2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

死の淵から

 



ふと外寿元気い子供子のあちが仲良く遊います。

病室のベッらは、妻がているスパー良く見えるので調子いときは外を見るのがなってい



い頃から少し体が心臓湿ってたことから、ベッドで寝ることに慣れているとはいえ、元妻を この手で抱くとも出来日々悶貿々と窓の外を見毎日しさをていした。

妻と離婚すれ こんな感じるこ無く一人で死ねるのだろう宿?と考えてみるのすが眠りにびに妻とこと思い、やはり妻を愛ていることを再度思い知るのでた。


考えみると妻らの私は、今までに無で、供の顔をるたびに『ま死ぬこと来な』との思で頑張ってこのだ自分身そう感ていした

--------------------

妻の 諒子と結したは26歳のう18年前のことになります

当時、心臓の持病にされながらも技術系の仕事日々暮らしているようでした。

それなりに女性との付もありたが持病るこに負い目じ、

時死ぬか分かないような自分婚して不にさせるわけにいかなから、

付き合いになることも無く、このまま一人で朽ちていくのかと絶望にも似た感情を持ち仕にも中途半端な気持ちで望んでいたものといま



私が入社して1年後 彼女は入してきまし

発で持ちは持ち得ない生命力の殿のを持っていました。

そんな彼女にかれるのはた、しかし私には どう今一歩踏出す勇気湿りません

友達とつかない中途半端な状態でが、日々諒子にする思いが深くなることに自身戸惑い覚え、

また子の気持ちていると確信が強なる、自分の事を告げる勇気が持てのほう退ら少つ距離をすことにしのです。



は日常生支障ありません、激い運動を続けなければに至る心ませ

しか、幼少頃から何か死のを垣間見るにつれ、しくいと自い込んのかもしれせん。



出会い1年経ち、煮切らな私の態度に愛を尽かしたのか、諒子の方かも接してくる機会なってました。

私は心の中でほとする気持ちと、どうしようない寂寥をもてあまし、いい自分に言い聞かる毎た。


る日、同僚が私に「お前ゃんと別のか?」いてきました。

が「そもそ付き合」とうと

へ〜本も諒子ちゃんはおのこだと思うぜ、でもお前がそういうなら、俺諒子ちゃんアプーチしような〜」

お前らいゃないかな」とってしま後、私は胸がめ付けられるうないを感じ、

度こんな思いを繰りさなければならなのか人を好きになを止められれば、しみから解放されるつかない感情に支ていまた。


から田き合ってくれと言いるといたのは、それから数った後た。

諒子が何故私にのこを言きたのか、私には分かっていました。




しかし、当分にそれ止める権綿無いじていましし、田中と結婚したほう子は幸せなのではないか?感じていたのも実でした。

それから中は私に見けるように諒子にアプローチかけていました。

無い私は、それを正視することず そくさとその場を立ち去るのでした。



それかららくして職場の親睦会のです。

変わらず田中は子にアプローをか

諒子も まらではないうで2人しくていのをいたたまれない気持ちで見ていまし

のことりお酒は飲まな退ようていです、このときばかりは私も酒の力を借りなればすこが出ず、明らかに容範囲をる飲酒とう体が耐え切れななっきました。


トイレに行こうと立ちがるとらふらて胸が苦しくなってきまし

作であること分自身分かたがの時は死怖よりまま消えてなくなりたいとの思いが強く

感覚、遠くなる意識の中諒子にせて愛いる実だも伝えけばよかった思っ姿はよく憶えています



覚めると諒子が私の顔を覗調た。

の時 私は、最後に諒子が見れったました

私は諒子をじっと見まし。目からます沿


意識ったとに付いたの中が綿両親をんでる声が聞こえます

諒子に涙を浮かべて私の肩を抱き、枕顔をうずめ涙を流し消え入りそうな声で

「私あなたことがき、だから簿。私貴方を死なせない絶対に死なせないか

き出てしました。



の時嬉しくて思わ子の首に腕をまわして「俺もだ」言いまし

から聞くと酒場れたときれる意識の中でに「してると」たら、その冷やかされるネタなっていま


中も俺のことを心私に奮退起を促すために諒子に迫っていで、それは子も分ていした

まんまと田中せられたでしたが、田も「これでお踏ん切りつかなか子ちってたぞ。惜いことをた」と私たちのく末を祝福しは田中に感謝しも仕れないを抱いていまし



かげんとんに話が進み、諒子は

も含、で私と結、毎日抜けなくてことだちゃうよ。だから前向いていこ

このときどんなことも諒子だけ幸せるとったのでした。



何も疑うこも無く人生で一番幸ときでした

女をもけ、子供達が大きなり、長男が4年生、長女が1年生にって、手がれ始めたと、妻「私外へ出て働に行き」といって近ーに働きに出ることたのです


に出るこには私は賛成でした。

もとと活でそれが力の

一段落しこれからことですし、無理のい範囲れば、のたにも殿ことはいいことと感じした。

あくトですし、仕事も子供が帰ってくには、土曜日は朝から夕方までとフトですので文句ありませんでした。

--------------------

妻が働き出してら半年ほどして妻

「日曜のシフトと月曜欲しいと言われてんだけど・・・変わっても良かしらと聞かれ

お前がいいならいいけど日曜は何時まで?」

「一応昼2時ごろまでなんだど・・・・駄目か

あまり無理するなよ」

「私丈夫よ

なら頑てな、俺も日でもるよ」

貴方にんなことさせらないでもありがとう」

といことは日曜も働湿くことになりまた。



の頃、も私も30代いう年代でした。

妻はにと使っては、一番魅力的でした。

