
そんお店の社が二目の結婚だとかで結婚式に呼ばでお店の女の子二で行くことにりまた。

(奥さんに人とり合だっので奥さん友達として行きまた。)

二次会が始まて少し経た時、タ吸いたくなりウロウロたらうしたと声をかけたのがさんでした


6 : 忍法帖Lv=28,xxxPT】(1+0:8) :宿2013/11/02(土) 23:33:26.92 ID:wPKpOMb20
ンツ長期休暇になった





7 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:34:45.13 ID:5Rm2QZ7s0
第一印象は、背でかいなーって思ったぐらいでした

>>1「喫煙所さがしてるんですけど、、」

おっさん「あ〜俺もタバコ吸いに行くから一緒に行こう」って言われて着いていきました。

タバコ吸ってる間に社長の後輩だったってことや、私のお店の話とかして その時は別れました。





8 :法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:39:29.96 ID:KTht7WEY0
も終って会で軽くみんで飲もうっことったときたそのおっさんたので私らアドレス聞いて今度お店来てーい言っ その場でた別れて帰っからールとかも特ないその日はた。

から月日は流れ、す姿かりっさんの忘れてにおっが私を指でお店てくれた。


10 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:42:40.78 ID:GDNKKrer0
おっさんは>>1ちゃん久しぶりだね〜とか言ってその日は楽しく会話した。

あんまり会話の内容覚えてないんだけど、おとぼけキャラのおっさんが妙にかわいらしかった気がする。

おっさんは普通に帰っていって、来てくれてありがとメール送ったけど返事は来なかった。


11 : 忍法帖Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:45:41.43 ID:IBKs5hbY0
それ、おさん増えたーラッキって思返事が来なても、貿事が来るうなメール送ったりしてた

全く返事をくれないおっさんにイラつきながらっさんのことを忘れかけてた時に店に来て指名をしてく楽しく会話してそのバイバイした。


12 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:50:29.32 ID:mbEbOFw30
そんなもんだよなーと思った私は更にメールを送り続けてみたら返事も来るようになって 毎日メールをしてたと思う。

ただ まだ私はおっさんのことを恋愛対象としては全く見てなくてお客さんだと思ってたし、おっさんもキャバクラの女の子だとしか思ってなかったと思う。


それからまた月日が経って、その日はお店も休みで友達と飲んでたんだけど終電で帰るって言われて飲み足りないから いろんな人に連絡して飲む相手を探してた。


13 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:53:21.71 ID:AC7dXfVe0
当にいろんなに連絡したけど誰でくれない、帰ろうとてた時におっから電話が来た

>>1ちゃーん、お店今日は休み〜?っ聞かれたからは友達と飲んで今から帰とこっていうと じゃ少し飲もってとにった。

いつも来てくれる社長の知りだからいっかってことで合流


14 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/02(土) 23:56:57.43 ID:ZuWmhI/o0
人いないですね、、めげずに


れでまずはバーにいってダーたりして遊だ。

共いい感じに酔っぱらて騒いかった

っさんなに気持ち悪いとか思わないし一緒にて安心するなって思ってた

次はカラオケにいってめ下手くそな歌に付き合わ爆笑したりして、お店会うよこのしいな〜ってってた。


16 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:01:14.63 ID:6jRja3PL0
気がついら、も>>1ちゃんな〜て言われたまだ帰りたくない!! って駄々ねて、

じゃ朝からやってるころあるかなけど特になくてどようってなったんだけど

おっさん、うちで飲み婿直すか〜って言ってきた おっさの家に行くことに。


思うと本に危険ww

でもこの時すに おっさんにかれいい////ってお情態になっだろうね


18 :法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:06:14.14 ID:d4JBrBxR0
そんなこんなで、お行ったら ま買い込んだ酒で乾DVD見ながら いろな話稿した。

っさんはある病退1ヶ月ぐらい入院たらして、退院してたら奥さ子供がいなた事を聞いたとき、結婚してたことなん知らくて正かなり焦っ


19 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:09:04.74 ID:GqVGHrNt0
でも、おっさん可哀想だなー。って思ったし、奥さんもひどいことするよなーって思った。

そのまま私は寝ちゃって起きたら毛布がかけられてた。

かなり寝ちゃってたみたいで、夕方だった。おっさんはハンバーグを作って待ってたくれた。

ハート型なんだけど ぐちゃぐちゃなハンバーグはいつも一人で食べるご飯よりとってもおいしく感じた。


21 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:12:45.28 ID:u0sXoy6u0
そのままお風呂を借りて、出勤した。

おっさんからメールがきて、とっても楽しかったと また一緒にご飯を食べて下さいって内容だった。

お互い一人で寂しくご飯食べるより いいよな〜って思って またご馳走してくださいって事と次は魚の煮付けを作れとメールをした。


その次の日さっそくおっさんから

魚の煮付けを作ったって写真つきのメールが来て、おっさんの家に遊びにいった。


24 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:18:04.65 ID:u0sXoy6u0
おっさんは、嬉しそうに駅まで迎えに来て、たくさん作りすぎちゃった〜って言ってた。

家についてお酒を飲みながらご飯を食べた。

やっぱり二人で食べるご飯は美味しいし、おっさんといると安心した。

その日は仕事が休みだから おっさんの家に泊まることにした。


25 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:20:30.02 ID:NkZ2ud1e0
おっさんは 私が泊まると言うと驚いてたけど、了承してくれた。

寝る準備して素っぴんを見せたら爆笑されてムカついたから足の脛を蹴ってやった。

二人ともどことなく緊張してベットに入った。

このときにはすっかりおっさんのことは好きだったんだと思う。





26 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:25:09.15 ID:CJPZW8gm0
まぁ皆さんの予想通り私たちはエッチをした。


