2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

汚嫁の浮気から発覚した計画が、もはや犯罪レベルの内容だった
 
罰ゲームで女の子が急接近してくるようになった
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
彼女にアポなして会いにいったら3Pの真っ最中だった
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
山でありえない体験をした話
 
離婚届を置いて汚嫁の前から姿を消した。これから反撃するぞ。
 
嫁が媚薬で寝取られ、密かに4年間も関係が続いていた。あげくに3度の堕胎まで。
 
3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
妹とSEXしてしまいました
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
接待で慰みものにされ続けていた妻
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
変わり果ててしまった妻
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

死の淵から




ふと外見ると元気のいと、車椅子のちゃ仲良く遊んでいま

病室のベッドからは、が働てい姿スーパーが良く調子の良いときは外を見るが私っています



さい頃から少体が弱くに持病を持っていたことか、病ッドで寝るとに慣れていえ、元気に寿く妻くことも出来ず日々外を見るに寂感じまし

と離婚す こんな思いをることもく一人るのだろうか考えるのすが、眠りにつくたびにのことされ、やはり妻を愛している度思い知るのでした。


考えて結婚してからの私は今までに無く元沿で、妻や子供の顔びに『まだ死ぬこは出来』との思いで頑張ったのだと自分自身そう感じていまし

--------------------

結婚したのは26歳のう18年前のことります。

、私は心臓の持病に悩まされながらも術系仕事、何と々暮しているような状況でした

れなりに女性との付き合いもありましたが、があることに負い目を

何時死ぬか分からなうな自と結婚してにさせわけにはいかの思いから、

深い付き合いることも無く、まま人でちていくのかと、絶望に似た感情を持仕事姿にも中途半端な気持ちでんでたものと思す。



私が入して1年後 彼女は入社してき

活発でちのいい 私に得ない生命力なも持っていました

そんな彼女に惹かれるは時でした、しかしにはして一歩踏出すがあり

恋人とも達ともつかな中途半端な状態で日々諒子に対するいが深なるとに分自身戸惑覚え、

た諒子も私に向いいると信が強くなるにつれ、自分の勇気が持てず私うか少し距離を離すことたのです。



私の病気生活に支障はありま、激しい運動を続なけに至る心配ありま

しかし少の頃から度か死を垣見るにつれんでおかしくないと自分思い込んでいれません



出会い1年経ちらない私の態度に愛想を尽かしか、諒子の方か接触会がなくてきまた。

は心の中でほする気持ちと、どうしようもない寂寥感をもてあまし、これでいと無理に自分に言い聞かせる毎日でした


る日が私に「お前諒子ゃんと別たの?」聞いきました

「そもそも付き合ってない」と言

本当に?でも諒子ちゃんお前こと好きだと思うぜ、でもお前がそいうなら、俺諒ちゃんにアプローチようかな

「おいいんじゃないかな」と言しまった胸が締付け西られるよう感じ綿

何度こんな思いを繰返さなばならないのか?人をになるのを止めら、苦しみから解放されるのにと絶望感つかない情に支配ていた。


諒子から田中に付き合ってくれと言わいると聞い数日た後した。

子が何故私にそのことを言ってたの、私には分かっていました




しか、当時の自分にはれを止め権利も無いと感じていましたし、田中と結婚したほうが諒は幸せなのはないか?と感のも実で

田中付けるよプローチをかけていまし

勇気の、それを正ることもず そとその場を立ち去るのでした



れからしらくて職場の親睦の時の話です。

相変わ田中は諒にアプロチをけていした。

子も まざらではなうで、2人で楽話しているのをいれない気ちで見いまし

体のともありお酒は極力ないようにていすが、このきばかりは私お酒のなければ過ごすことがず、に許容範囲を超酒にとうと体が耐切れなくなっまし


イレにこうと立ち上がとふらふと倒れて胸が苦くな宿てき

発作であることは分自身分かいましたが、こ時はの恐怖より このまま消えてなくなりたの思いが強

諦めに感覚、遠くる意識の姿で諒子にせめて愛している事実だ簿でもおけばよかたと思ったこはよく憶えています。



覚めるとが私いてした

は、が見れて良かった思いまし

をじっと見つましたからてきます。


意識がたこ気が付いたの中が両親を呼んる声が聞こえます。

子も涙を浮かべ寿肩をき、枕に顔をうずめ、涙を流え入りそな声

「私あなのことが好きだかゃ駄目。私が方を死なせない絶対に死なせないから」

き出しまいました



はその時、嬉しくてわず諒首にして「俺」と言いました。

から聞くと酒場倒れたき薄識の中で諒子に「愛しると」告白したらしくその 田中に冷やかされネタになっていまし


田中も俺のとを心配私に奮起ために諒子に迫っいたよで、それ諒子も分かってたようでした

まと田乗せられたでしたが、田中も「これでお踏ん切りつなかったら俺諒子ちゃんたぞ。惜いことをした」と私たちの行く末を祝てくれ、は田中に謝しても仕切れない調思いをていました



