2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

3人と聞いていた妻の体験人数は、実は20人だった

 



結婚して3年目なる妻がいます。

は同じ大学でしたが、生の頃ら付合ってたわけではて、就職した後、お互いに27時に再会し、30才で結婚しまし

妻は大学時代にはモテいてには高嶺の花でし周りイケ達が常にいました。

は親婿が経営してい社をがなばいなかった、学生時代は一筋、ひたすら試験に合格する為に勉強して
た。

27才の時、昔の仲間と飲いると彼女がて、そから絡をとるようになまし

はりの位の年にイケメンだとか関係宿なってきてい的地位ある僕対して彼女は興味をはじめたんだと思いました。僕はそれでイイと思ていした。

残念だった妻のが身長がくて顔のり合れていないから、端ら見型的な『金でイイ女をモノにした奴って感じでした

そし更に大きな悩み、セックスの相性が全然良くなかった事す・・・

最初は妻もしてのか分りませ、結婚してるとレスした。

ろん僕エッチがしいとんで、妻はいつも「体調い」調「アソコが痛い」とか理由を付けて断られます。そしばし嘩もたんです、なんとか続いす。


ある時、会社の部下が、「うちの嫁さんからョックな事聞いちゃたんですよ!」みをち明けられて、良く聞い退どうさん経験人数結婚は3人たの実際は10だったらしいってでし。しかの一人は黒らしいで

は そのってしいましが、僕の妻もそうだったらって考たらりました。して若干興奮る自分にもがつきました姿


も昔妻に過去の聞いた事がありま

その時は妻も人と言ってました。さらにしく聞きかったんですその時はカッきませんでした。

なみは妻で2人目が、ッコけて10人と言っています。

僕は どして妻の昔が知りたくなってその夜いてみました。でも、ただでさえックスレスに、妻が下ネタに付合ってくはずありせんでした

あきらめきれない僕は、週末事に行ってお酒を飲まって聞き思いました。

、予定妻を食事に誘調い、いい感じに酔わせて家に帰りました

お風からた後にベッドに入た妻を追い掛けて、抱きつく感じで妻に話しかけまた。

僕:「昔の話聞かくれ

:「またそ話し?もうれたて言ったしょ!そなのいてどんの?」

「いいだろ?奮するんだよ!なあ、本当人だけな?ホントもっいるいのか?」

妻:じゃなの!知らないわよ!も寝るから」

:「いいだろ少しぐらい!怒らないよ!そういうんじゃないん!ただたいだだか

:「どうするの意味ないわよ昔の事なんか

僕:「お前がエッチさせいから、それをおかずにする

妻:「は?何言ってるの?それ本

僕:「ょうがないだろ?

妻:・・昔のだか怒ら

:「分てるよ!当たり前だむし興奮するよ!」

はセックスレスの罪悪感があったみたいでオナニーのネタにすってったら話しくれるようにた。




く自分に向けらる性欲が、他にけられるになるから協力したのかもしれい。

そしり、僕が怒るのではなくて調興奮るからっ理由だったかない・・

僕:「で?は何人なんだよ

「・・・ホントに怒らなでよ!もう過ぎた事なから・たぶ・・・20ぐらい・・・わかんないけど」

:「ええええ!然違うン!」

:「だから!いって約束でょ!」

「わかってるわかっ簿てる!うよ!ビクリしただけだよ!それっ員彼氏の?ったら期間短ない?」

「・・・全員彼氏じないわよ・・・調は5人ぐいか・たぶん」

ょっとと、えっ、あの15人はどう事?

妻:「いいでしょらな、忘れた使ら、もう

いやいが一番聞きいんだよ!頼むよ!」

妻:気の!皆してでしょ!・・パと々あるでしー」

あ、一限りってもあるのか?ぁ?

妻:・・・昔でしょ!もう忘れよ!カ!

僕:もっとく聞てくれよ!

・・、ナンパだって!友達がオッケしちったら断ないるでょ?そういう

僕:「でお前もオッケーなきヤラ?え?」

妻:「酔っぱらってたかえていよ!

僕:「ちゃんとゴのか?」

妻:らないわよ!そ毎回ちゃんと出来ない時もあるでしょ!

