2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

3人と聞いていた妻の体験人数は、実は20人だった




結婚して3年目なる妻がいま

とは同じ大学でしたが、学生の頃から付合っていたわではなくて、後、お互いに27才の時に再会し結婚した

妻は大代にくモていて、時の僕には高嶺の花。妻のりにはイケいまた。

親が経営いる会社を継なければいけかったので、時代一筋で、ひたすら国る為に勉強していま
した

そして27に、の仲間と飲んでいると彼われて、そこら連絡をとるよう

りこの位の年にな、イケメンとかは関係きていたのか、社会位がある僕て彼女は興味を持ちはめたんだと思いましはそれでもイイと思っていた。

し残だったの、妻が身長便が高くて、顔のついもとれていら、端からら典型な『金でイイ女をモノにした奴』感じ

そして更にな悩みは、セの相性が全良くなかったです・・

妻も我慢していたのか分ませが、して1年もすとセックスレスになた。

ろん僕はエッチがたいが、妻はいつも「体調」とか「アソコが痛か理付け断られます。それでしばし喧嘩たんが、なんとか3いています。


、会社の部下が、「うちの嫁んからョックな事聞いちゃったんを打ち、良く聞いと、どう沿さん験人結婚前は3人だったのに、人だったらしいて事でし。しかも その中一人は黒人だったらしいです!

僕は笑ってしまいした僕の妻もそうだっらって考えたら しくなりました。て若干奮してる自綿気がました。


僕も昔妻に過の事いたりまた。

は妻3人と言っていまた。さら詳しく聞きたたん、その時はカッコけて聞きませんでした

なみに僕は妻で2人目ですがカッコつけて1ってす。

どうしても妻の昔が知りたなって、そ夜妻に聞いました、たさえセックレスなに、が下タに付合ってくれるはずありませんでした・・尿

きらめきない、週末食事、お酒を飲ませまくっ出そうと思いま便した。

そして週末姿、予り妻をに誘、いい感じに酔わせて家ました。

呂か後にベッドに妻を追い掛、背きつく感に話しかけました。

西、昔の話聞かせてくれよ!」

妻:「話し?れたって言ったでんないてどうすんの?

僕:「いいだろ?興奮するんだよあ、当に3人だけなのかホントもっいるんじゃないの?」

:「バじゃの!らなよ!もう寝るから」

少しぐらい!怒らないよ!んじゃんだ!ただ聞いだけだ

「何ないてどするの?意味ない昔のなんか貿

僕:「お前がエッチさせないをおかずにるんだよ!」

妻:「は?何言ってるの?れ本気?」

:「しょうがないだろ?」

妻:・・昔の事だ怒らいでよ」

僕:「分かってるよ!当たり前だ!むし興奮するん!」

妻はセレスの罪悪があったたい、オナニーのネタにするたらようになった




分に向けられる性欲が、他に向けれる事から協力たのれな

そして何より僕が怒るのではなくて興奮するらっ理由だったかもしれ・・・

:「で何人なん!」

:「・・トに怒らなよ!もうから・・・たん・・2人ぐらい

:「ええええ!全ン!

妻:「から怒らないって約束でし!」

ってわかって寿違うよ!ビックしただけだ!そ彼氏なの?だった間短ない?

「・・・全員彼氏じゃないよ・5人ぐらいな?・たぶん」

僕:「ちょっとちと、えっ、あっ、あとの15人はう事?」

妻:「もういいでょ?知らない、忘れた、もう寝

僕:「いやいや、そこが一番きたいんだよ!頼むよ

の至りよ!皆してでし!・・だからナンパか色々あるでしょ!もー」

僕:じゃあ、一晩限りっあるの?なぁ?

:「・・昔でしょ!もう忘れ!バカ!」

:「もっと詳しく聞かせてれよ!」

妻:「・ ・・だから、ナンて!達がオケーしちゃった断れない空気もあるでしょ?そいうと!」

:「でもお前もオーしなきゃヤないだろ?」

:「酔っってから覚えてないよ!」

「ちゃんとゴムたの?」

いわよ!そんなの毎回出来ないもあるで

「まさかとかもあのか?」

覚えない!あるないの

僕:「そこを詳しく教えてくれよ!」

:「・・・も、外に出してって言っも勝手に出だからしょうがないじゃん!」

僕:「おれで怒ないの?

