2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

十年前から電話がかかってきた

 




1 :名も検体774号+@(^o^)/2016/05/31(火) 22:07:52.71 ID:9FeM9uJP.net
もし

俺が言うと同に携帯の向こからも同じ言葉が聞こた。

「あっ、すみん。あ、どちらでしょうか?

携帯から聞こえる女性のてそう言った


2 :名き被774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:08:16.63 ID:9FeM9uJP.net
どういうこと

確か俺は、見知らぬ番号からかかっきた話に出たのはだ。

いう時普通、名乗は電をかけてきたほうのはろ?


4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:08:42.18 ID:9FeM9uJP.net
俺は、思ったことを そのまま電話の向こうの女性に伝えた。

「何を言ってるんですか? わたしは電話が鳴ったから出ただけです。あなたが電話をかけてきたんですよね?」

「いや、俺こそ電話がかかってきたから出ただけだ。そっちが電話をかけてきたんだろ?」


5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:09:00.31 ID:9FeM9uJP.net
そこからは どちらが電話をかけたかの言い合いが堂々巡りし、とりあえず携帯の故障ということで話は落ち着いた。


6 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:09:28.39 ID:9FeM9uJP.net
「でもこの携帯買ってもらったばっかだったんですけどねー、こんなすぐ壊れちゃたのかな?」

電話の向こうの女性は少し悲しそうな声でそう言った。

「よくわからないけど、何かの不具合だと思うよ。壊れたってわけじゃないんじゃないかな」

「そうですか、なら良かった。テストで頑張ってやっと買ってもらったんですよ」

テストで頑張って、か、小学生くらいかな。そう思って聞いてみると意外な答えが返ってきた。


7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:10:08.18 ID:9FeM9uJP.net
「失礼ですねー れっきとした高校生ですよ。16歳です。花の女子高生です」

「そうか、悪かった。同い年だな。だけど今時珍しいな、今まで携帯を持ってなかったなんてさ」

確かこの前、高校生のスマホ所持率99パーセントという記事をどっかで見た記憶がある。

そんな時代に携帯も持ってなかったなんて相当なレアケースのはずだ。

「そうですか? クラスでも持っている人半分くらいですけど。そんなに珍しくないと思いますよ」





8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:11:05.75 ID:9FeM9uJP.net
99パーセントのうちの1パーセントが、彼女のクラスに半分もいるとなると、彼女が住んでいるのは相当な田舎とか離島なんかだろうか。

そう聞くと、また意外な答えが返ってきた。


10 :名も無き774号+@(^o^)/:2016/05/31(火) 22:11:25.70 ID:9FeM9uJP.net
どうやら彼女が住でいるのは俺と地域らしい。

さらに、通っている学俺の通う高校と同じ名の高た。

住んでいる、大都というわけではないが、田と呼ぶうな場所ないはずだ。

そも俺のラスの携帯所持率は100パ西だしな

んな場所で携帯持っていクラスの半分んて考えれなかった


11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:11:54.09 ID:9FeM9uJP.net
「いや、さすがに嘘だろ? 今時、マサイ族だって携帯を持っている時代だぞ?」

そう聞くと、電話の向こうから笑い声が聞こえた。

「マサイ族って、あの目がすごいいい人達ですよね? 嘘ですよ、あの人達が携帯を持っているなんて。エイプリルフールだからって騙されませんよ?」


12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:12:35.97 ID:9FeM9uJP.net
「嘘じゃないよ。そっちこそエイプリルフールだろ? 俺と同じ場所に住んでて、携帯所持率50パーセントなんてさ?」

「嘘じゃありませんよ。そもそも私が嘘つく理由なんてないじゃないですか」

「いや、でもやっぱりありえないだろ。この2016年にクラスで携帯を持っているのが半分だけとかさ。小学生だって携帯を持ってるんだよ?」


14 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:12:59.82 ID:9FeM9uJP.net
「2016年?」

