2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

酔いつぶれている真横で彼女が友人とセ●クスを始めてしまった

 




635 : :02/06/20 16:45 ID:sgWmprH/
バイト先での話。漏れ=ユウジは、なんでか知らんが女子受けがよく、その新しいバイト先でも直接声をかけられはしないものの、女の子達の間に「ユウジ君いいよね」という声があるのは聞こえていた。

彼女=ヒロミもそのうちのひとりで、同期のバイトの子といろいろ漏れのことを品定めしていたらしい。


経過は省くけど、結局、漏れとヒロミは付き合うことになった。

しかしそのバイト先では未だバイト同士で付き合うケースがなかったらしく、ウルサイ社員がいたことからも、漏れらは付き合っていることを内緒にした。




638 : :02/06/20 16:56 ID:fswQ3W8M
そんな状況の中、社員を巻き込んだ大々的な飲み会が催された。

1次会でたらふく飲んだ漏れらは、特に人員落ちすることもなく、そのまま2次会のカラオケボックスに突入。やんやの大騒ぎ。

大勢で狭いボックスにひしめき合うもんだから、ソファは満杯。


ヒロミはその日、ミニスカートを履いていた。女の子を優先的にソファに座らせて、男は床に座り込んでマイクの奪い合い。

すると、友人のひとりが漏れにそっと耳打ちする。


「ユウジ、ちょっと見てみろよ。ほら、あっち」

「何よ? どうしたの?」

「ヒロミちゃん、パンツ丸見え。ウオ! 白!」

「……。あ、ああ! いいですな!」


床に座るのはいいんだけど、なんでコイツら、カラオケのディスプレイがわざわざ見えにくいこんなところに集まっているのかと思ったら、ヒロミのパンツが目的だったらしい。

よく見るとソファだって空いている。

漏れはもう冷や冷やで、(ヒロミ! パンツ見られているよ!)なんて必死に彼女に念じたけど、まったくの無駄。




639 : :02/06/20 17:05 ID:fswQ3W8M
結局バイトの男全員と言っていいほどにヒロミは楽しまれて、ムチャクチャに盛り上がったまま、2次会はお開き。もう全員ベロベロ。

床にはつぶれて何人も倒れているし、おんぶされている女の子もいる。

漏れも酒に強くなかったために、立っているのがやっとの状態。

朦朧とした意識の中、ヒロミを捜す……いた。彼女は平気みたい。

「オイ、ユウジ! 大丈夫かよ、お前」

と、バイト内で一番仲のよかったイトウが、漏れに声をかける。

「オイ! ユウジ! ッたく仕方ねえな。ここから帰れンのか?」

「ウイ……多分、平気だと……」

「ダメだな、コイツ。お前ンち、どこだっけ?」

「チャリで20分……」

「チャリ? 面倒臭ェな! おーい、ここから一番近いヤツ、だれ?」

ひとまず漏れを、だれかの家で介抱するつもりらしい。すると、

「あ、私ンち、一番じゃないかもしれないけど近いよ」とヒロミが名乗りをあげた。







641 : :02/06/20 17:12 ID:m2wxHa1O
「ヒロミちゃん、近い? でも女の子の家だしなァ」

バイト先では漏れらが付き合っていることは内緒のため、仲のいいイトウもその事実を知らない。

するとヒロミは、「でもユウジ君、絶対帰れないよね。とりあえず落ち着くまで家にくれば」

「え。あ、いいの? じゃあユウジ、ヒロミちゃんのところ、いいってよ!」

「ウ、ウーン……」

「ユウジ君、大丈夫?」

「コイツ、多分ここから動けんな。ったく面倒なヤツだ」

「イトウ君、ユウジ君と一緒に来てくれる?」

「つーかそうするしかねェだろ、この状況だと」

というわけで、漏れはイトウの背中に載せられてヒロミの家へ向かった。




643 : :02/06/20 17:18 ID:nq8c4Am+
歩くこと数分、ヒロミの家に着いた。ひとり暮らしのヒロミは、駅から近い、住宅街のアパートの一室を借りていた。

