2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

伝説の風俗島

 



なぁ島って知っるか

ーンを落としながら、マコトが そんなことを口走った五の前予鈴の

教室は六月熱気で生たち十三歳うしようもく中一


本のの兄ちんが高三 そ兄ちゃの同生が聞いた話らしいんだけどさ」

な又聞きの又聞きのよう話は、とて簡潔だた。

校から自転車で行ける瀬殿、そある。

はそれだけだ。確かなそれだ

れ以稿上のとなど誰も知らない。当然だ。僕らなんだから

そして それ以となど確ようもく、当然のよ、マコトと僕脳内補完ていった

うちにしなきゃいけとなんて、せいぜいそんなことだけだ。


の日、野球部の朝練を終えたマコトは坊主頭を光らせな、窓列目一番後ろ、自分の席に座る僕のやっきた

の席際最ラスは五人男子十九で、うしても どこかは男男子で並ばないと数合わい。

学校の時か好きったさんは、廊下側最前


しい、いきなり授業用意な始めまだ十分以上あるよ」

違うよ、なぁ、例のこと、覚えてるだろ?」

「う

た二文字を答える僕たぶんもうずってい

三歳のには、大が享受してのとじエロを語るだで、背徳と誇らしさのった興奮があった。


想像図書いてきたんだ。ほら

鹿開いたートのページは、巨大なお椀型のまん丸、そんの小さなドームの物、そくつの背の低建物と、さいが明らかに裸の女の、絵心のでとりあえずを付の姿勢で正面をていが四人。


