2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

古い慣わしの祭りで他人としてしまった嫁

 



こんにちは。『Yu』とい

一夫一妻制近出便がっ婦の形で、は契りあのは必ずし生涯と言うは無くいろな夫婦あった

そん男女の出会と農村の楽しみの一つとして祭りが有り、そは無礼となって未既婚に関わらず性が欲るままに活動をていました

んな祭礼は、性な部分が含まれ明治時代に入っても一部のでは、性的祭礼がわれていたようです。

そうは言ってもは子供の生存率が極端に低生む事が切だっ事もあるのかもしれませ

こも、近年までそんな習がまだした


夏、私達夫婦まっまっ・・はれた・・そんな祭りでです。

祖父の湿少し離れる地域では、毎年夏祭

神輿を担いり、露天が出てい、一見のどこにでもあるような祭りです。


その祭りは、私が学の頃、たまたま祖父の家に行った時、その地の親時で神輿の担ぎ手てくれいかと、頼事が

この祭りこそ貞を卒業した思いでした。

地区の祭り衣装は、キリと締め込んだ姿と決まっていまし私も当然のことですが、褌にさせられました。

ちの私の事くて白いを渡され、どうするのか判、年配者から褌を締導をけて自も全裸になってからを締めましたすが

の時はンだった揉み合ている最に褌が解けてしまい、全裸ってしまったありま

お尻は丸見ですし前袋も かろうて局部をだけで、毛深くない私の陰毛もはみ出し、全裸に状態で、恥ずかしかったのすが、幅半分にしてよじるに巻いいくと出来り、この姿が一番格良見えると思ってます。

ハレ台・・神様の前、何も着けい姿での奉仕が必要でし

も女もそうだったしょう


だからこのだけは特別

普通だら猥褻物陳列なんて罰則がのでしょ、こんな姿で町中のうろうろしていてもOKので

暑い盛り、裸のほうがとても気持またにくい貿め込だ褌が男の機を高めいる思い

りのなりをかけられ、濡れて透けた褌布越しに勃起していが丸かり状態とっていました

この祭は、そんな男のか、町内外のも見に来て、性達ものそんな姿形をるのが楽しみのようでし

そん訳かうかこのりは女に許されたのストリップと言っていいのかも知れません

んな状況なで、いったん外に出からるま褌姿です



回目の祭り時、酒の酔も手伝い、を抜けておじさ家に帰ろういていたときた。

「あっ、Yu男ちん・・よね〜」と言う女の声でした

齢が近く、おじさんの家で遊んだ記憶がある女がいた。その声はすっり大くなったその子でし

大人の女に変、浴衣姿の女は、ほんと石鹸の良がしています




も濡た褌の形を浮び上いる状態でした

んな私の股をちらちら見ながら「の〜」と女にうん頷く私でした。

男ちゃん久しぶよね〜と言いながら一緒歩いていまた。

ノーブラで浴衣を揺らと浮出るのシルエッやりい盛りの私の褌の中はパンパンになっていまた。

に大人の女の仲間入りをしていた彼女は、私の欲望がの形で判っていて、そんな童貞男昔の馴染みでさてあげようというのでしょう


じさんの家まであとの所で、彼女の手を握り、茂みのあの中に張らました。

瞬どきっとしました。

嫌と言訳はありません。も彼の手を握り密のに向かいまし

ら漏れているりだけがらした暗は、木々揺らしてる音がすけでした。


童貞だっには、これから女をようか考えるのが精一杯でした

かしそんな心配もたわいもな事だ判りまし

彼女私の褌後に手をかけるの巻きついていを手慣つきでゆいました。

て全裸にさせると、冷たい夜の空気に私の物がるじで

半立状態のそれを握り、せく上下に動かし始めま

きにわせて動きさきっぽは針で突らパチンとそうンパれていまし

しばらく彼女の奉仕が続いてまし

り、元気私を見女は、浴衣をまくり、木に手とバックでます。


てなのと暗がに彼性器の入り口が判らず突いけの私の物を彼女は握り挿入を果しました。

ってじでた。初の人温を感じした


そうてもこのが初めて私、華奢宿な体の彼女あえいでいる姿と、彼女の中に出たり入いる自分の物ている精感が高まってき、ぬるりと抜いたとたにドバ精液を放出してしまい、それこそくらはぎや太かかってしいました。


