2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

「バンドで売れたい」と思って10年間頑張ってきたけどもうダメだ

 




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 05:15:20.79 ID:PPg+erii0
立ったら書く


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 05:21:26.70 ID:PPg+erii0
中学生の頃に父親の洋楽趣味に影響されてギターを始めた。

当時お小遣いなんて月1000円程しか貰っていなかったのでギターを買うために貯金した。

僕は あまりコミュニケーションを取るのが上手ではなかったので友達も少なかったし 遊びに行ってお金を使うなんてことも多くなく、お年玉等含めて半年ほどで そのお金は溜まった。

始めるからには そこそこのギターを買いたいと思って楽器屋で「初めて買うんですが、長く続けられるようなギターが欲しいです」と言った。

今思うと うまく言えてなかったかもしれない。

店員さんのおすすめを聴きながら慎重にギターを選んだ。


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 05:22:05.37 ID:J2XtuwYq0
ほう


18 :以、名無わりましてVIPがお送:2012/11/18(日) 05:29:13.58 ID:PPg+erii0
ったギはFenderとい有名ギターメーカーのランドSquierのストトキャーといギタだった。

員に安ーナ、シール、ピク等の初心者セを付もら その時は「最近屋は腹なんとか思っていた。

を買ったその日は すぐに家ってギターソフケースから出してめて一緒に買った教則一晩読

に行も休みに教則本を読調んで ふむふむってみたりしてた。

リアったら「えーめん〜〜?みたいな題でり上がっのかもしれないが、学校で気と溶けこむスキに出るものないだう僕 ひとりひたに勉練習を繰り

今思と「あいつぼっのくせにター始めようとしてプ゚フ」くら思われたんじゃないか死にたくな


20 :以下無しかわりましてVIPがおりします姿:2012/11/18(日) 05:31:32.06 ID:jlyiSRXr0
>>18
良いよねワイ





22 :以下名無しにかわりましてVIPがお送ます2012/11/18(日) 05:33:51.59 ID:PPg+erii0
学を卒業し高校にした

公立に落ちた。勉強は出来る方だ、どうも面接で緊張して自分でも何をっているのかわからない況にていたことだけは覚えている。

然高校でもクラスに染めっちになった

高校校でとにかく勉強、勉強という感じ

姿もあったにはあっが1日1時間程度し動できず楽部なんてものはなかっ

ギターを毎続け夏休みに入初めてライブハウスにみよと思


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 05:39:18.11 ID:PPg+erii0
近所に小さなライブハウスがあって、別に何が見たいというわけでもなくスケジュールを確認した。

その日は確かロックバンドのブッキングイベントだったと思う。

ライブハウスに入ったあの日。なんというか、感動していたんだと思う。

音楽を通じて人とコミュニケーションをとって、自分の思いを音に乗せて伝えようとする姿に憧れた。

僕はバンドをしてみたいと初めて思った。


29 :以下、名無しにわりましてVIPがりします:2012/11/18(日) 05:44:47.18 ID:PPg+erii0
イブウスの隅で1人ラをんでると さきまで演奏しンドが楽屋から出てきその人たの周りにファンでろう人っていた。

かっったすと来てよかたですとか、正直く羨ましかった。嫉妬した

その分、僕があのって女の子に囲ま想もきかった。その時 女の子に声をけられた。

、中で打やるんでけどよかったら来ませんか?」

女の子に声をけらなんて滅多にかっので「あはい・・・」と事してただと思う

なんで僕に声をかけくれたんだろう。もしかし僕のこと気になってるのかな?な思った。気ぎる。


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 05:51:54.91 ID:PPg+erii0
当然僕に だけ声をかけてくれたわけじゃなかった。

