2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

俺が不思議な場所から帰れなかったかもしれない時の話をする

 




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:03:32.38 ID:h/PNYid40
もうかれこれ3ヶ月ぐらい経って落ち着いたから書く。

すまん、文才が無いので、ちゃんと伝えられるか不安だが、なるべく分かりやすく書くように努力する。

スペック 32歳

職業 IT系自営業


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:04:12.76 ID:h/PNYid40
その日は 俺は朝っぱらから ずっと自室に篭って書類を作ってた。

どうしてもお客さんに提出しなければならない書類があって、それを仕上げるのに四苦八苦してた。

そして、10時頃だったと思う。

俺の携帯電話が鳴ったんだが、それは別のお客さん(仮にT社とする)からのクレームの電話だった。

どうも俺が先日、そのお客さんのPCのローカルIPを変えた関係で、プリンターが動かねえよ。というクレームだった。

しかもバツの悪い事に、そのPCはお客さんの会長のPCで、会長は案の定激怒していた。


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送します:2012/10/12(金) 19:05:00.72 ID:h/PNYid40
は「すいませんちょっと手放せないので、コレが終わったらすぐに向かと会謝りがら電話を切った。

だかんだと書類が終わり、車にで飛たのが、なんだかずっと集中していたせいかを運してお客さの所まで行くが無かった

お客さんの所まで35らい。普通に行ば車1時間20分ぐいで到着する場所。

ああ、ういや。電車で行こう。

そう思って、俺は自宅りたた車を車に放み、のまま車をすぐ近くT駅で走らせて、車場に車を止め駅のコビニでパンを買のまま車をって販売を買った。

口で、自転て電てもらえんのかなーながら、転車を折たんでへ行ったら、ャンは苦笑いしながら通てく

時点だったのかれん


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:06:08.70 ID:h/PNYid40
後から人から聴いた話では、普通別料金が必要なはず。って言われた。

だが、その時は苦笑いしながらも駅員さんは普通に通してくれた。

俺はT社の方向に向かう電車のホームに突っ立って電車を待っていたんだが、電車は割とすぐに来た。

10分ぐらいだったと思う。

言っておくが、田舎ではいきなり電車を乗ろうと思って駅のホームに突っ立って、10分で電車が来るとかミラクルだからな。50分待ちとか普通にあるもんだ。

で、俺は電車に乗ったのだが、運良く座席が一つだけ開いていた。

ラッキー!とか思いながら俺は自転車を前にデン。と置いて、俺は席に座った。


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:08:26.71 ID:h/PNYid40
だが、そこで俺は奇妙な事に気がついた。

電車ってのは、個人が各々好き勝手な事をしているもんだ。

大抵の人間は携帯をいじってる。本を読んでる。音楽を聞いてる。寝てる。

そんな様子は微塵もなく、ただ、みんな真っ直ぐ前を向いて手に膝を置いて、まるでマネキンのような格好で座ってた。

誰も何も話さない。ただ、みんな行儀よく真っ直ぐ向いてた。

そこでプシューとドアが閉じた。

電車は走り出したが、それも何か違ってた。

物凄いスピードで走ってた。

これは新幹線かよ!って思うようなスピードで。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:09:44.61 ID:XT6+ih7z0
ワッフルワッフル




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:10:07.18 ID:h/PNYid40
外の景色もよく判断できない位の速度で電車は突っ走り、しばらくしていたら、急にトンネルの中に入った。

トンネルの中は本当に真っ暗で、外の様子が全く何も見えない中を電車が走ってた。

そしたら車内アナウンスが鳴った。

「もうすぐ駅に到着します。」


17 :以下、名無殿しにかわりましVIPがりし:2012/10/12(金) 19:11:19.03 ID:h/PNYid40
え?と思っ。普通ならこは、

「ご乗車ありがとう御座いままもな、◯◯駅、◯◯に到致します。電車を降は〜」とか言うもん

れがもうす着しま

それだけ言うと、アナンスもう何も喋らた。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:12:15.60 ID:h/PNYid40
その一瞬、ヒュン。とトンネル内に駅らしきものが一瞬だけ見えて通過してしまった。

「停車しないのかよ!」と俺は内心突っ込んでたんだが、ふっと自分の座席の横を向くと、そこにはボタンがあって、「次の駅で止まります」と小さな標識があるのに気づいた。

ワンマン電車なのかよ!今更かよ!と思ったが、俺が今何処にいるのか さっぱり検討もつかなかった。

こんなに速いスピードで走ってるんだから、もう近くまで来たのかもしれない。

そう思っていると、またアナウンスが。


20 :以下、無しにかわましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:13:13.70 ID:h/PNYid40
はー。工場跡ー。軍事工場跡す。

は?

場跡!?!?

俺は即座に乱して、一体自分は何処にいるだ?

ひょ、乗る電車間違えた

俺はそう思って席を立っていでそのボタンを押しただ。

そうする電車はみるみる間に速度を落と、トンネルをけての駅で停車し


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:14:42.89 ID:h/PNYid40
そこは俺が今まで来たことも見たこともない駅で、無人改札駅のようだった。

何よりもビビった事が、外が薄暗かった。

俺はビックリして、一体今何時なのかを知ろうとした。

駅の構造としてはホームは4つあったと思う。

ただ、普通だとよ、ホームとホームは何らかの接続口があるもんだ。

大抵は歩道橋でホーム同士は接続されているもんなんだが、そういう接続口は一切無かった。

つまり、別のホームに行く時には、一旦線路に降りなければならないというような駅だった。

一番奥のホームの後ろは山になってた。

当然、時計なんてものは見当たらず、それどころか、ホームには柱すらなかった。


23 :以、名無しにかりまてVIPがお送りしま:2012/10/12(金) 19:15:06.16 ID:SlCHVmDr0
何もしないでに手をせて見つてんのって考えら怖いな


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:16:34.54 ID:h/PNYid40
なので、一応そんな標識は無かったが、便乗上、俺が降りた無人改札口に一番近いホームを1番ホーム、一番奥を4番ホームとしよう。

改札口と言っても、ホームから道へ出る為のコンクリートの階段が一つ付いてるだけで、その下には民家があった。

昔風の木造の民家で、二階建てで民家というより、木造アパートという感じだった。

余談だが、1番ホームから その家の庭を覗けたw

庭には屋根だけ無いバスルームがあって、丸見えじゃんwwとか思ってた。

タイルは青で、ピッカピカに掃除されてたから、多分今でも使われてるんじゃないかな?