彼女は不思議そうな声でそう聞き返してきた。

「ああ、それがどうしたんだ?」

「何言ってるんですか? 今は2006年ですよ? あなた、エイプリルフール大好きすぎませんか?」

「は?」

笑いながらそう言う彼女に、反射的に声を出していた。


15 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:13:36.48 ID:9FeM9uJP.net
声の調子を整えて俺は話し出す。

「何言ってるんだ、今は2016年だろ? そっちこそエイプリルフールが大好きなんだな」

「だから、そういうのいいですって。そもそもエイプリルフールって午前中だけらしいですよ。今、嘘つくのはルール違反です」

「もういいって、午前中だけだろ? 知ってるよ。嘘はもういいからさ」

「だから、もういいですって……」


16 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:14:13.00 ID:9FeM9uJP.net
そこからはまた、さっきのように言い合いが続いた。

三分くらい経った頃には、彼女のは不機嫌さを全く隠さなくなっていた。

「もういいですよ、エイプリルフールのいたずら電話だったんですよね? なかなか手が込んでると思いますよ」

ここまで言い争っておいて言うのもなんだが、俺には彼女は嘘を言ってないように思えた。

少なくとも彼女の声には嘘があるようには感じられなかったんだ。


17 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:14:58.41 ID:9FeM9uJP.net
だから一つ試してみることにした。

「わかった、そっちは今何時だ?」

「19時28分ですけど、それがどうしたんですか? 嘘つきさん?」

この汚名を返上するためにもと、俺は一つ予言をする。

「ちょうどよかった、今から一分後小さな地震が起こるはずだ。もしこれで地震が起きたら、俺が未来から電話をかけている証明になるだろ?」

「まぁ、そうですね、揺れたらの話ですが」

彼女の声からは俺を信じている可能性が1パーセントも感じられなかった。


18 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:15:30.10 ID:9FeM9uJP.net
「揺れませんでしたね、嘘つきさん」

一分間沈黙が続き、時計の針が19時29分を指した頃、彼女の呆れた声で静寂は破られた。

揺れなかった、彼女がそう言った瞬間、俺は彼女のことを信じるしかなくなっていた。


19 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:16:58.49 ID:9FeM9uJP.net
「私、少し本当に揺れるのかなとか思ってたのに、結局嘘つきさんは嘘つきさんでしたね」

「ああ、悪い、嘘をついていた」

「知ってますよ、結局揺れませ――」

「違うそうじゃない、確かに俺は嘘をついていた。

地震なんか本当は起きてないんだ。

もし君が揺れたと言ったら、君が2006年にいるというのは嘘ということになる。

それを確かめたくて嘘をついたんだ。

でも君は揺れなかったと言った。あの短い時間で地震があったかどうかを調べるのは不可能だろう。

つまり君は本当に2006年にいるってことだ。信じるよ」


21 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:17:27.90 ID:9FeM9uJP.net
「いい加減にしてくれませんか? 言い訳が過ぎますよ、そんなんで騙されるわけないでしょ?」

その声は今日一番の不機嫌な声だった。

彼女とは まだ少ししか話してないけど、この一ヶ月くらいで、一番彼女を不機嫌にさせたのは俺だろうね。自負するよ。


22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:17:53.88 ID:9FeM9uJP.net
ただ、そんなことを言っている場合でもなかった。

彼女は今にも電話を切りそうだったからさ。

だから、電話を切られる前に、さっきの1分の間にパソコンで調べたことを、予言する。





23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:18:33.43 ID:9FeM9uJP.net
「ありがとう。じゃあ予言する。

そっちで最近起きた通り魔事件があるだろ? その犯人が五分後、19時35分に捕まるはずだ。

テレビのニュース速報でも見てくれればわかると思う」

「ふぅん」

彼女は早く終わらせたいと思っているのか、それだけ言うと、黙って5分間一言も喋らなかった。


24 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:19:03.55 ID:9FeM9uJP.net
「お話、聞かせてもらってもいいですか? 未来人さん」

