2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

3人と聞いていた妻の体験人数は、実は20人だった

 



結婚て3年目になる妻がいます

とは同じ大学でしたが、学生の頃か付合っていたて、就職後、互いに2才の時に再会し、30才で結婚しまた。

大学時代にはくモていて、当時の僕には高嶺した。の周りにはン達にいました。

僕は親がしている会社を継がなければいけなかったの、学時代は勉一筋で、ひたら国合格する為に勉てい
した。

そして27才の時に、昔の仲間飲んでい女がわれて、そこか連絡をとるようになりました。

この位のになるとメンだとは関係無くてきていのか会的位が ある僕にして彼女は興味を持ちはじめたんだと思したはそれでもイといました。

残念だったが高くて、顔のつりもとれていなから、端から典型的な『金でイイをモノにした奴て感じでた。

そして更にきな悩みは、セック相性が全然くなかった事です・・・

妻も我慢していのか分せん、結婚て1年もするとセクスになした

ん僕はエチがしと誘う妻はい体調ソコい」理由付けて断られま。そでしば喧嘩もしたが、なんとか3年続いています。


ある時、会社の部下が、「う尿んからショックな事聞いちゃったんですよ!」と悩みち明けらて、良く聞いてみると、やら嫁んの過去の経人数が結は3人ったのに、実際だっしいでし。しも その中の一人は人だったらしいです!

その時は笑ってしましたが、僕の妻もそだったらっごくしくした。して干興奮していも気がつた。


昔妻に過事を聞いたありまた。

その時は妻も3人と言ていした。さら詳しく聞きたかったんです、その時はカッコつけ聞きした。

みに僕は妻で2人目すが、カッコつけて10人言っています。

僕はしても妻が知りくなって、その夜妻に聞いてみした。も、えセック、妻が下ネタに付合ってはずありまんでした・・・

あききれない僕は、週末に食事に行ってお酒を飲ませくって聞き出ました

て週末、予り妻を食事に誘い、いい感に酔わて家に帰りました。

お風呂からた後にベッに入った妻を追い掛けて中から感じ妻に話しかけまし

僕:「あ、の話聞かせてくれ

:「?もたっったでしょ!そんなのいてど

僕:「だろ?興奮するんだなあ、に3人けなのか?ホトはっとんじゃないのか

バカじないの!知らないよ!もう寝るから」

「いいろ少しぐ!怒らないいうんじないんただいだけだから

:「何なの?聞する?意味なわよ昔の事西なん

:「前がさせないから、それをかずにすだよ!」

「は?何るのそれ本気?

:「しょうがないだろ?」

妻:・・事だから怒らないで




僕:「分かってるよ!当た前だよむしろ興奮するんだよ!」

はセックスレスの感があみたオナニタにって言ったら話してくれるようになった。

く自分に向けられる性欲が、他に向けなるからしたれない

、僕がではなくて興奮するからって理由だったからかもしれない・・・

僕:で?は何人なんだよ

・・ホ退ントにらないで過ぎた事なんから・・・ぶん・・・20・・・わかんなけど

僕:ええ然違!」

「だから!怒らないて約束ょ!」

:「ってるわかってる!違!ビックリしだけよ!そ全員彼氏なだっくない?

妻:「・・・全員彼じゃよ・・・彼氏はらいかな・・・たぶん」

:「ちょっとちょっとっ、あっ、あとの15人は何?どう言う事?」

:「もうでしょ?らない、ら、もう

僕:「いや、こが一番聞きたいよ!

妻:「りよ!皆してる事でし・・だからナンパとか々あるで!もー

晩限ってのもあるのか?

妻:「・・・昔でしょ!よ!!」

僕:「もっく聞簿てくれよ

妻:「・・・、ナンパ!友達がーしちゃったら断れない空気もるでしょ?退いうこと!

「でもお前もーしなきゃヤ宿ない?え?」

:「酔っぱらたから覚えてなよ!