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:16:48.14 ID:m50C4vIH0
50分待ちとか普通にある田舎では歩道橋が無いくらい普通にあるもんだ。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:19:01.39 ID:h/PNYid40
>>25
たまーにあるらしいね


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:17:43.57 ID:h/PNYid40
てか、今考えれば、携帯電話を見れば良かったんだが、そん時にはテンパリ過ぎて考え付かなかった。

んでまあ、1番ホームから階段を降りたアパートの1階は実は お店で、大きな看板で「チャーハン屋」と書いてあった。

木で出来た看板で、大きな筆でチャーハン屋と書いてあったのを良く覚えている。

店の大きさは小さく、厨房しかないスペースを1人の男が何か作ってた。

チャーハン屋って書いてあるから多分チャーハンだとは思うが。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:18:22.87 ID:h/PNYid40
どうやら お店というより、窓越しに料理を渡すような屋台に近いようなお店で、俺はテンパリながら

「す・・!すいません!今何時ですか!!」

って聞くと、男は鍋振りながら「5時34分!」って答えた。

その瞬間、俺の頭によぎったのは、真っ赤に激怒したT社の会長の顔だった。

あーーー!!どうしてこうなった!ぜってーーー叱られる!5時過ぎとか終業時間じゃねえか!!!

オマエのすぐ向かいますってのは7時間後の事を言うのか!

とかぜってーー怒られる!





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:19:10.59 ID:SlCHVmDr0
匂いとかはどうだった?


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:20:33.40 ID:h/PNYid40
>>29
においはしょう油系の匂いだったな。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:21:23.10 ID:h/PNYid40
ますますテンパッて、俺はその駅を飛び出して道路に急いだ。

もちろん今いる場所を確認する為だ。

そしたら、道路は1車線同士の2車線の大きな山道で、今まで来た方向を見ると、先にはトンネルがあって、トンネルの中は漆黒の闇。

普通山道のトンネルってライト付いてるもんなんだが、まったくの闇。

オマケに道路の向こうは大きな川と来たもんだ。

俺は一体何処に着いてしまったんだと本気でパニクった。


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:22:35.19 ID:h/PNYid40
持ってきた自転車に乗ったら3分ぐらいでトンネルには到着するだろうが、まったく先の見えない闇。

これは・・・行ったら多分帰れない。

俺の本能がそう言っていた。


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:23:20.61 ID:h/PNYid40
仕方ないので、駅の方向へ戻った。

そして、ふと駅の入り口に小さな表札があるのに気づいた。

そこには確かに「軍事工場跡」と書かれていた。

ひょっとすると、軍事工場跡駅で このまま戻りの電車を待って、それに乗れば戻れるんじゃね?

その時、初めてそれに気付いた。


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:25:25.34 ID:h/PNYid40
そう思った俺は、チャーハン屋のオッチャンの所まで戻って、次の電車は何時だと聞いたんだ。

そしたらオッチャンはぶっきら棒に

「まだ来ねえよ。」

そん時にオッチャンの顔を見たんだが、俺、この人知ってる。

サラリーマン時代に一緒に働いていた野中さん(仮名)だ。

「あ・・あれ?野中さんですよね?」

そう尋ねると、オッチャンは

「野中?あー。俺の叔父は野中っていう名前だったな。随分前に死んでしまったけどな。」


じゃあ、親戚なのかよ。とか思ったが、もう死んでしまったというのは どういう意味なのか。


38 :以下湿しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:26:26.84 ID:h/PNYid40
んな事よ ここらどうやってT社に行くんだよ。

はフラと1ホーム向かいながな事頭が杯になっていた。

て、それか車ぶても着くの貿か?

に会社空いてね日行ってのもバツが悪い


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:29:59.47 ID:h/PNYid40
そうこうしているウチに4番ホームに帰り方向に進む電車が来た。

電車。という表現は違うかもしれない。

列車の先頭にはピンク色の大きなトラックだった。

そのトラックに、6両ぐらい列車が牽引されてた。

そのトラックが4番ホームに停車した瞬間に、俺の横からヒュッとすごい勢いで人が走って行った。

チャーハン屋の野中オッチャンだった。

手にチャーハンの乗った皿を持って、人とは思えないスピードでトラックの運転席へ走って行く。

そして、皿を渡して何かを受け取ると、普通に歩いて1番ホームへ戻って来た。


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:31:07.59 ID:PKhZukuH0
続けて


48 :以無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:32:59.13 ID:h/PNYid40
>>45
ありとうごいま


46 :以下、名VIPがお送りします:2012/10/12(金) 19:31:32.19 ID:h/PNYid40
りに呆気られて、らく動けなかったが

っ!しまった!!あれらなきゃ!!

思っ時にかった。

トラックはエンジンをて行っしまった。

りそこね、どうやら帰るが4番ホームから出事だけは分かっ

後は待っいるだけだ、またどうせしく来西と思っので、チハンのオ調ンの所へ戻った


>>39>>40>>42





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様