:「しちゃっだか寿しょないじゃ!」

「お前として、セフレとっていたのか?

「・昔ね若い時だ調けよ・・・」

僕:「本か?その時は彼氏いたのか?」

:「・・いた時もあるか・・

僕:彼氏ともエッチしいつともエすんか?」

:「そうよ!バカなこと聞かないよ!」

僕:「でも氏は西なんだろ悪感はなのか?」

妻:「・・・彼氏はきだったけ・・・セフレは・・・違うとこが好きなの・・

僕:それ?ちも好きなのかレはインか?」

「全然イケメじゃないよ・・どっちかっていうとカコ悪いし・・・」

じゃあ何でセフレになってたんだよ!」

妻:ッチが手かっもういでし

僕:何?ホトに?それ教てよ!」

妻:「もー・・・だから、氏より全が良殿くて、私がハマっちたの

:「そうなの?何が良かったカイの?」

妻:「・・・よ、すごく・・・ってるから、イカったし・・

僕:「イカれまくった?お前一度もイッた事無いって言たじ

妻:もー色ないで!ないよ!」

妻は予過去持って、驚きは隠せましたが、それ以上に興奮してしまいまし

僕はセとの興奮し過ぎ、いつにかパンツおろして自分でシら話聞いていま

僕は妻の過話に凄く興奮していました!
とくに妻がいっていう事実が衝撃的でした!

僕の知ってる限りの妻は、どちらかといとセックスもクで、下タなんかは飽きれて付合っくれませんそれのにセフレがいたんす!

セフレがいて事は、だ単純にエッチが好ゃないとありえませよね

あの妻エッチがしたい為にカッコ良くない遊んのがられません

く想像出来い世湿したから僕はそのセフレ詳細を姿知りたくてたんでした


なぁ、頼むのセフレの話を詳しく教えれ!

妻:えー、何で?んなのどうすんの?」

僕:「だって、ほら!触って!すでしょ?マジで興奮するんだよ

妻:「ちょ尿!なにくしてるバカじゃない!本で?

僕:マジマジ!お願いいいでょ!ね!」

・・まぁ・・絶対怒ないならい・・」

:「らない!約する!じゃそのセフレどこで知り合ったの?」

妻:「和也いるしょ?その友達」

で?じゃあ超遊び人じゃな

:「んー、そう代はかっかも・・・あたの他にもセフレ5人位いるっってた寿悪いよ
べりけでいつもナンパてるっててたし」

僕:「でも なんでそカッコ悪い先輩とセフレになったの

妻:「ん回和也先輩の家で飲み会して、也先輩が先て、ありベロベロで、トイレに行った時に鍵け忘れて、そしたらそのセフレが入ってて、ビックリしたけど、無理理トイレで舐められ入れられの・・・



僕:「抵抗しなかっの?和也声出せば来しょ!

妻:「・・ててが分ら かったのと・・なんか・・・すぐイちゃたの」

僕:「ジで?一瞬で?」

:「・・・うん、ビックリした・・・だて当時の彼氏元カだと全然ッた事もかったのに、その人瞬で弱い所分っちゃで、痙攣ゃって、気が付いたれらた・・・

僕:「えっ、生で?」

:「うん・だったんだもん・・・それでも彼氏悪いと思っ必死に逃ようとたんだけど・・・セレのアソコ・・・形とか大きか固さか・・・逃げれないっていうか、逃げたく感じになちゃ

僕:出したの

妻:「・・中」

ええええ!無理矢れたの?」

妻:セフが中に出した言うから、あたも出ししくなって、いいよった・・・

時はいつもダメてたじゃん!

