2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

死の淵から

 



と外を見と元気綿いい子供と、車椅あちゃんが仲良遊んます

室のッドか、妻いているスーパーが見えるので、調子寿ときは外るのの日課なっ沿います。



さい西く心臓に持病を持っていこと、病室のベドで寝ることに慣いえ、元気にく妻をの手で抱くこと出来ず、と窓の外を見る毎日に寂しさをじていました。

妻と離簿婚すれば こんな思を感じるも無く一人で死だろう?と考えてみるのですが、眠りにたびに妻とのこが思い出され、やり妻しているこ再度思い知るのでした。


考えてみると妻と婚してからの私は、今までに無く元気で、妻や子供の顔を見たびに『死ぬことは出来ないとの思いで頑てこれただと分自身そう感じていまた。

--------------------

の 諒子と結婚のは26歳の時 もう18年ことります。

時、私はの持病に悩まされながら技術系の仕事に就、何とか々暮らしているような状況した。

それなり女性とのき合いりま、持病があことに負い目を感

時死か分からないような分とにさけにはいとの思いか

い付き合いになるこ無く、このまま人で朽ちてくの、絶望にも似た感事にも中途半端気持ちで望んでと思います。



が入社して1年後 彼女は入社してきました

活発で気持ちのいい 私にない生命力のうなのを持ってまし姿

そん彼女惹かれるのは時間の問題でしかし私にはも今一み出す勇気があませ

恋人とも友達とつかない中途半な状態でしたが、日々諒子に対する思いが深くなること自身戸惑え、

また気持ち私にていと確が強くなるにつれ、自分の事をてず私のほう距離離すことにし



私の病気は日常生活に障はありせん、しい運動を続けなけれ、即死る心配もあませ

し、頃かか死を垣見るにつ、何時死んでかしないと自分で思んでいたのかれません。



子と会い1年ないの態寿愛想を尽かたのか、諒子の方からも接触してくる機が少なくなってきまし

心の中でほっとするちと、どうしようもない寂寥感をてあまし、これでい無理に自分にい聞かせる日でした。


日、同僚の田中私に「お前諒子んと別れたのか?」と聞いた。

私が「そもそも付ってない」と言うと

「へ〜本当に?でも諒子ゃんはおこと好きだうぜがそういうなら、俺諒ちゃんにローチしよ

前ならいいんないかな言ってしまった後、私は胸が締めるような思いを感じ、

何度こんり返なければなないのか便?人好きのをられれば、苦しみら解放されるのにと絶望感とも情に支配されました


ら田中にくれ言われていると聞のは、そからった後でした。

子が何故私にそのことを言ってたのか、私には分かってました。




かし、当時の自分には止める権利も無いと感じていしたし、田中と結婚しほうが幸せのではないか?と感じていたの事実でした。

それら田中は私に見せうに諒子にアチをかけていました。

の無い私は、を正視するこず そそくさとその場を立ち去るのでた。



それからしらくし場の親睦会

相変わらず田中アプローチをかていまし

も まざらではようで、2人で楽しく話しているのをいた貿たま気持ち見てました。

りお酒は極力飲まなしてのですがときばかお酒の力を借りければ過ごすことが出来明らかに許容範囲る飲にとうとう体え切れなくってき


イレに行こうと立ち上るとふふら胸が苦しってきました、

発作あることは自分身分って寿たが、時はの恐怖より このまてなくなりたいとの思いが強く、

諦めにも似た感覚、遠くなる意識ので諒子にせめている事実でも伝えておけばよかっと思っとはています。



覚めると、諒子が私の顔を覗ていまし

最後諒子の顔が見れて良たと思いた。

は諒と見ました。目から涙がてき


ったとにが付いたの両親を呼んでます。

諒子も目に浮か私の肩を抱枕にをうずめ、涙を流入りそうな声で

もあなたのことが好き、だら死んじゃ駄目。私が貴 死ない絶対に死なせないら」

き出てしいました



私はその時、しくて思わず諒子の首に腕をまわして「俺もだ」と言いました

後から聞と酒で倒れたれる意識の中で子に「愛してると」告白したらしく、その後 田中に冷やかされるネタっていました。


田中ものことを心配し私を促すために諒子に迫っていたようで、それは諒子もたようでした

まと田中に乗でしたが、田も「これでお前が踏ん切りつかなかっら俺諒子ぞ。惜しいことを私たちの行く末をてく私は感謝してもない思いを抱ていまし



げで、とんとん拍に話が進み、諒子

病気も含めて貴方、でもと結婚ば、気がけなきっと死ぬことだって忘ちゃうよ。だから前向いて生きいこ

はこときどなことがあっても諒子だけは幸誓ったので



ことも無く人生で一番幸せなときで婿した。

一女をもうけ、子供達が大くなり、長男4年が1年生たと、妻が「私も外へ出てきにきた」とて近くのスーパーに働ることになったので


働きに出るこには私は成でした。

と活動的でれが魅力です

子育一段落、こ学費もかかとですし、理の無い範であ、妻のためにも仕とはいいこと使じていた。

くまでパートですし、事も子供がくる頃にはあがり、は朝から夕方までシフトでので文ありませた。

--------------------

働きから年ほどて妻ら、

「日曜のシフトと月曜のシフ変わて欲と言われど・・・変わっても良いかしと聞か

「お前がいならいいけど日曜は何時で?

