2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

私を抱いた風俗嬢たちの話をしよう2

 



私を抱いた風俗嬢たちの話をしようの続きです。


178 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:31:03.99 ID:oTuELf8AO
始める。


——なぜSEXを人はするのだろうか。

本日正午、会社のトイレでオナニーをした私は考えた。

答えはすでに決まっていたようなものだ。


私たちはSEXによって命を授かった。

SEXは私たちの原点だ。

SEX。それは私たちが原点に戻る行為だ。

短く生きた者がいた。長く生きた者がいた。

太く生きた者がいた。短く生きた者がいた。

いかなる生涯を歩もうとも私たちはSEXで原点に戻る。

己の、自分自身の始まりの瞬間に戻るのだ。

SEX。それは己の歩んできた道を、振り返り戻る作業でもあるのだ。

SEX。それはタイムマシンでもあるのだ。


——それが何を意味するのか。私はそれを語るほど、膣におちんちんを入れてはいなかった。


ドアにノックの音がした。

——早く出ろ。

掃除のおばちゃんだ。

私はトイレを出た後、ティッシュにくるんだ子供たちを水子として葬る儀式を忘れていたことに気がついた。


——ティッシュはタイルの上に置いたままだった。



179 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:33:06.09 ID:oTuELf8AO
自宅で下書きを書いた。今夜は一気に投稿しよう。


あかなめ。最初の女だった。

誰かと出会うのことでその人の人生が大きく変わることがある(by加藤あいinハケンの品格)。

そんな出会い、生涯に何度もあるだろう。誰もがそうだろう。

一分でもいい。思い出して頭の中にリストを作って欲しい。何人もいるだろう。

私のリストにも何人もいる。その中にあかなめの名前が、私と彼女の陰毛を組み合わせて表現されていた。

記憶は、また今夜も、部屋の窓を開けて、一年前へと精子を飛ばした。




180 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:35:04.64 ID:oTuELf8AO
「落ち着いた?」

あかなめが私に尋ねた。

あかなめと部屋に入って20分くらいたっていた。まだ一時間もあった。

私はうなづいた。

「SEX。怖くないでしょ」

怖くはなかった。妄想力のおかげで気持ちがよかった。

代わりにいたかった。タマタマが痛かった。銀色の痛みは治まらない。

「はじめにやっちゃえば、気持ちが楽になるでしょ」

とあかなめは供述した。

私が裁判官なら執行猶予なしの終身刑3回を彼女に下していただろう。



181 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:37:54.19 ID:oTuELf8AO
私とあかなめは服を脱いだ。あかなめの肌はきれいだった。小麦色をしていた。

太股はむっちりしていた。アフリカの人々の肌の色をマルコムXは黄金の肌と表現した。あかなめの肌もそれに近かった。

「ブラジャーをとって」

ベットに腰をかけて私に背中を向けたあかなめが要求した。私は承諾した。

下着を取った。

——私はヘルスで風俗嬢のおっぱいを数人なめてきた。

しかし。この瞬間、私は初めておっぱいを見た時のことを思い出した。


そのヘルス嬢は小柄だった。

下着姿でも私は正視できなかった。

こたつの中で、家の住人の足の裏の悪臭にまみれた空気を吸いながら眠るような、笑顔をヘルス嬢はした。

「女の子のおっぱいみるの恥ずかしいでしょ。私も恥ずかしいよ」

ブラジャーを取り外したのは私だ。やたら周りが静かだった。

ヘルス嬢のおっぱいが拡大されて私の目に走った。

かわいいおっぱいだ。Cカップ。もむと硬かった。でもかわいいおっぱいだった。

——ちなみにヘルス嬢とのプレイは彼女の太股に精子をぶっかけて終わった。



ブラジャーを外した瞬間、私は、言葉では言い表すことができない、「ときめき」を思い出した。

殺伐とした世の中で、そういう気持ちをずっと持っていたい。そう思った。



182 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:42:27.90 ID:oTuELf8AO
「ああ」と、あかなめが言った。

「ヘルス言ったことあるんだよね、じゃあおっぱいは見慣れているのか」

嗚呼、あかなめ、あかなめよ。

そうか、そなたは私を盛り上げようと、こんなにももったいぶっておっぱいを見せないでいたのか。

嗚呼、あかなめ、あかなめよ。

そうか、そなたはSEXが下手でも、こんなにも盛り上げることに心を費やしてくれるのか。


——あかなめが振り返った。初めておっぱいを見た時のような、静寂がした。

水を風呂に入れている音がする。

蒲団がこすれる音がする。

でも聞こえない。

いや、聞こえているが、どこか遠くから聞こえてきた。


——あかなめの巨大な乳房は垂れていた。

男たちに夢を吸われて垂れていた。黒ずんだ乳首が下を向いていた。乳首の毛穴がはっきり見えた。

大きかった。つかんだときは確かに大きかった。そう、実物も大きかった。

でも重力に負けていた。派手に負けていた。壮大に負けていた。


と、言うのは大きな嘘だ。


——あかなめの巨大な乳房は垂れてなどいなかった!