僕:「ちゴムしたの?」

妻:「らないわよ!そんゃんと出ない時もあるでしょ!

僕:まさか中出かもあるのか?」

ないんじない

寿:「そこを詳し教えれよ!」

:「・・・もーに出してて言っても勝手に出さんだらしょうがいじ

僕:「お前それで怒の?

妻:「出しゃっだからしょいじゃ!」

前ひょっと、セフレとかったの?」

:「・・・昔、若いけよ・・

か?時は彼氏いた 

:「・い・・・

:「氏ともエッチしてそいつもエッチすん

:「うよ!バなこと聞かないでよ!」

:「も彼氏好きんだ?罪悪感いの?」

・・彼氏は好きだったけど・・セフレは・・・うとこが好きなの・・・」

僕:「何だそれ?どっちも好なのか?セフレメンか?」

妻:「全ケメンじゃない・・・ちかっていッコ悪いし・・

僕:「じゃあでセフレってたんだよ!」

・エッチが上かったの!も ういいしょ!」

僕:「何何?ホトに?それ教えてよ!」

:「ー・だから、氏よりエッチがて、っちゃったの」

僕:そうなの?何良かったの?の?」

妻:「・おっごく・・・あと色知ってるイカくったし・・

「イカされまく?お前一度もイッた事無いてたじゃ

妻:「もー色々言わないで!う話さないよ!

の過持っていて、驚きせませんしたが、そに興奮してしまいました

僕はセフレの話に興奮し過ぎて、いつの間にかパンツをおろして自分でシゴがら話を聞いていました!

僕は妻の過去話に凄く興していま
くにフレ殿でし

てる限りの、どちらかいうックスタンパクで、下ネタ飽きれて付合婿てもませなのにセフがいす!

セフレがいるっ事は、ただ単にエチがきじゃなとありえませんよね?

あの妻、エチが為にカコ良くない男と遊るのが信じられま

全く想出来ないした。だから僕のセフレのくてたまりませんでした!


「なぁ、頼む!そフレを詳しく教えてくれ!」

「えー、何で?そんなの聞いてどうすんの?」

僕:「だって、ら!ってっごいしょ?マジでする

「ちょっ!な固くしてるの!バカじゃないの!本気

僕:「マジマジ!お願いで!ね!

妻:「・・まぁー別・・絶対怒ららいい・・




僕:絶対らな約束じゃあ、そのセフレはどこで知り合ったの?」

妻:「和也先でしょ?そ友達

「マジゃあ超遊び人じゃないの?」

妻:「んそう学生代はごかったかも・・・あたしのレ5いるっていってたでもカッコ悪寿
べりけでいつナンしてるいってたし」

僕:「でも なのカッコ悪い輩とセフレになたの?」

妻:「んー、一寿和也先輩の家で飲み会して、和也先輩が先ちゃって、あたしもかなりロで、トイレに行った時に鍵かけ忘れて、そのセフレ入ってて、ビックリしたけど理矢理アソコ舐めらて、入れれちゃ尿・・

「抵抗しなかったのさんも大声せば来るしょ!」

:「・・・酔って訳が分かったのと・・・なんか・・ぐイッちゃっ

僕:「マジで?一瞬で?」

:「・・・うん、ックリした・・・だって当時の彼氏とか、元レと然イた事もなかったのに、そ人一瞬でい所分かっちうみたいで、なんか攣しちたら入れらた・・・」

僕:「えっ

妻:「うん・・・てもうっちゃったんだもん・・・それでも氏に悪いと思て、必ようとしたん・・・セフレアソコが凄くて・婿とかか固さとか・・げられないていうか、逃げたくないっっちゃっ・」

:「で?どこに出したの?

