2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

奇妙な肝試しの経験談を語る





2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:52:59.282 ID:u0lfk96c0.net
お前ら田舎の肝試しの仕方って知ってる?

俺が経験した奴なんだけど聞いて欲しい

当時俺は小学校3年で切っ掛けは夏休みに子供だけ集めて田舎で田植えとかさせたりキャンプさせる会みたいな同好会に強制的に連れてこられたんだよね。

で、その時の話



5 :以(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:53:22.676 ID:u0lfk96c0.net
は長野のどか。

ちが泊まっ家は庭にコンバインか置いて

人くらいが泊まれるでっか家でこにろんな所れた小学が雑魚寝しら一週間くらい過ごって

こともないし畑の伝いとかビはせてくい。

たくなるようなとだ。


3日目くらになて班いのおっさ)がニニヤして

ら退してるんだったら肝試しんべ」って



7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:53:53.020 ID:u0lfk96c0.net
俺たちの感覚だと肝試しってみんなで廃病院とかそういった所を懐中電灯とかそういうのを持って歩くじゃん?

田舎だとそういうのやらないんだよ

「お前ら全員この軽トラックの荷台に乗れ」



8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:54:16.315 ID:u0lfk96c0.net
言われるがままにその家主の軽トラックに乗る

班長はニヤニヤしながら運転していく

向かった先は周囲に明かりすら無いような山だった

山の入口で軽トラックは停まった。班長が言った。



10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:54:40.123 ID:u0lfk96c0.net
いいか?これから順番に一人ずつトラックが泊まった時に降りてもらおう

降りるやつは手をあげろ。

後半になればなるほどシンドイから早めに手あげたほうがいいからな」



11 :下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:55:11.571 ID:u0lfk96c0.net
りこ綿事だ。

ラック今10人い後 山の山付近まで行くがの途中たちは一人ずつ降ろされる

あらかじストップォッ渡しておく

降ろされた奴は10分経過したら歩い入口まで来い

ということらし





12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:55:44.191 ID:u0lfk96c0.net
それじゃあ最初のポイントに行くからな」

そう言うと班長はまた山道の中、軽トラックを走らせた


3分くらい走ったかな?また止まる

「じゃあここで降りたい奴」

そこでイチバンの最年少の奴が震えながら手をあげた

「じゃあお前降りろ」

そして軽トラックはそいつを下ろしさらに上に進行していく



13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:56:23.651 ID:u0lfk96c0.net
俺はビビッてた。

こんなシステムの肝試しは初めてだったし上にいけば行くほど帰りは一人で歩いて帰らなきゃいけないし

めちゃくちゃ怖い

次だ!次で降りる!って俺は決めてた


また3分後

「じゃあここで降りたい奴」

俺は手をあげたがその時、その班内で一番存在感のない奴(A君としておく)がすっと手をあげた。

「二人か・・・お前らジャンケンしろ」

ジャンケンの結果、A君が勝ち俺は次だ・・・次で降りるといった感じで3番めに降りた



14 :以下、\(^o^)/VIPが送りします:2016/05/09(月) 02:56:55.859 ID:AB4DYfCud.net
り話やん


17 :以、\(^o^)/でVIPがお送します2016/05/09(月) 02:57:30.485 ID:u0lfk96c0.net
>>14
やリルガチ。

怖くもど後から聞いて



24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:58:42.799 ID:AB4DYfCud.net
>>17
はい


15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:57:00.538 ID:u0lfk96c0.net
「じゃあお前、ストップウォッチ渡しておくからな。10分経ったら歩いていい。それまでは動くなよ」

そして俺は皆が軽トラックで去っていく中、山道の誰もいない電気もないような所にポツンと放置される

トトロのバス停でサツキとメイが待ってるシーンわかる?あんな感じだよ。

周りに鬱蒼とした木々と土道・・・何より真っ暗なんだ



20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:58:04.572 ID:u0lfk96c0.net
じで怖かった。

一応ストプウッチがカアッてるのを見ながら早く過して欲しかっ

2分・・・3分・・

いうのまたっ暗なのもあり身震いす

木々が細かくざわめきか見てしまいそうだとい湿怖感して行った

・5分・・

で自殺した沿が出したら

包丁を持った女が襲いかかってきたら?