その子はライブハウスのスタッフで、中にいる人全員に声をかけていた。

打ち上げ自体はすごく楽しかった。大きなテーブルを囲んで笑い合い料理を食べお酒を飲んでいた。

僕はお酒は飲まなかったけど、お酒を飲んでいるんじゃないかっていうくらい頭から何かが沸き上がっていた。

学校での僕の姿なんて知ってる人がいるはずもなく、みんな普通に話しかけてくれたっていう事実が僕を大きく揺さぶった。

さっき声をかけてくれたスタッフ、Uさんとも話した。

「今日はどのバンドを見に来たの?」

「たまたま、ライブハウスに行ってみようと思って・・・・・」

「そうなんだ!楽しかった?」

「はい・・・・・僕もバンドやってみたいなって思いました」

うまく話せていたかは別としてギターを弾いていることや、好きな音楽、いろんなことを話した。

Uさんは20歳の大学生だった。僕は高校生だと思っていた。

Uさんもちょっと気にしているみたいだった。


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 05:58:03.62 ID:PPg+erii0
僕がUさんに興味を持っているのは明らかだった。

ここでライブをしてUさんにライブを見てもらいたい、そう思った。

その日、Uさんに僕の連絡先を教えた。「また来てね」って行ってくれたのがすごく嬉しかった。

翌日、僕はライブハウスの上のスタジオでメンバー募集のチラシをかき集めた。

なるべく歳が離れていない、趣味が合う、怖そうな人がいないという点に注意して探したが、あまり見つからない。

僕の趣味はハードロックだった。

その当時の若い子はハードロックなんて聴かなかった。今もどうかは知らない。

2週間程たった日、Uさんからメールが来た。

「来週ライブハウス主催のセッション会があるんだけど来てみない?僕君のギター聴いてみたいな(顔文字)」

すぐに行きますと返事をした。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:03:31.56 ID:PPg+erii0
初参加ということで課題曲を1曲やってもらうという話だった。

その日やる曲を教えてもらい。CDショップですぐにその曲の入ってるCDを買った。

その時にやった曲はNOFXというバンドのLinoleumという曲だった。

生まれてはじめてパンクを聴いた。衝撃だった。

特にうまいとも感じないボーカル、雑然とかき鳴らされるギターとベース、めちゃくちゃに速いドラム。

2分少々の曲になんとも言えない衝動を感じ取った。


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:08:48.49 ID:PPg+erii0
当日まで毎日そのCDのを聴いてその曲を弾いた。

曲自体は簡単だったので弾きこなすまでに時間は掛からなかった。

セッション会当日、緊張しながらライブハウスの扉を開いた。

その時一緒に演奏したのはボーカルとベースがAくん、リズムギターはGくん、ドラムはRくん、リードギターが僕だった。

Aくんは高校生で髪を金髪に染めていて正直苦手なタイプだった。

Gくんはあんまり覚えてない。

Rくんはいかにもって感じのチャラチャラした大学生だった。

他の人の演奏を見たときは それはそれは緊張した。

やっぱりみんな慣れてるんだ。

こんな人達の前で演奏して怒られないんだろうか・・・・・。


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:11:57.63 ID:PPg+erii0
ついに自分の番、アンプにギターを繋ぎギターを弾き始めてからは無心だった。

気付いたら終わっていたくらい。

終わった後にAくんに話しかけられた。

「お前結構うまいんだな!なんか自信無さ気だったから大丈夫かよって思ってたけど意外だったわ〜」

「そ、そうかな・・・・・あり、あ、ありがとう・・・・・」

金髪の人ってなんであんなに威圧感あるんだろう。金玉でも握られてるような気分になった。


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:18:21.43 ID:PPg+erii0
その日の打ち上げでAくんにバンドに誘われた。

怖かったけど、とにかく嬉しかった。

僕はやりたいと答えた。


ただ その日のことをこんなにも覚えているのは その後にあった出来事のせいだと思う。

Uさんが演奏の様子を録画していたらしくDVDをくれた。

2003年当時うちにはDVDプレーヤーなんてなかったのでPS2を友達から借りて見た。

愕然とした。

僕は立って弾いてるだけだった。

他のメンバーは音楽に合わせて体を動かしたりしているのに僕だけが明らかに浮いていた。

ステージパフォーマンスというものを初めて考えさせられた。





50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:23:11.64 ID:PPg+erii0
夏休みが明けた9月、バンドの顔合わせがあった。

