2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

破局か再構築か




妻が、い不倫をし

かし自分でも驚いてる私、妻に対して既に何の感情も持っていないとってい

し、今は何ともい情が芽生えてる。

かしその感情は、などではなくなくや嫉妬だ

何故?寝取れた悔しさか

や違私は妻の事も解からない程の心の何処か片隅でまだ愛してのだ。


、怒りや嫉妬があるもう一 方では倫をても仕方がな得してい自分るのは事だ。

そのは、事ができう今まを優先にしてきたの

普通の夫婦なら二人うな事も全てに任せてきた。

度も私して綿から助け求めれていた。

かし、はそ」を由に逃げてきた

そんな事がも続き、当たり前のになってのだ。

妻の不倫が発覚するで上にも書いた様にへの情は既にないもと思っていた。



私は34歳、妻理香32歳結婚10年目の

お互い共通の友人通して知り合い、が大学を卒業するのをって結婚しした。

は専週に4日パートに出います。

--------------------

が妻の不倫を疑いだしたのは化からでした。

以前、妻は家の中で香水をあていなかっのが、たびたび家の中香水の香がすようになったからです。

そのは「出掛ていたのかな?」いにしか思っいなったが、そいう日に限って少し疲れた表情していま


んな日が何回かあった後「し変だ」と思い始め した

そこで私はが風呂に入っる間に妻の携帯を調べみた

想したロックがかけられ

かし今は便利な時代でイターネットで調ばすぐ欲しい答えに入

私は某有名掲びたび覗いて、今までにもそうた内容のスたりし込んだもしていた。

まさ自分がそう事にるとは思なかったが案の、書き込みをしてすぐにレスがた。

しかし出そうなので取りえず作業は中断し妻がを待った。


時間後、妻が寝たのを確認し そっと寝出てPCにかった。

書き込の時に私の今の状を書どういいの」と意見を仰いで

れに対してのレスがいくつ付いていた。




そのレ内容は、「まは証を掴確信を持ったら興信所等だった

こういった事はに相談しいので非助かった。

に状況を書むと同時に意やアドバイスを貰う事にした。


の携帯カバから取り出して掲示もらったサイトにアクセスしそこで暗証番号解読するソフトウンロー

しかし、PCと携帯を繋ぐケブルが必みたなので、この日こで了し、寝ることに


そこの掲示板は、浮気や不倫をれた人「サ・サ妻」呼ばれてるみ便だ。

のままび名がなも言えないしさがある。

--------------------

次の日

いつもよりも早仕事を切り上げ解読に必ケーブルを買いに行った。

っていたよりも簡単けること出来



家に着くと妻が少し驚いた顔をし

いつなら帰宅は早くて21〜22時のには18時に帰って来たのだから。

少し驚いてのも納得来るいつもは既に出来上がいる料理が再めそ食べる、いうが続いていたのでりに妻が理を作いる所を見た。


「今日はいつもよいのね」

「大一段落したから」


妻「そう、いもご苦労様」

「いや、君こそいつもありう」


使いか妻が少し嬉がする。

もしや今日、相手とっていた想像してまう。

し今は、いつも通の振る舞いで妻が寝るまで待つ事にしよう


時間後、寝てるそっと顔覗きみ、寝た事確認してから室を出た

のカバンかり出PCに向かクはかっままだ。

夜にウンドしたソフトを起動せ買てきたケーブをPCと携帯に繋げた

幾つか数字が示さていき、ある数字でった

1218」これが暗証番号

表示された数字を携帯に入力するとが解され

ともえない私の胸の中でいている。

まずは着信履ら見ことにした。


には19件入っている

その内12件は私も知ってい友人達の名前が示さいる。

して1件は、私から。う1件の表示は妻の妹から。

りの5件は尾田とた事のな前が表された。

はこの男か?