漏れも何度か彼女を送ったことはあったけど、付き合って間もないために、部屋には未だ入ったことがなかった。

「着いたー。ここだよ。ささ、どうぞ」

「おお、もう着いたのか。助かった。コイツ重いよ」

「イトウ君、お疲れさま。どうもありがとうね」

「いえいえどういたしまして。じゃあ俺帰るわ」

「え、そんな、悪いよ。お茶でも飲んでいけば?」

「いいの? つーか俺が帰るとヒロミちゃん、ユウジとふたりきりか」

「ウフフ。でもユウジ君、つぶれちゃっているから平気だよ」

「でもさすがに疲れたな。じゃあお言葉に甘えて」


そんな会話が耳に入ってきた。というわけで、3人でヒロミの部屋。




645 :  ◆PQIHgyAg :02/06/20 17:28 ID:9l9HlOKC
目の前がいきなりパッと明るくなる。いい香り。女の子の部屋って感じ。

でも漏れはベロベロ。立っていられない、目を開けていられない。

そのままどさりと倒れこんでしまう。そのあと、足だかを持ってずるずると引きずられたところまで記憶があるんだけど、泥酔の辛さには耐えられず、そのまま眠りについてしまった。


でも酔っ払って寝ちゃうと、時折目が覚めるでしょ。

漏れも何度か目を覚ましたんだ、心配で。

でもイトウとヒロミはどうやら飲み直しに入ったらしく、部屋の中にウイスキーのいぶした香りが漂っていた。

漏れも参加しようと試みるんだけど、どうやら酔いは相当深く、結局また眠りについちゃうってのが何度か続いた。





646 :  ◆PQIHgyAg :02/06/20 17:41 ID:4StkBXmQ
また、いきなり目が覚めた。ずいぶん寝たらしい。

これまでの目覚めのときとは違って、ずいぶん頭もすっきりしている。

体も重くない。――トイレに行きたいな。電気はまだついている。


ユ「ウーン、寝たー」

イ 「おお、ユウジ。起きたか。悪ィな、まだお邪魔しているよ」

ヒ 「おはよー、ユウジ君。大丈夫?」

ユ「うん、だいぶすっきりした。俺、どれくらい寝てた?」

イ「2時間くらい? ヒロミちゃん」

ヒ「そうね、それくらいかな」

ユ「ヒロミちゃん、スンマセントイレ借ります」

ヒ「吐くの? 大丈夫?」

ユ「いや、違います。放尿」

ヒ「やだー、ユウジ君ったら(笑)。そこの先ね」


おぼつかない足取りで、指で示されたユニットバスへ向かう。

トイレを済ませて手を洗っていると、見るともなしにそこに並べられたいろいろなものが目に入ってくる。さすが女の子、いろいろ並んでいる。

いや、そんなにジロジロ見たらイカンと思いながら、サッサと出ようと急いで手を拭いたときに、パッと目に入った。大小の歯ブラシ2本。




647 :  ◆PQIHgyAg :02/06/20 17:47 ID:4StkBXmQ
ういえば付き合ってすぐの、ヒロミのに行たいってあっ

ぜかヒロミはいいをしなまあ漏れも、付すぐだからさすかとそれ以上無理しなかっ

けば、前の彼がていったものがまっぱ屋にって、そんな中に漏を通すのはイヤだというこしい

んなことていたけと、の歯ラシ2本を見て思出していた。


――今はロミと付き合っている。大だ。

でも彼氏は30オだって言っていな、10近く上だよ。

が部にあてことってってことだ

あの細くて華奢な体が……イカンイカン漏れの女だ!―

なんてヤとしたま部屋に戻るトウとヒロミはまだ飲んでいた




649 :  ◆PQIHgyAg :02/06/20 17:59 ID:4StkBXmQ
ヨウ、ユウジ夫か?」

ユ「ウン、さすがに抜けたみたい。で眠いな

「ユ、一緒に飲まない? ウイスキー買ってきたの」

ユ「俺、酔いつぶてこに来たん もう飲めいで

