2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

不気味な場所に迷い込んだ話

 




1 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 13:59:25.93 ID:XzvFwQtP0
小学生数人が道に迷い見たこともない場所にたどり着いた話です


4 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:07:11.54 ID:XzvFwQtP0
小学校には毎週水曜日だけクラブ活動があり、4年生以上は必ずどれかに所属しなければいけなかった

小6の1が所属していたのはスポーツBクラブ

家庭科クラブやパソコンクラブに行くほどインドア派ではないけどスポーツAクラブほどガチなスポーツはしたくない

体は動かすけど毎週特に何をするかは決まっていないゆるめのクラブ、それがスポーツBだった

小4のときからスポーツB一筋だった1は経験を買われてクラブ長となり毎週の活動内容を先生と話し合って決める立場に

全校生徒100人弱の小さな学校なので、新しく入ってきたメンバーも合わせて10数人ほど

仲良くなるためにまず最初の活動は どうしようか先生と相談していた


5 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:14:14.44 ID:XzvFwQtP0
そして思いついたのが校外への探検

数班に分かれてゴールまでの地図を渡され、途中指定されたものを集めながら一番早くゴールにたどり着いた班の勝ちという簡単なゲーム


地図の用意やゴール場所の設定などは先生に任せ、水曜日の放課後メンバーは校庭に集合した

先生の到着を待つ間に肝心のチーム決めをはじめる

ここで学校周辺の路地や抜け道に詳しい生徒が班員だと有利になるし指定されたものが何かは分からないが積極的な生徒がいてくれれば捗りそうだ

まず6年が4名しかいなかったため全員が班長となり4班編成に決定

班長がジャンケンし、勝った班から好きなメンバーを指名していくという方式で班を決めていった


6 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:21:37.68 ID:XzvFwQtP0
あろうことか この肝心なジャンケンで負けてしまい4班になってしまったため選ぶ順番も最後

残った3人+1での班が決定した

メンバーは

ナツキ♀ 小5
ナツキ♂ 小4
ダイチ  小1(特別参加)


1も名前がナツキ(仮名)だったため、ナツキが7,5割を占めるナツキ班が完成した

どのナツキも仕切りたがりや目立ちたがり、または問題児だったので、1がナツキ1世

ナツキ♀が2世、ナツキ♂が3世と教師や生徒の間で区別されるために呼ばれていた


8 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:29:05.71 ID:XzvFwQtP0
班が決定したところで先生が職員室から荷物を抱えてやってきた

まずA4用紙に印刷されたここら一体の地図と、その右上のほうに記された赤い丸印

ナツキ班は誰一人分からなかったが、2班あたりから「あ、ここ○○寺だー!」と声があがった

それを聞いてダイチがそれなら俺場所知ってるー!と声を上げる

お寺の名前だけなら1も知っている、確か隠れた桜の名所らしい4月だけあって、皆がゴールした後はそこで軽くお花見でもするんだろう

正直 家はそっち方面ではなく そこらへんの地理には疎いので、ダイチに任せることになりそうだ

そして プリントの裏にあった途中で取ってこなければいけないアイテムは

「チョウorバッタ」「ホトケノザ」「ペンペン草」らしい

先生からは班に一つずつアミと虫かごが配られた





9 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:32:28.57 ID:exs5tcAx0
必須アイテムいいね


10 :無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:34:39.55 ID:XzvFwQtP0
ここでルールさらいておく

・一班34名の班構成

・ゴは桜有名な寺、一番くつい優勝

途中「チョウorバッ貿ケノザ」ペンを採ってくるこ

先生は お寺回りして生徒到着

・危険な場所には行かないこと便、勝に家いこと


トケノザとペン草はそこらんに腐ほど生

バッタも草むらを蹴飛ばしてればでてくるだろう

題児ナツキ3世が途中でださ心配とにかく小1ダイチがきちんと案くれるのを祈るだ



11 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:41:32.90 ID:XzvFwQtP0
1班2班は東出口から、3班と4班は正門から出発となる

自信ありげだった1,2班に比べ 3班の班員達は寺周辺に土地勘がないらしい

ダイチが場所分かると叫んだせいで こちらに寄生する気満々の視線を向けてきている

奴らを振り切るためにまずはダッシュでスタートしようとナツキ班の心が通じ合い 先生の笛の合図とともに道路の斜め向かいの路地裏に突っ込んでいった

先頭を走る2世の背中についていきながら後ろを振り返ると3班は追いかけようかどうか迷った後 観念して別の道を進んでいった

我らナツキ班の作戦は、山から小学校のほうに流れる小川沿いに上っていき そこでどうにかアイテムをゲット、あとはダイチに案内を任せるという我ながら優勝を狙えそうな作戦だ