りの早さに気まずさが残りましたが彼女は逆に「良ったよってくれました

そして「男ちゃん初めてな?」と聞かれ、うん頷いてしまいした。

と言がら、全裸にると退上に仰向け寝そりました。

そして、正常で合体すると、今度一度余裕がていま

女の上で腰を振ながら膣の温度を感、ぎゅっと締めつ来る膣感触に裕もどかに・・完敗でした。


べてわり、彼は、精液を私の褌で拭い、パンティーの履き、私も褌を締め、身支度を整えそくさと そこをにしまた。


そして女をで送る間いろ聞くと、彼女初体験もそんな因習の中で、親ど離た男バーン捧げたようです。

実際 初めてにも関わらず、痛さや怖さも宿、逆セックスの良さをてもったそ、初らエスタシーに達し言う事でした。

その後、セッの喜びを知は、りの夜に男女の儀式をするの恒例なってたのですが、今回は通り掛かっが・・う事でした。


女は「男ちの初めての簿になれて嬉しい・・と言ってくれまし

そういってくれる気分が高して私でた。

じさの家に帰ると日より遅く帰ってき私をたおじさん・おばんは、分判っていたようでたが・・



その後も数回彼女とセックスをしたのですが、そんな彼女は、私の妻で他人っていました。

住んでる場所と言のが原因でが、私は、今の妻と社内結婚しました。


祭りへの参加これを機が遠ていたのすが、妻がたまたま、私が持ていた褌を見け、妻も思ったのでしょうか、そんな褌を見つて着けてみてよ と言い、際にと祭りの思い出てきたのです。

