2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

叶わない夢を見続ける少年の物語

 

\ シェアする /



http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1642923619/


1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:40:19.701 ID:bBdKFIo+0.net
皆は、自分の将来の夢は何かって考えたことはあるか?

例えば無邪気な小学生なんかは、城のお姫様になりたいとか仮面ライダーになりたいとか、考えたことがあるんじゃないかな。

たとえそれがありえない事だとしても、それを信じて疑わない自分がいるんだよな。

でも、それってなんか可哀そうだよな。




2 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:41:04.874 ID:bBdKFIo+0.net
厨房のころ、俺は人生計画なるものを立てるのが好きだった。

それを何かに書き記すことで、それが未来を書き記す魔法の本みたいになってかっこよかったから。

恥ずかしい思い出だよ。

でも、それは同時に俺の特別な思い出の一つだったりする。



5 :?ちゃんねるからVIPがお送ります:2022/01/23(日) 16:42:21.174 ID:bBdKFIo+0.net
そんな見てるだも恥ずかしくな俺なんだが、その計画表はいたって真面目あふれるものだ

高校何を、どんな学に行っていう仕事ついて

それらはもうすでに、俺の中で確定いたことだっ

えば、俺の将来の夢パイロットにった



6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:43:36.305 ID:bBdKFIo+0.net
すごい現実的な話になっちまうんだがな。

まず、パイロットになるためにはいくつかの道がある。

そん中で俺は一番可能性の高い、航空学校の道を選んだんだ。

その航空学校の入学試験で必要なことって何だとおもう?

意外にも、大学で習うレベルの物理やら何やらと、英語力の二種類なんだ。

まあ後は身体検査だったり面接だったり。

だから俺は大学こそ決まってなかったものの、物理の道には進もうと決めていた。

ちなみに、文系の人でも全然可能性はあるから、絶対に物理の道に進まなければいけないわけじゃないんだけどね。






7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:44:22.513 ID:bBdKFIo+0.net
英語は苦手だったな。

しかも、学校で習う英語ってたかがしれてるんだよな。

だから俺は高校で1年間留学することも視野に入れてたんだ。

高校で留学って言うと結構珍しいことなのかもしれないけど、理由なんてそんなもんさ。



8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:45:07.228 ID:bBdKFIo+0.net
こんな感じ。

まず最初に一番でっかい夢を立てて、それを成し遂げるために必要なことをリストアップしていく、みたいな。

これは自分でも驚いたんだけどね、その人生計画表はなんと50ページにまで及んだんだ。

俺の本気ってなかなかすげえだろ?

パイロットになれなかったら自殺してやるよw



9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:45:53.879 ID:bBdKFIo+0.net
大学生になったころ、俺には彼女がいた。

彼女は俺とサークルが一緒で、俺が大学2年の時に告白されたんだ。

中学生のころ告白に失敗してから、恋人なんて作ろうともしていなかったんだけどな。

好きって言われたら、好きになっちまうだろ。



10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:46:59.495 ID:bBdKFIo+0.net
一方で問題もあった。

あと一年で大学卒業って時だったんだがな、俺は彼女と別れるか必死に悩んだんだ。

航空学校に行くためには勉強が必要だ。


しかも、航空学校って全国に3つしかキャンパスおいてないのな。

大学卒業後は遠距離になっちゃうんだ。

でも、彼女は俺の勉強を応援してくれた。

家も航空学校の近くに引っ越すなんて言い出すのな。

なんて無茶な、なんて思ってたりしたんだけど、彼女本当に親説得させちゃって。


嬉しかったけど、少し困ったかな。



11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:48:00.622 ID:bBdKFIo+0.net
俺の航空学校受験も迫ってきて、俺は勉強と健康維持のための運動が忙しかった。

彼女と会う時間なんてないように思えたが、彼女は俺の日課である30分のランニングについてきてくれた。

つくづく、いい彼女を持ったなんて思っちまうよ。


そんな時に事件が起きたんだ。

俺はいつもみたいに彼女とランニングをしてたんだ。

そして次に気がついた時には、俺は病院のベットに寝かされていた。



12 :以下、?ちゃらVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:48:46.959 ID:bBdKFIo+0.net
は…

