2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

汚嫁の浮気から発覚した計画が、もはや犯罪レベルの内容だった
 
罰ゲームで女の子が急接近してくるようになった
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
彼女にアポなして会いにいったら3Pの真っ最中だった
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
山でありえない体験をした話
 
離婚届を置いて汚嫁の前から姿を消した。これから反撃するぞ。
 
嫁が媚薬で寝取られ、密かに4年間も関係が続いていた。あげくに3度の堕胎まで。
 
3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
妹とSEXしてしまいました
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
接待で慰みものにされ続けていた妻
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
変わり果ててしまった妻
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談(デリ嬢時代のプレイ再現編)




風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談の続きです。


4 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:35:00.34 ID:u2R0QVhz0
「嫌いになんかなれないから、今はどうやってお仕置きしてやろうか考え中だ」

そのセリフを聞いたマドカは、目を輝かせたあとに、手足をバタつかせながら「イジメて!いっぱいイジメて!」って、すがるように抱きついてきた。


なんとなくパンツの中に手を突っ込んだら、もうトロットロになってた…。


「いつからこんなに濡れてたの?」

「わかんない、けっこうずっと前から…」


「エッロいなマドカ…。色々されたこと思い出しちゃったとか?」

「そ、そんなんじゃない!」


「どーだろ?」

「ヒロシがすごーくイジワルな聞き方とかエッチな質問したから…」


「つか、もう挿れる、我慢できない…」

「ええええー!わわわっ!」


いきなり押し倒して、マドカのスカート捲り上げ、パンツに手を掛ける。



5 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:36:13.45 ID:u2R0QVhz0
「ちょっとって、ちっと

なに?


ろい計画してたの!焦んないで!も

「計画


パリは

「あー。忘れるとこだった。ってwやってw」


そうえば、本のマカはやけ俺のにしてソワソワ。(元スレ>>201)

しくマドカのほうからエッチのいがあったことも思いす。綿元スレ>>126)

「あれ、ロンな持ちよくないよ、たぶ

「買いに行く?


「まぁ買いにいいんだ…」

か問題でも?


「どせなら、ブホに行きま

「あw」


マドカはぜか俺に、丁寧なき方をてた

俺は逆に、冗談っぽくすような答え方をしたけど、内心ドキだった。


ヒロシといか行ってみた

俺も行きたい>




6 :ヒロシAiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:37:38.44 ID:u2R0QVhz0
がそ思ってたの同様にマドカも俺とラブホ西たことがな
ことを気にしてくてた、たまらなく嬉しった


「そ、デリヘルでいてたっのは…」

「うん」


「勿論、それ自体が、ヒロし訳ないんだけど湿

「はい」


「他の男のヒ達にしげたことを、ロシに

・・。」


がなといのが、どうしも許せないw」

「あいw」


まで感じ、悔簿しさ、悲しさ、様々な苦悩が頭の寿中に蘇り、そし…。




うん素股


「ズ西゙バ…ッポン!とか?w」

うだねw ンッポンしてあげないだねw」


く、悩を慰める特効薬とえる存…に気付き 始め



7 :ヒロ調シ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:38:29.04 ID:u2R0QVhz0
「ヒロ、もし嫌じいのであれば…だけど」

「うん」


デリごっ退デリごっ…w」

「そ、は、俺がってこと?」


「そ私の最後のお客さん

「マドカこそじゃないの


は大超!頑張る!」

「え、じ…すっごい楽しみ…w」


像や妄想でったマドカ嬢、今、の前に、俺だけに存在た。

リごっこ。がする魅惑的な言葉だっ…。

ふのも知らない俺にとって、マ殿カか聞かされ話は知らないことばかり、俺自身知らないかそ、ドカが客ごした濃密な時間をアレコ想像し、怯えてた。


他の男たち味わ殿間を、追体験、いやリアルに体験るとするなら、俺日感じ々な悩をえ…

かく、デリごっこってマドカに言われてとにかく楽しみでたなかった



8 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:41:23.10 ID:u2R0QVhz0
「ちょっと気合入れて化粧するから」