かげで、とんとん拍子進み、諒

「病気も含めて貴方、で結婚すれば日気が抜調けなくてきっとぬことだって忘れゃう。だか前向いてきていこう」

はこのときどんなことがあっても子だけはせにすると誓ったので



も疑うこ無く生で一番幸せなときした。

一男一女、子達がきくなり長男が小学4年、長女が1年生になて、手が離れめたき、妻が「私も外出て働退きに行きたい」とて近くのスーーにに出るこになっ


妻がきに出るは私賛成

もともとそれがです

子育ても一落し、これかかかることです無理の無いであば、妻のため仕事をするこいこだとていました。

ートですし稿供が帰っにはあ曜日朝から夕方までといシフトので文句ありませんでし

--------------------

妻が働き出してから半ほどして妻から、

「日曜のシフトと月曜シフわって欲しいわれてるんだけど・・・変わっていかしかれ

「お前がいいならいいけど日曜は何時ま

「一応昼2時ごろまでなんだけど・・・・駄目かな?」

まり無理するなよ」

私なら大丈夫よ」

ら頑張って、俺も日曜でも

「貴方にそんなことされないわ、もありがとう

という妻は日も働くとになり



この頃、妻も30代後半というでした。

妻は いまだに私にとって一番力的で

しかし、年のせるでしょう妻が私気遣て、婦生り少なくなり月2回もあればいうでした。

私ともっ妻を愛したいのです妻か

十分愛されてますは貴がいなくな怖い だからっと自大切して

われてしまえ言えないのでした。


だけに私の体調のいい日には、必ず妻応じれ 私のをやるのです

私は決して小さ方ではないのが、体のこともありも出来で、必持ちよ稿なるように前戯をたっりとし、妻が満足できるよに おゃなども駆使して妻に仕しいました



妻は そんなの気持ち分かっれ夫婦生活では必に体をゆだね、心か感じ前戯で何度頂を迎えるので

入後私の物で十分つくことが出来、失神するごとく激しく感じ、

の体のこもあって騎上位かったが、 激し後に腰をグラドさせ、「め〜もう」と大きく反らのもを絞りげる

妻はの行で初めて女の喜びを味わったと私に言いま



去一度け呟く様

「一晩中 貴方で何回もいかされて見たいけどがいなくなるぐいなら便できる




そうう妻がいとおく、も愛しのでが、妻は私が一回てるとたとえ妻が もとしたいと思って今日はお終い」といって2回目は応じてくれないのす。

それも愛情からのことで、今でも妻への愛情疑ったことあり

かし、時で慰めてる姿を見たときことが情なく感じた。

--------------------

日曜にシフトを入れるようになっても妻に疑わしい一切ありませた。

しかし、日曜働く時間が更にて 5時ごろまなり、

他の日も妻の働きが認められリーダーとったこ時間も増

妻もいるのか月1回はあっ生活も段々減り、

妻がして2年経っころは3ヶになっておりました



気遣い私とのセックスが好きだっをちゃんと満足させらと感じてい私に

がめることもできず、た40になれば少ななって当たり前う、人達の話もあいって しぶしではありますが、納得せざるを得ないと思てい

--------------------

ことです

使過ぎなったのですが、所で供のご飯を作うとしたとき食材が足りないことに気がきま

子供達に「昼ごはんを食に行でに働いている見に行こうか?と日曜に久し振りに妻の場に買い物にいくことにしました

