2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

彼女の本性と因果応報





505 :恋人は名無しさん:2009/11/16(月) 19:18:46 ID:Ze0qZa/9O
いんっくりだけど投下します。去の話。


俺とは付合って2年社員士励し合ってたのがきっかけだっ

色が似合う一緒に持ち前向きにれた。


同期の中も剃らない短髪ごく爽やかながいた

やかく、同や先輩のんなール爽やかかわして彼作らた。

けど1年経ち、入社してき人な後とあ付き合いだした婿

美人んはに美人で爽やかくんと理的なカップル

俺は彼女と順調だっ、仕て充して過ごしていた。



しばらくし、美人ちゃ事に来なで聞い

性と性が勤務中を合わせることはどなので、俺女性社員の話はほんど彼女から聞いいうだった。

ういえば爽やかくんもなかったかもしれい、たか?」い、次から爽やかくんを励まそうとたが、った


人ちゃんはビではなかが、相変わらずに来たらしい。

て彼女の話にると、人ちゃ浮気が別れたらしかった。


ます


507 :恋人は名無しさん:2009/11/16(月) 19:31:46 ID:Ze0qZa/9O
だから爽やかくんはあんなに落ち込んでいたのか、と俺は納得した。

「浮気なんて、絶対ダメだよね。皆を傷付けるもんね。はしたないよ。」

そうちょっとむくれながら言う彼女が可愛くて、美人より彼女だよなぁと思った。


自分の浮気が原因で破局したのに、ずっと休むなんて非常識だとも正直思った。

でも彼女は、増えたはずの仕事に何も文句を言わないので、惚れ直してた。


爽やかくんは相変わらず空元気で、彼女は残業が増え、美人ちゃんは休んだまま。



そんな状態が1ヶ月近く続いていた。それでも俺と彼女は順調だった。

彼女が俺のうちに泊まりに来た時、彼女がいつの間にか寝てしまっていた。

メールの途中で寝ていたみたいで、開いた携帯を手に持ったままだった。



彼女を寝かそうとした時にボタンにあたり、携帯の画面が明るくなった。

見るつもりはなかったんだけど、画面が見えてしまった。



メールの受信画面で「K」と言う男の名前からメールが来ていた。

「早く約束守って。俺と付き合って。忘れてないよね。」

と言ったメールだった。ちょっと不気味だなと思って心配になった。

明日彼女にメールのこと聞こう、と思って、その日はそのまま一緒に寝た。


続きます。


511 :恋人は名無しさん:2009/11/16(月) 19:47:10 ID:Ze0qZa/9O
次の日になって、俺は短刀直入にメールのことを彼女に聞いた。


すると、「あぁ、なんかしつこい人でね、社交辞令を本気にとられちゃったの。」と彼女に言われた。


付き合ってって言われてるし浮気ではなさそうだなと思って、その話題はそれで終わった。

その男には気を付けろよ、とだけ言った。


ただ、なんか「K」と言う名前が気にかかった。どっかで見たような気がした。


それを勤務中に思い出した俺は、爽やかくんに「K」の名前を聞いてみた。

「俺も聞いたことあるかも…先輩にいなかった?」と爽やかくんは答えてくれた。

先輩かぁ、と思って、ただなんとなく名簿を見たら、その名前があった。あーここで見たのか、と簡単に思ってた。


またしばらくして、爽やかくんと話していると偶然K先輩がやって来た。K先輩は爽やかくんにだけ話しかけて、俺のことは完全にスルーだった。


で、それでなんかピンと来て、K先輩に向かって

「Kさん、俺の彼女がお世話になってます」

と言ったら、顔面蒼白になって「誰にも言わないでくれ」って言ってきた。


ただの浮気で「誰にも」って変だなって思った。俺にバレたら終わりでしょ?って。

だけど違った。色々ゲロって来た。


続きます。




515 :恋人は名ん:2009/11/16(月) 19:58:42 ID:Ze0qZa/9O
俺の女が社してら、愛くて方なかった

でも俺と付き合簿から、く泣ようとしてたこと。

から女からメールが来時はすごすごく嬉しかった

女と付き合いたく、美ちゃん爽やかく傷つけ殿こと。

でも彼女はなかてく俺に々してこと。



K先輩話をてて、やかくも「ん?」った。

「彼女と付き合いたくて、美人ちゃんや爽やか傷付けた」って?


