2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

待っていてくれる紗代

 



校の同級生で付き合って、二十歳で子供が出来、慌てて籍れてから二十六が過ぎた時のだった。

ここ張っ、どしてだと人生だ。


会社のOった誕生プレゼントのネクタイを、初めて締めて出勤うとした泣い怒った紗

その娘には々相談に乗ってやり礼も兼ねたプレゼントだったのた時「素敵なネイね」言っくれが、当は彼女乗っ簿いること自体ったのを我慢してな。


弥生のミニバスめて俺が見に行った時事を覚えているか?

俺が急思い立っ練習を見行くと、代は体育館の隅でコチとだけに話していたよな

も,俺が二日間も不機いた、ようやく俺の気気付いてて「ごめん」と謝っ

浮気が発覚する半年も嫁出しその夜,俺ながら泣いて沿ると

「や西っとこれで、お父んが私だけになった

と優しく微頬にキスをしくれ紗代。


んな紗代調の半年後には浮気した

これは絶何度も何度も言い聞かせた。

し,泣ていてい、事実簿だと認めざるを得なくなってしまう。

--------------------

紗代の携帯を、覗いてしった事から始ま

こに書かれていたメール内容今でもっきりとている


主人を見てと耐えられないの。れて下さい”


言っている。今更別れられるか。旦那とれて俺のとろに来い”


“それはない。私は主人を愛していま。お願いでから別れて下さい”


昨日んなに感じてくれじゃないか。俺をしっかりと締付けならしくまで動かしていたろ”


“これ以上主人を裏切は嫌なの。も辞ますか別れてい”


“俺から離れるとでも思っているのかしても別れると言うなら、紗代のンコと俺のチンポは、どれだけ相いか旦那に話しに行く。紗代の身体がだけ俺求めたかを話す紗代う俺と”


んない事を話しに来なで。主人だけは苦便めたくないの


“旦那に話されたく簿なけれ明日も来。来なけば明日旦那に会いに行く。出社して来たらすホテに行こう。二度と別れるえなうに、朝かぷり可愛がってやる。旦るなんて二度と言えないように、退社間まで責めて責めて、責めぬやるから覚 ておけどうだ。想像しただけでも濡てくるだろ?