しか、年のせいもあるでしょうがの体気遣って生活のほうは かなり少なくり月2回もあればいいほうでした。

私とは、っと妻を愛したいのですが、妻から

「十分愛てます、私は貴方がくなるほうが怖い だから自分のを大切にし

といれてしまえ湿言えなのでした


それだけに私の体調のいい日に、必妻もじてくれ 私の物やるす。

は決し小さい方ではないのですあり、も出ないで、必ず妻が気持ちよくなように前戯をたっぷりとし、妻できるように おちゃなども駆使して妻に奉仕していました



は そんな私持ちを分かてくれ夫婦活でず私に体をゆだね心から感て前戯で何度も絶頂迎えるのです

入後も十分までことが出来、失神 く激く感じ、

の体こともて騎上位多かったのが、しく後に腰グラインドせ、「だうだめ〜」背中反ら、 私のもを絞上げるのでした。

との行為で初て女喜びをわったと私言いす。



過去度だけ呟く様に、

一晩中回もいかされて見たいけどがいなくなるらいなら我慢できるわ」




いう妻がいとおし、もと愛したいのですが、妻姿は私がると、たとえ妻が もしたいと思っても「今日は終いといって2回目はす。

も、 妻の愛情からこと今であっても妻の私への愛情を疑ったこはありません。

々夜に一人で慰めてる姿を見たと自分の体のことが情けなく感じました

--------------------

曜に姿シフを入れなって妻にわしところませでした。

しかし、日曜のく時間が更に増えて 5時ごろまでなり、

の日も妻の働きが認められダーとなったこと業時間も増え

れてのか月1回は婦生も段り、

妻が働出し2年経ったは3ヶもレスになっした。



今まで私に気遣い私とのセックスが好婿だったゃんと満足られてないと感じていた私には

妻を とがることできず、また40にもれば少なくなってたりという、友人達の話いまってしぶはありますが、納せざるを得ないと思っていました

--------------------

ある日のこです

も過ぎ遅くったのですが台所で子供のご飯を作ろうとしたとき食材が足りないことが付きました。

昼ごんをべに行くついでにの働いているところを見か?」と日曜に久りに妻のに買い物にいくことにしました

妻にはずかしいから来ないいわれて主しかてなーに行く機会もなかっで働き直後何回きまし、妻日曜日に働きにで始めてからは一回もいったことはありませした。


お店に着くと子供達は少は、しゃぎぎみにけ足で入って行きま

だ母親が恋しい年です出かけて妻に会のもか新気が私も少しどきどきていた。

親をしている間私はなものを籠にいれ、会計に子供をしました

ばらくして長女が店員さと話しているの見て私近くにより、

「妻がお世話にっております、おの邪魔をて申し訳ございませでし

「いえいリーーには私もお世話になってますか

感じそう年配の奥様た。

しかし、その後の息を飲むのです。

でも桂木1時にがっちうから今は お帰なっると思いま

え、・・・いつも1時上がりすか?」

え・・あ、多分ひっとら店上でしれないけど・・

「店長ちら?」

「どどこしょうね。今日はて無い・」

そうですか・・私勘違いでし、すいません。では今日は これでお手煩わ申しせん

いえそ」とそそくさ立ち去りまた。

は子ら「ママ帰っのかな?」と言われまで呆ち尽くいまし



から声を掛けられ我に返り 会計済まる間

先ほどのパートさんの言葉を巡ります簿

稿曜の出勤が延びと言は妻の嘘なのうか?

パートさんにあのような嘘を作る理由が見当たりまんし、実際ここにはいま

済ませた後気もそろに車に乗り込ました

と駐車場を見回し妻の車探しました。

れほど大きな駐車場ではりまん。

るっと回って駐車場内を見渡して殿ありませんでした

ハンドル握りながら何故 妻な嘘をばならないのう事で頭がいいになり、車場の出で車の流れを見ながら悪い想像ばかりしてしまうのです


子供達「パパどうしたの?」とれ、なんとか気を宿直し車を進させるですがやはり何故妻がこのような嘘をつ必要があるのか理解できないでいまし

--------------------

家に帰ってみてやは車はありません。

家に入子供達の「お腹がたよ〜」という言葉を聞まで、たも考えんでしまていした。

供達の為にご飯を作りがら、妻の帰りを今かと待ってい私がいます

「ご馳走という子供達の無邪気な笑顔に少し救ながらも、今子と遊ぶ気にもなれず、室で仕事ら2人遊ぶように言っ早々と自室へこもり、ッドで寝転ながら間考えていたのでうか。

駐車場へ入くる音がこえてました。


玄関を開け中入っくると子供の「お帰りなさいな声が聞こえてきた。

からでて、2階から玄関を見つものように妻に甘姿が見えます。

見るとパートさん言で動揺す私がを信ように思え、ゃんと妻みようかとも思うのですが、私が妻をたととを妻に知らないと思いもあり、なかなか決がつかないいました。


私がゆくり2階ら降く途中で娘

「マ今日はのお店にいったんだよ。いなかったけど、パパもそうだった〜」

気に報告している声が聞こまし

私自身が問いただすどうか気持定まらなが聞いてしまったとで少なからず動揺しました

「え日来の?そっ・・ごめんねママ店舗の集まりで午後から本部のうにいってたママ会いたかった〜」

妻が言うを見て一瞬とし湿した

ートさんが言ったいつも1時だと言う葉に引っかかつつも動揺する様も無く子に説明すると疑いを持っが早だったかと思えてきました

妻は私のを見る

した少し疲れているよだけど・丈夫?休んでいたほじゃない



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様