「は?」


「ヒロシはそのあいだに、ネットでラブホ検索しておいて」

「任せろぃ!」


「ちょっと遠くてもいいし、高くてもいいから、綺麗で新しいとこね」

「おう!」


しばらくして、マドカも隣に来て、検索画面を覗き込んでたんだけど、君誰?って思っちゃうくらいに、イイ女に変身してた。女ってこうも化けるものなのか。

マドカがホテルを選んで、隣のそのまた隣の街まで向かう。

その車中での会話。


「化粧っていうか、特殊メイクだぞコレは」

「すげぇよまじでw」


「万が一、知人に呼ばれた、なんてことがあっても一目でバレないようにね」

「ほぉ」


「幸い、そういうことはなかったけど」

「よかったね」


あー、そういうリスクもあったんだなって、今更ながら怖いと思った。



9 :ロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:42:10.40 ID:u2R0QVhz0
ドカ特殊メイクだなんて大袈裟に言ってたど、大変身遂げまったマドカをを席にせて運転するのは、すぇ優感で。

甘っい香りもてき、俺は何度もカをチラみ見しまった。


堂々ロジ見ることがないいに、綺沿で、そしてエロかった…



「ヒロシ、お財布の中身いくら?」

3000円」


どこの世界に000円持っデリ呼ぶ人がいるの!」

「え…」


「はいのコンビ寄っ。おてくる!

「なにそ


お金の受渡しもリアルにやるら。本気モーでw」

えw それあとで返してくれるの


マドは素知らぬ顔で鼻歌交じりにる景色をを眺めてて、俺は々、といよりしろ、気合れてATMで1円おろしきた


まぁもん、半分面の生活費のもり
してとし本番交渉貿もするつもちょっと




10 :AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:42:47.14 ID:u2R0QVhz0
ホテルに辿り、車に乗たまま施設をグルと1周する


確か27号室と222号たは、探して

「はい?」


「その部屋がいいの」

「え?まさか客とのあるか!?


カ?私がココから何百キロもれた○とこだよ?」

「そうだっw」


運良く部屋が空てて、ガージに入庫てシャッターをおろす

オートク仕様、とあえずマド一緒


「ヒロは先屋に行って。私分後にノックするか

…」


先でドカにそう言われ、そんならリアルに始めのか待に胸を躍せる。


分っっこう長いの

豪華で、サージチェアロデマシー。ちょっとソレをいじって遊んでても、マクされまでが超長くた。



11 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:44:05.28 ID:u2R0QVhz0
コンコン!「は、はい、ど、どうぞ」


入室してきたマドカ嬢は、フロアに跪いて挨拶という、想像以上の礼儀正しさ。


自己紹介を終えて、俺の許可を得てから、隣に腰掛ける。
そして名刺を取り出し「今日はよろしくお願いします」って微笑んだ。

ま、その名刺は、実際のところは、今勤めてる美容室のものだったけど、こんなことをしてたんだなって、俺の周囲の空気がリアルな緊張感で張り詰める。


「なんてお呼びしたらいいですか?お客さんって呼ぶのはなんか苦手なんです…」


「ヒロシです…」

「したの名前を名乗る方は珍しいですねw」


ってマドカ嬢に笑われる。

お客さんって呼んでいいよって客もいるが、名乗る場合はサトウ、スズキが多いらしい。

つまり、偽名を名乗る客が、圧倒的に多いってことだ。

豆知識を得て、俺のデリLVが上がった。



12 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:45:35.75 ID:u2R0QVhz0
「ヒロシさんってお呼びしますね。いいですか?」


俺もマドカちゃんって呼ぶことにして、このときに暗黙のルールが生まれた。


デリ嬢と客を演じてる時は、互いにさん付けちゃん付け。

素の自分に戻るときは、普段通り、互いに呼び捨てにすることになる。

テーブルの上にあったルームサービスのカタログを、デリのメニュー表に見立て手渡される。


「何分コースがいいですか?」

「120分コースで!…いいですか?」


これは迷わず決めてた。アイツが100分だったから、俺はそれより長いコースでと。


「わ。嬉しいです。一緒にゆっくりできますねぇ」

見知らぬ客と密室でゆっくり過ごすのが、本当に嬉しいのかどうかは別として、ただ単に「120分ですねわかりました」なんて返事よりも、良い気分でスタートできる気がした。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:相手の過去, 風俗, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様