2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

死の淵から




ふと外見ると元気のいい子供と、車椅ばあんが仲良く遊んでいます

ベッらは、妻が働いているスーーがえる、調子のとき外を見るのが私日課なっいま



小さ頃から少し体が弱く心臓に病をっていたことら、のベッド寝るこに慣れていとはいえ気に働く妻の手で抱くことも出来ず、日々悶々と窓の外る毎日寂しさを感ました沿

離婚すれんな思いことも人で死ねるのだろうか?と考えてみですが、眠りにつくびに妻とことがされ、はり妻を愛しことを再度思い知るのした。


えてみると妻婚してからの私、今までに無く元で、妻や子供の見るたびに『まだ死とは出来ないとの思い張ってこれたのだと自そうじてた。

--------------------

妻の 諒結婚たの26歳の18年前のことす。

私は心臓の持されなが技術系の仕事に就き、何と日々暮しているような状況でした。

それなに女性との付きもありま、持病があることに負感じ

何時死ぬか分かないような自分と結婚して不にさるわけにはいかないか

深いき合になることのまで朽ちくのか絶望にも似た感持ち仕事にも中途な気持ちで望んいたもいま



私が1年後入社してきました。

発で気持ちのは持ち得ない命力よう持っていました。

湿れるのは時間の問題でしたしかし私には どうしても今一歩踏み出す勇気がせん

も友達ともつない中態でたが、日々諒子に対くな自分自身戸いを覚

諒子持ちも私向いてと確信が強くなるにれ、自分の事を告げる勇持てず私のほうか少しずつ距離をすこにしたのです。



私の病気は日常生活に支障はありません激しい運を続ければ、即死に至る心配ありまん。

かし、の頃から度か死の間見につれ、何死んでもおかしくないと自分で込んでいたのかしれせん



諒子会い1年経ち、煮切らな私の態度に愛想をか、の方かくる機会が少なくなてきました

私は心の中でほっとする気持ちと、どうしよ寥感もてあましれでいと理に自分に貿かせ毎日した


ある同僚の田中が私に「おゃん貿と別れのか?」ときました

私がそもそも付き合って言う

「へ〜?でも諒子ちゃはお前のこと好きだ思うでも前がそういう、俺諒ちゃんにアプローチしようかな〜」

「お前いいじゃないかな」と言ってまった後、胸が締め付けられるな思感じ、

何度こんないをり返ばならないを好なるを止められれば、しみら解放されるのにと絶ともつかない配されいまた。


子か中に付きってく言われていると聞いは、それから数日経った後でした。

子が故私にそのことを言ってきたのか、私には分かていまた。




しかし、当分にそれを止める無いとじていした田中結婚し子は幸せなのではいか?と感じてたのも事実でた。

から田中は見せ付けるように諒子アプローチをかけていた。

勇気無い私は、それを正視する出来ず そそくその場を立ち去るした。



らしばらくして職場の親睦の話です。

わらず田中は子にチをかけていした

諒子も まんざらではないよ、2人で楽しく話しているをいたたまれい気持ち見ていまし

体のこともありお酒は極力飲まないよにしていたのすが、こときばかり酒の力借りければ過ごすこが出来ず、明かに許容範を超え酒にとうと体が耐切れなくなってきました。


トイレに行ち上がるとふらふらと倒苦しなってまし

発作であることは分かっていましたが、こ死の恐怖より このまま消えてなりいとの思いがく、

諦めにも覚、遠くなる意識の中で諒子にせめて愛している事実だも伝おけばよかったと思ったことはよく憶



目覚子が私の顔を覗いま 

は、最に諒子の見れて良かっました

私はじっと見ていました。から涙が出てきす。


意識たことに気が付のか田中が両親を呼んでいる声が聞こえま

子もに涙べて私のを抱き、に顔ずめ、涙を流し消え入りそう便な声

「私もあなたのことが好きだから死んじゃ駄目。私が貴なせな絶対死なせないから

てしまいました。



私はその時、嬉しくわず子の首にをまわして「俺」といまた。

後から聞くと酒場でれたき薄識の中で諒子に「愛していると」告白したらしく、後 田に冷れるになてい


田中も俺のことを心し私に奮起促すために子にうで、それは諒子も分かっうでし

まん中に乗せられた形でしが、田中れでお前が踏りつかなかったら俺がゃんもらってたぞ。惜とをしたと私たちの末を祝福は田中に感てもい思い抱いいま



おかげで、とん拍子に話み、諒子は

「病めて貴も私結婚すれば、毎日が抜貿けなてきっと死こと忘れちゃうよ。だから前向ていこう」

と私この湿ときんなことっても諒子幸せに婿すると誓ったのでし



何も疑うこと無く人生で一番幸せなときでした。

一男一女をもう子供が大なり、長4年生、長女が1年生にな離れ始めとき、妻が「私も外へて働きに行き」といて近くーパーに働きに出とになったのす。


に出ることには私は成でした使

もとでそが魅妻です

ても段落し、れから学費もかかることですし、無の無い範囲あれば、妻のためにも仕事とはいいこいました

あくまでパーですし、仕事も子る頃にはあがり曜日は朝から夕方でとシフトですので文句はありませんで

--------------------

働き出してから年ほどして

日曜のシ月曜のフト変わっしい言わてるんだけど・・・変良いかしら?」と聞かれ

前がいいらいど日曜は何時ま?」

昼2時ごろまでんだけど・・・・目かな?