「おい」

僕は思わ声をあげて姿

どう

コトはとても粋な目で、三歳の瞳で僕を見てた。僕は直に言っ、その瞳にKOた。

らにとって実際に行くことな決し姿てで湿きな島にせて気持ちだけでも近付うと彼がとった手段は、絵。

馬鹿確かにその一鹿みたいに下手クソを呼び水に、色像がを巡がい

きれいな女人がみん裸で暮いて、舟で辿けば列に勢揃いしてろん裸で。

いことならでも出来る夢の島、エロアイラド。

30、と値札シールが貼ったままの大学ノートは そのペーまでか使われおらず、きっとその島の絵を描ためにだこれをた。

とこ目貸しといて」

「何んだよ」




「俺も描く


その日、一間目と三時間目と時間目には僕が二、四、六時間目にはコトがぞれが描た絵に便っとつ修正を加えていった。

とりあえず一間目は、を肌に塗って、っぺのドーをピクに塗た。

というコトが加えた新たなシチュエーシを、僕が丁寧な線で修正するような感だった。

元にノートがない時でも、マが どなことを描いているのか すごにな

授業内容日何も頭に入らなか

思いたよう手を休めてはの外マコトの目は、確かに輝いそれはと、もやの向こうのの島をている瞳だった。



らは一緒の公立高校に

当然告白なんて出来なかった石塚さん、バスで三十分以上かかるに行った

僕らはモテいまま中学三年間続剣道め帰宅部、マコトは野球と坊を続けて

僕らは高十七歳夏だっ然二人とも童貞だ

近くの河川敷で拾わなても、二人とも堂本屋のばちゃからロ本をるよう歳にいた

七月の教からは瀬戸海が見えうにっすらと、あの島がていた


一学期最後の数学のわった。

十分間と窓の外をていたマコが授業後に僕のとろへいてきたとき、僕はマコト台詞分かった。

マコトが持ち帰ったはずのあのトのことを思い出した。

、明日、行かないか?」

語も目的語かった。きっと、僕は分かってるとたのだろ

題に出るのは半年ぶりくらったが、その 忘れたなく、海を見るたい出しいた

話し合、ゴムボートは僕が買うことした。

港かモーターボー綿が出ていることも もう知っていたが、僕ら十七歳で、それ強迫観念だ


日は式だ

単な式は午前中に滞りなく終わ僕らは互いに一度目を合わせ、無言で それぞれの帰った。

交わすべき言葉はない。 

僕らは もう友達ではなく、とにこれから彼の地へ赴く友だった。

母親用意しの冷や麦を馬鹿いにかっみ、昨放課後買ておいた、まだていない折まれたゴムボートを入れたリュックを背負った。

いま考えればたとこで「海で遊ぶ答えれば何問題もなったはずのときは それを見られたらの終り、とい分だた。


約束の一時のきっり十前、人は もう合場所の砂に顔を

ともジパンにTシャというかりやすい格好だが、はその上に、坊主頭隠すように緑ー帽をかぶ貿いた。

真夏のそれは どう考も不自ったが、僕がそうであったように、マコトにも やはりはなかた。

なんて利いものは無かったから、砂っく返っらびいる漁船の綿を拝借した。

丁度い綿枚しかなくて、に割ろうかとも話しが、は効率が悪くなると、順番に漕ぐことに決

スタート地点の砂浜からは、もっき影が見

地図調は一キロちょっとだった

の時の本当の名前も知ったけど貿マコトには言わった。

僕らにとっての島は童貞を奪ってれる夢の島、エロアイランドだ。それに名前なんて。海はで、し」短く声け合た。


僕はュック中のボー取り出す気穴見付、もどかく息だ。

り付いゴムとゴムが邪魔をしたが、無理矢理き込んで めりりと剥がった。

膨らまがら、を持ってくれば良がよぎったねたマコトとをいで


他にともなく、気の遠く その実ほんの分だったろう。

膨らむ気ら無かったボートはあ一点に目に見えて大きさをていき、がて僕らの夢でパンパンに膨らんだ。一汗を額に肯いて、僕らは航海を開始



調だった、使思う。正、舟の上でどんな会話を交わしたか覚えていない稿ただ島の話はほとんどしかっとだきりえてい

んな心理だったのだろう。ずかしたのあるだろ今日中には島が現になるのから、いまは多を語るべきはない、といもあった

れに、現実になってしまうとをどこか認めくな、そんな臆病さもあっ

それに、中一や中二のの頃妄想に比べ、いまの あのする想像はに現実味を帯て、それに対す一抹淋しあったんと思う

港にいたのべぴんさんが列ってお出迎えなど、ないことかっていた。

おっいの形をしていなことも、う知っていた。

色々感情に飲まれ、二人はただ、昨のテレビのことか、学のこととか、つまらいことべっていた。

ただ、マコトの股間だけ、まに少盛りがったているのは、気付いけどわなか尿った

オールを漕ぐ両宿焦って、ボートはもう全行程の分を過ぎいる。

ん前から、半分以上は過ぎいた

「お

の怪訝な、に、僕は一心不乱にいでた手を止めた。

