2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談(疑似プレイ編)




風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談の続きです。


4 :ヒロAiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:35:00.34 ID:u2R0QVhz0
「嫌になんかなからはどやっお仕てやろうか考え

フをいたは、目簿輝かせたあとに手足をバタつかせなが
「イジ!いっぱいイジて!」っるよに抱きついてきた。
なんとなくパンツの中を突っ込んだらうトロットロになった…。

からなに濡れて?」
わかんない、けっこうずっ前から…」

「エッロいなマドカ…。々されたこ思い出しちゃったとか
なんじない!

どーだろ?」
ヒロシがすイジワルな聞き方便エッチなたか

「つか、もう挿れる、できない…
「えええー!!」

倒して、ドカのスートり上げパンに手を掛ける





5 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:36:13.45 ID:u2R0QVhz0
「ちょっと待って、ちょっと待って!」
「なに?」

「私、いろいろ計画してたの!焦んないでよ!もー」
「計画?」

「パイズリは?」
「あああー。忘れるとこだった。やってwやってw」

そういえば、本日のマドカはやけに俺のチンポを気にしてソワソワしてた。
(元スレ>>201)
珍しくマドカのほうからエッチの誘いがあったことも思い出す。
(元スレ>>126)

「あれ、ローションないと気持ちよくないよ、たぶん」
「買いに行く?」

「まぁ買いに行ってもいいんだけど…」
「何か問題でも?」

「どうせなら、ラブホに行きませんか?」
「あら大胆w」

マドカはなぜか敬語で、俺にお伺いを立てるように、丁寧な聞き方をしてた。
俺は逆に、冗談っぽくはぐらかすような答え方をしたけど、内心ドキドキだった。

「ヒロシと行ったことないから行ってみたいの…」
「俺も行きたい><」





6 :ロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:37:38.44 ID:u2R0QVhz0
思っと同に、マドカ俺とラブホに行こといっ
てことを気にくれてたのが、たまなくしかった

「それにね、デリヘルで働たって
うん」

勿論、そ自体が、ロシに申し訳いんだけど


他の男のヒト達にしてこと、ヒ
・・・。」

あげがないというのが、どうして許せないw」
あいw」

っきまで感てた、悔さ、悲しさ、様々苦悩が頭の中に蘇り、そして…。

素股とか?
「うん、素股も

「ズ゙…ッポン!とか?w」
「そうだw ッポンもしてあげなとだねw」

やく俺の苦悩をる特効ともえる存在…気付き始めた。





7 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:38:29.04 ID:u2R0QVhz0
「ヒロシ、もし嫌じゃなのでればだけど」
「うん」

「デっこ?デリごっこ…w」
は、俺がおさんって?」

、私の最後のお客さん」
マドカそ嫌ゃな

私は大!頑張る!」
「えええ、じゃぁすっごい楽…w」

想像や妄想なかったマドカ嬢が、目の前にけの為に存在
てた。ごっこい響きがする魅惑的。風俗
も知らい俺にと、マドカから聞かれた話は知らないことばかりで、
身がらないからこそマドカと過ご時間をアレコ
想像し、怯

他の男たちが数々の瞬間を、追験、アル験でき
ら、俺は今日た様々な苦悩を乗り越え

とにかく、デリごこってに言われにかく楽かたなかった。





8 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:41:23.10 ID:u2R0QVhz0
っと気て化粧するから」
は?」

「ヒロシはそあいだにネットでラブ検索していて
ろぃ!稿

「ちょっ遠くてもいいし、高くいいから、綺麗で新しいとこね」
う!」

してマドカも隣に来て、検索画を覗んでたんだけど
君誰?て思ちゃうくらいに、変身してた。ってこうも化け
ものなのかマドカがホテを選んで、のそのまた隣の街調かう。
の車貿中での会話。

粧っ殊メイクだぞコ
「すげぇじでw」

「万が一、知人に呼ばれた、なんとがあでバレないようにね」
「ほぉ

幸い、そういうことはなかっけど」
よかった

、そういうリスクもあたんだなって、今更ながいと思っ





9 : ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:42:10.40 ID:u2R0QVhz0
ドカは特殊メイクだなんて大袈たけど、大変身をてしまった
マドカを助手席に乗せて運転すのは、すげぇ優越感で。った
良い香りも漂って、俺は何度もマドカをチラチまった。
堂々ジロジロ見ることがきなくら、綺麗、そてエロかた…。

「ヒロ財布?」
3000円」

このに3000円持っ人がいるの!
…」

「はいそこのコビニて。ろしてくる!」
「なにそれ」

「お金の受け渡しもリアルやるから。 本ドでw」
w それあと返してくれるの?」

知らぬ顔で、鼻歌交じりに窓の外の流れる景色をを眺て、
、というよりむを入れATMで10万円おろてきた
ぁもちろん面の生活費のり。そして、客て本交渉も
するりでちょっと多






10 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:42:47.14 ID:u2R0QVhz0
ホテルに辿り着き、車に乗ったまま施設内をグルッと1周する。

