2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

最高の形の意趣返し




5年ぐい前話ですが・・。

のA子大学時代のクル仲間小柄みに似た立ちった為、サールのア的なした

大学卒業前で距離なり付きして、そのまプーズして、就すぐ


初は うまくいってたですが、結婚すぐぐらいから夜拒否されめて、ックになりした

まあ、付き合から、A子はセックあまりきではないと宿処女でかったです)、れもあてもともと回数も あまり多のもあったで俺もれほしてせんでた。

だ二人とも若たので子供まだいいと思ってした。



セックスレスになっ2年ぎたあたりの頃でした。

会社を出た30前後ぐらいスー姿の女性がっておりを見てら近づいてきました

背も高く美人顔立ちでタイ良かった、ちょっときどきつつなんいると「BのC美と言い。俺さんにあって来ま」といました

Bというに聞き覚えが無く、はぁ返事して、促されるまくの喫茶店に入りました。

単刀に言いすと私の夫のBとあなたの奥様A子不倫係に西ます」

はぁ?

最初は何を言れてるっぱわかりませんでした、がわからないんで・・と言した間にC美はばんら て書類を出て机上にげました

やっぱりご知なかったようですね。とりあえず、これをてください

は震える手で書類かみ、っと見てきまし

うも浮気調査のようで何何日何時に会て、か細かい内容が書いてありました。

貼りけられあり、見知ら稿男と腕を組んでホテルるところと出ると撮影れて間違いなくA子

C美は、知なかたのなら驚れる理はありませんね、説明くれた。


BはA子と高代の教師だったこと。

係は、再会した2年前からということ。

2回会ってると。

写真を見ていくとなんとウチにA子Bを迎え入れてるのもあ、土曜日には毎週チへ来てたようです。俺は土曜日)

私は離婚するつもりですのA子さん謝料請求させていたきまは どうされるか任せますが、A子さと離るおつでしたら資料お貸しし

婚すたっ有利になると思いC美は淡々と話しました。

「えと・・ちょっとだけ間をもらても姿尿すが、あまりに突然にちょっ乱しまって

無理もないです。いずれにしても すでに護士には相談済で一ヶ月以内には、お宅へうつのでれまにどうされるてく。」

C美そううと際よ資料を片付けて俺の調分も喫茶店代の払いを済ませて出ていました


は その後1時間、喫茶悩んに帰ないわけにはいなったのでに帰りました。

A子もどりの顔で おかえりを言ってくれましたが、俺とても顔もに見るとが来ずに、今日は退れたので寝るとだて部屋に篭した。




A子見て今日の喫茶の話、悪い夢だったんゃないかと思ます

、セックスレスはれほど気にしてなったとはいえ、男とっていとなると別です。もしたにかが胸を離れません


そんな分で迎えた休日、俺はA子 たまにはい物と出かけたらと告、外に出した。

A子は、そんなことを言う俺最初しがてましそういうのなら出かました。

そん姿をてる気しるよ思えず、決心が鈍りそうでたがえていたとお寝室と居カメラとマイクを仕掛け

インターットはやっていたのの、AV機器に、いいろットで調べ末に購入てきのです。

無事メラも仕掛け、俺にとっ一番長い週間が過ぎました。


変な どききがまらないまま、ヤホンをつけて、部屋かりもつけずに土曜日の画像を確認しました

「センセおかえーー

A子るい声がてました

・・おかえりってうことだ?