妻:「・中」

:「えええ!無理矢理出の?」

妻:「・・・セフレが出したいって、あしも出して欲しくって、よっったの・・」

僕:「ええはいつもダメっん!」

妻:「知らないよ!そうの!の話しでしょ!」


かなりショした・・・妻はどっちっていうと者のメージがあった、快感に身をまか せて成りゆ生中ではないと思っていまし

しくはそのセフレがいのか



は その後の事しくきました。

僕:「そそのうしたの?

妻:トイレしてかのセフレが自分家に行こうってから理矢連れ出れて・・・彼の家に行ったの・・・和也輩の家からて15分位だったら、夜て行ったんだけ、途中の物とかせられたり、バス停で普通にアいじたり、公園でまた中出しれたりして・」

:「マジで?野外とかした事無いってたじゃん!」

妻:「・・そんの言わないでしょ普通!」

僕:「嫌じゃなかっ?」

「・・そんなされたの初った、なんか凄い興奮しちて、なの何度もちゃた・・・」

僕:マジ・・・後は」

妻:「あたしそは、そこまでッチ好きじゃなかったけど、寿の人とはった・・・その後も家に帰リまくっちし、次の日も授業休で一日中ゃっソコから精子がドンドン溢れてきちゃうぐらい中に出されて、もうホトに何回出されたのかんないし、あたし何十回もイカされて、それで彼と離れらくなっゃったの

んなに凄いの

妻:「・うん、体力もすごい・・・アソコもっと固いの・・ホント尿に絶倫って感じで・」

僕:「っ、じゃ、僕なんかり全持ちい

妻:事聞かなよ!知らない!」

僕:「いやいや、頼よ!怒らないから!ホンの事聞かせて!」

「・・・セフレホントに特・・・普通じゃなから気にしないで!ただ他の元彼にたら

僕:「じゃあセフレの方がイイのかッキリ言ってくよ!」

:「・・・そうよ尿てしょうがなない!生まれつきの・気にいでよ!」


は妻のアソコを触りた・・ものいビチビチョ・・・恐レを思い出て濡しまったのう。残念事に、僕が知る今ま一番濡れています・・僕がどんなに愛しよう、セの思い出にす勝てようです

は 珍しくていのか、触って嫌がりません

僕は調子に乗って、妻のパジャマをビンビンにったアソコを挿入ました!

妻も嫌がる事無く「あ、いきなり?あっ、ぁあああ」と声を出しました

僕:「レにもこうやって生で入れか?」

:「あんっ、そうそうよ、つもた、危湿日でも関係ないの、も勝手に中しち

僕:「セフレは前の事がだったんじゃないのか

妻:「貿んっ、ハァハァ、違うの、彼も中にしたらすぐ帰っちゃうの、んっ、出したい時に性処使わの」

:「それで良かっ殿のか

「いいの退それもいの、、それでも彼るのを日待ってたの、あ、ああ

うやってを突のか?」

妻:あん、違と、もっと凄いの、れちゃうぐらいされて、あんっ、アソがいっぱいになて、ああ、もっ潮がでてきちゃ、あああああ、あたし気持ちいいとおしっこいっぱいしちゃうの、あああああ、これじ、ダメなの」

僕:「何ダメなんだ

妻:「あんっ、あああああ、だって、ああ、だっこん小さのじダメなのあああ、もっ、もっきいのが欲しい

僕:「じゃあまフレとのかったら犯され沿たいのか?」

あっ、してしい、彼されたい、なら何回もイてくれるの、すごんだもん、まイキたいの、ああああもっと、いのがイイ、ああああもっと太いのイイおおおおお

僕:ゃあセフレの精子が欲しいか?」

妻:「あ、う、そうよ、あん、彼の精子がの、沿彼の子が欲かったの、メ、思い出しゃう、あまた犯しい、ああああ、ダもう出来、彼逢いたい、して欲しい、ああ中に出してええええええ


そので妻のに射精しまいました。

皮肉にも、妻はフレをい出し「中に出して」と言ったょうが、僕それに便乗してしまいまた。



>>次のページへ続く


 


 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 相手の過去,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様