2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

俺を守ってくれた すごいキ○ガイ女の話

 




1 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 14:28:01.25 ID:mo7cruvt0
自分語りだ。一段楽したんで投稿させてくれ


俺には小学生の頃からの幼馴染の女がいた

最初の出会いは俺が転校生

初日周りのやつらに「アイツ女のボスだからお前やっつけてこいよ」

こういわれた俺は はじめいっぱつ女にビンタをかました

内心やってやったと思った瞬間

ビンタをされ グーでさらに殴られ蹴りまで入れられた

とにかくそいつが こえーってのはわかった


3 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 14:33:16.61 ID:mo7cruvt0
中学、高校とこれといって特別なことはないが普通に仲はよかった

高校の時に合コンもお互い幹事で開いたりもした

この辺は割愛


20でひょんなことから付き合うことになる

しかし俺の浮気がばれて女大発狂

これが もうすごい

相手の女に連絡するわ

全てを巻き込んで共倒れ狙いでもいいと とにかく全てをメチャメチャにしようとする


こんなことが3回くらい続いた

それも俺の浮気が原因


でも あえて言わせて貰うと

別に よその女達は これといって本気じゃないし ただ刺激がほしかっただけ


まあ別れたんだが腐れ縁なのか

付き合ってた頃と変わりない付き合いはしていた


6 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 14:39:43.78 ID:mo7cruvt0
ちなみに どんだけ幼馴染の女がキチかってーと

おまえそいつにだけはケンカ売っちゃ駄目だろうってやつにでも果敢にくってかかっていく負けず嫌いだ

やられたことは10倍にしてかえすようなやつ

そんなこんなで日々穏やかな日々は過ごしていたんだ


ある時 女にガンが発覚した

末期で22で死んじまった

あっけなかったよ


死ぬ前にさ 浮気は許さないし 今度やったら殺すって言ったけど自分が死んだら誰か相手みつけていいよって言った

ただ その女が絶対にアンタを好きで裏切らないやつじゃなきゃだめ

おかしな女選んだら絶対に別れさせるわ

とか言ったんだ

俺は幽霊とかは絶対信じないタイプなんだけど期待してるわ。頼むって言った


9 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 14:45:03.78 ID:mo7cruvt0
しばらくして前に連絡とってた女から連絡がきた

ずっと俺の事が忘れられなくて ずっと好きだったという

俺の部屋に通うようになった前の女

ある時こういった


なんか最近○○くんの所にくると嫌な夢みたり体がだるくなったりなんか変なんだ

と言い出した


気のせいだろと流したが 日に日に前の女は目つきが変わっていった

おれも うっとーしくなったし 別に好きじゃなかったから お前もう自分とこ帰れよ といったが帰らなかった


ある日そいつ夜中に発狂して 女が!女が!!って喚きだしたんだ

話を聞くと女がすごい形相で出てけと首をしめるらしい

ぶっちゃけ俺はかまってほしくて そいつが演技してるのかと思ってた





8 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 14:42:44.98 ID:qblcVmv+0
いい加減すごいキ○ガイ女を登場させろよー


10 :も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 14:48:19.66 ID:mo7cruvt0
>>8
死ん女がキ


く お前もって言っは寝

ばらくすると今は そい泣き出

ごめんなさい 私がいるの

親に預けて俺くんとこきて

めんなさんないって聞ないとベラりだだよ


しては子供がいようが しったこちゃねー 早く寝させろって思っ

発での女は帰ると俺の家をでてった


11 :名も無き検体774号+:2012/11/02(金) 14:50:56.55 ID:mo7cruvt0
何度か仕事営業先とかで お前と良いっていってる子いてさ って介さたりしたけ言いってくる女 しばくするとすぐに俺の事を避るようになっていった

何度かいうのが続いたから まさかアなんかしてんとか一ていないがちっと疑った

洗濯物干してく


14 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:00:05.67 ID:mo7cruvt0
しばらく女がよりつかない生活が続いたが

ある日 帰りの最寄駅で女に声をかけられた

電車でずっとみていていいなと おもっていたと言われた

ふーん。で?と言うと そいつは あたふたしていて黙ってしまった

ちょっと意地が悪い事したかと俺の名刺を渡して用があるなら そこにメールしてといって帰った


次の日メールをチェックすると昨夜の女からメールがきていた

とりあえず飲みにいくことになる

一緒に飲んで話をすると意外なことにゲーマーで漫画とかも けっこうコアなもの読んでた

ていうかゲーマーな事も漫画のチョイスも死んだアイツとちょっと被ったんだ


15 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:05:20.33 ID:mo7cruvt0
俺の方も彼女に興味を持った

付き合うまで時間はかからなかった


今まで好意を寄せられた女達には俺くんといるとなんか怖くて とか言われた事が何度かあったから ちょっと心配はしていたが彼女から何か言われることもなく穏やかに時間はすぎた