12 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:44:54.00 ID:exs5tcAx0
パーティ編成といい

スタートダッシュといい

わくわくするね


13 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:47:24.72 ID:XzvFwQtP0
路地を抜けて早くも小川の下流にたどり着いた

こちらが歩く道はコンクリートで舗装されているものの、道沿いは草むらとなっている

土手が盛り上がっているため隣は草の生い茂った下り坂、そこならバッタくらい余裕でいそうだ

俺が採る!俺が採る!とダイチと3世が騒ぎ始めたが、ここで採ったあと全力ダッシュすると 虫かごが縦横無尽に揺れ間違いなく虫が弱る

虫嫌いな為、弱った虫の看病をするなんて最悪だ

まずは土手に生えているホトケノザとペンペン草を難なく千切り全員がぺんぺん草の葉っぱを例の形に加工しながら川を上っていった


14 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:53:58.77 ID:XzvFwQtP0
川を上っていくと、架かっている橋のクオリティも下がり、ただでさえチラホラしていた民家も全く見えなくなる

両端を田んぼに挟まれ、のどかで暖かい日差しを浴びながら早速3世が半目になり歩きながら寝かかっていた

ここら辺で もう虫も採っておくことにし、パッと見チョウはいないのでバッタを探すことになった

1とダイチが草むらを歩き回ってバッタを追いたて、虫取りの上手い2世が巧みなアミ捌きで飛び出してきたバッタを捕獲する

坂道側の草むらを歩いてみたが、今日に限ってなぜかバッタが出てこない

小さな羽虫や蛾が飛び出すだけだった


15 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 14:56:16.63 ID:bg2ezppN0
2世♀が捕獲役かよ!w


16 :名も無き774号+:2012/11/25(日) 14:59:58.99 ID:ErSdN4uv0
全員かくんぼ人?


18 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:05:27.01 ID:XzvFwQtP0
>>16
わかってくれますか

思い出せた中では これが最後の話です


19 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:06:54.92 ID:exs5tcAx0
>>18
最後ですかー





21 :き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:15:10.40 ID:XzvFwQtP0
>>19
独特のイベントとかはあたんですが面白かけどの大事件も思出せず

くていっぱいネタはあるんでどね


17 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:04:30.29 ID:XzvFwQtP0
赤茶け古びた橋の上で3世は横になって爆睡している

バッタが出てこないことに焦ったダイチは、川のほうの草むらを探すと言い出した

そっちは草は生えているものの急斜面になっており、足を滑らせたら確実に小川に落ちる

小川とはいえ田んぼに水を張る前なので水量は多く、これは流石に危ない

ダイチを止めたが2世もここでも探さなきゃ出ないっしょとダイチの肩を持ち 仕方なく道路から1が二人と手を繋いで安全を確保し、二人はギリギリまで降りてバッタを探すことになた

2世はなんとかバランスをとっているが、ダイチは足を滑らせかけたりと危なっかしい

そろそろ2世に任せてダイチは上がってこさせるかと思案しているとダイチが突然「バッタいた!!」と叫んだ

アミを持っていた2世が慌ててダイチにアミを伸ばし、ダイチがバッタに視線を固定したまま

アミを左手で受け取ろうとしたとき、何を思ったのかダイチは手づかみでバッタをとろうとしてアミが坂に落ちる

「おいアミ!!」と男勝りな2世が叫んだがもう遅く、アミは小川の流れに乗って下流に流れていった

ついでにバッタも落ちた


20 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:12:41.30 ID:XzvFwQtP0
「おカ!!」と2世が叫びも「も上がれ!」と怒

チはバッタが川のがボにはまったらしいながら上っきたが世はかなり不機嫌

結局苦肉の策で草むらから出てのすごくさい蛾チョウだと言い張ことにし 2世が驚の動力で手づかみでなんごにった

さて切りなおして地を見ながら最短ートを進と2と声かけると「持ってな」といた顔でわれた

イチはと思ったが流に小1に命綱の地図を預けるど馬鹿で

橋の上で寝てる3世を2が蹴起こし地図のことを聞いが「持ってねーやたらでかい声で叫んだ

ここで1と2世は顔面蒼白に


22 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:19:28.28 ID:exs5tcAx0
>>20
なんと

プリント回して見たら行方不明のケースかな?