その時のメンバーはベースボーカルAくん、ドラムRくん、ギターが僕の3ピース構成だった。

ジャンルは所謂メロコア、その頃はHi-STANDARDの後継バンドがたくさん出てくる時代で割りと勢いのあるジャンルだった。

その頃 僕はバンドを続けていれば自然にプロにもなって、働かなくても生活できるんじゃないか?ラッキーとか考えてた。


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:30:55.64 ID:PPg+erii0
実際初めて見ると、Aくんが作った曲の原型を僕達が形にしていくというのは相当難しく、練習時間も増えていく。

Aくんの家で夜中にひたすら曲を練って、翌日スタジオであわせてみるとイメージと違ったり、辛かったけど やっぱり楽しかった。

1年程経った。

バイトをしてお金を貯めて たくさんライブもしたし、どんどん自分のイメージが膨らんでいって、もっと もっと色々なところでライブをしたいと思った。

しかし高校2年の夏事件は起こる。


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:35:01.29 ID:PPg+erii0
僕は留年直前まで成績が落ちていた。

2年の夏の時点で留年直前、親と学校で三者面談をした。

とにかく怒られた、夏休み中毎日学校に来て講習を受けろと言われた。

そのことをメンバーに相談しようと決心したスタジオ練習後。

僕達が拠点としているライブハウス、仮にライブハウスKとする。

ライブハウスKでお世話になっている先輩のバンドが かなり大きなライブハウスでライブをするらしい。

そのライブのオープニングアクト(要するに前座)をやってほしいという話が入ってきた。

ライブの日程が9月の頭、あと2ヶ月で音源を作ってライブの日に配ろうという話だった。


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:38:53.11 ID:PPg+erii0
AくんとRくんのキラキラした目を見ていたら、留年直前で夏休みは出れないなんて言い出せなかった。

その日は、「まだ予定がわからないから追々話すよ」なんて行ってはいたけど、僕は悩みに悩んだ。

夏休み練習できないとなると、CDは愚か、ライブすらうまく出来るかどうかあやしい。

本当なら悩むまでもなく学校のほうが大事である。

AくんもRくんもその話をすれば、じゃあ仕方ないな。ライブは断ろう。といってくれると思った。

でも そのことでふたりは、表に出さずとも相当がっかりすると思った。

せっかく僕を拾ってくれたふたりをがっかりさせるなんて絶対にできない、と思った。


59 :以下、名無しにかわましVIPがお送りしま2012/11/18(日) 06:39:40.67 ID:nrhlwQH10
読んでたら分とは全然違う軌跡だけど、んか高校時代出す


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:43:53.90 ID:PPg+erii0
まず僕は親に相談した。


バンドを頑張っていて、夏休みはその活動で講習には出れない。

その高校の所謂留年講習と言うものは留年の可能性がある生徒を集めて、ギリギリ留年を免除しようというもので出なければ留年は確定といってもいい、という話だった。

だからもし留年してしまったとしても、許して欲しい。と話した。

母親は無言で その話を聞いていて、話し終わると「お父さんと相談するから」といった。

僕は話が通じることを願って その日は眠りについた。


62 :下、名無しにかわりましてVIPがお送ます:2012/11/18(日) 06:47:11.72 ID:di7cgVTD0



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:49:48.88 ID:PPg+erii0
翌日 起きると父親から話があると呼び出された。

怒られた、今までこんなに怒られたことはなかったというくらい怒られた。

父親は音楽が好きだから、許してくれると思っていた。甘かった。

僕は黙って聞いていたが、

「そんなにギターが学業の邪魔をするならギターなんて捨ててやる。持って来い」

の一言で僕は今までにないくらい怒った。


父親と初めて殴り合いの喧嘩をした。

が貧弱な僕は勝てなかった。

父親は僕のギターを折って捨てた。

僕は泣いた。一晩中泣いた。


ギターを捨てられたことより、僕がバンドと出会ってからの変化を父親が認めてくれなかったのが悲しかった。


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18(日) 06:54:13.48 ID:PPg+erii0
翌日僕は生まれて初めて学校をサボって家出した。


まっさきにRくんに電話した。Rくんは大学のために地元からこっちに出てきて彼女と暮らしていた。

結局のところ僕はただの高校生で誰かに頼らなくては生活できないということが悲しかった。

Rくんは理由も聞かずに泊めてくれた。

その優しさもまた痛かった。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:青春, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様