2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

ドッペルゲンガーと人生を交換した話

 




1 :き被検体774号+@\(^o^)/2016/02/27(土) 20:17:04.34 ID:EjVEnkhT.net
ドッペルゲンガーって知って

そう自分とそっくりで見たら死ぬってやつ。

だそれを。ドッペゲンガーを。

ついっきことなんだけ



2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:17:27.09 ID:vG4dkhwS.net
つ薬


3 :名も無き774号+@\(^o^)/2016/02/27(土) 20:18:02.51 ID:EjVEnkhT.net
間く、学校が終って家に帰る時

いつ車にて、駅から家向かて歩いていた

それくらい歩いた頃か、狭い路地ったんだど、の前に俺がいたん

、ふざけてわけくてさ、調当に俺だよ、目前にいたそいつ何から何までにそっくりなん。顔型も全部

まりにもているちゃってさ。何もきないで立たんだけど、そらそはニと笑ったあ、路地のを曲いっ

たんけど、うどこにもいなくてさ

それう本当変だたよ。俺はて家にって、自分の部屋布団をかぶて震えてたん本当に怖かったからね



4 :名無き被体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:18:35.59 ID:EjVEnkhT.net
ここで終わば少し話で済んだんだけど、もっともってはとても怖いだけどな。

それでさ、布の中にいら突然イフォ鳴る音聞こえただ。心臓が止まかとった

とい俺はなんでかの主があッペンガーだって確信してもう本当怖かっ

俺で自家発電できるくらい震てたんいかな。

本当ったらそんな怪しげな来客は無視して、家族が帰ってくまで団をぶっているはの場面なんだ、いもの俺ならね。

けど、なんか俺ドッペルゲンガーに興湧いたんだ

もちろん怖い宿けどいつと話てみいと。自わかどね。






5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:21:06.08 ID:EjVEnkhT.net
それで俺は玄関に行って、恐怖を押し殺してドアを開けた。

そしたらやっぱり そこにいたのはドッペルゲンガーだった。

それで、あいつはとても自然に、普通に家に入ってきたんだ。まるで俺であるかのように。

本当、家族が出かけてて良かったと思うよ。どっちが俺だかわからなくなっちゃうからね。

それくらい似ているんだ。俺が制服であいつは私服。違いはそれくらいしかないんじゃないかな。



7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:21:38.60 ID:EjVEnkhT.net
そして、今に至るわけなんだけど。

今俺は、同じ顔したやつと、自分の部屋で向かい合っているんだ。

本当おかしくなっちゃいそうだよ。

「こんにちは」

また心臓が止まるかと思った。

こいつが何を考えているのかわからない。何故、突然挨拶をしてきたんだ。

それに こいつ声も俺とそっくりだ。こんなに似ているなら、もうそっくりというより、一緒と言った方が正しいな。



8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/02/27(土) 20:22:11.90 ID:256O4dlt.net
(これを誰が書いかって早く突込みけど我慢)


9 :名も無き被検774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:22:12.59 ID:EjVEnkhT.net
正直すぐこから逃げい。

だけど、そういうわけにもいかない。ここでげたら、ずっとこに怯から

だかは声を絞って聞いた。



な映みたいなフ、が言うとになるはな。本、恥ずかしいよ



11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:23:14.48 ID:EjVEnkhT.net
「僕は貴方です」

こいつは何を言っているんだ。どういう意味だ。ふざけてるのか?

「はは、冗談ですよ。僕は貴方じゃありません」

なんなんだこいつは。

わからないことだらけだけど、一つだけわかったことがある。

俺はこいつが嫌いだ。こういう軽いやつが、俺は大嫌いなんだ。



12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:23:45.98 ID:EjVEnkhT.net
だから俺は、苛立ちを隠さずに聞いた。

「いい加減にしろよ。お前はいったいなんなんだ。ドッペルゲンガーかなにかなのか? 俺は死ぬのか?」

「違うと思いますよ」

「違う?」

「ドッペルゲンガーではないと思います」

「ならお前はなんなんだ。なんでそんなに俺に似ているんだ」

「というより貴方は、勘違いをしてますね」

「勘違い?」

「そもそも、僕が貴方を知ったのはつい最近なんですよ。始めてみたときは驚きましたよ。僕が目の前にいたんですからね。それで貴方が何者か調べようと思って、貴方を尾行してたんです」



13 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:24:30.94 ID:EjVEnkhT.net
どうやら彼の話をまとめると、三日前彼は駅で俺を見かけたらしい。

それで俺に興味を持ってずっと尾行していた。

そして俺のことが大体わかってきたから、話しかけることにしたそうで、ドッペルゲンガーとかではないみたいだ。

「もっとも、こんなに似ているんですから、ドッペルゲンガーや生き別れの双子とかの方が納得できますけどね。僕は」

彼はそう言ったが、俺も正直同感だ。そんな理由がないと説明がつかないくらい俺達は似ている。



14 :名も無き被774号+@(^o^)/:2016/02/27(土) 20:25:14.39 ID:EjVEnkhT.net
なことをていと、一つ疑問が頭をよぎった。

らど路地で逃げた寿だ。あこで俺に話しかければ良かっただ?」

その疑問をすぐ彼投げかけた。

「それは、簡単なとです。退屈だったから

は?

