2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

俺と犬と女の子の話

 




1 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 19:53:53.47 ID:mav3knV20
普通の人はあまり知らないような世界の話を少しだけしてみようと思う



5 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 19:59:18.89 ID:mav3knV20
最初に彼女に出会ったのは今から10年くらい前の春頃だった

主な登場人物は

俺:>>1
当時18歳
大学入る直前
団体行動苦手な老け顔

彼女:恵(仮名)
当時23歳
家事手伝い
ちょっと天然っぽい童顔

犬:ライリック(仮名)
ボーダーコリー
当時1歳半くらい



6 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:04:03.33 ID:mav3knV20
当時俺は大学合格が決まったばかりの18歳だった。

たぶん多くの人が縁もゆかりもない世界だろうけど、高校時代から犬のトレーニングをしていた。

最初にはまったのはアジリティーと呼ばれる、馬術の障害馬場を基にしたものだった。

中学時代に飼いだしたラブラドールとやっていたけど、運動性能の高い犬が欲しくて高校2年の時にボーダーコリーを飼いだした。

ちなみにアジリティーってのは↓みたいなやつ。
ttp://www.youtube.com/watch?v=jtJ7OBou7iQ



7 :も無き774号+:2012/03/22(木) 20:09:58.57 ID:mav3knV20
ただ、こいまだ日本人賛否両らしけど俺個人のとしは基沿練があってアジリティ思っいた

そんなわけでライクをった際に、たま高の傍士がいたこのスクルに通う

基礎訓練をして、れができたらアィーをうと思って

でもこの先生は完全に練一本の先生だった。し分野は違うけどあるで優勝したほどの実績持つな人でもあた。

な先生の々教半年くらいった3年の秋、属団体主催の訓練競会と言う出ることにな

時はだアジリティがやりたくて仕方なかっで、隣でやっていたアジティーにった。

それで間もてきて「じゃあそろそろ出ますというじで望ん本番。

れなりにの動が良いのは分かっていけど、この時に練習では無かったようなきを見せてくれた。

ら7種目で大きなミスをしてしまっ

後でと審員すらを見上げたという失敗で100点94.7。

講評あれがければトップやったろう今後て大き点さ尿らった言わた。



8 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:12:36.32 ID:mav3knV20
その瞬間に俺の心はアジリティーを離れて基礎訓練へ移った。

そんなこんなで大学受験も終えた18の春、最初に取りかかったのは基礎訓練だった。

あの日以来、それまで通過点としか思っていなかった訓練がたまらなく面白くなっていた。

そんな俺が練習をしていたのが、家から5分ほどの広場と、家から40分くらいのところにある河川敷だった。

その日も少し遠出をして河川敷で練習をしていた。



9 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:16:40.10 ID:mav3knV20
俺がやってた訓練は、簡単に言えばしつけの延長だった。

一緒に歩くとか、呼んだら来るとか、指示で座らせるとかそういった類。派手さは無いし、見てて面白い物でもないと思う。

一方でアジリティーは大掛かりな道具があったり、飛んだりくぐったりと見栄えも良かった。

だからいまだに年々アジリティー人口というのは増えてるらしい。

基礎訓練の方は安定してるものの、人口的にはあまり変わってないみたいだけど。練習をするにあたっては、基礎訓練は道具がほとんどいらないと言うのが幸いした。

アジリティーのように道具が必要になると、どうしてもどこかのクラブに所属したりする必要がある。それは高校時代に所属していたクラブの人間関係に嫌気が差していた俺には辛かった。

基礎訓練は誰とも会わず、自分のペースで練習ができる。これがこの世界にはまった大きな理由だったのかもしれない。



11 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:21:07.33 ID:mav3knV20
その日、いつものように犬を呼び寄せるという練習をしていた。

競技会の規定では、10m離れたところにいる犬を呼び寄せて、直接左側に付ける方法と、一度前に座らせてから指示で左側につける方法が許されていた。

俺がやっていたのは後者。

一度前に付けた後も、文字では説明しにくいけど人間の後ろを通して左側に付ける方法と、直接左側につける方法があった。

ライリックは切れ味の良い犬だったので、見た目も良い後者で練習をしていた。

犬を呼んで一息ついたところで左側に付けた。

その時不意に後ろから拍手をされた。

振り返ると犬を連れた女の子が立っていた。

人見知りでもあった俺は軽く会釈だけして、そのまま残りの練習を終わらせて帰ろうとした。



10 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:18:51.84 ID:GrCnANOn0
みてるお



13 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:26:12.27 ID:mav3knV20
>>10
ありがたい

帰ろうとする俺にその子は話しかけてきた。

「(訓練士)見習いさん?」

「いえ……ただのアマチュアですけど……。」

訓練に限らず、犬の散歩をしているとそれなりに犬飼いと知りあう機会は多かった。

それでも同年代(見た目的には年下だと思っていた)は少なかった。

親世代とは割と普通に話せたけど、同年代はあまり接することも無かったので少し戸惑った。

そんな俺の事情は無視するように彼女は続けた。

「アマチュアなの?!あの招呼(犬を呼び寄せること)から脚側(犬を左側に付けること)とかめっちゃキレイやった!」

眼が輝くってこういうことを言うんだなと思った。彼女(恵)は本当に嬉しそうに話をしていた。



12 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:24:27.29 ID:b3AJ9Qi6O
犬好きだけど、訓練凄いな。

楽しみに読んでます。


14 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:29:05.35 ID:mav3knV20
>>12
ありがとう