彼女の妊娠が発覚して結婚することにした

出産日近く彼女は階段から落ちて救急車で運ばれた

お子さんも もしかしたらと医者に言われた


その時 俺はアイツの事が頭をよぎった

まさかアイツがって


18 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:10:53.28 ID:mo7cruvt0
結果を言うと彼女も子供も無事だった

子供の命が助かったのは医者には奇跡だといわれた

すげー安堵したのを今でも覚えてる


そして心の中で俺はアイツに彼女と子供には酷いことをしてくれるなと強く願った


ちなみに腹切って子供は出した

男の子だった


彼女が目を覚ますと わんわん泣いてよかったよかったと大声で言ってた

子供の顔を見て本当に嬉しそうな顔をしてた

俺にはサルにしか思えなかったけど俺くんにそっくりだねって泣き笑いしてた





20 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:21:07.10 ID:mo7cruvt0
まあなんだかんだ順調に俺達はやってきた


ある日 彼女にガンが発覚したが早期発見だったため今も生きてる

順調に子供もでかくなった


こっからが本題なんだが

息子が免許を取って仲間と肝試しにいったみたいなんだな

ちなみに息子は19歳だ

どっかの森に入って不自然な柵で囲まれてるところに入ったそうだ

柵の中に入ってしばらく歩くと鈴のでかいやつみたいな音がしたらしい

息子達は音のするほうにいったようなんだな


今思えば馬鹿野郎って思うが

俺も もし息子の立場なら霊とか信じてないし行ったと思う

そこで変なやつをみたらしいんだ

下半身が蛇みたいで上半身は半裸の女?みたいなのがいたと

一目散で にげたらしいが車についたときには一人はぐれたことに気づいて警察を呼んだようだ


23 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:31:58.45 ID:mo7cruvt0
警察と地元の消防団みたいなのと神職みたいなひとがきて 息子達は なんてことをしてくれたんだと大騒ぎになったようだった

見つかった息子の友人は目の焦点があってなく気が触れてしまったようだった


全員の親が警察に呼ばれ 頭を下げた後○○神社に全員いくように言われ 息子達を叱る暇もないまま神社にいき 非現実的な話をされた

あそこには禍々しいものを祭っていて力が弱まるのを待っているところなのだが

以前よりは力が弱まってはいるものの それでもまだ自分達は封印できない

気が触れてしまった息子の友人は最善を尽くしてみるが最悪あのまま もしくは連れて行かれるだろう

そして息子達も危ないというのだ


24 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:36:11.20 ID:mo7cruvt0
とにかく俺は霊なんて信じないから その場に飲まれている全員を見て 宗教にはまるやつらってこんなんなんだろうなとおもっていた


それから暫くすると息子が夜中に裸足で出歩いたり

外に出て垣根の所に顔をうずめて虫を食っていたりした

それをみた俺は流石に演技でこれはないだろうと焦った


嫁は泣いて俺に息子を連れてあの神社に行くか霊能者を探そうといった

お前霊とか信じてるのか?と言いかけたが あんな息子をみたら藁にもすがりたい思いで神社に息子を連れて行った


25 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:40:24.39 ID:mo7cruvt0
神主と その弟子?みたいな人が なにかお経みたいなのを読むと息子は苦しがってゲロを吐きまくっていた

嫁が心配してかけよると つきとばし

息子の声じゃない声で

無駄だよおおおおおおおおおおおおおお

って叫ばれた


神主達が押さえ込んだが息子は それをはねのけ神主達が読んでいた紙?みたいなものをびりっとやぶいた

そして電池が切れたように倒れ痙攣をおこしていた

神主が これは我々にどうしようもできないところまできているやもしれません

と言うんだよ。

俺は目の前で起こったことがにわかに信じられなかった


26 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:44:38.91 ID:bYQ4Wqw60
((( ゚д゚ ;)))


27 :名も無き被検体774号+:2012/11/02(金) 15:51:34.31 ID:mo7cruvt0
その日の夜 嫁がずっと手を合わせて何かに祈っていた

俺は息子が起き出してなにかしないか見張っていた


俺は いつのまにか眠ってしまっていた

その時 夢にアイツがでてきた

「ねー俺、幽霊信じてなかったけど信じる気になったんじゃないの?」

こんな時にいうことが それかよ

「○○(息子の名前)って俺に似てるよね。若いときのあんたみたいだwww」

うるせー こっちは それどころじゃねーんだよ

「半分あんたの血が入ってるって事は まーあたしの子供であるみたいな感じだな」

お前何言ってんの?

「殺そうとしてるやつには殺そうと望まないとね」

キチ○イにはキ○ガイってか

「あたしはキチじゃないもん!!」

こんなやりとりが すごく懐かしく思えた

俺がこのキチガイ!っていうとムキになって違うってつかっかってきてさ

おまえ俺そうすればいい?

「てか あいつさちょっと調子乗りすぎだわな・・・・」

は?


ここで俺は目が覚めた




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:これはすごい, ちょっといい話, すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様