妻にしいから来ないでとれて食品扱ってない殿スーパーに行く会もなかっ寿で働き出した直後は何回か行きましたが、妻が曜日に働で始めてからは一回もいったとはありませした。


店に着くと子供達は少しは、ぎみーパーに駆け入って行きま

母親恋しい年です、またかけ妻に会うというのも何か新鮮な気がしても少しどきどきしていした。

が母を探している間、私は必要を籠にいれ供を探しました

しばらくて長女が店員さんと話していのを見ても近くによ

がお世話になっております、お仕事の邪魔をして申し訳ございませんでした」

「いえいえリーダーには世話になってますから」

よさそう年配の奥様でた。

かし、その後の言葉に私息を飲むのす。

桂木さんい1時は上ゃうから今帰りにてると思いますよ」

「え、・・いも1時上がりすか?」

・・、多分っとしたら店長と上会議しれいけ・・・・」

「店長んはどちらに?

、どこでょうね。今日は見て無いから・・

うでか・・・私の勘違でした、すせん。では今日は これお手を煩せて申し訳ござません

いえこちらこそ」そそくさと立去りした。

西は子供か「今日はママ帰ったのかな」と言われと立ち尽くてい殿した。



子供を掛けらに返を済せる間中

ほどのパ言葉が頭を巡ます。

日曜の出勤言うのは妻の嘘なのでしょうか

ートさんあのよな嘘理由が見当たりませんし、実はここにはいん。

を済た後気そぞ車に込みました。

と駐場を見回妻の車を探した。

ほど大きな車場ではあません。

ぐるっと回って駐車内を見てもの車はありませんで

ンドルを握りな何故 妻がこんな嘘言わばならないのいう尿事で頭がいっぱいになり、駐車場の出で車の流見な想像ばかりしまうのです。


子供に「パパどうたの?」と、なんと気を取り直して車発進させるのですがやはり故妻がこのようなつく必要がか理解できないま

--------------------

に帰ってみてもやはり簿妻の車はありません

家に入り子達の「腹がすいたよ〜」という言葉をまで、ま考え込んでしまっていました

子供為にご飯作りながら、妻の帰今か待っている私ます。

「ご馳走様」という供達な笑顔に少し救われながらも供達ぶ気にもなず、自室で仕事ら2人で遊ぶよう言って、早々と自へ引こもりベッびなが何時間考えていたのでしょうか。

の車が駐車場へ入ってくる音が聞こえてきました


玄関を開け中へ入ってくると供達の「お帰りな〜」という元気な声が聞こえまし

からて、2階か関をるとに妻に甘え達の姿が見えます

妻を見るとトさんの一言で動揺すが妻を信用していよに思え、ちゃと妻聞いみようかとうのですが、が妻を疑いうこ妻にられたくないと言思いもあり、な決心がつかないでい


私がっく2階から降りていく途中娘が

日はママお店にいったんマいなかったど、パパも残念そうだった〜

と無邪気に報してる声聞こえまた。

自身が問いただすかど気持まらないまま娘が聞まったことで私は少なからず動揺しま

「え?日来たの?そっか・・・・ごめんママ店舗のりで午本部のほにいってた、ママも会いた〜」

言うのをほっとしました。

パートさんが言ったいも1時がりと言う言葉に引っつつも、る様も無供に説明を見と疑私が早計だったかとも思まし

妻は私の顔見る

「どうしたの?少し疲れようだけど・・・大丈?休んでいいいい?



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様