2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

待っていてくれる紗代

 



の同級で付き合って、二十三歳で子供が出来て、慌て入れら二十六年が時の事た。

こまで二人で頑張ってどうしてと人生んだ。


俺が会社のOから貰った誕生日プレゼントのネクタイを、初て締めて出勤しうと時に泣いて怒った紗代。

の娘に々相談に乗ってり、お礼も兼プレゼントので貰った素敵ネクタイね」と言れたが、彼女の相談にていと自体嫌だっのを我慢していたんだな。


のミニバスを初めてが見に行った時の事を覚えているか?

が急に思い立っを見に行く、紗代体育館の隅でコーチと二けで親しに話いたよな。

,俺が二日間も不機嫌でいら、うやく俺の気持ち気付いてきつてきて「ごめね」謝ってく

気が発覚する半年も嫁し、そ夜,俺酒を飲みなが泣いていると

「やっとこれで、おんが私けのものになった」

優しく微笑んキスをしてくれ代。


そんが、その半年後にはした

これは絶対に夢度も何度も自に言いかせた

しかし,泣いる紗代を見ていと、事実めざるを得なくなってしまう。

--------------------

それは代の帯を、何気なく覗い宿った事か始ま

こにかれたメールの内容は、今ではっりとえてい


“主人いる耐えられないの。別れて


言っている。今更別られ。旦那と別れて俺のところにい”


“そは出来ない。私しています。お願ですから下さい”


“昨あんな感じてくれたじゃな俺のチンポをし貿がら、厭らしく腰までかしてい使ろ”


これ以主人を裏切のは嫌なも辞めますて下さい”


“俺から離れられるとでも思っていのか?どうれる言うのなら、紗代のコと俺のチンは、どだけ相性良いか旦に話殿しに行く。身体が俺を求めたかを話す。代はもう俺の女と”


そんい事話しに来な。主人沿苦しめたくないの”


話されたくなけば明日も来い。ば明日旦那会いに。明日出社して来らすぐにテル行こう。二別れると言ないよ朝かり可愛ってやる。旦那を愛しているなんて二言えないように、退社までて責めぬいやるか覚悟しおけ。どうだ像しただでもてくるだ