19時35分、彼女は震えた声で そう切り出した。

俺の汚名が返上されているということは、つまりそういうことなんだろう。


25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:19:36.09 ID:9FeM9uJP.net
「どうやら当たってみたいだな、予言」

「そうですね、残念ながら」

「残念ってことはないだろ? むしろ俺たちは すごい体験をしているんだからさ」

「それでも、信じられません。いや、信じてないわけではないんです。でも信じられません」

彼女は だいぶ混乱しているようだ。

「詩人だな」

「ふざけないでください。一体どういうことなんですか? 2016年って何ですか? わけがわかりません」


27 :名も婿無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:20:10.08 ID:9FeM9uJP.net
わかいよ。さき言鳴ったら でたら君につ婿がっ。わけがわからよ、

じゃあ何で そ冷静ですかしいでしょ、通もっとします

女はり乱寿した声でそう言った

も普通なるはずなんだろう

でも彼女り、俺は不議と冷静だった


28 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:20:49.18 ID:9FeM9uJP.net
「何でだろうな。未来人の余裕とかじゃないか」

「どういうことですか?」

「ほら、未来から電話がかかってきたとなると驚くけどさ、過去からだと そこまででもなくないか? なんとなくさ」

「意味がわかりません。普通どっちでも驚きます」

ごもっともだ。

でも自分自身でもわからないんだからしょうがない。

想定外すぎることが起こると、人間は案外冷静でいられるのかもしれないな。

「とにかく お互い何かわかってることを話しましょう。こうなった心当たりとか何かありませんか?」


29 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:21:11.64 ID:9FeM9uJP.net
そこからいろいろ話したが、結局原因らしい原因は見つからなかった。

「とりあえず、今日はもう遅いですし また明日電話します。多分もう一度かけられますよね?」

「ああ、さっきもつながったし大丈夫なんじゃないか?」

さっき話している時に間違えて俺が電話を切ってしまったが、着信履歴からかけ直すとまた2006年の彼女につながった。

だからきっと大丈夫だろう。


30 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:21:40.75 ID:9FeM9uJP.net
「そうですね、じゃあまた明日」

「また明日」

俺が言い終わる頃には電話は もう切れていた。


31 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:22:00.19 ID:9FeM9uJP.net
そのあとは時間も遅く、疲れていたのもあって布団に入ると すぐ眠りに落ちた。


32 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:22:15.56 ID:9FeM9uJP.net


「冒険しようぜ!」

朝、携帯の鳴る音で目が覚め、彼女かなと思って出たら、聞こえてきたのは よく知る男の声だった。


33 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:22:41.43 ID:9FeM9uJP.net
「意味がわからないんだけど」

「だから、冒険しようってことだよ。楽しそうだろ?」

「いい加減、わかるように話してくれないかな? 桐島」

「だから冒険だって」

いつまでも、話さない桐島に俺はだんだんイラついてきた。

「もう、切るね。じゃあ」

「待って、待てって。ちゃんと話すから」

「最初からそうしてくれないかな?」

「悪かったって」


34 :も無き被検体774号+@(^o^)/:2016/05/31(火) 22:23:16.59 ID:9FeM9uJP.net
島は いつもうな お気楽そうな冒険』とやらのこと話し始めた

険っはな、宝探しのことだ」

的な現がまた別象的な表現にただけなんだけど もっと体的にしてくれない

もう、いい加減にて欲かっ


35 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:23:37.90 ID:9FeM9uJP.net
「そうだな、具体的に言うとタイムカプセル探しだな」

「タイムカプセル?」

「そうだ」

「タイムカプセルなんて埋めた覚えないんだけど?」

言葉の通り、そんな青春の塊みたいなものを埋めた覚えは一切なかった。

「ああ、俺もないぞ」

きっぱり言い切るその姿は いっそ清々しかったが、本格的にわけがわからなくなってきた。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様