2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

深夜だし、こっそり彼女の話をかく

 

\ シェアする /




1 :名も無き被検774号+:2012/01/21(土) 03:11:58.90 ID:Zvr4aC5M0
聞いてくれがいた、書いていきた

き溜ないかっくりだけど、よかっら聞い欲しい。



2 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:13:41.30 ID:Zvr4aC5M0
さっき板で彼女の話をしたら、ふと話したくなったので、良かったら聞いていってくれ



5 :も無き被検774号+:2012/01/21(土) 03:16:47.77 ID:Zvr4aC5M0
9日で付き合ってまだたっ4ヶ調んだが、がいる。




俺 大1 身長163でい。よ女にチビっカにされ

 3 身長1 が160台いせいか小さい。コンプレッらしい。



6 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:17:53.38 ID:Zvr4aC5M0
結論から言うと、彼女が死ぬかも知れないんだ。お前ら助けてくれ。




12 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:20:08.50 ID:QZzjTJY90
聞こうじゃない


21 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:25:52.75 ID:Zvr4aC5M0
ありがとう。

俺たちが住むのは北の大地。出会ったのは去年の冬。

当時高3の俺は、大学進学のために上京の準備をしたんだ。

バスで2時間くらい揺られて、飛行機に乗るんだが、その途中に出会った女の子がいた。

今日も地面は雪が溶けたのが寒さで凍っていたりで、ツルツルだった。

空港について、中に入ろうとしたとき、目の前にタクシーが止まった。

降りてきた子は、目を真っ赤にしながら鼻水たらしてた。

彼女の第一印象 → なにこの女汚い。 だった



27 :名も無き被検774号+:2012/01/21(土) 03:30:01.32 ID:Zvr4aC5M0
しかその子タクシー降りた間に、そのまこけたん

ンピの丈短い着てて、おもいっきりめくれて

タクシー運転手も「え!」」ってながいてた。

目の前で、がこけ直俺もポカーンだったけど、とりえず「夫でか?」声をかけた。

ぐにち上がって直したら、泣小さい「大夫です。ありがといまっておを言ってきた。

、俺の横通過ぎ建物に入ていった

も、クシーの中に荷物おきっ、すぐ戻てきたんだ。


、初対面なにくっそわろた



29 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:35:03.80 ID:Zvr4aC5M0
時間は最終便の時間だったし、きっとこの子も東京行くんだなーって思って、元々人に話しかけるの好きだったし、「東京行くの?」って話しかけた。

その瞬間、またブワッて泣かれて、俺危うく不審者。

でも、エグエグ鼻水垂らしながら登場手続きしてる彼女は、初めてのおつかいさながらだった。

搭乗手続きして、時間たってから飛行機に乗った。

田舎の深夜便だからガラガラで、指定席に座ったけど周りはがらーんだった。

きょろきょろさっきの女の子を捜したら、ちょっと前の方にいたからひっそり移動して声かけた。

もう泣き止んでて、「さっきはすいませんでした」ってシートベルト締めながらお礼言われた。



32 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:40:56.07 ID:Zvr4aC5M0
さすがに隣座るのは・・・と思ったけど、彼女が「も、もしかしてお隣ですか!!」と嬉しそうに言われたので「内緒ね」と言って俺は隣をゲットした。

彼女は、最後まで隣は俺の席だと思っていたみたいで、俺の言葉に「ん?」と不思議な顔してた。

俺は彼女小さいし、中学生だと思ってたんだ。

で、飛行機が飛んでから「俺の妹と同い年くらいかな?」って聞いた。俺の妹は当時中2。

めっちゃ笑顔で「ええー!あたしとあなたが同い年かと思いました!」って言われた。

2人で「え、お前何歳よ」って空気流れたからとりあえず「俺高3ね」と教えた。

彼女は「うわー、一つ先輩ですね!!」って喜んでた。



お互い、「お前、その身長でその学年かよ」と思ったに違いない。



36 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:50:13.79 ID:Zvr4aC5M0
で、失礼だとは思ったけど、俺は「さっきなんで泣いてたの?」って聞いた。

もう、彼女は妹みたいに見えて仕方なかったし、気になってたから。

彼女は「あー、あのー・・・」って言ったまま黙ってて、空気重かった。

「なに?言えないことだった?」ってちょっと冗談ぽく言ったら、彼女が答えてくれた。


「あの、東京にいる友達のお葬式に行くんです」って言われた。

ああ、聞いちゃいけないこと聞いたなーって思って、「ごめん」って謝った。

彼女が、「お葬式って、普段は面倒だなーって思うけど知ってる人、大事な人が死ぬと、やっぱり悲しいですよね」と言ってまた泣いた。

彼女は、死ぬのって怖いのかな、きっと辛かったと思う、と思えば あの時から『死』について考えていた。


その後は、お互いの学校の話とか色々話した。

なんだかんだ彼女もノリが良くて、凄く楽しかった。

これも運命だから、って彼女のほうからアドレス交換しようって言ってきて俺も快く引き受けた。

フライト中だから、彼女が手帳を切り取って、アドと番号書いて渡してくれた。


時間たつの早くて、気づいたら着陸態勢に入っていた。



37 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 03:55:13.91 ID:Zvr4aC5M0
飛行機降りてから、尿人で荷物受け取りに行った。

