2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

女を極限まで調教していた友人の話

 




236 :なまえ挿れ2008/04/17(木) 23:04:49 ID:m5FuNvl30
し間接的な体験なだけどいいかな?

の友達でクマってやつがいる。タクマは女にらない

いつだったかタマとパチンコをていた時タクマチ屋の員に告白さたこがあ

百人も客がいるクマは店れたんだど奴がいい男じゃい限り起こらない出来う。

かもだ、タクマがパチ屋の店員かれたのは度だけない

奴は俺が知るでも四回告白さているんだ

タクして生まれてきたかった何度思っとかマとに俺は一も告白されたこといし、ヤッたこもなかった

正直俺はタクでいた。一き合ったこない俺タクマはいつも女の話をるんだ。

飲んるときにを呼こともあった。タクの目の前で、恥ること女とキス乳をんだのこともみせ

な奴車にかれんでまえと思っ度や度じゃない

けどクマ気がないことはわかた。タクマに女といゃすることは日常茶事なんだ。だか宿俺ががっている思ってだろう。


女の事綿本当に良い奴なんだ

クマ俺になんでも話してくれる。困った時はまず俺に相談るん。タクマが俺親友思っている何よりの証拠


あの日いつものようには俺に談を持ちかけた。

られるのが嬉しくて、ものようァミレタクマの話を聞くことにた。

この前さで知り合ってそのにヤッたがいるん寿

し落した。女がらみの話じないかクマがで悩むことなんてあい。今日は相談というよりも自慢ないか

「合ンから一週間たつだけどよ、ずっと家にやってくるだよ。もしかするとストカーかも…

女のストーカー。漫画ゃたまに見かけ、現実でのストーカーというのはあまきいがない。

いにモテない男からしたらほうから追いかくれるという状況まさに天国だを拒む必と思う。

あ、女がブサクなかも。そ思った時、タクマがズボンのポケット尿を入



237 :まえを挿2008/04/17(木) 23:35:13 ID:m5FuNvl30
タクマはポケトから携話を取、合ンの撮っ写真を見稿てくた。携帯の画、タクマとスーの女がうつった。

女は普美人目は二重で大きく、年齢よりも若みえ可愛

いっキャピ感じかといそうでもな、落ち着粧からは成熟した大人の色香が漂っている

髪は黒で先をカールさせている。派手ぎず落ちきすぎ男性受けがさそうだ。


「このに付まとわれて何嫌なの?