俺は頭にが上り、に紗代をめたよな。

の時うして認めた

の言びだと言ってどうして最まで否定しけてくなかった





は今まで、あの,携帯を何気なく見てしまったと思い込んでたが本当そうだったのだろうか。

する半から、紗代の様子稿変だと気付いてたような気がする。

うだ紗代だけを見きた俺にはかっていたんだ。

紗代に限って浮気するり得いと自に言聞かせなが調らも、本当はなかんだ

真実勇気が無かけで、食欲も落ちて体重まで減ていた。



会社の慰安旅行だ言った時も実は何か様が変感じてい

は、そのから目を背てしまう。凄く怖て、ずっと脅えていたよう気がす

不信を抱いたなの理解のある夫しまい、笑顔で送り出してしまた俺

そう考えると、やり俺は故に紗携帯を覗いたんだ

耐えれなくなっ、紗代携帯けるチャンスをずっと伺いたんだ。


「このよな事をしてった私には、何も言格などあん。全てあなに従います


うして素直ななっ

どうして捨てないでと縋つかかった。

いて騒いったふりでもくれな男のプライドして、許すなどと言えくなじゃない


な女一緒にいたは幸せない私のよ調女と」


後で思えばれは代の本心だったと分かのだが、その時は悪い方にけ取ってしまった。

紗代俺と別れて、半前に女房亡くした奴と一緒になりたいだと

と再婚れば小さい会社がらも社長婦人。

といてお時間れた生活などしなくてももあれば昼間ホテルるほど自由な時間もる。

奴とセック良かったか

事を抜けして日もホテル代。

由は どうであれ奴を体内に受けれていた時間奴のックスのっていたのは事実だ

新婚時は毎日していたセックスも、そのには月に一度か度まで減って姿いた

身体がりりも心の繋がりを重視、セックて眠るよりも、手を繋で眠安らた。

れが浮気の原因だとは思いたくないが全く関係が無いとも思ない。


から俺は発覚しからは毎晩紗を裸にしたが、罵るだけで抱かなかった。

も,あれは抱かなかったのでは抱きたくても抱けなたんだ。

奴の匂いしたくて、紗の体内から物で一したかっ身体が言う事利かなかったんだ。


俺の紗代大きなが、奴の波打光景が浮かんでしまう。

少し肉はついてしまったがだ括れてる腰上でく動まで見えてく

しかし,俺達には歴史があるクスても、いつかはまたの夫婦にれるった

クス出来なく、長い年月で培っの繋がりは切信じ



は今後一切連は取らないと誓約書を仕事も辞実質奴は会くなっ姿紗代を応これで取りうななっていた、あさりと慰謝料払った奴の反撃がる。


奴に一応制裁を加えたつたの、後はとの問題だと思っていたが、奴にとて百万などは、おく一ヶぐらいにか思のだろ

ンマ奴に社会的制裁もえられず、お何の裁にもなってなかったを知る

局,何のも被らなった奴は、俺が紗代けなくなった知っいるかのように、そのをあざうかのよ反撃を仕きた

本当は奴から、毎日のよに手紙がいていた

俺宛、得先を装の会社名でたから、紗代は気が付かだろ?


奴はそこまで紗代に未練がったの

れだけがあれば、らもうすぐ還暦だとも、もっ若く美人抱けだろ

の事が、当にきだっでも言いたかっ


セックセックスは紗代ぎ止ておくためだったと言い簿かったのか。

これは俺と紗代との仲を引き裂くただと分かっいて俺の知らない紗代を知りたくて読まずにはいられった。

そこかれていは、てが真実では無いと分っていても読めしさで息苦しくってくる

だから封も開けずに握し、ゴミ箱にた事も度かある。

しかし結それを拾て読んでしまう。

は奴とのセックスが、毎回赤裸々綴らら。


やはかれた内容実だ思わなかったが、それを読むと紗代の息いまで聞こえて来る気がし

最初,関係を結んだ日紗代は休日に命じられて誰いなフィースで後から抱きれ、にキスをされ抵抗なかったといてあった

信頼いた奴の豹振りと、恐怖に身がすく尿んでしまけなのだとったが、奴によれば紗が抵抗しなかったの、紗代も奴れるをずでいたかだ。

の後,来客の狭い応室に連れて行か、ソに座った奴のせら首を後ろに捻って熱い口付けを交わ

キスれながら制服のタンラウス全開されてブラジャー上げられ、奴にて大きな房を揉まれる

やが,奴の手はに下がり、イトスートの中に込む

すると紗代そこは既に蜜を溜め込んでて、少っただけで大量に外に流れ出し真っなパンティーだでは吸収しきれずにトを通てスカーまでも染みをつくう。

多さに気を良くしたはタカートたくし上代のが自由に開くようしてから自分の膝を目一杯く。

ようをさては膝の両側にかれ足はれ以上に開いてし、奴の中に手込んで、開いて触りやすくなった紗代の俺だけの秘密の場思う存分指で弄ぶ。




下着の上からだけで直には触っもいないの、紗代それだで二度も達ししたよ

によると二度も達した紗代は目付変わり、段の清楚な紗代とは別人うになって自ら奴の硬くなり掛けていた物口に含み分に硬ったところで勝手跨ってきて腰を使っていたと書いてあっ

それでた,独り勝手に達してしまったは、今度はソファーにつかされて、お尻の穴までも晒した獣交わりうな格で責められる。

そして,最は上からえつけられた格好で終わるというフルコースをわっ簿、普段の声よりも1クタブも高い可上げなが、このの絶頂を迎えてしまった。



その後は,ちょくちょく仕事中に連れされホテルに連れて行かては気がくなるほど感を与えられ続けた紗代。

その間に紗代は、俺でさえ,見の無ような玩具による快感まで教まれ、最は怖っていたが発覚する頃には見だけでも、そによって与えれる感を期待して濡らして奴は自慢げに書いてきた。


では次第に紗代と奴との仲は公然のもとな、仕入先の担当者などは,奴をばせるた、紗代の事を奥様とまで呼でいた者もいたそうだな。

の身体をにさ俺がてやれった快感まで教えれた悔しかったが、俺には,奴奥さんのように扱われていた事の重く圧し掛かり、経た事の無いような妬で気にな



紗代はの妻で、それ以外何者でもい。

かし湿,一ば奴の妻、夫である奴の性欲処う、妻しての務めで果たしてたのか

しかし,これらは全奴の的な告白、紗代て そではくなかったと信たかったが、どちらに調てもの間、俺とりも遥かに多く奴とセックスをしでは得れなかったよう快感をえられ続いたのは事実だと