に食い殺



22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:58:35.842 ID:u0lfk96c0.net
怖い!!

俺は10分経過する前にずるいかもしれないが下山することにした。

どーせ下にいるやつはA君と臆病な最年少だし一緒に楽しく話してれば良いやって思った



23 :以下(^o^)/でVIPが送りす:2016/05/09(月) 02:58:36.649 ID:7m3woI8d0.net
何時ろ?


26 :以下、\(^o^)/でVIPが送ります:2016/05/09(月) 02:59:43.332 ID:u0lfk96c0.net
>>23
間は夜1時過

だがその場はその時間でど暗というとこ



25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:59:04.426 ID:u0lfk96c0.net
そして俺は歩き出す

徐々に目が慣れてきて山道の様子がわかってきた

それでも歩いてる最中は幽霊に会ったらどうしよう・・・ってずっと思ってた

足もガクガク震えてるが早足で下山していった




28 :以(^o^)/でVIPがおす:2016/05/09(月) 03:00:03.183 ID:u0lfk96c0.net
ょうどスップウォで7分くらい経過したな?

いてる途中、2番便されA君発見し

あ!A君だ!)

知りに会ったというな現実に戻ってような安は駆け寄った



29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:00:28.176 ID:u0lfk96c0.net
「A君?」

返事が無い

「ねえA君ってば!」

今度は肩を叩いた

全くの無反応



30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:00:51.215 ID:u0lfk96c0.net
まあもともと仲が良いほうじゃないしな

向こうも緊張してるのかもしれないしと思ってそれより俺は早く下山したかったから「先行ってるよ!」って言いながら更に山の入口に向けて歩いて行った



31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:01:16.204 ID:u0lfk96c0.net
入口付近まで歩いて行くと

既に最初に降りた奴と軽トラックに乗った班長が待っていた(班長どうやって降りたんだ!!?)

「なんだ早かったな!」と班長が言った

俺は実は10分経過してなかったが「早歩きでかえってきました!」って嘘ついた



34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:02:02.619 ID:u0lfk96c0.net
(あれ・・・そういえばA君がいなくね?)

「あれ・・お前の前ってAじゃなかったっけ?」と班長が言った

「あ、いやすれ違ったんですけど・・・なんか声かけても無視されて」

「まだ戻ってきてないのか?」

「ゆっくり降りてんじゃないですか?」

なんて事言ってた。



35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:02:28.372 ID:u0lfk96c0.net
その後も約5分おきにいろんな奴が戻ってくる

A君がいない・・・・

「おいAを見たか?」と班長が聞くも

「いや、途中にいたんだけど声かけても無視されて・・・」と俺と同じような返しをしていた



36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:02:49.428 ID:u0lfk96c0.net
そして一番最後に降りたやつが戻ってきた

「おかしいな・・・・」と班長がいった

「いくら何でも遅すぎるだろ・・Aの場所と最後の奴で30分以上間隔があるんだからお前Aを見たか?」

班長が最後に降りたやつを確認する

「いや・・・見てないです」

そこで班長は青ざめた



38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:03:13.835 ID:u0lfk96c0.net
「おいお前らそこで待っとけちょっと確認してくる!」と班長は軽トラックを山道に向けて走らせていった

残された俺たちは

「おいどういうことだ?」

「Aがひょっとして山道から離れたんじゃね?」

「えー・・・もしかして木にうずくまって泣いてるとか!?」

みたいな事言ってた



42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:03:46.670 ID:u0lfk96c0.net
10分くらいかな?経過して班長が戻ってきた

荷台にはA君が座っていた

「Aが確認とれた。ったくお前何してんだ!」

班長が心配からか声を荒げるがA君はキョトンとしている

「僕ちゃんと10分数えてましたけど・・・」

「は!?」

班長がAからタイマーをひったくると そこにはまだ4分50秒を過ぎたストップウォッチがあった



46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:04:23.975 ID:u0lfk96c0.net
「なんだこれ・・・」

ちなみにA君に何度も確認したらしいがA君は途中で時間をとめたりしてないし

しかも妙な事に途中俺も肩を叩いたり声をかけたというのに


「僕 だ れ と も 会 っ て な い よ」


と言った。

それ以来この肝試しは廃止になったらしい





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様