不思議な気持ちだった。

お父さんより年上の人とするのはもちろん初めてだったし。でも気持ちよかったしw

しかも、今の時点では不倫じゃねーかよwとツッコミながらも寝た。



その時は まだまだ軽くしか受け止めていなかった。

深く考えてもなかったし こんな関係はすぐに終わるだろうと思ってた。


27 : 忍帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:29:33.80 ID:u0sXoy6u0
朝起きてからおっさん朝作ってくてた

っさんは>>1がったらここに住んゃえばいいゃん。と使てきた

イオ、、それはないろう思い、まぁ気が向たら〜なんてながら日はすぐに家に帰った

かららい自分の家にり おっさの家に泊またり毎回私が家にっていい?って聞いたら す迎えに行くねと来てくれたのに あ末にりにいっていたら 今日は無理。理は聞かないでとールがきた。


29 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:尿8) :2013/11/03(日) 00:33:35.65 ID:gqquq92a0
理由は聞かなったんとかく分かって子供と会ってるんだなーと思った

ぁそれはしうがし、親がない私にと頑張パwっった


三日いにおっさんらご飯食べませか?と電話が来た。

暇だっ、一にご飯を食べた。の定、子ちと会っできなくてごめんね。といわれた


31 :法帖Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:38:40.13 ID:wcec5iLq0
私は、気にしてな言って、なぜか三間何をたおっさんに丁寧に説明してたらっさんはとを言っ


その時ちゃんと合うこと決めて おっさん家に住むこともきた。

に二回は家いられないから自帰ることなることもちゃんと説明してくた。

その頃嫌いになったら自分の家 そっろうって思ったし

ンドクサイ事が起きもおっさんのせにすいとてた


32 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:42:03.71 ID:T3jK0eNG0
そしておと3に及同棲生活が始まった


ず掃除洗濯理は全ておさん

家を出べろべろにってて夕方に起るという最低な生活を送った。

れでもおっさ句もずに私のガママを聞いてた


34 :綿帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:45:39.88 ID:jRQ1gS050
そんな、生活が3月ぐらい続て うちに犬がきた。

の女だ。前から犬しくておねてて、飼ってくれた

ワンコちに凄くなちゃくちゃた。

っさは私の世話やワンコ世話しそうにし


私はく仕事のストレスをっさんに当たり散らしてて それでもおっんとよく聞いてく


35 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:49:14.69 ID:47eBtlMX0
そんなときおっさんは飲み会があるらしくて出ていった。

その日私は仕事で働いてたらベロベロに酔っぱらったおっさんがお店に来た。

悪酔いをしたのか、メンドクサイ事ばかり言ってきて私もその時はキレ気味になってしまった。

お店が終わって、まだ飲み足りないと言って私を連れて行こうとしたけど、嫌だったからタクシーで自分の家に帰った。


36 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:52:47.99 ID:KMpa7TQu0
翌日、さっそくおっさんを罵るようなメールを送ってしまった。

めんどくさいだの、酔い方が汚いだの

そしたら おっさんは私の家に来て、私の洋服や荷物を全部持ってきてもう別れよう。ひどいことしてごめんねと言われた。

予想外の行動にポカーンとしてると。

お前は、俺のことをなんだと思ってるんだ?家政婦だと思ってるんだろ?

家では寝てばっかりでなにもしないで それで許されると思うのか!!と言われた。


38 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:56:37.80 ID:gQAt4GHe0
思い返してみると たしかに私は最低最悪だ、そりゃこうなるよなと思った。

でも、一人になりたくないしおっさんとまだ一緒にいたかった私は、これからは少しずつ生活を変えていくから許してと言った。

おっさんはめちゃくちゃ怒ってたけど最終的には許してくれて おっさんの家に帰った。

それから平和な日々を過ごしていた。

でも私は どんどんおっさんの事が好きなっていった。


39 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 00:59:57.54 ID:zxDizSUP0
おっさんはとっても子供っぽくて しっかりしてて優しくて とにかく私のツボをしっかり抑えていた。


でも、好きになるにつれて どんどんいやな感情が出てくるようになった。

暗黙の了解で 月に二回自分の家に帰らなきゃ行けないとき、私とおっさんは二人で部屋の掃除をする。私の痕跡を消すために。

子供に当たり前にバレちゃいけないのはわかってるけど、私の存在を消されてるみたいで その掃除が大嫌いだった。


41 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 01:04:36.56 ID:Y8ShNF4J0
私が家に一人でいるときは おっさんは子供と笑っていて、私は一人で家にいるのが嫌で嫌でたまらなかった。そんな事で嫉妬してる自分もたまらなく嫌だった。


私は小さい頃から親がいなかったからお父さんっていう存在が分からなくて うらやましくてしょうがなかった。

そんな私に唯一、時にはお父さんで時には彼氏で時には友達みたいに接してくれる存在を取られたような気持ちだった。

私の方が残酷なことをしてるのに。


44 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) :2013/11/03(日) 01:10:31.71 ID:CNG9vtAj0
どんどんメンヘラ化してく私に気づくおっさんはごめんねしか言えなかったと思う。今考えると私の方がごめんなさいだ。

それでも気を使ってクリスマスやお正月は一緒にいてくれた。

丁度一緒に住んで一年が過ぎた時、私は毎日おっさんために料理を作って家事をした。

おっさんに完全に依存した私は、おっさんに尽くしまくった。

くだらないことで喧嘩して仲直りしての繰り返しだったけど その頃が一番幸せだったかもしれない。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様