気持ちまでは奴妻に尿っていないと信じようしたが、身体は完全奴の妻にっていたと失望してしま

の時も紗代は反論しなかったよな。どう簿ずにった

俺はあくでも勝手な想像だ西たのだか、全て定すれば良かっんだ。

本当は,奴手紙る告白だたから、紗代がても信じられなかっかもが、婿代が否定してくなら俺は無理にでもそれを信じたぞ


ころが反論しな事で、やはり全て事実だのだと落胆してしまったじゃか。

だか俺は手紙を読む度、手紙事は告げずに紗めた

後は,最愛に右手まで振り上げて、徐々に俺は奴いっ

して終に、決定的


れは会社の慰安行だとを吐いて、奴まっ旅館での話が書かが、同封さていた紗代眠った写真を見に、俺は紗とのれを余儀なくれた。


台帳に奴の字を書いた紗代。

婦でも無いのに家族風呂に入り、幼子供を洗っやる奴の身体洗ってやった紗代

,子洗ってるのは大きく違い、大部分特に念入り うにわれる。

が「これが紗代を持ちのだから謝のちを込めて洗いな」と言うと、紗代は「今はいぱい気持良くね」と言って大事そうに両洗い、泡洗いすと我慢出来なくなって口に含んでたぞ”


それが終は攻替しが紗代の身体で洗う。

“中は特りに入れて洗ってたが、私の太いポに馴でしまって本だ宿は寂いです」と言っておねだりした

い風中には紗代の卑声だり、奴に令され湯船縁について、奴に向って突き出す紗代。


と紗代のセッは、したたらいつでもどこ自由に出来た。

どしていなかったら。

私が「欲しのなを振てお願いしなさいと言うと、紗代は素直に尻をって催促した。

しかし,それでも入てやらないでおくと、自分指でて「早くオチンポ入れて下さい」だと


そのようおねだりしろと命令しておきながら催促する紗代を焦してんでいたのか

さぞ惨めだっろ?死にほど恥ずかしかっただろ

,奴が入って着た時、じっと奴に痺れ切らて、先に動き始め紗代だたそだな。

,身体の奥深くに奴を受け入れさせられていたがいの年らか妊娠った

し,奴の分身が紗代の分身と結びつこうと、毎紗代お腹中で動たかと思うと吐気が

旅館のな料理には、鰻や山芋のついてただろ?それは,特に頼んだ理だと自慢していた。

紗代をまで責るため湿奴が体力をつと頼んでおいた料だったと知っていか?


利いたどうか分かが、夜通し責め貫かれた浴衣姿紗代


そして,朝日が昇るには、紗代の手首に浴衣の紐れていた。

過ぎのかう出来ない。許してと言って暴れたの姿で縛ったら、られ計に興奮したのか涎まで垂らしていたよ


その行がどれだけかったか

まさの歳一晩に四回射精うとは思ってもっと凄かったぞ。仲居さはシーツ、オネショをしたのか思っただろう

と奴が書いていからも想殿、朝日の差込む明るい部屋で、紗代は写真を撮れてる事など全く気付ない精根使いたしんだよに眠ってしまう。


,撮られた写が二枚同封さたのだが、一枚半身にピンを合ある写真でに大く口を開けたままのそからは、白い液体が流れ出してい

当然,それショックには違いなかったが、が紗代別れを決断しは上半身がた写真の方だ。

そのにも足げで奴との行でどれほく達物語っていた。

れをた時、俺持ちは大きく離婚に傾

別れる事が最善かどうかな、考える余裕も無いほどの寝顔満足そう眠りながらでいかのよた。



れよ

い言葉を聞いた紗代泣き崩れたがどう婚だけは許して欲しい言わなかっ

すんなり離婚を受け入れて、離沿を一緒提出た日に、少な目の財産分更に慰謝料を引いた、アパーば当面生活しか残らお金を持ってて行てしまった紗


その時,俺はす紗代は帰ってきて退縁出るとっていたから貿 あんな条件を諾したんだ

うでなければ慰謝料なんても無かった、紗代が生活出来ように全てが出てってい

故 俺が復縁出切ると思ったかか?



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様