後ろ僕らが航した岸。前を見れば明らかに大緑の既に建物の位置まで判別出来調離。確実超えている。


進んでるか

半分を超えたまま、景色が変わっていなかった。

僕らが乗っているのはモータボートではないただゴムボ

の流れたかが板生懸命漕いとこみはしない。

な目印のない凪の海。空は晴れ、光は照つけ、は渇いてい

海面をれば、少ずつは島へ向かってる。う見えてい




がそれは舟が進んではなく、波が向こうから寄せているだけ波が寄せれ、舟る。


うす?」

動いていない。気付間、足不確かにる。に海が広く感じる。

まま僕たちはもたどりけずにち果ではないか。

も頼使ののの上、頼みは拾い物の木切れが僕はしていた

の顔を見。マトの表情を見る。って。考えている。真剣。

が、僕とは違った。マコトは決恐れてはいかった彼のるのの夢島。だからこんところで恐れののいてい無かった

信念。遭の危惧んて微も感じていない。気付いさえい。ただ島へ辿り着くため、これは単に障害でしかない。だか



きなら、は白Tシャツを脱ぎ始めてい

「馬ぁ鹿」

だから僕も、脱しかなかった。

授業でった麗な飛稿姿勢

マコトの「せーの」で、は一斉に飛び込んだ

けついた全に、袖か出て腕に、ーパンご熱されふとももに、日めすぎた黒い頭頂に、海の水は死ぬほ心地好かった。

ら顔を出吐く。ボートの黄色が目に入る。

すぐにマコトの姿を目で追っ。ボにしついていた。僕もすぐートに手かけ

その島の方を見、二人同方向につかまりバタ足を始めた

いままでよりも然、んでいる感じがった。いままで一人の力でか漕げなかたボートを、いまは二人ので漕でいる。

でマコトが こを見るのが分かるから前だいる。

マコトがまた前を向いた。ちょっと右の方が先進んでまっている気がて、僕も負けずに足を動す。

しかた。二人も笑いた。


やがて それも疲れでに落着いてた頃。港様子が見えてきた。

、人

らが着いたのは細クリートの桟橋が一本延びただけの砂浜

昆布打ち上げら岸かメール程とこで胸くら高さトにっていて、そから奥がだった。

明ら 僕の親父より年上のくたびれたおっさんが、くわえ煙草 そのコートの段に座っていた

陸した僕らを見てにやにや笑ていた。ろを向いて手招したの、建物が並ぶ方かまってき

物の、黄色看板にクのネオンで、ストレカナ三文字の女性器名称が書いてあった

そんなことに気をとられて隙に、浜に立ずぶ濡れの僕は、い女のに囲まていた

もちろん裸たし、てや べっさんなんかじゃ絶対なかった。

の臭いは昆布の臭いで、決僕が言っミツでもトがったマーマレードでもなかっ

「坊うし

ラみたいなオバサンが口をけさ言う

ない」

ピグモがスカートを揺らしながら覗き込。大いた元からおふのケツたいなものがえた

「坊主、いでヤりに来たんか

おっちゃんが煙草を外豪快に笑た。エロい気分な全部食われてしまっていた

うち店来なよ。二人まとめ見て

ラの母みたい髪型をしたカネゴ口を釣り上げる。

隣でふとが何か呟いた一度目は小くて聞き取れたがもう一言葉呟い

「遊んでたら流され

マコトは足下砂粒だけを見

ミラが「そうなと言い、ゴンからさ」と言い、おっ ただ笑って、マトはたオモチいに「流された」と呟た。


の上では たきくなったマコトのジーパ股間水で貼付いて心なしかえぐれているようにた。


結局おっさんが話付けてくゴムボートを紐で結び、りはモータった

さんは道中、カゴンとジャミラ氏名店のを教えてくれたけど、マコトも僕も たおっ喋るに任せて

二人とも聞いてなかっ

マコトと僕はふと同時に振り向いた。

さくてい、あの三文 もう読めなくらい


ボーは ほん数分でいた

さんた海岸でゴムートの気を抜きなら、マコトは僕にこんなことを言っ

かったよあんな怪みたいなオバサに、の大切な童貞を奪われなくて」

それからマコトは、あに そのままいたケモノが出たかんな病気をうされていたか僕らがどれだけ正しい選択をしを、エロ本で識を総員し明るい声でずっと話しれてい

ーパは乾いて、えぐれていた間も元に戻っていた。

トの空気が全て、らの夏は終わった。


あれ年。マトは そのま地元に残っての跡を継い西

大学生になり舞伎町の俗で童貞を捨て



、僕は里帰り、マコトと酒を飲んだ。

その話をするとマコトは心悔しがっ根掘り葉掘り聞きたったは言わなかった。

コトは「今度その店にもしてくよ」本気っていた。「東京来た」とだけ答え

は も坊主ないけれど、時のマコトの目は教室あの島を見つていた、純な十三歳のの時瞳だっ


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春, 面白, 胸キュン,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様