僕:まさか中出しとのか?」

:「覚えないじゃ

僕:「そを詳しく教えてくよ!

・・・も、外てって言っても勝手にれるんだかしょないじゃん!

僕:お前それで怒らいの?」

妻:「出たんだからしょうがないじゃん

僕:してセフレとっていたのか?」

妻:「・若いだけよ・」

:「当か?の時彼氏いたの?」

:「いた時もあるかも・

:「彼氏ともッチ、そいつもエッチすんのか?

妻:「うよバカなこ聞かな

僕:「でも彼氏は好きだろ?感はないか?

妻:「・・・彼氏はだっど・・・セフレは・違こがきなの・・」

僕:「何だちも好きのか?セフレはイケメか?

「全然イメンじゃないよ・・・どっちか婿ていとカッコ悪・・」

僕:「じゃあ何でセフレになっだよ!

妻:「・・が上手かったの!もういいしょ!」

僕:「何何?ホンに?それ教え!」

:「ー・・・だから、彼氏より全然エッチが良くて、私がハマちゃったの

僕:「そう良かの?デカイ?」

:「・・おっき、すごく・・・あ色々てるから、一ったし・・・」

僕:「イカされまった?お前もイいって言ったじゃん!

:「ー色々言わなで!ないよ!」

は予想外の去を持っていて、驚きは隠せませんでしたが、それ以上興奮してしまいました。

僕はセフの話に興奮し過ぎて、の間にパンツをおして分でキながら話を聞した

は妻の過去の話に凄く興奮していました
妻にセフレがいたいう事撃的でした!

僕のる限の妻はちらかとセッククで下ネタなんは飽合ってもくれせんそれなのにセフがいたです!

レがいるて事簿は、ただ単純にチが好きじゃありえません

あの妻、エがしい為コ良くなるのが信じられせん

く想像出来ない世界でした。から僕はそのセフレの詳を知りたくてたまりませでした


僕:「む!そフレの話詳しく教えくれ!」

ー、?そんなの聞いてどすんの

:「だって、ら!触ってすっごいでし?マジ湿奮す綿んだよ」

:「ちょっと!な!バカじないの気で?

僕:「ジマジ!お願いいいでし!ね!」

妻:「・・・・絶対怒らないならけど・」

僕:「対怒ら約束る!じゃあ、レはで知りったの?」

也先輩いるでしょその

僕:「マジで西ゃあ超遊び人ゃないの?」

:「んー、そね、学生時代はすごったも・あたしの他にもセフレ5人位いるっって、でもカッコいよ!しゃ
べりだけでンパいっし」

僕: なんでそのカッコ悪い先輩セフレにったの

妻:「んー、一和也輩の家で会して、和也先が先に寝ちあたりベロベロ、トイレにった時に鍵をかけ忘れて、そしのセフレが入ってき、ビックリした理矢トイレでアソコ舐めれて、られちゃった・・・




:「抵抗しなかったの?和也さんも大声出せば来しょ!」

妻:「・・・て訳なかったのと・・・な・・・すぐゃったの」

:「マジで?瞬で?」

:「・・・うんックリした・・だ当時の彼氏とか、カレとかだと全然イッた事もなったのに、その人一瞬で弱い所ちゃみたで、なんか痙攣しちゃって、気いたら便れられてた・・」

:「えっ生で?」

妻:「ん・・だっっちゃったん・・それでも彼氏に悪思って、必死に逃げようとしたんだけ・・セフレのアソコ凄くて寿退さとか固さとか・・逃げれなっていうか、逃げたく感じになっ稿て・・・

僕:?どに出の?

妻:「・・・中

僕:ええええ!矢理出されたの?

:「・・・セフレがに出したってうから、たしも出してしくなっ、いいよってたの・・・」

僕:「えええ!時はいつもダメって言ってたじゃん!

:「知らないよ!の時たの!の話しでしょ!


はかなりショでした・妻っちかってうとしっかり者のメージがたの感に身かせきで生中出しすると思っていまた。

そのフレがのか・・



後の事 も詳く聞き

僕:「それで?その後どうしの?」

妻:トイでしてから、そのセフレが自分家に行こ言うか無理矢理連れ出されて・・・彼の家行ったの・・・和也輩の家ら歩いて1分位だったからに歩いて行ったんど、途中でフェせられたりバス停通にアソコいじられたり、公園中出されたて帰って・・」

僕:「マで?野外とかし事無いってたじゃん!

