2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

思い出の懐中時計

 



生の頃学校の帰り道にある美原」のウィンドウに飾ってある懐時計をいも見てい

だかとてもッコいい感じがたのだ。りの細工竜のが彫ってつかと思っていた。

「こにちは。どうした湿のかな?るね君」

いつ事だだろうか。いものよう懐中時計を見ていたら声をかた。

つか学生は思わず叫んでしまった

うわあ!

「あらあら。びりさせちゃったかな。あたね、この店長

顔をると そこには0代くらの女が立ってい

ショットカットのがとても似合ってて、笑顔が印象的だったのを覚えている。

こ、こにちは」

んにちは。あ、ちゃできる子好き

「はあ・・・・

「時計好なんだ

うん・・・・・・これていうのかっこいいね。

「こは懐中時計っていう

いちゅう?関係あるの?」

「いや、その海中じいの。まあ、ズボのポケットとか服内ポケットかに隠し持つ秘密時計の事!」

す、す!」

ふふっ。中に入っててみる?」

!!いの?」

「いいよ。毎日見礼よ

店内に入る、色々な時計が店中に飾あり面食たものだ

しかし、びっくりしたのは全時計の秒針ピッタ揃って時を刻んでいた事だった

カチッカチッという音が店内に響いていた。


とても奇な感た。の時、得体の知れないを感じた

くの狂いもなく店中の計がピリ同じ動きをしてにまるで空間に迷いこんだよな錯覚た気した。

「ビックリした?」

何か不議な感じ・・・・・・おさん凄いね この時計達。生きてるみたい

私のこだなの。そに初め来たお客さんはックするわね。それを観察するのが趣味なの

「趣味悪よ おさん

嫌な感じじゃなしょ?」

「最と怖かったよ」




「まだまだ子供だね

生だん」

そっ

そうてお姉さッっとった


「はい。これが見たかったんでし

何か、通の時計とは違うね雰

「独な感しょ ここに竜の彫刻があるでし?ここの出っ張りを押してごらん」



を押すと彫の竜の目がと光り、カチッと音がした。ふたのスイになっていたたを開けると文字現れた。

俺は細工ひどく入ってしまった

ウィンドウを見てるときに想像もし心を奪た瞬た。

げえ・・・・・」

物でかのように俺はの懐中時計をっと見つめてい

「ほし?」

「うん・・・・」

うちの店ね。今で閉るんだ。からそれさ、君

ほ、本当に?

ん。気にってくれたたいだ

「本当の本当?」

「やっ嘘」

ええ?」

嘘嘘。冗。あげるよ。大切してね

「ありがとうお姉さ!!」

「ど

時計店を後にすると、お姉さんは ず後ろで手を振ってい

バイバ

俺はをさげて言った。嬉しくて仕方なかった。

中時計を見てい



れからずっと肌離さず持っている。

高校3年の今でも腕時はなく これを持ち歩い大切な宝だ。

議と秒の狂いもない。さすがあのおの店の時だ。



輩!何んですか?」

後輩の小林千春だった。

「おお。小林君か」

林君はてく!少年ゃなから」

。俺の宝物

「うわあ・・・・ィーすね。ちの美術館の品のつにに是非加えたいです・・・・・」

ったく このお嬢様は」

!!私を金持扱いし!!!

超金持ちゃねーか!月のおこつか何者だよ」

だってくれるんですもん

普通は5千円くらいだろ

「じすよ!!お金んか!」

「何切れ

「お金いっぱいあるんだ方ないじゃないです切れです!」

「やべ、コイツ超殴りてえ」

「ふん」


小林千春とは知り合った。

券を買う時にから ひらりとカードを出す俺の前にに唖としものだ。殿

「あら、カード使ないのかなあ・・・・・」

「ち、君なにして

?いや、カレーセットを食べたいんですけど、カードがつかんで・・・」

顔がマジだった。イツ本気で言ってやがる

「実はカードが使ないのに訳があるんだ」

「へ?訳でか」

に入っ謎の犯罪集団がこの学んでな。殿情報をスキミングしそうになった

「スミンですか!!」

「ああ。あはいもと何変わらな日だた。いく学食には何かの違和じた。
耳をと妙な電子音が かすかに鳴っているだ」

「電子ですそれは体!

こいノリがいいのか本気な)俺は一発で破ったね。これの販売機にスキミング装置が置されるっね」




です!

「俺はすぐ先生と警察に絡したね。案の械の内らス装置が出てきなり機械詳しいツのやりだよ。内部の設の違和感もな置をけてたからな

「かなり専知識が必要ですよね・・・・」

「あ。そ通りだよ。そからというものスキング止対策のためカードの使用はできくなっんだ」

「はあ・・なるほど・・・・でもあたしこードしかち合わがないんです」

「で、いつコムの?

え?」

「いいやええ??

かツッコムんですか?

「君 本気で聞いてたの?」

。ちょと尊敬しまし凄いんねええと・・・」

雄介。2年だ」

キトー先すね

ああ。君?小銭を小銭を。学食で小銭だ!

私、小林千春1年小銭はここ1年近く見てません

あんしかしておち?」

「あ!あたしをお金持ち扱いしなでください!庶民です!

庶民が学食で、ドをヒラリと『何か問題でも?言わんばかり満々に出すな。吹いたわ!」

「だってード便利

うがない。俺が奢ってやる。カーセット

「先輩優い!銭も持ってるし!!

「いや、誰でも小持ってる 

とですか?、あの人もってます?」

「持ってる

「すみませーん!!」

何やら小銭持ってか?」と聞ている。

の人もってま!!」

聞きに行なよ!尿旺盛


あれから1なる

「この懐中時あ、俺が小学生の時た宝なんだ。何かさ、少年団のでカコいいろ」

「ええ。カッイイす!

そうろ」

小学生頃 この懐をもららく美原時計店は本当に無くていた

ガラーンとした店内。お姉さん姿ない

板の文字取り外さ空き家になてい



中時計に見入っていと妹の雫の声がした

「おう雫。どうした」

「いや。かけたからけただ

そういしてなかったな。

ほら。俺の妹の雫小林と同じ高2年だ」

「知っますよー!じクラスですん」

あ、そうじゃ、紹介なかったな

もないです。雫ちゃんあまり喋らなら」

「あつ人見知り激しい初対面人とほぼ無言

兄さん言い過ぎ」

いやそうでもい」

感じに見えるでしょう」

「その性は高いな。でも それお前の性格原因だ

「またまた兄さん。私大好なくせに

お前の事大好きなくせに」


と握る俺と妹の


「よし!



と妹 はにこり笑って同にそう言使った。

小林の頭退上にハマークかんでいた。

先輩なんでか?よし

「気にするな」

気にしでくださいさん」

いやや!になりますよ!兄妹でスキっ言い合ってなったですか!」

「雫

、兄が」

「お前頼む



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様