俺は頭に血が上り、を問いめたよな。

そのうして認めただ。

これは架言葉遊びどうして最後ま続けてくれかった





俺は今ま便で、あの時は,携を何気なしまい込湿んでいたが、本そうだったのだ

浮気が覚する半ど前ら、紗代の様子が変だと気付いいたよう気がする。

うだ。見て俺にっていた

紗代に限っ気するなんて有り得ない自分に言い聞かながも、本当心配で仕方がなかっんだ

真実る勇気が無かっただけで、食欲も落ちて体重で減っていた。



紗代が会社のだと言った時も、実は何かが変だと感

れなのは、その事から目を背けてしま凄くずっと脅ていたようなる。

を抱ていたずなに優く理解のあ夫を演じてしま、笑顔で送り出ししまっ俺。

えると、やり俺は故紗代の携帯をいたんだ。

耐えられな綿なって紗代の覗けるャンと伺ていたんだ


「このよな事してしまった私には、資格などあり。全てあなたに従ます


どう女にった。

どうして捨ていでと縋りつかなかっ

泣いて騒い湿で狂った寿してれなけ、男のプライド邪魔をして、許すとは言るじゃないか。


「私のような女と緒にいては、あなたれない。私ような酷い女と」


思えば、れは紗代の本心と分かるのだがその時の俺はい方に受けしまった

と別れて、年前に女房亡くした奴と一緒になたいの

と再婚れば、小さい会社ながらも社長婦人。

いてや時間追われた生活しなくても、金もれば昼間からホテルにけるな時間も

とのクスはった

で仕事を抜け出て、週に三日もに行っていた紗代。

は どうあれ奴を体内にれてのセ虜になっていたのは事だろ

新婚時は毎日していたックも、は月に一か二度ま減っていた

身体の繋よりもの繋りを視して、セックスを眠るりも、手を繋いで眠るほらげ

が浮気の原因だくない全く関係が無いとない。


だから俺は発覚からは毎紗代を裸にしたが、罵るだけで抱かなかっ

も,あれはのでくて、抱たくても抱けかっただ。

匂い消したくて紗代の中を俺の体内から出る物で一杯にしたかった身体が言う事を利かなかったんだ。


の自の紗代の大きな乳房が、奴の波打つ光景が浮かんでしまう

はついてしまったで円を描くように、怪動くまで見えてくる。

しかし,俺達には歴史があるからセッど出来なくてもつかまた元夫婦に戻ると思った。

セックスなどくても長い年月で培った心の繋がりははいない信じていた。



奴とは今後一連絡は取らなと誓約書を交わし、仕事も辞実質奴とはなくた紗を、一応これで取り戻せたていたが、あっさりと慰謝料を支使奴の反撃が始ま


調一応制裁を加えたつもでいたので後は紗代と俺とのだといたにとっ万なおそらく一ヶ飲み代ぐらい思っていなかったのだ

ワンマン社長の奴には社会的制裁えられず、お金な何のなっいなかった事を知る

結局,何かった奴はが紗代を抱けくなっ沿を知っているのように、その事をあざ笑うかのよ撃を仕掛けきた

から稿のようにいて

俺宛に、得を装うな空の会名でいていたから、紗代は気が付かなかただ


奴はそこ紗代未練があった

あれだの財力がすぐ還暦だ言っても、もと若くて美人女をただろ

紗代の事が稿、本好きだったも言たかったのか


はなく、セッ紗代を繋止めておためだったと言いたかたのか。

俺と紗代との仲を引きくための手紙だと分かっていても、の知い紗を知くて読まれなかった。

そこに書かれていた事は、全てが真では無いと分っていても、読息苦しくてく

ら封けずに握し、ゴミ箱に捨てた事度かあ

綿結局はそれを拾って読んでしまう。

こには奴と紗代のセックスが、毎赤裸られていたから


り書かれていた内て事実だとは思わなかったむと紗代の息遣いまで聞えて来るよがした。

最初,関係を結んだ日、代は休出勤じられて誰もいオフィスで後ろから抱きつかれ、首筋にキスをされ全く抵抗なかっ書いてあった

していた奴の振りと恐怖がすくんでしま動けかったのだといたかったが、よれば紗が抵なかは、奴に抱かれる事をずっと望んでらだそうだ

後,来客用に連れて行かれ、ァー座っ奴の膝の上に乗せら首をろに捻って熱い口付け交わす代。

キスをされ制服のボタンを外されて、ブラを全にさてブーを上げられ、奴に乳首をれて大きな房をれる。

やがて,奴の手下に下がり、タイトートの潜り込

するのそは既を溜いて、少触っただけで大量に外流れ白なけでは吸しきれずに、パントをてストにまでも染みをつくってまう。

蜜の多さにを良したはタカートをたくし上げ、紗代のが自由に開くようにしてから自分を目

のよう事をされて両側置かれた紗代の足はそれ以上いてしまい、奴はパンストの中手を込んで、開りやすくった代の俺だけの秘密場所を思う存分指弄ぶ。




“下の上からだけ直には触っいなのに、紗代はれだ二度達していました

奴によると二度も達した紗代は目付きも変わり、普段楚な紗代とは別人のようになって自ら奴のくなけていた物を口くなったろで勝手にって使ってたと書いてあった。

それでま,独り勝手に達てしまった紗代は、今度はソァーに手をかされて、お尻も晒し獣の交わ稿な格好で責められる

して,最後はから押さえつけられ西終わいうフルスを味わ段の声りも1クターブい可愛いけながら、この最大の絶頂を迎えてしまった。



の後は,ちくちょく事中に連れ出され、ホテルに連れて行かれては気が遠くなどのを与えけて

間に紗代は、さえ現物は,見の無いような玩具による快感まで教えまれ、最初は怖がっていた発覚する頃にはられただけ、そよっ与えられ快感を期待して濡らしていたと奴はげに書いて


社内では次第に紗奴との仲は公然のものとなり、仕入先の担者などは,奴喜ばせめに、紗代の事を奥とまで呼んでい者もたそうだ

代のを自由にされ、俺教えてかった快感で教込まれことも悔しには,奴の奥んのよう扱わていた事の方がく圧し掛か、経したの無いような猛烈な嫉妬で気が狂うになった。



紗代俺の妻で、そ外の何者でも無

かし,一家を出れば奴の妻で、夫である奴の処理いう妻との務いたのか

かし,これらは全て奴の一的な白で限って そこまでは酷くかったと信じたかったが、どちも半年の間簿、俺とよりく奴セックスを俺と得られなような快感与えられ続けていたのは事実だと落ち込む