「あまするなよ

丈夫よ」

「なら頑張ってな、俺も日曜に家事るよ

貴方にそんなことせらでもりがとう

いうこで妻は日曜くことになりました



この頃、妻もも30代後半という年代した

まだにとは、一番魅的でした。

かし、せいもあでしょうが妻が私の体気遣って、夫婦生活のほうは かなり少ななり2回もあればいいほでした。

とし、もと妻を愛したいすが、妻

「十分愛されて私は貴方がいなくるほうが怖い だか分のを大て」

われまえばえないの


それに私の調のにはも応じてくの物で気をやす。

私は決し簿小さい方ではないのでが、こと、何回も来ないので、 妻がよくなるようをたっぷりとし、妻が足できうに おもちゃなども使妻に奉仕していました。



妻はんな気持ち分かってくれ夫婦生活ではをゆだねら感じで何度も絶頂を迎えるので

挿入後も私の物で十分奥まくことが出来、失神すかのごく激感じ

私ののこと上位使多かったく前後に腰をラインドさせ、「もうだめ」と中を大きく反せ、 私のもを絞り上げるのでし

は私との行為で女の喜びを味わと私に言い



過去一度だけ呟く様に、

「一中、 貴方されてたいけど貴方いなくなるぐら我慢できるわ」とわれ、



ういう妻がいしくっと愛したいが、てると、たとえ妻が もっとしたいと思ても「今日はお終い」といって2回目は応じてない

それ、 妻の愛からのこ今でってもの私への愛たことはあ

かし夜に一人で慰めてる姿見たと分の体とがけなく

--------------------

曜にシフト入れるようなっても妻に疑わしいところは一ませんでした。

、日曜の働く時間が更に増えて 5時ごろまでになり、

の日きが認めダーとなっとで業時間もえ、

妻も疲ているのか1回はあ夫婦生活も段々り、

が働出して2年たころには3ヶ月もレスになておりました。



に気遣い私のセックス好きだをちと満せられてないと感じていた私

妻をがめることもできずまた40にもなれば少なくなったり前という友人達の話もあいまて しぶしぶではあますが、納得せるを得なと思っていまた。

--------------------

る日曜のことで

なったのですが、台所でのご飯を作ろうとしたとき食材が足りないことに気が付きました

子供に「昼ごはんに行くついでにママの働いてるところを見に行」と日曜にりにの職に買物にことにしました

妻にはかしいからいでといわれて主に食扱ってなスーパーに行く会もなかっので働した直後は何回か行きまたが、妻が日きにで始めてから回もいたこんでした


お店に着くと子達は少ししゃみにスーパに駆足で入って行きま

まだ母親が恋し、また出かけて妻に会うというの何か新鮮な気がして綿も少どきどきしした

長女が母親を探している間れ、会計をする前に子供をた。

しばらくが店員さんと話ているのを見て私近くによ

「妻がお世話なっおりす、お仕事の邪魔して申し訳ございませんした」

「いいえ〜リーダーにはもお世話すから

じのよさそ年配の奥様でした。

し、その言葉に私は息むのです

「でも桂木さいつも1時上がっち姿うか今日は お帰りにってと思

、・・・いつも1時上がりですか?

「え・あ、多分ひょっ店長と上で会議かもしれ・・・・

「店は今どちに?

、どこでしょうね。今日は見て無

うですか・・・の勘でし、すいまん。は今日でお手煩わて申しいません」

、いえらこそ」とそそくりました

私は供から今日はママ帰っのかな?」と言わるまで然と立ち尽くしていました。



子供から声掛けられ我にり 会計ませる間

トさ言葉を巡りま

日曜の出勤が延たと言うのは妻の嘘のでしょう

パーさんにあの姿嘘を由が西ませし、実際 妻はここにはいません。

会計を済ませた気もそぞろに車に乗り込みまた。

ふと駐場を見回し妻の車を探しした

それほ大きな駐車場ではありまん。

るっ回って場内を見渡しても妻の車はありませんした

を握りら何故 妻がんなわなればならなのかという事で頭いっぱい、駐車場出口で車のを見悪いばかしてしうのです。


供達に「パパどうし?」とれ、なんとか気を取り直して車を発進させるですが、はり故妻がこのような嘘をく必要があるのか理解できいでいました

--------------------

家に帰っててもやり妻の車はありません。

家に入達の「お腹がすいたよ〜」という言葉聞くで、またも考え込んでしまていました。

子供達のご飯を作りながら、妻のりをと待っている私がいま

「ご馳走様」という子供達の気な笑に少し救らも、今子供達遊ぶなれず、自で仕事するから2人で遊ぶようにて、早々と自室きこもり、ベで寝転びながら何時えていたか。

妻の車がへ入ってくる音が聞こえてきました。


玄関中へ入ってくると子供の「お帰りなさい〜」と気な声が聞こえてきました

でて、2階から玄関を見ると いつものように妻にえる子供達姿見えます

妻を見るパートの一言で動する私が妻信用していないように思え、んと妻にてみよかとも思う、私妻を疑ったといことを妻に知られたくいと言う思いもあり、なかなか決心がないいました


私がくり2階から降りていく途で娘

ママ日はママのお店にいんだよ。かったけどパもそうだった〜

と無邪に報告ているが聞こえました

身が問いただどうか気持ちもらないまま娘がいてしまったこと私は少ならず揺しました。

え?今日来たの?そっ・・・・ごめんねママ店舗の集まり午後ら本部ほうにいってた貿ら、マも会いたかった〜」

言うのを見て一瞬としました

パートさんが言ったいつも1時上がりだと言う言葉にも、動する様子も無く子供にする妻を見ると疑を持った私が早ったかともえてました。

妻は私の顔を見ると

どうし?少し疲れているようだど・・・んでいたほうがいい



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様