メール受信ルダてみる事にし

そこには達からメーが殆ど怪しメールはつからなかっ

し、私達夫婦の携帯のメーカーはu掲示板で教えてもた事当な、ヘッダ情報か1ヶ月以メールが見るみた

しヘダ情報を見る為に暗番号を力した。

そこに表示れたのは先程の着信履歴ていた私のらないからール

まずは証確保る為にの男からのメ簿用のPCに転送ておいた。


メールがしされいるを確認すると、これも掲示えて貰ったール動転送を妻の寿帯に仕る事にした。

来ならういった機能など知っいて当選なかもしれないが私は機にさほどなく当に掲示れている。

な私以上に、妻は機械には疎いのでかなだろう。

業をえると、妻携帯ロッかけし、カンの中に戻して置い

再びPCの前に戻り転させたメールを見る事


尾田から送て着婿ールの内は、

聞いたんだけど那っ便無しなだろ?代わに俺供をんでく

「俺が許るまで旦那とセックス

「次はいつラシテくれる?」

早く理香のマンコにたい」


の卑猥な言葉やへの侮次回会う催促などだった。

し、議な事に冷静にそメー読んでいる私がいる。

み終えにネ接続し助言を貰って示板のスレに書き込み始めた。

暗証番号の解読に成功し、妻の不倫相手を特定した事。メール送した事の携帯にメール自動転送を仕掛けた

を報。返ってたレスは


「や黒か、取合えずお疲れ

「今送されてくるールを見て、会う日れば証拠を掴う」



レスだった。

らのレスへ返事を返し日は

--------------------

関のドアを開けると良い香りしてた、の晩飯の匂いだろ

「たいま」

お帰りい、早い


「あ当分はこん感じな」

妻「そう、から調


(妻抱きたい)

突然そう思った、の瞬間、後ろから妻を抱しめていた。


っどうしたの、突然


無言で妻強くきしめる。

少し体にっていたが、すぐにが伝わっ

妻の体に向々しくキスをする

の唇はても柔らかい一体い以来ろうか。

徐々を入れていく堅く閉され少しずつ開いき妻の口のに私の舌が入って

て、つし妻の舌とスをしてい


間に数分キス

妻の目を見ると少し潤でいる。

そっと妻の腰にてて寝室れて行くと、妻の着ていた脱がす。

妻は宿目を閉じたまジッとしている。

子供でいせい妻の体は若かりし頃ままの状態だ

ットに寝かせ、妻の胸手でゆっくりと揉んでいく。

こんなも柔らかいなのか、改めて妻の体の素晴らしさにんという宝のち腐れをかと悔やむ私がいる。

アソコを愛撫する舌でア回すよめると妻のが小刻みに震えクッと跳る。

既にソコは切ってい寿る。

私の下半みを感じた

舐めていたせいか自分のボンを脱ぐことを忘れていたのだ。

ぐにズボンを脱ぐと私モノは既に硬くなていた。


「入るぞ」

は黙ったまま頷いた

そこらはも我夢中で腰を打ち


はぁぁぁぁぁ〜〜・・・んんーーーーっ・・・ぅっ・・・いいっ・あたぁっ・・・いいーーっ・・・・・・んーーーーっ・・はぁっ・・っ・・いいーーーっ・・・

のセいうもあって数分私は絶頂を迎えた。


私「うっすぞっ」

互いに息らしながら抱き合たキスした。


妻「・・・どうしのこ

私「いや香を抱きたくたんだ、嫌だったか?」


「そんな事ないすごく嬉しかった


相手から旦と性行を禁止された人妻の話ある旦那うと妻は拒否す、し理香は私との行を拒否はしなかっ


れは私不倫がバレなにする為か?

「それとも本当に尾田に脅されているのだろか?


の目最後まめよたとんな結末が待ようめて私そう思っ

--------------------

寝室ベットに入る、グッスリ寝てるよ

ふと、天井をめここ分の貿して来た事を思返した。仕事の事を全て妻に任せてき

の不倫題が解決に妻と私どうなているのだろうか


て、もう朝よ」

いつににかてしたようだ。


私「おはよう

妻「おはよう、ナタが寝過すなて珍わね


「ちょっと疲れてたのかな」

妻「そ西う、朝


「あぁよ」


段な、妻に起こさる前きているずな、やはり気いうちに疲れてるのろう。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様