「なんなんでか?味がわかりませ!ちゃん説明してくさい!」と爽やかくんがたのを皮切りに、仕事も無視して二でK先を問い詰めた


先輩は「警察にも誰にも言わいでながら話簿した。


美人が浮気し二人が別れたと、そういう噂を会社流したこと

んはヤリマンだとも吹して回と。

ちゃんに「会社に出てきたらばらしてやる。彼氏にもと脅しと。

んは実は、美人兄の友達に襲われということ

時のこをネタ「会社にな、彼氏とれろと。



そしてそれら全部が俺の彼女からの指示、付きう条件だったと言うこと


す。


521 :恋人は名無しさん:2009/11/16(月) 20:08:59 ID:L8mWpL+2O
さんが、、


522 :恋人は名無しさん:2009/11/16(月) 20:10:41 ID:Ze0qZa/9O
信じられなくて、俺も爽やかくんも本当に固まってしまった。

K先輩が何を言ったのか、どういうことなのかが理解できなかった。

K先輩は「警察とかには言わないでくれ、誰にも言わないで」とか言ってた。



呆然としていたら、爽やかくんが俺を見ていることに気付いた。

何も言えなくて「俺、知らなかった。ごめん」とだけ言った。

うじうじしているK先輩を仕事に突き返し、俺と爽やかくんは会社を出た。

爽やかくんの車に乗ると、爽やかくんがポツポツ話し始めた。


美人ちゃんと急に連絡がとれなくなって、別れようと手紙が届いたこと。

理由もなにも書いてなくて納得できなくて、でも連絡がとれなかったこと。

美人ちゃんの実家に連絡を取ると、美人ちゃんは実家を出て雪国に行ったと聞いたこと。

そこにある別荘みたいなとこで、母親と叔母さんと療養しているらしいこと。

美人ちゃんは病気なのかなと思っていたと言うこと。

美人ちゃんから「会えない」と言われたので、どうしていいかわからず、美人ちゃんの負担にもなりたくなくて、ずっとずっと悩んでいたこと。


美人ちゃんと爽やかくんを悩ませ苦しませていたのは本当に彼女なのかと、悔しくて悲しくて泣けた。


続きます。


523 :恋人は名無ん:2009/11/16(月) 20:11:39 ID:vSnP6VukO
彼女ヒドス

美人カワイソ



528 :恋人は名無しさん:2009/11/16(月) 20:22:11 ID:Ze0qZa/9O
爽やかくんも泣いていたが、「お前は知らなかったんだから…」と言ってくれた。

ちょっとして着いた先は、美人ちゃんの実家だった。

爽やかくん一人が行き、俺は車の中で待ってた。何時間でも待つ、と伝えたし、実際何時間でも待つつもりだった。



携帯には彼女からメールが来ていた。

でも一通も見なかった。

K先輩が言ったことが真実の証拠はまだなかったけど、真実なんだろうなとどこかで感じていたのもあって、メールは読まなかった。


3時間以上が経って、爽やかくんが出てきた。美人ちゃんと電話したと言った。

美人ちゃんは、美人兄に襲われたことを、俺の彼女に相談したんだと。

それを俺の彼女は利用して、K先輩に色々させたんだなと思った。

爽やかくんは、次の日美人ちゃんの元へ行ってくると言った。

俺も、次の日に彼女と話をつける、と爽やかくんに言ってその日は帰った。

二人とも会社には戻らなかった。


携帯の音を切って寝て、起きると彼女からメールも電話もいっぱい入ってた。

「話がある」とメールを送ると、察したのかメールで返事が来た。


「よかったー!事故かなって心配だったんだからね!連絡ついて安心したよ!


私も話があるから、そっちに行くね」



続きます。


530 :恋人は名しさ:2009/11/16(月) 20:24:01 ID:/to+KO8HP
これほど死思える間も珍


531 :恋人は名無しさん:2009/11/16(月) 20:24:31 ID:yO5RgNJMO
ん?美人兄じゃなくて美人兄友でいいんだよね?

しかし最後の彼女のセリフ…白々しいな


534 :恋人は名無しさん:2009/11/16(月) 20:32:36 ID:Ze0qZa/9O
俺は休みだったけど、彼女は会社を休んで来た。小綺麗な格好で、よく喋った。

「K先輩しつこいって前に言ってたでしょ?なんか狂言吐いてるの、K先輩。

ほら、美人ちゃんのことをヤリマンだとか、そんな根も葉もないようなこと。

社交辞令も本気にするし、付き合うなんて約束もしてないのに。

名前言わなかったのは心配かけたくなかったからなの。

昨日、私に自信たっぷりに話して来てびっくりしたの。

お前の彼氏に言ってやった!てね。迷惑かけてごめんね」



こんな内容を、可愛らしく淀みなくペラペラと喋った。ついうっかり、納得しそうな程上手に喋った。彼女は焦ってなかった。


「美人ちゃん、大変だったんだって?」

→「そうみたい」



「美人ちゃんに相談されたんでしょ?」

→「うん…。されたよ?」



「どんな内容なのか、わからないけど…」

→「そりゃ言えないことだもん」



「じゃあなんでKさんには言ったの?」

→「言ってないよ?」


スラスラ嘘をつくから、どんどん嫌気がさしてきて、俺はもう直球に言った。


「美人ちゃん、浮気じゃなくて、襲われたんでしょ?」




彼女の顔から可愛らしい表情がスッと消えて、

「あいつ喋れるくらい回復したの?」

と言って来た。


続きます。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:これはひどい, オカルト・ホラー, すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様