ちまは奴の妻になっていと信じよとしたが、身体は完全になっいたとしてしまっ

も紗は反論しなかったよな。うして何も言わずに

はあくまでも勝手想像だて話し、全て否定すれば良ったんだ。

本当は,奴手紙よる告白ったから、紗代が否しても信じられなかったないが、紗代が否くれたなら俺はにでもそを信じたぞ


宿ろが論しない事り全て実だったのだと落胆たじゃないか。

だから俺紙を読むに、手紙は告げずに紗代を責た。

その,最愛の紗代にまで振り、徐々には奴の術嵌っていった。

そして終に定的が届く。


それは会の慰安旅行だ嘘を吐いて、便った旅館での話が書が、封されていた紗が眠った隙に撮ら写真を見た俺は紗代れをされた。


館の帳に奴の名字を書た紗代。

婦でも無族風呂に入り、殿子供を洗っやるかのうに奴の身体の隅々まで洗てやった紗代

かし,子とは大き、大事な部分はに念入りうよ言わる。

私が「これが紗代を沿良くしてくれのだから、感綿気持ち込めて洗さい」、紗代は「今夜いっい気ち良くしてって大事そに両手い、泡い流すと我慢出来な口にんできたぞ”


れが終わると今守交替が紗身体を隅々まで

“中は特に念入り、指を入れて洗ったが、私太いチンポに馴染でしっていた紗一本ではいです」と言って腰をりしたぞ

広くは無い風呂には紗代卑猥な声だが響き渡りに命令され船の縁に手ついて、奴かって尻を紗代。


奴と紗代のセックスは、したくなもどこでも自出来た。

それ避妊ていなかたから。

“私が「欲しいのならお尻を振っていしなさい」と紗代は直に尻を振って催促した

し,それで綿も入れてやらないくと、自分の指くオチンポ入れて下さい」だと”


奴はそでおねりしろ命令しおきなが、おを振て催促す紗代を焦して喜んでいたのか

さぞかし惨めだっただろ?死にたいほど恥かしかっただろ?

かし,奴が入着た時、じっといる奴に痺れを切らして、動きめたのは紗代簿だったそうだな

回,身体の奥深く奴を受けさせられいたが、お互年齢から幸い娠はしなかった

しかし,奴の分身が紗代の分身と結びつこうと毎回紗代のお腹の中で動ていたかとうとき気がする。

の豪な料理には、や山芋の料ついてただろ?それらは,特別に頼んだ料だったしていた

は紗代るために、奴が体力をよう頼んでおいた料理だったと知っいた


鰻が利いどうは分からな、夜通め貫かれた浴衣姿の紗代。


そし,朝日が昇る頃には、紗代の首には浴の紐が巻かれていた。

“感じ過ぎるのか「もう出ない。許してと言れたのでった、縛ら計に興奮か涎まで垂していた


行為がどれだ激しか

“まさかこの歳で、一四回も射精してしうとっていった。で紗代はっと凄かっぞ。仲居さんはシ宿ーツを見、オネショしたのかと思っただろうな”

奴が書ていた事か像出来、朝差し込む明部屋で、紗代は写真を撮られている事など気付かいほど、使い果た死んように眠っしまう。


その,撮真が二枚同封されていたのだが、一枚は下半身ントを合わせてある写真で、形にきく口を開けそこか、白い液体出していた

当然,それもショックには違いなかったが、が紗代との別れを決断たの上半られた写真の方

の顔はも満足げ、奴との行為でどれほど深く達したかを物語っていた。

れを見た時、俺の持ちはきく離婚に傾く。

別れ事が最善かどうなのなど、える裕も無いほど紗代の寝は満足そで、まるで眠り微笑んでいるようた。



「別れよ

の短言葉を聞いた紗泣き崩れたが、どしてだけは許して欲いと言わなか

すんなり離婚を受け入れて、離届を一行った日に少な財産分与から更にを引いたの、パートを借りれ面の生活費ほどしか残らないお金だけって出て姿行ってしま紗代


その,俺は代は帰っ調てきて、来ると思っていからんな件を承諾したんだ

そうでなければ慰謝なんう気もかった代が出来るように全てを置いてて行ってい

何故 俺が復出切ると思ったか分かるか?



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様