裸同然の褌姿で歩する気持ちよさと、いやらしい因習に、ドる興奮を抑ず、ご無沙いた、そに参しようと思ったので


もっも、妻 そんな事ができるなんて思ってもいませでした。

だ私含め裸の男衆見せたらなるのかけでた。

絡してあったじさんの家に着す、地祭り規模は大きは無いのですがなん年に賑わい、私の様な若者よ高年の方るかに

おじの家を浴替えさせ姿私は分の褌を持って地区場に着替え


と違て柄見受けられ、その人もいるようすが、私 おじさんのしであ白(ともたびれていますが)す。

久々に褌に私の物も半立ち状態となりました、ぐっとおにくい込ませ、褌をると気持引きまりました。


浴衣姿に着替え集所に来ていは、めて見た褌姿、「凄格好・・」と言っいましたが男衆もじなので、目のやり場困っている様子でした。

もっ、妻にそんな姿を見せが初めてで、妻に近い褌姿の男衆囲まて びっくりしている様子、こに立ち会わせ、目的の一つ達成しまた。


んなりをしながら妻境内歩いかつて童貞を卒業させくれた、思の彼赤褌男とつけました。

すがに気ましたのでが、向こうから私達見つけると彼女が声来たのです。

くとそん彼女も既に結いて、毎回、りに参加していとのでし


嫁いだ近所ですが、稿内となって、一たのは彼女の夫でした。

に参加しいてりりとした赤褌で

彼女のかつの顔だちはそのままでしたが、そ気になったの彼女の夫の方でした。

赤褌姿の男は、一回りぐい年上の様に見え全身毛むくじゃら稿した。足はもろん毛も生えてい前部は腹毛か陰毛か区別ずらい状

かし、筋肉はもりとしていて、肉体労働を主にしいるのがわかます。




して、妻なら一番に気なったの、赤褌の中でした

かい・・・その一言

の前袋に収まっています沿が、るのが分かり、そして突き抜けない様に斜め納され

剛毛の中のシンボルを浮か上がらせた赤褌が妻の目を引つけていました。



達と彼達はこんにちは」んにち」と形通挨拶

「どしているの・」などの会話をして、その場は別たのす。



あと、「あの誰?」と言う妻は、昔のここの幼なじみたいな人だよと言うと

「え分と年取っているみたいだけど」「い奥さんのよ」

っ、そうだったの方だと思っちゃった」

初め見た・・んっとデカカタな」

「う・あっ、いや〜ね便〜」

性をれる物があるでしょか、裸の男衆に慣てきたは、最初の時って、褌姿の男達の品評を言っていまし前袋の大さですね)。



さて、何度目の神輿担ぎの仕事が廻ってきておいて、みんなが集まいる所に行き、れが終わて次の担ぎ手にすと、ずぶ濡れにったにタオルをかくれ人が居ました。

先程の彼女でした。

も一人いて、今度は私と2で、りの喧騒ら離れた行き妻がいて話かった事の続きをしまし



はお互いのでした。

分も妻の話をしたのです、私は彼女とそのの事が気になっていした。

「随分と年上の様けど」と言う私に、そ回りも上の男でし

った このりが退きっかけでし

当時であった彼女に大のテクを教え、いつでに無い快感に夢姿なっまったそうです。



男の方も随湿の子に夢中になっていたでょう

そうなると結婚へと進むは早かったようす。

は、女の夫の持っている物も そんな事ししたのではと思いました。華奢彼女があんな物に突かはたまらないろうな,

人妻となっててはを卒業させてくた彼女を見てると、あのって出ていま



そんな目でていると婿褌の中物が勃起形がらわになってきまし便

そんな様子た彼は、すす褌越しにさすると、手をり、こっちいらっしゃいと引っれました。

神社から離たとる場所、・そう そこ達が初めてした所で



前袋入れられ、勃起ているの物を擦られると巧みなテクニックにもう出そう

ず褌を脱ぎ彼女衣をり上げるとパンティーていませ

少し驚いたのですが、欲情し すぐバック入していきま

ニュュとした彼女の膣味わい感が高まてきまし


「出そ・」わよ」言う彼女・彼女のお尻のら出入ている自分物を見、私興奮し、旅ずっと溜ていせいあって、我慢の限界でした。

あやう中に出しうな所で抜き、地面と一気に放出していました



の祭りは無礼講・・誰もしている事

きっぽから白らせら、ふと我に返る、そ言えば妻を忘れいた事に気つきました


捜そうと思い、再褌をめ込んで彼女とようとすると「私の家にいるか」と言ってまし

どうして?とう私に、「さっきYuちゃが神輿を担た時、さんがいのを見つけね・

彼女達夫婦は一人妻をると、しかけたのですが、その際に私と彼女との事話してしったそうです。


婚した、私尿も妻も お互い処女でも童貞無かったですが、さすに目の前る女性が夫の初めての人だと知る複雑な顔をしていたそです。

んな顔色に、彼女は この祭りは、そんな物なんですよとった後、今度は彼女の夫しないかと勧め、妻は私の事があると言ってたそうで妻を休せる代りに彼女が探して来てと言って ここに居るの


達は この祭りの期間、夫以外ックスの相手求めていたのでした

から達は毎回参し、い見つけたと交わているのでした。

、彼達の獲物にさ私達ったようです

まり達夫婦は彼女私を、それ妻に教え婿事で、妻が必然に彼女の夫への貢ぎなる事を承諾させる計画だったようです。


彼女らは、「っきうちのがYu男ちゃんのてやりたって言っていたし、それに都会の好きみたいだしね

「えっそん」と言うに対して、

「だっYu男もそ期待してここんでう」

・・彼女の言う事は半当たっていまし

本当祭りは、彼はなく・・・と思っていました。




>>次のページへ続く


 


 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 異常シチュ, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様