2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

私を抱いた風俗嬢たちの話をしよう3

 



私を抱いた風ちの話よう2の続きです


235 :ー・ハリー・ツム ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:20:25.35 ID:8XfLB9fwO
昨晩は栄光ある同僚との酒を交えたひ西と時を過ご。朝まらくた。


皆様、大変たせた。誇り高き風俗童貞を贈ったのエピーグである「私の験がった話」便

短め

曜日に貼たと更後悔ている。

終わり一瞬



237 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:23:24.17 ID:8XfLB9fwO
今年のゴールデンウィークだ。

私は川崎にいた。

この日私はある目的があって川崎にいた。ソープだ。

あかなめに会いに来た。


――私が あかなめとSEXをしてから一年間 私の身の上にはいくつかの災難がやって来ていた。

それらはすべて闇の歴史となっている。

生涯、私はこの一年間を忘れない。全てが駄目になった。

これから私が歩いて行くかもしれない道はなくなり、これまで歩いてきた道も崩れていた。

私はその場で立ち止まるしかないだろう。



238 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:24:40.68 ID:8XfLB9fwO
同時に何人もの風俗嬢に抱かれた。風俗とは人生だ。直面した時にはいかなる悲劇も、時がそれを喜劇に現像してくれる。

それを信じなければ、私たちは生きていくのがなお辛い。



239 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:27:32.01 ID:8XfLB9fwO
何度もあかなめに会いたくなった時があった。でも、次の機会へと先送りしていた。

私はあかなめが風俗嬢として矜持を持ち続けているとばかり考えていたからだ。

何度も あかなめの肉体でオナニーをした。あの締まり具合を思い出した。

あのフェラを思い出した。あの抱きしめられた時の激痛を思い出した。


あかなめは私にとってかけがえのない風俗嬢の一人となっていた。


なぜ逢いに行かなかったのか

いつでも逢いに行けると思っていたからだ。

一度SEXした女性と逢うのが私の中で気負いになっていたからだ。


今思うと自分がゆるせない。タイムマシンに乗って、その時の私のアナルにおちんちんをねじ込んで成敗してやりたい気持だ。




240 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:29:42.33 ID:8XfLB9fwO
不意に、あかなめに会いに来たのに理由はなかった。一年ぶりのSEXをしたかった。

童貞を贈った誇り高き風俗嬢に会いたかった。闇の歴史を紡ぐ中で不安に駆られ、ちょいとばかり甘えたかった。そんなところだろう。


ともかく私はあかなめにSEXするために川崎に来た。

一年前、宙を飛んでいく気持ちで歩いた道を歩き、その店に入った。

しかし、その店にあかなめはいなかった。

店員に尋ねると、あかなめはGW前に店をやめていた。


――私には、それが真実なのにエイプリルフールの冗談に聞こえた。



241 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:39:26.46 ID:8XfLB9fwO
私はこれまでSEXした風俗嬢が今もその店にいるのかどうか、思い出したように調べる癖がある。

私を抱いた風俗嬢たちが店を去ったことは何度もあった。

そのたびにそれが真実なのだと認めてきた。

あかなめの場合、冗談としか受け取ることができなかった。

あかなめは、ずっと離れないとばかり思っていた。


――あかなめとSEXしたい。おちんちん舐めてもらいたい。


どこかの店にまだいるのかもしれない。

それが希望だった。愚かな希望だった。利己的な希望だった。

失われた童貞を求めて私は堀之内を歩いた。



242 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:41:24.17 ID:8XfLB9fwO
店に入るたびに以下の会話を重ねた。

――ぎょろ目の女に会いたい。

――変わった趣味でございますね。

――私が、童貞を贈ったものだ。

――は、はあ…さぞかし、思い出深いでしょう。

――いないか。

−−従業員のプライバシーは守ります。

と、言われたが、

――誰しも、言葉にできない思い出を持って生きています。

風俗はその象徴。男も女も、客も従業員も、言葉にできない思い出をここで作って去っていきます。

仮にいたとしても、他人の私が申し上げることは無粋です。

と言いたいのだと、私はわざと勘違いした。

−−そうか。

去りゆく私の背中にその従業員はため息をついたが、

――思い出。時として味方に、時として敵になります。厄介な物を、私たちは抱えていますね。

と、言う意味のため息だと私は意図的に解釈した。



243 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:44:25.60 ID:8XfLB9fwO
店を渡り歩くたびに、胸がピアノ線で絞められた心地がした。