「一応2時までなんだけど・・・・駄目かな?」

「あり無する

私な大丈夫よ」

ら頑ってな、俺も曜に家でもするよ

そんなことさせられないわでもとう」

ということ妻は日曜も働くこなりました。



この頃、妻30代後半という年代した

妻は いまに私にとって、一番魅力的でした

しかし、年のせいもるでしょうがが私のを気、夫婦生のほうは かななくなり月2回あればいいほうで

私としてと妻したので、妻か

「十分愛されて、私は貴がいなくなるほが怖い だかもっと自分の体を大切

といわれ何も言いのでし


けに私体調のいい日には、必ず妻も応で気をやるのす。

は決て小さい方はないのですが、体のこともあり、何回も出来なで、必ずが気持ちくなるようにたっぷりとし、妻が足できるようにもちゃなど使て妻に奉仕してました



は そんな気持ちを分かってくれ夫活では必ず私に体をゆだね、心か何度も絶頂を迎えるのです。

挿入後も私の物で十までつくことが出来神すのご激し

体のこともあって騎上位が多使ですしく前後に腰をグラインさせ、「だめもうめ〜」と背中をく反せ、 私のものを絞りるのでした。

妻は私との行めて女の味わっ



過去一度だけく様に

「一晩中 貴方で何回いかされて見たいけ貴方がなくなるぐらいなら我慢できるわわれ




そうい妻がいしく、もっ愛したいのですが、一回てると、宿たとっとしたいと思も「今日はい」といって2回は応てくれないのす。

それも、 妻の愛情からのこで、今であも妻私への愛情を疑ったこはあません。

しかし退時々夜に人で慰てる姿を見たとき自分の体が情けなく感じ西た。

--------------------

を入れなってに疑わろは一切ありませんでした

しかし、曜の間が更に増えて 5時ごろまになり、

他の日も妻の働きが認めら貿ーダーとなったことでも増え

妻もいるのか月1回夫婦生活も段々減り、

妻が働き出2年経ったころには3ヶ月もレおりました。



今ま私に気遣い私とックが好きだ殿た妻をちゃんと満足させらてないとじていた私に

妻をがめできず、40にもなれば少な当たり前という、友人達もあいまってぶしぶではあり、納得せざるを得なと思っていました

--------------------

ある日曜ことです。

も過ぎ遅くなったのですが、台で子供のろうとき足りいことに気付きました。

子供達昼ごんを食べママいてろをか?」と日曜に久し振りに妻の職場に買いにいにしました

妻には恥ずかしいか来ないでといわて主に品しかてないスーに機会もなかったので働きは何行きました、妻が日曜日に働きにで始めてからは一回もいったことはありませんした


お店着く達は少しは、しゃぎぎ姿にスーパーに駆け足でした

まだ母が恋しい年ですし、また出かけて妻に会うとうのも新鮮な気がして私も少しどどきしていまし

長女母親探しる間、私は必要なもを籠にいれ、会計を前に子しまた。

て長女が店員んと話るのを見て私もくにより

「妻がお世話になっおりま仕事魔をして申し訳ごせんでした

「いえいえ〜リーダーには私もお世なってすから」

と感じのよさうなの奥でした。

しかし、その私は息を飲むのです

でも桂綿さんも1時は上がっちゃうから日は おりになるとますよ」

「え、・・・いつ1時上がりですか?」

「え・・あ、多分ひょっとした店長と上で会議かもしれない・・・」

「店長さんは今どちら

「ど殿こでしょね。は見て無いら・・」

「そうですか・・・私のいでしたせん。で日は これで手を煩わせて申し訳ざいん」

い、いえこちらそそくさ立ち去りました

供から「今日帰ったのかな?」言われで呆然くしていました。



を掛けられ我に返り 会計る間中

先ほどパーんの言葉が頭を巡す。

の出勤が言う尿のは西の嘘なのでしうか?

パートさんにような嘘を作る理由が見当たりませんし、際 妻いません。

会計綿を済後気もろに車に乗り込みまし

ふと車場を見回し

それど大きな駐車場ではありま尿ん。

ぐるっと回って駐車場内渡しても妻のませした。

ンドルを握りら何を言なけないのか?とう事で頭がいっぱいにな場の出口で車の流れ見ながら悪い像ばかりしてしまのです


子供達「パパどうしたと言われなんとか気を取り直を発進させるのですが、やはこのをつくがあるのか理解でないでいました

--------------------

に帰ってみてもやはの車はあませ

家に入り子の「お腹よ〜う言葉まで、また考えでしまってした

子供達の為にご飯がらりをかとっている私がいす。

という子供達の無邪気な笑顔少し救われなも、今子達と遊ぶ気もなれず、自ら2人でぶように言って早々と自室へ引こもりッド寝転びなが考えていたのでしょうか

妻の車が駐車場へ入ってくるが聞こえてきした。


関を開け中入ってくると子供達の「お帰なさい〜」とな声が聞こえてきした。

屋からでて、2階から玄関を見るのように妻に甘える子供達の姿

妻を見るとさんの一動揺す私が妻を信用ないように思え、ちゃんに聞ようかとも思のですが、が妻を疑たということを妻にられたくないと言う思いもありかなか決心がつかないでいた。


がゆ退り2階から降ていく途中で

日はマお店にいったんだよ。ママいなかったけど、も残念そた〜

と無邪気に報ている声が聞こえました

私自身が問いただすかどうか気持も定娘がいてしたこで私は少からず動揺しました。

え?今日来たの?そっか・・・・・ごめんねマ集ま部のほうにいってたから、ママも会いたかたよ〜」

が言うのを見て一瞬ほっとしまた。

ートんが言ったいつも1時上がりだと言うに引っかかり、動揺する様子も無子供に説明妻を見ると疑いを持った私が早計だかとも思えてきまた。

妻は私の顔を見

「どしたの少しるよう・・・大丈夫?休んでいたほいいのじゃない



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様