2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

伝説の風俗島

 



ぁ、風俗島っ知ってるか?」

声のトーン落としながら、マトが そんなことを走った五限の前の予鈴八秒後。

教室は六月の熱気で生暖か歳で、どうしようもなく中一だた。


橋本の上の兄ちゃんが高三だろ? そのゃんのが聞いしいんだけどさ

そんな聞きの又聞きな噂、とてだっ婿

学校転車簿五分で行る瀬海、その湿に風があ

子はそれだけだ。だけだ。

それ以上ことなど誰も知らないだ。僕ら一なんだ

そして それ以上のことなど確かめうもなく、それは当のようマコト僕ので脳内補完された。

のうきゃなんて、いぜそんなけだ


の日、野終えたマコトは坊主頭に汗を光らせな窓から二列一番後ろ、分の席に座へやってきた

マコトの席窓際最ラスは女子人、男子十で、どうしても どこかは男男子で並ないと数が合わい。

学校の時好きだった石塚さんは、廊下側最前列だった。


「珍いないきなり授業用意んか始。まだ十以上よ」

「違うなぁのこ、覚えてるだろ?

「うん」

った文字を答僕の声は、たぶんもう上ていた。

十三歳のらには、が享してるのと同じエるだけで、徳と誇らしさ混じった興奮があった


「俺想像書いてきただ。ほら」

鹿が開いたノーページに、巨大椀型のまん丸の小山と、そのてっなド型の物体、そりにいくの背姿低い建物と、小さいが明らかに裸絵心の関係でとあえず気を付姿勢で真正面を向い四人