:「ない姿そう昔の話しでし!」


かなりショックで・・・妻はどっちかていとしっかり者のイメジがあったの快感に身をまかせて成りゆきで生中出しする女ではないと思っていました。

もしくそのセレが凄いの



僕は その後の事もしく聞きました。

それで?その後どうしたの?」

「トイレでしてからそのセフレが自稿行こうて言うら無理理連れ出され・・彼たの・和也先輩家から歩て15分位だったら、夜中に宿て行ったんだけど、途中の物陰とでフェラさせられたバス停で普通にアソコたり、公でま中出れたりして帰って・・

僕:「ジで?野外とかしたってたゃん!」

:「・・・そんなわないでしょ普通

「嫌じゃなか?」

:「・・そん事さめてだったかんか凄い奮しちって、外なのに何度もイッちゃった・・

僕:「マジでは」

:「あたしそれまは、こまエッったけどその人とは凄か・・の後も家に帰っヤリまくっちゃったし日もんで一日中ゃって・・アソコから精子ドン溢れてき婿ゃうれてうホントに何回されんなし、も何十回もイカさそれでと離れられなくなっちゃっの」

僕:「そんなにの?

:「・・・ん、体力もすごいし・・・アソコもずっと固いの・・・ホントに絶倫感じで・・

僕:「えっ、あ、僕なより然気いい

そんな事聞ないよ!知らない便

僕:「いやい、頼むよ!怒らないか!ホントの事聞かせて

妻:「・・・フレ貿トに特なのよ・・・普ゃないかにしないで!あなただ 比べたら普通よ!

ゃあセフレの方がイイ?ハキリ言ってくれよ!」

妻:「・・・そうよだっしょうがないじない!生まつきの物なんだし・・・気にない


僕は妻のアソ触りました・・凄いビョビョで・・・恐くセフを思いしてれてたの。残念な事、僕が知る限り今一番れていますどん愛撫しが、セフレ思いにすら勝なかったです。

は 珍しく興るのか触っても嫌がりん。

僕は調子に乗って妻のジャマをズリ下して、ビンなっコを挿入しました!

妻もがる事無、いなりっ、はぁあ」と声をしました。

僕:「セフレにもて生でれらのか?

妻:んっそうそういつだった、も関係ない、いつ手にに出しちゃ

僕:セフレはお前の事がだったか?」

妻:「あんっ、ハァハァ、違うの、彼はいつ中にたらすぐっちゃうのんっ、に性処理に使われるの

僕:「それで良かったのか?」

「いのおお、それでもいいの、んっも彼に犯される毎日待ったのあんっ、あああ」

:「こて奥かれるのか?」

妻:あんっ、違うの、もっとと凄いの壊れちゃうぐらいれて、あ、アソコいっぱいになって、ああああ、もっと、潮がでてうの、あああああ、あたし気持ちいいとおしっこいっぱゃうの、あああ、これじゃメ、ダなの

「何がダメなんだ!

妻:んっ、あああああ宿って、ああ、だってんなダメの、あああああ、もっと、もっとっきいのが欲しい」

僕:「じゃあまフレとやりたいのか?今逢ったら犯されいのか?」

妻:「ああああっ、犯して欲し、彼されい、彼なら何イカてくれるの、すごいんだ、またイキいの、あああああ、もっともっと凄いのがイイああ、もっと太いののおおおおお」

僕:ゃあセフレの精子退が欲しいのか

ああ、そう、そうよ、あああん、彼の精子が欲し供が欲の、、ダメ、思い出、あ犯してほしい、あああああ、ダメ、う我来な、彼にいたいい、あああ、出してえええええええええ


僕はそ声で妻の中に射精してしまいまし

皮肉にい出して中に出して」とんでしょう、僕れに便乗してしまいました。

妻は終わった後がさめないのか、起グに行てしまいまし

僕では妻を満させる事は出ない事がりました・・


過去ので興奮の勢いでセックて以、妻フレの綿話が頭離れま

そして隙あらばからもっを聞き出うとすんですが中々話たがりません

前は酒のいでついつい話してしまったようでした・

れで何度か戦して妻が酔便ぱらったらし迫りした。

して何回功して、妻とセの話を聞きながら妻に中出しする事に功しました!り最高に興奮しました。

でもそれ繰り返すうちに、妻とセフレチを目ので見てたいと思うになりました。禁断の扉分かっましたが、どうしても見たい動にかられま

そし退宿に妻に話す、呆れた顔されました。まるで変態を見うな・・

最初はそのリアクションに尻しまい、話を続けられませんした。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 相手の過去,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様