がそういタクは、もは口癖になってる自らの主義を語

は使い捨。一発ヤたらバイバイ

そうだた。タクマはそういう男だった。

一度った女に興味が湧かタクマだから、がど容姿をしていようと付きまとわれのはるんだ女をヤるのに支障出る恐れがあるかだ。


得するとタクマは早速解決方法を求めた。

「何とかコイツを諦めさせる方法は。いっとくが口っても全く駄目だった。そ以外方法

を言ういたい俺は経験ゼロだ。そが女諦めさせる術なるものか。

がなにアイデアをさなうのもが引ける。俺は適当にみることした

女がお前を嫌いになるな行動りまくればいいんじ

「嫌いになるうなか…なるほど

タクマは俺の意見閃いたのくつか思いついた方法を挙げた。

「家んで一発ヤたあとぐに追いすとの女とヤッて最中に呼び出すとか、げぇえげつな簿Hするとか」

どれも女実に幻滅するような行為かりだった。がストーカーだからといっ許されようなことじゃない。

タクマわかているだろうから冗談半で話しているろうはそう考えてタクマの冗談乗じて絶対にやらなあろう愚行の数を提案


るとタ

「お前スーな!よし!」

どうクマは冗談抜きで話したらしい

しかが提案したことを実行不可だろう。どん女も食えれて食うわけがない対にりえい。

ずだった。



238 :を挿れて。:2008/04/18(金) 00:06:20 ID:8b+jOaQP0
日後び俺タクマにされてミレにおもむい

情は険しかった

「それで、女あきめて?」

「無。あ女はがる。お前が言ったにやったけど然駄目なだ」

俯いたまま深刻そう続ける。テルの上にある灰皿は吸殻が山積している。

言ったことをったのか…れもか?」

「ああ、あやっよ」

はいい、嘘つくってwすがにアレは無理だろw」

ちゃんと食わせた。椅子に座きばったんだ。ウンコをってほしいっていった少し悩んだ後椅子下に寝

俺はしばら く信じなた。かしタクマが携帯を取りし、女を食ってる写真を見せとき無問受け入れ

真に女の顔がUPで写っていた。口のは茶色いヨゴレ付着していた。むき出しにした歯と歯の間には、茶色い歯つまっていたあまりにない写真だった。

ウンコに現実味を持たせるのはニオだ。からはニオがしないからなだろう。

俺は事実を受け入したが、ウンコを喰らう女の心境解できなか

った時歯ごた、味、ニオ、全が想像できなかっ

のほかにも、SMだとかてゴムのくったり、風俗嬢を家んで見せ付けるようにヤったり、全然駄目なんだ」

「アナ…

「アナルセックス、イマラチオも、パイパン、フィストファックも異物挿も、全部!でもイツはを好きな何をても俺を好なんだよ!」

もしの話が本当なら、女は逸している。ま沿ゃない。絶対にヤバ


タクマは更なる解決方法を俺に求めた。俺は戸惑っ。あまりにも実すぎ想像できな

も、とやれよ。もたことドン引きせるしかないだろ」

気休めにもならだった。

もっとって何んだよって平気なだぞあの女は!」

糞食って平気なら下痢食わせてみろよ!フィストァックが平気ならスカルファッみろよの中には前の想像を絶するよプレイまだあだよ!あきんな!



239 :なまえを挿れて。:2008/04/18(金) 00:39:17 ID:8b+jOaQP0
タクマは俺の提案を受け入れ、女に更なる変態プレイを強要することにした。

しかし女はあきらめなかった。どんなに酷いことをされてもタクマを愛した。


女とタクマの歪んだ性交渉は二ヶ月に及んだ。

その頃になるとタクマは女をいじめることに快楽を覚えていた。

女を困らせるために調べた異様な性行為の数々を一つずつ試していくうちに探究心を駆り立てられたのか。

それまでのタクマにとって、性行為とは女を落としたという証でしかなかった。簡単にできる性行為に価値を見出せるはずもない。

しかしそんなタクマが、ストーカー女と出会い曲がりなりにも性行為に興味を抱いたことで花開いてしまったのだ。性に潜む人の闇が。

生と死の狭間を行き来することが人生の本性であるのなら、肉体の破壊を伴う性行為とは生と死の融合、すなわち人の全てなのだ。

タクマは全てを手に入れた。本来なら一生をかけて味わっていくはずのものをたった数ヶ月で味わいつくしてしまったのだ。

タクマが味わった快楽は脳が処理できる情報量の限界を軽々と突破し、価値観を根底からくつがえし、タクマを変貌させたのだ。

いつしかタクマは、女を愛していた。タクマの欲望を全て受け入れる女に心酔していた。

俺はタクマの変わっていく様子を傍から見ていた。

女はタクマを求め、タクマも女を求める。考えていた結末とは違っていたが、これはこれで正解だろう。何の問題もないはずだ。

俺はタクマと女の関係を暖かく見守っていくことにした。


しかし問題は突然起こった。タクマは女にふられたのだ。あんなにタクマを愛していた女が、突然タクマに愛想をつかした。

女にどんな心境の変化があったのかはわからない。もしかすると女は男を振り向かせることだけが生きがいだったのかもしれない。タクマが女とヤルだけが生きがいだったのと同じように。


女にふられたタクマはおかしくなった。タクマにとって女は、全てになっていたからだ。

女がいなければタクマの存在理由すら危うい。タクマは生きるために女が必要だった。

だからタクマは女に付きまとった。よりを戻してほしいと必死になって。



240 :なまえをれて。:2008/04/18(金) 00:43:42 ID:8b+jOaQP0
女はしつこく付まとうタに嫌さしか、無理難題うようになっ

タクマせて諦させうと考えたの

どんな題をつきつられようとも、タマは断らなった。


手元には一の写真があタクヤ写した写真である

よくみる満面の笑浮かべたタク顔には、婿ころろに茶色ヨゴレが見える。歯と歯のは同く茶調歯垢がつまっていた




 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様