もうだいぶ昔の話だから思い出しながら書いていきます


訓練に理解のある同年代なんてほとんどいなかったから、俺もちょっと嬉しくなってそのまましばらく立ち話をした。

あまり詳しくは覚えてないけど「初めて出た競技会で大失敗した」とか「大学受かったからまた本腰入れてやりたい」とか話したと思う。

恵はそんな俺の話を笑顔でうなずきながら聞いてくれた。

でもその日は特にそれ以上の発展も無く解散。

彼女もよく河川敷に来ていると言っていたから、いつかまた会えると良いなという程度だった。



15 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:32:32.74 ID:mav3knV20
次に会ったのは、俺がしばらく留守にしていたのもあって大学入学後になった。

その日久し振りに河川敷に行くと、今度は恵が犬と一緒にトレーニングをしていた。その動きは物凄い機敏でキレイだった。

自分が通う訓練所の見習い達の作業を見ている気にさせられた。

「このペアーには絶対に勝てない。」

それがその時の正直な感想だった。


やがて練習中の恵が俺に気付いて手を振ってきた。俺も釣られて手を振り返し、彼女の下へ向かった。

恵「来てるなら声かけてくれたら良かったのに。」

俺「いや、あまりにすごくて声かけられんかった。」

俺は正直な感想を伝えたつもりだった。でもこれが彼女を少し不快にさせたようだった。




16 :名もき被検体774号+:2012/03/22(木) 20:36:58.62 ID:mav3knV20
恵「勝てないって思っんでしょ?」

っていことをズてられて答えにった。

私、見習(訓練士)やってたからね。

俺「見習てたや?

やっ調よ。でも、やってたかかせわけじゃなよ。」

正直頭の中は?マークが浮た。

恵「やメなはダだし、やなくてできできる。それに」

「それに?

信頼しるの。だから犬を動せるの。

信頼何を?恵のんとすることく分からなかった。でも彼女そのことは無かった。



18 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:43:32.69 ID:b3AJ9Qi6O
>>16
奥の深い世界が想像出来る。

期待させるね。


17 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:42:28.35 ID:mav3knV20
大学に入って部活も始めたけど、相変わらず河川敷にはちょこちょこ顔を出していた。

毎回ではないけど恵と会うことも多く、いつしか恵に会うために河川敷に向かう自分がいた。

一緒に練習することも多かったけど、彼女は決して俺に対して"教える"ことはしなかった。

指摘はあっても「>>1には先生がいるから、私なんかの言うことを聞いちゃダメ」と言って何も教えてくれなかった。

それが「自分はプロを断念した人間で、私が教えてしまってはプロに申し訳ない」という気持ちから来ていることを知ったのはしばらくしてからだった。


何度か会う間に連絡先の交換をしたり、実は恵が年上であることが分かったりしたけど、それ以上は何もなかった。

多分その時点で俺は恵に惹かれていたんだと思うけど、それ以上に犬のトレーニングが好きだったのかもしれない。



19 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:45:08.38 ID:mav3knV20
そんな中、大学入学後初めての競技会がやってきた。

俺が所属していた団体はJKCと呼ばれるところで、今は少し違うけど当時は10競技くらいに分かれていた。

CDI:5科目
CDII:10科目
CDIIIS:15科目
CDIII:20科目
CDX:30科目
服従作業中等科:7科目

これらがアマチュアと一般に分かれていた(一部共通)。

各科目10点満点での採点だったので、俺が出ていたCDIIアマチュアの部は100点満点が最高になる。



20 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:49:28.41 ID:mav3knV20
久し振りの競技会だし、前回大失敗したのもあって少しだけ緊張していた。

出場前、訓練士の先生から前回と同じことを言われた。

「失敗しても良いから絶対に振り返るな。」

実際にやってみれば分かるけど、犬と一緒に歩く時はたとえリードを付けていても、付いてきているか不安になって犬の方を向いてしまう。

これはアマチュアに限らずプロでもほとんどの人がそうなるし、歩き方も不自然になりがち。

それを俺の先生は妥協しなかった。

客のアマチュアにも「絶対に振り返るな。犬を見るな」と言い続けていた。

もっとも、これをバカ正直に受け止めていたのは俺だけだったけど。

でも結果的には「振り返らない」ことが大きな強みにもなった。



21 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:52:41.38 ID:mav3knV20
この日、大きな失敗も無く確か99.5点とかだったと思う。点数が発表された時点でトップ。

たまたま動きがすごい良い兄弟犬が同じグループにいて、それが最後まで出なかったので胃が痛くなった。

最後までどうだろうかと思っていたら、そのままトップが確定した。

今は少しルールが変わっているようだけど、この大会ではグループトップ同士の決勝戦があった。

決勝戦は指定された7科目70点満点で行われる。

正直緊張とかいうレベルではなかった。

何が行われているのか分からないレベル。

決勝戦が決まった時点で恵にメールを送ると「気楽にやんなさい。」とだけ返ってきた。



22 :も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:56:29.72 ID:mav3knV20
それで少しの荷た気が

りあえずできるだけを

は恵との練中、彼女がよくっていた言た。

「練習でできないことは本番でできいのよ。から本番は今できるけやったら良いの


結果は満一致とも言える状況での優勝った。

生かーグッドや!」という言葉で少し泣きそうた。

時俺とライリッ囲むように、クラブ人達使撮っは今です



23 :名も無き被検体774号+:2012/03/22(木) 20:58:32.78 ID:mav3knV20
ちょっと席外します。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様