ヒ「じゃあベッド使よ。床ゃ痛いもんね」

「イヤ、さがにそれは悪いですここで寝ます

イ「お前半目開け寝ていたぞ。怖ェ

ヒ「死んでいるみたいだったよ

の! だってどうもね!」


ベッドに行きたかた。ヒロミのベッ。でもさすが

いうわけ、また所で横になって寝顔見らいように、彼らに背を向けて、壁に向りにび眠りに入た。







651 :  ◆PQIHgyAg :02/06/20 18:21 ID:iCSeBB/q
ところがそれまでずっと寝ていたせいか、ちっとも寝られない。

かといって起きているときのように意識がはっきりしているわけでもなく、睡眠と覚醒の間をさまよっている感じ。ふわふわ。

聞くともなしに、ふたりの会話が耳に入ってくる。



「でさ、俺が彼女の家でイチャイチャしていたらさ、弟が帰ってきちゃって」

「ウソ、本当? でも気がつかなかったんでしょう?」

「そうそう。だって俺らセックスしていたしね。彼女なんて家が留守だから――」

「え? じゃあ声とか出しちゃっていたの?」

「ウン。聞いたことがないくらい大きな声で。そうしたらさ、彼女の弟が」

「入ってきちゃったんだ!」

「『おねえちゃーん』とかいってさ(笑)」


たわいもない話をしているふたり。すると、話がだんだんきな臭くなってきた。




653 :  ◆PQIHgyAg :02/06/20 18:23 ID:iCSeBB/q
「さっき2次会でさ、ヒロミちゃんのパンツが見えててさ、大変だったよ俺」

「ウソ、見えちゃってた? ヤダー」

「俺さ、何度も見に行っちゃったよ。ヒロミちゃんのパンツ」

「ヤダ、イトウ君やらしいー(笑)」

「だってさ、目の前にスゲエかわいい子のパンツが見えるんだぜ?

見ないのは失礼だろ。いや、そう思うね俺は」

「え……かわいいなんて、イトウ君上手……」

「マジだって。バイト連中だってみんな狙っているぜ、ヒロミちゃんのこと」


……ゴルァ! と言いたいのをこらえているうち、漏れは振り返るタイミングを逃していた。




655 :  ◆PQIHgyAg :02/06/20 18:28 ID:iCSeBB/q
「だってさ、ヒロミちゃ調きてか着替えなからさっきからんでいる中、パンツが何も見えちゃって」

え、ってもう着替えの面倒だし、第いるから替えられないし(笑)」

そうだよな(笑)。でもさっきから見俺もう

何が大変――

ヒロミがそ終わるのを待つことなくイトウが何かをやらかし

がさう音あと擦れが静になに響く

しばらくの静寂のあと、ヒミがその沈黙破った

「ヤダ……イトウきい使……




657 : :02/06/20 18:37 ID:wpFSnCsf
ワクク...ドキ...



658 :  ◆PQIHgyAg :02/06/20 18:40 ID:zDzKvGNh
大きい!? イトウのヤツ、何をやらかしているんだ!?

漏れはもう頭の中が真っ白。心臓の音が頭に響く。

息苦しい。横臥している体が脈打っているのがわかる。

起きなきゃ、振り返ってやめさせなきゃ。のどが渇く。

でも動けない。何かを期待している。漏れのパンツも濡れていた。

ダメだ、さっき歯ブラシを見て嫉妬したじゃないか。止めなきゃ。

怒りと焦燥感、そして悲しいことに大きな期待の渦巻く中、また静かな部屋の中に、小さく悩ましげな声が響き渡った。


「ウン、ンンッ! アハァ!」

……イトウとヒロミがキスをしている。止めなきゃ。

でも漏れはなぜか動けなかった。指一本に至るまで。






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様