・・そんなの言ないで

僕:嫌じゃたの

:「・・そん事された初めてだったからなんか凄い興奮しゃって外なに何度もイった・・・」

僕:「マで・・その後は」

妻:「あれま、そこエッチ好きなかったけど、その人とは凄った・・・の後も家に帰って、っちゃった次の日も授業休んで一日中しちて・アソコから精ドンン溢れてちゃうぐて、もントに何回出されたのかかん、あしもイカされ、それで彼と離れられなくな

:「そんなに凄いの?

妻:「・・、体し・・・アソコもっと固い・・・ホントに絶って感じ・・・

僕:「えっ、じゃあ、なんかより気持ちいい?

妻:「そんな事聞かでよ!知らない!」

「いいや、頼よ!怒らなら!ホトの事てよ!」

:「・・セフレはホントに特よ・・普通ゃないから気ない!あなだって他の元に比べ普通

僕:「セフレの方がイイのか?ハッキリ言

妻:「・・うよ、だってし綿ょうがないじゃない!生まつきの物だし・気にしなでよ


僕は妻のアソコを触りまし調た・・もビチビチョでした・・セフレをい出して濡れてしったでしょ念なに、僕が知るり今まで一番れています・・・僕がどんな愛撫しようが、セフレの思いにすら勝てかったようす。

妻は 珍興奮してるのか、って嫌がりません

僕は調子にのパジマをズ下して、ビンビンになったアコを挿入した

も嫌る事無く「あっ、いっ、はあああ」を出しました。

僕:「セフレもこうやっ入れられたのか?」

:「、そういつも生だった、危険日関係ない、いつも勝手に中にしちゃう

僕:「セフレはお前の事が好きだったんじゃないのか?

:「あんっ、ハハァ、違うの、彼はいつも中に出したらすぐ帰っちゃうの、あんっ、時に性処に使われるの」

僕:それで良かったのか?」

「い、そでもいいの、あんそれでも彼されるを毎日待ってた、あんっ、あああ」

僕:「こうやっ奥を突かのか?

妻:んっ違うの、もっと、と凄いの、壊れゃうぐら犯されて、あっ、コがいっぱいに、ああああ、もっと、潮がでてきちゃうの、ああああああたちいいとおしいっぱいしち婿の、あああああ、メ、ダメ

「何がダメなんだ!

:「っ、ああああ、だって、あ、だって、んな小さいダメなのああ、もっと、もとおっきいしい

:「じゃまたセフレとやりたいの今逢たらされたいのか?」

妻:「あああっ、犯して欲しい、犯されたい、回もイせてくれるの、ごいんだも、またイキたの、ああ、もっと、と凄いのがイ、ああああ、もっ太いのがイのおおおおお」

僕:「じゃあセ子が欲しか?」

妻:「あ、そううよああん、彼の精子欲しいの子供が欲しかったのあああダメ、思い出しちゃう、ああまた犯ほしい、あああああ、ダメ、我慢出来ない、彼に逢いたい、て欲しい、ああ中に出してえええええええ」


僕はその声の中に射精しまいました

て「中してったしょうが、僕はそれに便乗してしまいました。

妻は終わっも興奮さめないか、起き上がってリビングに行っしまいました。

結局ではを満足る事は出ない事分りま・・・


妻の去の話で興してしまいの勢でセックスて以、妻のセフレの話が頭を離れせんした

そしば妻もっとそうとするですが々話したん。

の前は酒のいでい話しまっようした・・・

でも何度戦して、妻が酔っぱらたら婿迫りました。

して何回かして、妻とレの話を聞きなら妻に出しる事に成功しまやは最高興奮しました。

り返ちに、妻とセレの本気を目で見てみたいと思うようなりまた。禁断の扉だとかっていしたが、どして動にかられました

して直に妻に話す呆れた顔をさした。まるで変態見るような顔で西・・

はそのリアクに尻んでしまい、話をられでし



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 相手の過去,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様