2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

山で「邪視」に出会ってしまった





42 :邪視 :2016/01/02(土)21:38:52 ID:m4z
これは俺が14歳の時の話だ。

冬休みに、N県にある叔父(と言ってもまだ当時30代)の別荘に遊びに行く事になった。

本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。

小さい頃から仲良くしてもらっていたので、俺は喜んで遊びに行く事になった。



叔父も俺と同じ街に住んでおり、早朝に叔父が家まで車で迎えに来てくれて、そのまま車で出発した。

叔父は中々お洒落な人で、昔から色んな遊びやアウトドア、音楽、等等教えてもらっており、尊敬していた。


車で片道8時間はかかる長旅だったが、車内で話をしたり音楽を聞いたり、途中で休憩がてら寄り道したり、本当に楽しかった。

やがて目的地近辺に到着し、スーパーで夕食の食材を買った。そして、かなりの山道を登り、別荘へ。

それほど大きくはないが、木造ロッジのお洒落な隠れ家的な印象だった。

少し下がった土地の所に、2〜3他の別荘が見える。人は来ていない様子だった。


夕食は庭でバーベキューだった。普通に安い肉だったが、やっぱり炭火で焼くと美味く感じる。

ホルモンとか魚介類・野菜も焼き、ホントにたらふく食べた。白飯も飯盒で炊き、最高の夕食だった。

食後は、暖炉のある部屋に行き、TVを見たりプレステ・スーファミ・ファミコンで遊んだり。

裏ビデオなんかも見せてもらって、当時童貞だったので衝撃を受けたもんだった。

深夜になると、怖い話でも盛り上がった。叔父はこういう方面も得意で、本当に怖かった。機会があればその話も書きたいが…



ふと、叔父が思い出した様に「裏山には絶対に入るなよ」と呟いた。

何でも、地元の人でも滅多に入らないらしい。マツタケとか取れるらしいが。

関係ないかもしれないが、近くの別荘の社長も、昔、裏山で首吊ってる、と言った。

いや、そんな気味悪い事聞いたら絶対入らないし、とその時は思った。

そんなこんなで、早朝の5時ごろまで遊び倒して、やっとそれぞれ寝ることになった。



47 :2016/01/02(土)21:39:36 ID:m4z
屋に差し込む日光目が覚めた。時刻はも12時を回っている。喉の渇きを覚え1階に水をに行く。

の部屋を覗くとイビをかいて寝て

いが、本当気持ちのだ。山の空気は都と全然違

の部に戻り、ベダに子に座る。

は、丁度裏山面してい。別にんて山に見え



と、部屋の中に望鏡がある事をい出した。自景色なり、望遠鏡ランに持ってくる

性能で高けあっ、ホント遠くの景色でも綺麗に見え

か遠くに見える、周は木留って鳥まえて動した。



30分く夢中ていただろうか度裏山の木々を見ている時、視界動くものが入った。

人?の様にえた。背中が見え頭はツルツル。しきりに全身を揺ら地元の?踊り

る。異様なの、この真冬なのに真っと言ういう祭り?

だが、1人しかない

思考、様々な事が頭に浮かんだ。背中をこちらに向けているのえない。

その見て、何故か山出し

れ以見ていけない」

本能的感じた。

人間だろうけど、ちょっとオカシろう。気ち悪

だが、好奇心勝ってしまった。望遠鏡のズムを最大にするツルツル後頭。色が白い



クッ、としたその時、ソイツが踊りながらっく振り向いた。

恐らくは、思え顔の造形はしていた鼻も口もる。

眉毛なく、が眉間所に1つだけついてい。縦に婿

震えた。1つ目。形のアブイ人ソイと、望遠鏡のレンズ越しに目た。口を歪せている。笑っている。

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

目が合た瞬間、叫んでた。

が止ま。とに、死にたい。異常なまの様な情が襲てきた。

死ににたで部屋を駆け回ていると叔父び込た。






49 :邪視 :2016/01/02(土)21:40:21 ID:m4z
「どうした!?」

「バケモン!!」

「は?」

「望遠鏡!!裏山!!」

叔父が望遠鏡を覗きこむ。


「〜〜〜〜〜〜ッ」


声にならない唸りを上げ、頭を抱え込む。鼻水を垂らしながら泣いている。

さっきよりは、少し気持ちの落ち着いた俺が聞いた。

「アレ何だよ!!」

「00子〜 00子〜」

別れた彼女の名前を叫びながら、泣きじゃくる叔父。

流石にヤバイと思い、生まれて初めて平手で思いっきり、人の顔をはたいた。

体を小刻みに揺らす叔父。

10秒、20秒…叔父が俺を見つめてきた。

「邪視」

「じゃし?」

「いいか、俺の部屋の机の引き出しに、サングラスがあるから持ってこい。お前の分も」

「なんで(ry」

「いいから持ってこい!!」

俺は言われるままに、サングラスを叔父に渡した。震える手で叔父はサングラスをかけ、望遠鏡を覗く。しばらく、望遠鏡を動かしている。

「ウッ」と呻き、俺に手招きをする。

「グラサンかけて見てみろ」。

恐る恐る、サングラスをかけ、覗き込む。

グラサン越しにぼやけてはいるが、木々の中のソイツと目が合った。言い様の無い不安がまた襲ってきたが、さっきほどでは無い。

だが心臓の鼓動が異常に早い。と言うか、さっきの場所では無い…ソイツはふにゃふにゃと奇妙な踊り?をしながら動いている。

目線だけはしっかりこちらに向けたまま…山を降りている!?まさかこっちに来ている…!?