小学生らしい大ポカ


23 :も無き被検774号+:2012/11/25(日) 15:20:58.93 ID:XzvFwQtP0
が覚め3世は綿アミを川に落ョウもッタもまえられなかて怒りにり出した

自分はきに寝ていたくに都合のい奴であ

しょうもない蛾しまえられず地をなくすという暗な状にな 救いを求ダイ「ここからお寺への方わかると訪ねたが

ダイチは もすごく情けない顔いた

いよいよ大変な状況にきた

から川を戻れるがなこをしたら最下位

携帯も主流じゃなった時代なで、4班が学校に帰知らな先生は慌て域一体し回るだろ

それには付食べ物を何用意ているに違いない

して班から順に多めにえる違いない

としたら なんとても最下位だは避けたい


24 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:26:07.30 ID:XzvFwQtP0
必然的に、このまま勘で進むしかなくなった

名前は同じだが犬猿の仲の2世と3世が険悪なムードになり ダイチは一番後ろで情けない顔をしている

ここは班長として班員達を無事ゴールに導かねばならない

地図で見ればたしか右上にあったんだから、とりあえず川を もう少し上のほうまで登り右に曲がってまっすぐ行けば それっぽい寺が見えるんじゃないか

近くに行けば木の看板くらい道路沿いに刺さっているはずだ

そう信じてコンクリートの舗装が途切れた川沿いの道を登っていった

班員も誰かに付いて行くしかなく、黙々と後ろを歩いていた


25 :名も無被検体774号+:2012/11/25(日) 15:32:53.03 ID:XzvFwQtP0
湿く「って右理」に欠点発見さ

もういるかと思いきや、う かなりのむらで先に進ないのだ

ここか まっすぐ上って行っても、山のほうに行ってしま

迷った末にんぼを越えた遠くに民家がのを見し、あこらへんにら道があるだろと賭け

そこまで移動しようということになった

手の坂を人ずつ滑らないように踏張りがらり、溝を飛びえてんぼと田んぼの間にある細い道を恐る恐る進

草がていため足元見えず続いているかとえば大きな穴があ

く脚て転

民家までなり離を平を渡るように神経を集中し スニーカーみれにしながら なんと四人りきった


26 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:39:45.77 ID:XzvFwQtP0
さて到着したのはいいが、まったく見たことのない民家だ

中が丸見えのボロボロの廃屋や、人が住んでいるのか怪しい古い民家、傾いた電信柱に古い選挙ポスターが貼ってある

路地はあるが これがどこに続いているのかも分からない

小学校のある地区を上中下に分けると、上にゴールのお寺中に小学校があり下にナツキ3人の家がある

ダイチの家は どこかわからないが、寺の場所は知っていても ここらへんにはあまり詳しくないらしい

小学校より上には滅多に行かないので、歩いて30分もかからない場所でも全く土地勘がないのだ

わずかに坂になった路地の奥を覗いてみると、また まっすぐ山に向かって続いているようだ

ここからでも本格的に山に上がる草木の生い茂った道が見える

右に曲がれるかは分からないが、ここしか道も無いので寺までの道が続いていることを祈りながら皆黙って坂を上り始めた


27 :名も無き被検体774号+:2012/11/25(日) 15:45:08.88 ID:exs5tcAx0
心細いなあ


28 :名き被検774号+:2012/11/25(日) 15:46:17.34 ID:XzvFwQtP0
みも空し、右に曲がれそな道は見当らなった

このまま直にもかず、き返い出そうと迷ていたと

突然イチ「ここ」と叫

何が?ナツキ13世は口々にねた ダイ ただただ「ここ!ここく!!」と興奮して叫ぶば

イチの指差は坂が少きつくり、両側枝葉を広げた木が黒々とそびえ薄気味悪いが流れいた

こんなとろにくのは気がけるが、こ逆向きに帰ろうにも来たこ無い

田んぼのぜ道をり坂を上って川沿いの道に出てこかまた学校に引き返すのは疲れた小生にて途方もく遠く思えた

皆が立ち尽く中、「ここからお繋がんだなが一人で向かって歩きした




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:面白, 青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様