らない男の ただいも入っていましたが、こちは ある声ではありせんた。

「じ日はこんなてみました。ら送てもらったの。高のときの服ー。まだ私も捨のじゃなょ?センセこうい好きだw」

とA子はブレザー姿でした、というかこんなA子はこともない・・・。

は写真でBの姿で

あのさ今日退に来たんだけど・・・

「えーーにえっちしな?せっかく着て待っのにー

や、なんか、妻に気づかれてるような気るんだ。だか、しらく来ないが・


ガシン!いう音がきなました。

俺も臓がまるかと思うほっくました

「なんで?!うせ婚するんでしょ!いいじゃない!」

いや、前にも言ったとり まできよ、いろいろあるし、それにだって俺君が居るじいか」

センセが早く離婚してくれないらでしセンが離婚してくれら、私のほ稿 すぐ俺婚するわよと好き結婚しゃない

んと頭を何かで殴られな衝撃した。どういうことだ・・

れはっと俺君に かわうじゃないか?彼は君のとが好なんだろ?」

「俺持ちうでもいいんじゃない!私が好きなのはだけ」

そういいながA子はBの腰の もぞもぞ稿はじめま

センセ以外と こういうことしようると吐きなるんだもの。セが私を沿高校の頃にこんな身体にし調ゃない」

Bはうう、ときました。

・・・フェラしてや

俺は頼むら出来なかったに。

「ふ?きもひひょ?におひくなっひ」

ぶりながら喋るA子は とても俺が普段知るA子とは思えません

口をけBの股にあるま、Bに顔を近づけて言いま

って奥んになことしもらっとなって言ってたじゃないの。だったら なんでもしてあげるよ。毎日でも」

で、でもさすがに離婚いろいろ私にも立あって・・・」

A子は、咥えはじめた。

Bはぶつとまだ小声で何か言ってまたが聞きず、そのままうめきをあげてました。ど使らイっようです。

Bはき直ったのか、そのままA子のート前戯もせずに後ろから突きました。

キモイイとか好きとか愛してか、A子は獣じみた叫殿びをながら受け入れてした。


はさすがに耐え切れ、ヘをはずして動画だけ早送

A子が騎乗位で腰を振たりBの全身に這わせて喜んでいたりというシー継ぎ早に流れいきまし



終わった後、俺は脱力で

立ちやりは どこかへいってうほどのでただ脱力した

俺の決まり、C美へ西電話をしま

の件ですが、私もA子婚すとにしました

そうですか、と感も見せずに淡々と言C美少しってきました。

「例資料もらだけは申訳なので私証拠取りをお渡ししたいですが」

証拠もう充分あいうC美にそう言わずに是非とことで会う約束をしまた。

DVDにして持ってい、お互い手持ち証拠渡して別れました。


冷静にって動画のを思い返して見ると、A子うがBに惚れてるのは間さそうです

高校時というかは、家庭教師のころなにかあったでしょ

私のってるのセ対す潔癖なA子とは別人のように淫乱でBに奉してした。

まあ、実は潔でもんでもBに操を立てていうのが本当たのですが・・


ずれにろ、の中あったようにC美がBをしっかていれ、こんなとにはなかったんゃないかと・・・。

らか逆恨みなのは当時かっですが、そうい気持ちになって確かでした



そこ先の展開は早かたです

BとC美は稿れ、A子へ慰謝料請求の話と弁護に任せた旨を伝えてきました

俺もその場でA子に離婚したい旨を入れ、慰謝料請求をさせもらうと話をました。




A子、夫と浮気相手のから同時に慰謝料を請求さ、窮地に立るはずなのに、満笑みを浮かくだした。

Bはただ、喜んでるA子とは照的に赤い目をしたまま、だうなだれていました

はすでにういう結なることを覚してので、そのはあまり感慨はあんでした

は、俺はなぜかC美になC美の顔をじっとてましたが、俺へ浮気話をげたときと綿わらない表情で淡々としてました

ずっし黙いたBがり間際に口を開き、俺西て「謝ってむことじないけどには済まをした」

俺は「いえ・・」としか言えまんでした。

直、の状況で喜んでみA子の気味嫌悪感と対にBに対る怒りは失せてくのわかりました



日のうちにA子は実家へ帰し、実A子の親らは、言葉だけの謝罪を電話越しで受けました

C美と俺の慰謝料は相場から考える かなりでしたが、A子は裕福でした一人娘ったどちらへの慰謝料もした。

婚届もA子られてきたのに捺印し、俺が出し終わりを告げした。

ぶく銭だり、どっちの夫も子供がなかったのは幸いだったないう変な感慨だが残た。



それか半年後、C美か話がありまた。

したので時間取れますか?」と・・・

俺は なんとなく気になっていのもあって、会いいきまし

「あの二人籍を入たいですね」

俺のを見るな、C美はそう言いました。

「はぁですか

まりれないですね

まー、A子は そのつもりだみたいですそうなるうな

Bから謝料も分割の予定が一括われたので そういかなとってました。


「あれら連絡は取っないすか?


取るわけないでょ。DVD見たんでしょ2年上夫婦ってがら気持ち悪としか思われてかったんでよ。夜も拒否されましたし。そん連絡取りたいて思うもない


C美目を伏せてより割れているんでね、と言いまた。


「そういうC美さんは、思ったよ割り切てないたいですね。そんるなんていもしまでしたよ」


「・


自分であれだけ切って、ておいまさらという感じで

んなことを言うめだけに俺を呼びしたのか、とも。

そうったら、また少し意地悪をしたくなりました。

「C美んはBさんに実練あったんじゃな?そんだった婚しなきゃったのに」


・・Bの浮気は許ませんし、Bはてなかったってことし、A子さんほうがうでしたから」


ぁ?浮気は許わか簿ますけど、Bさんはにあなたのほうへ未練あるでしけどね。それに満足って・・あなたのレスだったんでしょ?」

C美きっと俺を睨んできました。


「レスだったのなら満も何もな でしょ。そりゃ若に誘されりゃそっちよ」

んでは嫁調の浮気相手だったBを擁護してんだとわなくもなかったすが、なんとな貿自然にそんな言葉がてしいました。


の座に胡坐かいて旦那もしなかったょ?」

でいいたところで思いっきりひったかれした。

「ぁんたにかるのよ・・」

C美になってそう言ました。

がちゃがちゃとバから財布し、店の勘定を済ませると店をていきまた。


ま、思ったよりかりやすい人だなと思いつつとすと店の外C美が居ました

そのまで俺服のと俺を引っ張って歩いていきました。

「ちょっ・言過ぎたのは謝りすよ」


なた悪思ってないしょ


そして、のままC美引っ張ていたのはラブホテルでした

「・・マジっ?」

・・イヤならいいわ

「い気がないうちきま

俺もなんだかが長く、欲求不だったのは事実で

こんな美人とヤレるな、願ったり適っりで

呼び出されたときに何もしてなかったというと嘘

ラブホで部に入ったと同時にC美のトスートを捲上げて股間に顔突っ込

「ちょっ・・ちょっと!シワーを・・・」

「そんなですよ、おれこいう匂きなんで」

「こっこ変態・・

どうせ会うことろうし、どうせならき勝手やっって腹でし

A子気を使出来なかったことかも



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様