「確か217号室と、222号室だったはず、探して」
「はい?」

「その部屋がいいの」
「え?まさか客と来たことのある部屋か!?」

「バカ?私がデリしてたのココから何百キロも離れた○○ってとこだよ?」
「そうだったw」

運良く、部屋が空いてて、ガレージに入庫。そしてシャッターをおろす。
オートロック仕様だったので、とりあえずマドカと一緒に入室。

「ヒロシは先に部屋に行って。私1分後にノックするから」
「えええ…」

玄関先でマドカにそう言われ、そんなとこからリアルに始めるのかと期待に
胸を躍らせる。

1分ってけっこう長いのな。豪華な部屋で、マッサージチェアとロデオマシーン
を発見。ちょっとソレをいじって遊んでても、マドカにノックされるまでが超長
く感じた。





11 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:44:05.28 ID:u2R0QVhz0
コンコン!「は、はい、ど、どうぞ」

入室してきたマドカ嬢は、フロアに跪いて挨拶という、想像以上の礼儀正しさ。
自己紹介を終えて、俺の許可を得てから、隣に腰掛ける。そして名刺を
取り出し「今日はよろしくお願いします」って微笑んだ。ま、その名刺は、
実際のところは、今勤めてる美容室のものだったけど、こんなことをしてた
んだなって、俺の周囲の空気がリアルな緊張感で張り詰める。

「なんてお呼びしたらいいですか?お客さんって呼ぶのはなんか苦手なんです…」

「ヒロシです…」
「したの名前を名乗る方は珍しいですねw」

ってマドカ嬢に笑われる。お客さんって呼んでいいよって客もいるが、名乗
る場合はサトウ、スズキが多いらしい。つまり、偽名を名乗る客が、圧倒的
に多いってことだ。豆知識を得て、俺のデリLVが上がった。




12 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:45:35.75 ID:u2R0QVhz0
「ヒロシさんってお呼びしますね。いいですか?」

俺もマドカちゃんって呼ぶことにして、このときに暗黙のルールが生まれた。
デリ嬢と客を演じてる時は、互いにさん付けちゃん付け。素の自分に戻ると
きは、普段通り、互いに呼び捨てにすることになる。テーブルの上にあった
ルームサービスのカタログを、デリのメニュー表に見立て手渡される。

「何分コースがいいですか?」
「120分コースで!…いいですか?」

これは迷わず決めてた。アイツが100分だったから、俺はそれより長いコー
スでと。

「わ。嬉しいです。一緒にゆっくりできますねぇ」

見知らぬ客と密室でゆっくり過ごすのが、本当に嬉しいのかどうかは別とし
て、ただ単に「120分ですねわかりました」なんて返事よりも、良い気分で
スタートできる気がした。





13 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:46:56.15 ID:u2R0QVhz0
マドカ嬢が携帯を取り出したので、店に電話を掛けるフリでもするのかと思った。

「あ、お店に電話をする前に。ヒロシさんって…」
「はい」

「本番したいヒトですか?」
「え?ええ?えええ?」

開始5分足らずで、マドカ嬢の口から唐突にその一言。俺は動揺を隠せなかった。

「ちょ、ちょと、マドカ…」
「なに?」

なぜか俺はヒソヒソと小声になってて、マドカもそれに合わせて声のトーンを落とす。

「なにそれいきなりw」
「ヒロシはお客さんなんだからそのつもりで答えてよw」

「マドカちゃん…それはその、今決めないとだめなこと…デスカ?」
「うーん…」

「っていうか、そもそも、デリって本番ダメなんでしょ…?」
「はい、ダメです」

毅然とした態度でそう答えるマドカ嬢。一体何がどうなっているのやら…。





14 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/01(土) 23:47:28.46 ID:u2R0QVhz0
「もし本番したいなら、チェンジしますか?」
「え?」

「私は無理なので、そういうの」
「あ、そ、そうなんですか…」

なぜか本当にガッカリしてしまう俺。いやいやいや、本番してたって
言ってたじゃん…。

「デリは本番はダメなんですけど、チェンジすれば…」
「はい…」

「もしかしたら、OKなコもいるかもしれませんよ?」
「え、ああ…」

「それでも私でいいですか?私はヒロシさんがいいけど…(ボソッ」

なにそれ、うしろの一言、ボソッってなにそれ、すごい威力なんですけど。

「お、俺もマドカちゃんがいいですぅ…(*≧∀≦*)」
「(´∀`*)ウフフ」

完全に術中にハマった。最初にこんなこと言われて、実際は本番OKだった
りしたら、そのときに客が感じる「俺って特別なんじゃね?」って優越感は
絶頂に達するだろう…。





15 :ヒロシ ◆AiN4bQQxT3wW :2013/06/02(日) 00:01:34.61 ID:u2R0QVhz0
全部終わってから、マドカに教えてもらうのだけど。
仕事にも慣れ、裏メニューとして本番をするようになってからは、
「新規の客」には、いきなり最初に本番したいか質問してたらしい。
まさに俺と同様のやりとりを、客とも繰り広げたってことだ。

これは自分から本番を持ち掛けた、ってことではない。あとあと駆け引きを
されるのが面倒だし、ダイレクトに本番したい意思があるのかどうかを
初っ端にブチかまして、そこで一旦、私はしない、と完全に拒否するらしい。

俺にとっては残念なことだが、そこであっさり「チェンジ」する客は一人も
いなかったそうだ。まぁ結局のところ、マドカが来室した時点でスゴイの
キタ━(゚∀゚)━!って感じだったんだろう。

ただその代わり、マドカの一言で怯んでしまったり、しどろもどろになる客は、
その時間内に本番したいとはもう二度と言ってこなかったらしい。それは
同時に、客のコミュ力を図るのにも、絶大な効果を果たしたという。







>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:相手の過去, 風俗, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様