51 :邪視 :2016/01/02(土)21:41:05 ID:m4z
「0お前しんべん出るか?

「は?こんな時に何を

「出るな、食堂にペットトルあるから、それにしょんべん入れて来い」

うと、叔父1階にいった

時に出るわけいので、呆然としていたら数分後、叔父トボトルに黄色のんべを入れて戻てきた

たくなら、これに

と言い、叔父がもう1つの空のペットボトル俺にし出した

「い、だからア何?

「山の物…山子…分か

ただ、俺がガキ姿の頃、父と山キャンとか行ってた、あぁ、あこの裏山じゃないぞ

山は色んな奇な事起こるか

、テントの外で人の声がする、誰いな

な時に、しんべ議にピタッと止…」


う言と叔は、う一度望を覗き込ん

しそうに呻きながらも、イツ観察しいるだ。

アイツな。時速何Kmか知らんが、本当にゆっくり貿動しいる。途中で見えなくなったが…

いなく、このッジにるんないの


じゃあく車で戻ろ


「多分、無駄イツの興ちから逸らない限りは…多分どこまでも追っる。

これは一種の呪い

邪悪な視線、と書いて邪視むんだが…」


「さっき言ってヤツか…でもでそ


「俺が仕事で北欧のあるに一時滞在してた…イヤ、俺らかったら話そう」


「助かっって…アイツが来までいるの?」


いいえ撃つん






54 :邪視 :2016/01/02(土)21:41:50 ID:m4z
俺は絶対にここに篭っていた方が良いと思ったが、叔父の意見はロッジに来られる前に、どうにかした方が良い、と言う物だった。

あんな恐ろしいヤツの所にいくなら、よっぽど逃げた方がマシだと思ったが、叔父さんは昔からいつだって頼りになる人だった。

俺は叔父を尊敬しているし、従う事に決めた。



それぞれ、グラサン・ペットボトル・軽目の食料が入ったリュック・手持ちの双眼鏡・木製のバット・懐中電灯等を持って、裏山に入っていった。

暗くなる前にどうにかしたい、と言う叔父の考えだった。

果たしてアイツの視線に耐えられるのか?望遠鏡越しではなく、グラサンがあるとはいえ、間近でアイツに耐えられるのか?

様々な不安が頭の中を駆け巡った。


裏山と言っても、結構広大だ。双眼鏡を駆使しながら、アイツを探しまわった。

叔父いわく、アイツは俺らを目標に移動しているはずだから、いつか鉢合わせになると言う考えだ。

あまり深入りして日が暮れるのは危険なので、ロッジから500mほど進んだ、やや開けた場所で待ち伏せする事になった。

「興味さえ逸らせば良いんだよ。興味さえ…」

「どうやって?」

「俺の考えでは、まずどうしてもアイツに近づかなければならない。だが直視は絶対にするな。斜めに見ろ。言ってる事分かるな?目線を外し、視線の外で場所を捉えろ。

そして、溜めたしょんべんをぶっかける。それでもダメなら…

良いか?真面目な話だぞ?俺らのチンコを見せる」


「はぁ?」


「邪視ってのはな、不浄な物を嫌うんだよ。糞尿だったり、性器だったり…だから、殺せはしないが、それでアイツを逃げされる事が出来たのなら、俺らは助かると思う」


「…それでもダメなら?」


「…逃げるしかない。とっとと車で」


俺と叔父さんは、言い様のない恐怖と不安の中、ジッと岩に座って待っていた。

交代で双眼鏡を見ながら。

時刻は4時を回っていた。



58 :邪視 :2016/01/02(土)21:42:43 ID:m4z
兄ちん、起きろ」


が10歳の時に事故で亡くた、1歳の弟の声が聞える綿


兄ちゃん、起きろ。学校遅るぞ


るさい。と3分寝かろ。


ちゃん、起きないと 死      ゃ  う      !


、とした。た??あい、あの恐怖と緊張感の中で。眠らさ??

横の叔父を見る。寝ている。

急いで起こ叔父、飛び起き

時計を見る、5時りはほと闇にてい


00、聴こえるか?」

え?

声…歌?」

神経を集させてをすと、右前方数m?の茂から聞こえ

だんだんこっに近づいて来る。民謡様な歌い回言ってるかはらなが不気味で高声。

怖感で頭がにかなり殿った。声を聞い世の中、何もか嫌になってくる。


いか!元だけを照らせ!!

叔父が叫び俺はヤツ出てこうとするの下を懐電灯で照ら

足が見た。毛無く、異様に体全をくねらせながら、近づてくる。


のなと不気味な事!一瞬が途切た。





>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様