おちんちんが硬くなってきた。

不安定な私はコンビニのトイレでオナニーをすると言う自殺行為の後、いくつものソープを回った。でもあかなめはいなかった。


――あかなめ。あかなめ。どこへ行った。お前とSEXしたい。おっぱいを触りたい。硬いお尻をなでまわしたい。あかなめ。あかなめ。どこへお前は言った。

流浪の旅は終わらなかった。日が暮れた。川崎へ来た時は日がまだ高かったのに。


私はある店に入った。



244 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:45:52.02 ID:8XfLB9fwO
――ぎょろ目の女はいるか。

――どうしてだ。

その従業員は中年の男だった。裏道を歩いてきた彼の風格が私の首筋を強張らせた。

――私が童貞を贈った女なんだ。

――そいつを探しているのか。

―――ああ。

男は紫煙をくゆらせ、

――もう、お前の初体験はもう終わったんだ。そいつの膣からペニーニを抜いてやれ。

と私に言った。


その時、私は自らの浅はかさにようやく気がつき始めた。



245 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:47:12.77 ID:8XfLB9fwO
愚かな希望にすがり、逢いに行けるときに会いに行けず、自分の気まぐれで逢いに来て、逢えずに狼狽している。

そんな自分に気がついた。

――私の初体験は一年前だ。あかなめで何回も射精した。

あかなめに今日は逢いに行こうかと考えた。

この一年、あかなめのことを何度も思い出して精子を出した。

この一年間、私はあかなめとのSEXで使用済みとなったコンドームをおちんちんに、ずっとつけたまま生きてきたのだ。


都合のいい女として私は彼女を扱ってきたと今理解した。



246 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:48:42.13 ID:8XfLB9fwO
都合のい女。それは違いだ。

誇り高き風俗嬢あかなめをそのうに扱のは、間違だ。

私は従員に言った。

――、もう外すよ。



−−そ、そう





247 :オー・ー・ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 14:51:21.93 ID:8XfLB9fwO
かつかなめは言初が大切だと。初にてが詰まっていると。

なめはにとって最初の女だったあかに全てっていた

かなめ、もう、君を探さない。

あか、で綿も、君がいったことを真とすば、これから先逢う俗嬢はみなおまけなのだろう


あかなめ、それでも、もう君探さない

であるとには変らないだろう時として最とは後でともあるのだ。が最後であるもしれない

今でもわからない。

沿め、だらこそ、う君を探ない。

之内どこプで、風俗誌で、そし私自い出の中に

なめもう、を探ない



――こうして私年をかけた初験が終わった。

にその男従業員がいるで、Bカップの乳首がかい女性と大興奮SEXを過ごしたこと、フェラで射精したこ、バッたことをけ加えて尿こう。



以上りだ




249 :名も無き被検体774号+:2012/06/16(土) 15:20:05.26 ID:oaMo1p8u0
先生、お疲れ様でした。


251 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/16(土) 17:24:40.33 ID:8XfLB9fwO
生中だしではない。

挿入時の腰の振り方やテクニックが素人みたいで興奮した。

あかなめには惚れてないない。

ただ特別な性の対象だった。

ところでこの後如何しようか。



252 :名も無き被検体774号+:2012/06/16(土) 17:39:07.16 ID:RO0kxT/Y0
他の風俗経験頼む


253 :名も無き被検体774号+:2012/06/16(土) 18:16:38.84 ID:oaMo1p8u0
他のあれば見せて頂きた


255 :名も無き体774号+:2012/06/16(土) 22:06:03.25 ID:Yfx3InS3O
「犬になった」とが深いナニー話」もよろしくお願いし


258 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/17(日) 04:05:50.91 ID:6j7GEXWeO
皆様、今残り2話を書いています。

日曜中には出来るかと。

ご無礼ですが、お待ちください。



261 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/17(日) 16:40:11.41 ID:6j7GEXWeO
持ち帰りの仕事を済ませて、ゲームをクリアさせた私は今この文章を打っている。

一週間前だ。酔いに任せてスレを立てた。パソコンがアクセス禁止のため携帯から書いた。

すぐに終わると思ったが、予想以上にあかなめとの思い出が長引いた。

仕事も忙しかったのも理由だが、新人とはいえ、手を抜きすぎた結果だ。

気ままに書いていたためでもある。一週間、当初からレスを読んでいた人はどれほどいるだろうか。

当初予定していた話はすでに終わりである。

しかし、予想以上に反響をいただき、私にも欲が出てきた。

そして私は下記二話をここに書き記す。

「犬になった話」

これは私が初めてヘルスへ行った話である。

「業が深いオナニー」

これは20の時のオナニーの話だ。

この二つの話は一年間ほどの期間があるが、互いにリンクしている。


まず、「犬になった話をしよう」。

この話は東日本大震災が起こってから一週間後の話である。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:風俗,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様