「尾行というは ほどが待つよ。学校の外で貴を待ったり、外たり、あれほど退屈な時間はないでね。れに僕は、わわざ高校を休んでまで貴方を尾行しました。驚かせたら面白かなって

なよ。そことのためは、恐験をさせたのか

ぱり俺はこいつが嫌いだ。






15 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:25:49.14 ID:EjVEnkhT.net
「それでここからが本題です」

彼は急に真剣な顔になった。俺はこういう顔に弱いんだ。

相手が真剣なら自分も真剣にならなきゃいけない。非常に面倒くさいことに。

仕方がないから俺も真剣な顔になる。



すると彼はその本題とやらを話し始めた。

「僕と入れ替わりませんか?」

「は?」

思わず間抜けな声を出してしまった。今日だけで何回めだろう。いったい俺は何回驚けばいいんだろうか。

このまま話を終わらせるわけにもいかないので、声を整えて、俺は聞き返す。

「どういうことだ?」

「よくある話ですよ。主人公と王子様が入れ替わって一日すごすとか。そういうやつです」

「それをなんで俺達がやらなきゃいけない?」

「そんなのわかってるでしょ。顔が似ているからですよ」

やっぱりこいつはふざけているんだろうか。

本当に嫌なやつだな。



16 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:27:08.76 ID:EjVEnkhT.net
「僕はこの三日間、貴方を尾行していました」

「それはさっき聞いた」

「では、その感想なんですが」

「感想?」

「そう、感想です。失礼ですが言わせてもらうと、貴方は本当につまらない人生を送っている。つけている僕が飽きてくるくらいにね」

「本当に失礼だな」

俺はそう返したが、正直こいつが言ったことは本当のことだ。俺はつまらない毎日をただなんとなく生きている。

「貴方もそう思っているのではないですか?」

心の中を見透かされているみたいな彼の問いは、俺の心をキツく抉った。

「そうだな、確かに俺はつまらない人間だ。毎日、ただなんとなく高校に通って、特に親しい友人もいないし、部活で綺麗な汗を流すこともない」



18 :名き被検体774号+@\(^o^)/2016/02/27(土) 20:29:34.91 ID:EjVEnkhT.net
そうでしょう

なら前は俺と入替わろうとるんだメリットもいだろ。それとも、前は俺よりい高校活を送いるのか?

これ、俺の高の話をしても、惨な気持ちなるだなので、話を元に戻た。

「いいえ。自分で言うのもなんですが、西客観に見ても素晴らしい高生活をってい

僕も部活にってまが、放課後は大体、友人予定で埋まますし、

この校を休ら、心配する連絡がくさんました

どこかどう見も、僕は充実した生活を送る高校生でしうね



19 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:30:09.99 ID:EjVEnkhT.net
「なら、どうして?」

「飽きちゃったんですよ」

「飽きた?」

「そうです。充実したスクールライフに飽きちゃったんです。

毎日楽しいですよ。でも心のどこかに、何か違和感があるんですよ。

僕が思ったように、全てがうまくいく世界にどこか違和感を覚えたんです。

そんな時、僕と同じ顔なのに、本当に酷い生活をしている貴方を見つけました。

そんな貴方を見て、思ったんですよ。この人の生活を変えてみたいと。

うまくいかない人生を変えていって、思い通りにする。こんなに面白いことはないんじゃないかってね。

それなら、僕が貴方になって、好感度を上げていけばいい。

要するに人生ゲームですよ。リアル人生ゲーム。面白そうでしょ?」



20 :無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:30:52.70 ID:EjVEnkhT.net
「ふるなよ。生をなんだと思いるなんでおのゲーに俺が協しないんだ」

らないでくに、貴方に取ってもいいことなんですよ。僕と入れ替われば、貴方に待っいるのは楽しスクールラフです

だからなんだっていうれに俺んなに人でも今まで自分なりに生きてきたんを捨てうとは思わな

これは当のことだ。確にゴうな生だけど、それでも俺にと、やっ切な生なんだ。



21 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:31:41.40 ID:EjVEnkhT.net
「ちょっと待ってください。

別に永遠に入れ替わろうなんて言ってません。

僕はただ貴方の生活を良いものする過程を楽しみたいだけです。

その後はどうでもいい。

そうですね、二週間。二週間僕と入れ替わってくられば貴方の生活を良いものにしましょう。

これなら貴方に取っても良いことだらけだ。二週間は楽しいスクールライフが送れるし、それが終わった後も、好感度を上がった状態で生活できる。」

「だけど……」

苛立ちは少しおさまったが、俺はやっぱり踏み切れない。そんなに簡単なことなのだろうか。



22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/02/27(土) 20:32:32.78 ID:EjVEnkhT.net
「それに、貴方だってこのままの状態でいいとは思ってないですよね?もっと良い高校生活を送りたいとは思いませんか?僕ならそのお手伝いができます」

こいつの話を聞いていると、本当に入れ替わった方がいいように思えてくる。

俺を騙しているんだろうか? いや、俺を騙していいことなんかこいつには一つもない。

こいつは本当にゲームを楽しみたいだけなんだろう。


「どうですか、僕と入れ替わりませんか?」


「わかった。やってみよう」

いろいろ考えた後、俺は返事をした。とりあえず試してみようと思ったからだ。

あまり好きな言葉ではないが、こんなに似ているんだ、入れ替わるのは運命なのかもしれない。

「良かった。それじゃあとりあえず、今後の計画を練りましょうか。安心してください、必ず良い結果になりますよ」

こうして俺達は入れ替わることになった。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:オカルト・ホラー,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様