な声ともに俺は体を起こ使

全身に激痛が走る。

俺のその様子に気づいた彼女がまだ寝てないだめ言っ、そっと俺を寝かせてくれた。

状況をいまいちよくめない俺彼女丁寧に説してくれた



14 :、?ちねるかVIPがお送ります2022/01/23(日) 16:50:02.116 ID:bBdKFIo+0.net
まず、俺はンニング中に軽トラはねれたよだっ

奇跡に頭は打ってなくて、脳に害が残らかったみい。

だけどやりけがは避けられなかったみたい、右腕と肋骨を一本ずつ折たらしい

どさ痛はそれか。



15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りし:2022/01/23(日) 16:51:15.331 ID:bBdKFIo+0.net
幸い、それは3か全治するっれたから安心した。

航空学校受験は多分無理だけど俺はまだ22歳だら、便限まにあと2回受験のチャンスがある。

り、て本に良かった。

トラクにひかるなんて災難だな。できててよかったよw」

冗談じりに言っただ。

でも彼はすごい悲しな顔して、ただうつむいているん






16 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:52:46.090 ID:bBdKFIo+0.net
「あ…」

「気がついたかいシオン君。」

彼女がなにかを言い出したが、そのタイミングで医師が入ってきた。

「楽にしてていいよ。ところで、そこの彼女さんから話はきいたかい?」

「あ、はい。だいたいは。なんでも、軽トラックにはねられたとか。」

「うん。軽トラックは速度制限を無視して走行していたんだ。それにはねられて死ななかったのは、不幸中の幸いだね。」

「そうっすね。治療ありがとうございます。」

「あー、そのことなんだけど…」

「ん?どうしたんですか?」



17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:53:48.898 ID:bBdKFIo+0.net
「君の右足、もう動きそうにないんだ…」

「へ?」

俺は医者から告げられた一言に呆然とした。

右足が、動かない…?

俺は右足を動かそうとした。

確かに動かない。

俺が右足を動かそうと格闘していると、医者から説明された。



18 :以下、?ゃんねるらVIPがお送しま2022/01/23(日) 16:54:46.857 ID:bBdKFIo+0.net
複雑骨折の一だ…右膝節はもくっつくはなんだ…

…」

正直言葉が出なかった。

そうですかんて言ったした、頭はしていなかった。

とりあえず、俺はいっ病室に一てもたんだ。



19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:55:56.050 ID:bBdKFIo+0.net
しばらく経って、俺はようやく現実を受け入れはじめた。

「もう…動かない、か。」

そっか。

俺の足、もう動かないのか。

そっかそっか。

いきなり呼吸ができなくなったかと思えば、自分の涙を鼻から吸い込んでしまったことに気づいた。



21 :以下、?ちゃんねからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:57:18.615 ID:bBdKFIo+0.net
しばらくし俺は退院した。

入院中の記ほとんどないよ。

く、俺は大事なに別告げよう思った手紙

夢は決して叶わないになってしまっ

もう何もやる気がおきない

れから、何をしうと思ない

は半端がらえてが故、今後自な生活を送るこになる寿

わない夢を見続るくら、にきってしまったが数倍もマシだ思ってしまったんだ



22 :以、?ちゃるからVIPがおりします:2022/01/23(日) 16:58:36.303 ID:bBdKFIo+0.net
紙では、人一に今での感謝を告げた

そして一人一

を一生命育てくれた両親に

俺の背中を見て育ち、俺い時間すごしきた妹と弟に。

を好きになってれて、どこいてきてれようした彼女に…



23 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 16:59:41.014 ID:bBdKFIo+0.net
俺は手紙を書きながら、自分の性格はどうしようもなく糞だなって改めて思った。

俺が死ねばみんなが悲しむって分かってる。

でも…

なんの楽しみもないこの世界で生きながらえることができるほど、俺は強くないんだよ。

ごめん、皆。

俺は最低なわがまま野郎だ。



24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2022/01/23(日) 17:00:57.663 ID:bBdKFIo+0.net
これで、全員か。

俺は手紙を書き終えた。

ふと机の角を見ると、まだ何も書かれていない便箋が一枚残っているのが見えた。

せっかくだから使い切るか。

とは思ったものの、もう大切な人なんて……

「…」

あと一人だけ、いるな。

俺は紙にペンを走らせた。

『 Dear John…





>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:すっきりした話, 青春, これはすごい,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様