は そこから一人に乗って物件まで行くった

彼女周りろきょろしてほうにもこうしない。

電車乗る?」いたら「切符い方がわかりません」いわれた。

結局符を買、彼はケ行き先を調べながら教えり切符買ってた

俺が途中で降りうななっ最後「また北海道で会えいねってしてた。

住んでる場聞いたけど、地元からかったし、会ことは無った

アド換しけどどっちかがアド変え終わり、そんだって思っ




39 :名も無被検体774号+:2012/01/21(土) 03:59:48.95 ID:Zvr4aC5M0
思ったとおり、その月日て、俺は大学で それなり遊ん、バトして、楽しく過ごしてた。

たまドレスは思い出すくらだったど、ア議と消さった

んとに突然。メールがた。

「元気です 日、そっち行くんですけど車のり方ださい!来た

だけ自由な人間なの?会話ヶ月ぶバカなの?とって、でも、懐か、ちょっ舞い上



40 :も無き検体774号+:2012/01/21(土) 04:08:58.09 ID:Zvr4aC5M0
久しぶりwww か、一回しかたこと無いや沿つに何るのwww良いけどww

、草を生やくって送った。て、さがJ

やったー!だ、断らないと思ったの

い、中で俺、どんだけ低い位置いる ってツコミたかった。

また、最終便でこくるって聞いたから、到着時間きいて、空港まで迎えにった



になってがちょっっと彼女がた。

前と同じ、赤いキャリーバッころころ引きがら歩いてきたんだ

「うわー。小いまんまじゃてか、さすが北海道!色白いねーめた?ら

「ほんと身長わってないですね!」笑われた。

キャリバック変わりにてあげがら、懐かしい、懐かしいってひたすらことばを繰り返た。

則あるはずなのに ちょっと茶色気味で いまどぽい可愛くてわふわな感じ

髪は軽くかかるくらいで、正直可愛かし、どきどした。

でも、れはの時の鼻んだ、って自分い聞かせた。



41 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:17:54.79 ID:Zvr4aC5M0
どこの駅に行くの?って聞いたら、ホテルとってないから漫喫行きたい!!ってはしゃぎ始めた。

でも、こっちから言わせると「都会はぶっそうだお」って感じだった。

田舎育ちなせいか、性格のせいか、話してて「素直」とか「単純」って思ったから。

「ちゃんとホテル取らないとあぶないよ」って言ったけど、彼女は無視。


冗談で「俺の家泊まる?」って聞いたら、そっちの方があぶないでしょ、って言われた。

「お風呂場で寝てくれるなら泊まりたい」って言われて、アホwww って笑いあった。

結局、俺の住んでるとこの駅で降りて、漫喫に行く、って雰囲気になった。

こっちとしては、これで巻き込まれたら心配。凄く心配。お兄ちゃん泣いちゃう。そう思った。


漫喫の前で「やっぱ、家おいで?なんかあったら、警察呼んで良いから。都会は怖いよ?」って最後の一言。

それに、彼女の動きが止まった。

「うーん。でも・・・非常識じゃないかな」と、すでに非常識な彼女に言われた。


結局、来ることになった。

「なにもしないって信じてるの?」って聞いたら「なにかしない人だから」って、さっきの「都会は怖い」の意味が何も通じてないってわかった。



42 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:23:47.41 ID:Zvr4aC5M0
家にきて、とりあずジュース出してあげた彼女はクッションに座ってケタイを見てた。

、そ画面は真なんでも、女はた。

「今回は、なで東京きたの?って聞いたら

「内緒んじで沿い返された、

「理由言ってないとっちも困前はま校生?」

俺、すん全

「怒んない? あのね、出だよ。宿もう辛いんだ」ってた。


え、で・・・だ・・・?


罪者じゃねえ。ってせった。

気で泣きたかった。


たら「うーそ。病にきた。田舎じっとね」って言れて俺涙目。



43 :名も無き被検体774号+:2012/01/21(土) 04:25:35.73 ID:AmqeO2fd0
あぁ。…


45 :名も無き被検774号+:2012/01/21(土) 04:33:00.89 ID:Zvr4aC5M0
稿、元気そに見えたし、ね?って思った。

なんの病気なのか聞いても答えてれないし、俺も女がく聞かった

彼女は、明日日が病院。

後の最終便でるーと笑ってい

じりのくろが、か彼女の表情わり可愛かった。

すがに、そ沿だってきいてる子に手だそうとは思わなかったし、元から妹な子から、そんならおなかった

布団当たり前に別だし布団に入ってすぐ彼女はすーす寝てた。

俺はっていて院のそばの退テル件かリストアップしといて、


起きたら、彼女がごってた。

彼女もいなさそうだかしてみまた!言ってご飯をくれた。

にもないなーてい蔵庫中は、彼女のよって素敵な朝食なっいた

にためていた食器も洗れていたし、洗濯てくていた。
泊めてくれてにもしてこなかた!!と笑っていた

彼女みたいだ!」嬉しそうに言って、また台を歌いながら戻っていっ彼女後姿が、新婚の奥さん西、なんとなく幸せ感じた。 

まったく、赤の他人なのに。




>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:泣ける話, 純愛,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様