「おい」

は思わず声た。

「どう?」

トはも純宿な目十三歳の瞳で僕てい。僕は正直言って、その瞳にKOされた。

僕らにと実際くこど決てできない夢の島にて気持ちだ近付こうと彼がた手段は、絵

馬鹿にし、確かにそ一枚の馬鹿みいに下手クソな絵呼び水に、んな想が頭を巡っている僕いた。

女の人んな裸で暮らしていて、辿り着けば一列に勢揃いしてお出迎え。もちろん裸

エロとならなん出来る夢の島、エアインド

30円西と値札シールがったままの大学ノートは その最初の三ページまで使ておらず、きっとその島絵を描くためけ、マコトはこれを買っのだった

ちょっとれ、一時

何すよ」




も描


の日、一三時間目と五時間目には僕が、二、四、六時目にはマコトが、それぞれが描 絵にずつ修正を西えていっ

ず一には、島を肌色に塗って、てっぺんのームピンクに塗った。

ちらか、マコト描き加え新たーションを、僕丁寧な線で修正するよな感じだっ

にノートがない時でも、が どんな描いているのか す気になた。

んて丸一日何もに入らなかった。

々思い出たようめては窓の外をるマトの目は、確かに輝ていて、それはきっと、もやの向こうの あの島いる瞳だ



に県内の公立高校に進学した。

当然告白なんて出来なかっ石塚さんで三十分以上かか私立校に行っ

然 僕モテないまま、僕は中学年間続けた剣道部を辞め帰宅部、マは野球部と坊主頭を続けいた

僕らは高二歳の夏だった。然二童貞

近く敷で拾わなくても、二人とも堂々とおばちゃんからロ本を買えるようなになってい

月の教室からは瀬戸内海が見え、そ向こにはと、あの島が見ていた


学期最の授た。

窓の外を見ていたトが授業後僕のとこてきたと、僕はマコトの台詞がもう分かていた。

コトがち帰ったずのあのノートのことを思い出した。

なぁ、明日、行かなか?」

主語的語もなかった。マコトもっと、は分るといたの

話題に出るのは半年ぶりらいだったが、その間 忘ことは、海を見るたび思い出して

し合って、ゴムボートは僕が買にし

港かータ出ていることう知っていた、僕は十七歳で、そ一種強迫だった。


七月二十日は終式だっ

前中に滞りなく終わは互い度目を合わせ、無言で それぞれの帰っ使た。

べき葉はない。 

僕らう友達でなく、ともにこれから彼地へく戦友だった。

母親した昼飯の冷や麦馬鹿いにか込み、昨日の後買っておまだ空気の入ってない折りたまれたゴボートをリュを背負った。

いま考えれば、見れたとこ「海遊ぶ」と答えれ何の問題もかっだが、そのとは それられ終わ、という分だっ


一時のきかり十、二 もう砂浜に顔をえて

ともジTシャツう分稿かりやす好だったが、はその上、坊主を隠す緑のベっていた

真夏のれは どう考え然だが、僕がそであったよコトにも や余裕はなか

ールなて気いたもたか、砂浜にひっくり返ってらびている漁の板を拝借た。

度いいの枚しかなくて、二つかとも、それでは悪くな、順番に漕ぐとに便

スタ地点の砂浜らは、もうっきりと色のが見

地図調べた一キロちょっとだった。

その時 島の本当の名前も知ったそれはコトわなかった。

僕らにとってあの島は、僕らの童貞を奪ってく島、ロアイドだそれに名前なんて要らない。海で、僕らは「よし」と短く声をけ合った


リュッの中のゴートを取出す。空気穴、もどく息吹き込んだ

たゴムゴムが邪魔したが、無矢理を吹き込りめりと剥いっ

らまがら気入れを持ってくれ良かったと悔がよぎった見かたマあとを継いでくれた


他にすることもなく、気の遠くなる時間はの実の数分だったろう。

膨らむ気殿配すたボートはある一点を境に目に見えて大きさ増していき、やがて僕らの夢でパ膨らん。一仕事を額かべ肯いて僕らは航海を開始した。



調った、と思う。舟のでどんな話を交わした覚えてい。ただ、島の話はとんどしなかったっきり覚えいる。

どんな心理だたのだろう恥ずかったのもあるだうし、今日中の島が現実になるのだか、いまはではという判断もた。

それに、現実なってしうことを心のどこかで認めたくな、そ病さった

に、一や中二のあの頃比べて、いの あの島対する想遥かに現実味を帯びて、それに対する一抹の淋しさもあったんだ思う

港に着いた裸のべっぴなっ迎えなど、てくれいことは分かってい

島がおっぱいの姿していなことも、もって

な感情れ、二人昨日ビのこと生のことと、つらないことをしゃべっていた

ただ、マコトの間だけ、たまにり上ったしているのは、けど言わなかった

オーを漕ぐ腕だけが焦ってボートはもう全半分ぎている

いぶから分以過ぎてい

「おい」

トの怪訝な、焦り味の問い掛けに、僕は一心不乱に漕いでいたを止めた

ろを向けば僕らした岸。前見れば明らかに大きくなった。既建物判別出来る距離確実、半超えいる。


、進んでか?

を超えたまま景色が変わっていなかった。

詮僕乗っるのはターートではなだの

潮の流れわれ、たかが板切で一生懸命ろで進みはしな

正確な目印のない凪の海。は晴れ、日光りつけ、喉は渇いていく。

海面を見れば、少湿ボートは島へいる。う見えてい

がそ舟がんでいるのではなく、波が向からせてるだけ。が寄せれば、舟は戻る。





「どう

いていな。気た瞬間、足下かになる。急に海く感じる

ままたちは、島にも岸にたどり着けち果ではないか。

もののい海の上、頼の綱拾い物の木切れが一枚。僕は怖していた。

マコトの顔を見る。マコトの表情を見る。焦っる。考えいる。真剣。

だが僕とは違ったマコトは決して、恐れてはいなかっの目に映るあの夢のこんところで恐れおののいているかった。

念。遭難危惧て微塵も感ない。気付てさえいない。ただ、あの島辿くた殿の、こ障害ないだから。

「泳ぐ?」

きながら、マいTシャツをもいた。

「馬鹿」

から僕もぐしかなた。

授業で習った麗な飛び込みの姿勢

マコの「せの」で、僕らは一斉に飛び込ん

灼け全身に、袖から出てい両腕に、パンと熱されに、日差しを集めすぎた黒い頭頂に、海の染みて心地好かた。

面から顔簿を出息を吐く。ボート黄色が目に

ぐにマコトの姿を目でた。ボートにがみ僕もすぐボートに手をかけ

ま島の方向を定め、二人方向につかまり、バタ足を始めた。

ままでりも、進んでい感じあったいままでずつでしか漕げなかたボを、二人漕いでる。

隣でマコが こちを見るの分か。照れ臭い僕は前だけ見ている

コトがまた前向いたちょと右が先進んでしまっているがし、僕も負けずに足を動かす

楽しかっ二人とも笑って


やがて そ疲れで次第にち着いてきた頃。港の様子見え

に、人がいた。

僕らいたのは細ンクトの桟橋が一本延び砂浜。

打ち上げられた海岸か五メートル奥のとこ胸くらいの高さのクリートになっていて、ら奥が島だった。

らか貿の親父より年上たびれたおっくわえ草で そのコンクリートのに座綿っていた。

上陸した僕てにや笑っていた。後ろ招きので、建物が並ぶら人が集まってた。

建物一つには、黄色い看板にピのネオンでトにカタ文字女性器名称が書いてあった。

そんなことに気をとられてい隙に、浜に立たずぶ濡れ僕らは、十い女まれていた。

もちろんじゃなかった、まぴんさんなかじゃ絶なかた。

島の臭いは昆布の臭いで、決して僕が言ったチミツも、マが言レードでもなかっ

坊やどうしたの」

ジャミみたなオバサンが口を裂けさせながら言う。

ずぶ濡ない」

グモンがスカを揺らしら覗む。大胆に使からおふくろのケツみたいなものが見え

寿泳いでヤたんか」

くわえ煙草のおっちゃん煙草を外し豪快にた。エロい気分なんて部ジャミラに食われまっていた

「うちの店来なよ。二まとめて面あげ

ウルトラの母みたしたンが口を釣り上げる

隣でふ、マコトが何か呟いた。一度目は小さくて聞き取れなったぐにもう一じ言葉を呟いた。

「遊んでた流され

は足の砂けを見てい

ジャミラうなの?」と、カネゴ ンは「いいから」と言い、おっさん ただ笑って、マコ壊れオモャみた「流さた」と呟いた。少し泣いて


海の殿は たまに大なっていーパンは、海で貼り付いて心かえぐれているようにさえ見た。


っさんが話を付けてくれて、らはボートを紐で結び、帰りはモーターボートで帰た。

おっんは道中カネゴンとジャミラ源氏と店名前をれたど、マコトも僕も ただおっさんが喋るのに任ていた。

二人とも全然聞いてなかった。

マコトと僕はふ時に振り向いた

は小さくって、あの三文字も も読めないくい小さかった


ボートは ほんの数分た。

っさんがた海岸でゴムボートの気を抜きながら、マコトは僕にこんことを言た。

「よったよ、あんな怪獣いなオバサンに、俺ら切な童貞を奪われなくて」

あそこに そいたら どんなバモノが出てきた、どんな病気をうていたか僕らだけ正しい選択をかを、エ本でた知を総動員して、明るいでずっと話しいた。

ジーパンは乾いてきて、えぐれていた股戻っ

トの空が全抜け、僕らの夏終わった


れか三年。ま地に残っ親の跡を継いだ稿

は東京にて大学生になり、歌舞伎町の風俗童貞を捨てた。



休み、帰りして、マと酒をだ。

その話をるとコトは心底悔しった。根掘り聞きたったが、全部言わった。

「今度その店、俺にも紹介してくれよ」言っていた。「東京来たらな」とだけた。

頭は もう坊ゃないけれど、その時のマコトの目は、教室の窓からあの島を見つめていた、純な十三の、あの瞳だった
ango_count:


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, 面白, 胸キュン,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様