Eカップ!Eカップ、そうだ!

諸君Eカップだ!褐色の乳房が室内の白い光を反射して輝いた!乳首!そう諸君、乳首はどうだろうか!

ピンク!人間のおっぱいの色をしていた!がっかりおっぱいなどという代物ではなかった!

私の前には完ぺきな!そう!

古今東西南北老若男女レディースエンドジェントルマンおじいちゃんおばあちゃん少年青年壮年老年幼女少女熟女誰もが認めるおっぱいが!

——私の。

——目の前に。

——あった。



183 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:44:23.87 ID:oTuELf8AO
「形は自信あるんだよ」

ぎょろ目のあかなめが言った。同時に腹部も叩いた。

「腹筋も自信あるんだよ」

「!」

私は驚愕した。あかなめの腹筋は綺麗に六つに割れていた。

「貴女、その腹部は」

「夜腹筋してるの。ダンベルも」

あかなめは私の手を引いて立ち上がった。

「why?」

「見た目がいい」

何言ってんだこいつ。

よく見ると彼女の肉体はアスリートだ。無駄な筋肉がなかった。

−−確かにSEXはスポーツだ。でも、こんなに筋肉はいらない。




184 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:46:18.21 ID:oTuELf8AO
彼女は髪の毛を縛って私の体を洗った。

洗われている間、私はインタビューをした。



あかなめ——何歳に見える。

私——26歳。

あかなめ——そうそう。でもそう見えないでしょ。風俗やってるとホルモンのバランス乱れちゃうから、老け顔になりやすいんだよね。どのくらいいると思う。

私——新人とあるから一カ月。

あかなめ——今年で三年目です。

私——ベテランではないか。

あかなめ——ううん。まだ新人。これだけは譲れない。

私——どうしてだろうか。

あかなめ——最初に全てがある。そう考えるから。最初に料理を作った時、最初の恋、最初のSEX。最初に経験したことに全てがあるの。後から経験したことは、おまけ。だから私はずっと新人。

私——哲学的だ。

あかなめ——ニーチェの話でもしようか。



185 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:48:13.09 ID:oTuELf8AO
私——なかなか教養があるようだ。

あかなめ——風俗嬢のたしなみなだけ。新聞は毎朝三紙読んで来てる。

私——そうだな、アルフレッド・ヒッチコックについて話そうか(映画監督だ)。

あかなめ——北北西に進路を取れの良さがわからないわ。

私——! 私もだ。

あかなめ——君もか。

私——アルフレッドはサスペンスが下手だ。

あかなめ——でもホラー…スリラーっていうのかな、区別がわからなくなったけど。そういったものは得意だ。

私——! サイコか。

あかなめ——レベッカもよ。ヒッチコック。骨のある監督だった。



186 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:50:23.68 ID:oTuELf8AO
私——…なかなかの趣味だ。ダシ—ル・ハメット(ハードボイルド作家)についてはどうだろうか。「マルタの鷹」は傑作だ。

あかなめ——ふ。嘘が上手。「血の収穫」があたしは好き。

私——! 私は君をバカにしていただけのようだ。

あかなめ——コンチネンタル・オプ。最高の探偵よ。

私——君の勝ちだ。好きにしたまえ。

あかなめ——それじゃ、NCフライス盤のことについてお話しましょ。それともダイヤモンド工具がいい?

私——私は文科系だ。

あかなめ——あたしは高専卒。切削工具が大好きよ。

何言ってんだこいつ。

私——秘密の言葉だ。ぬるぽ。

あかなめ——ガッ。

私——!

私は負けた。

あかなめ——NC工作機械についてはググれ。


完全に負けた。サイパン島並みの敗北だ。玉砕だ。天皇陛下マンセー。



187 :オー・ハリー・ツムラ ◆Xb1uNrfekw :2012/06/13(水) 22:52:56.53 ID:oTuELf8AO
——風俗にはたくさんのお客が来る。それぞれの話に合わせられるよう、広く学ぶ必要があるの。


あかなめはつぶやき風呂に入った。

ちなみにあかなめは体を洗うのがうまい。

ときどき私の体にキスをした。しかし吸い過ぎだ。キスの跡が赤く残った。


風呂に入ると彼女は私の体に寄り添った。硬い。石みたいに硬い。

「SEXって体でするものじゃないの。知ってた?」

「解説を頂こう」

「キスや抱きしめあった圧力は触覚。息遣いや体液の音、体をなめる音は聴覚で。相手の体を視覚で。耳で感じて、肌で感じて、目で感じて。でも一番なのは気持ち」

「!……気持ち」

「見えるけど」

「見えないもの」

あかなめはうなづいて、「引用元:遊戯王」といった。

「どうしたら気持ちよくなれるんだろう。一人だけ気持ち良くなっても意味がないの。二人で組み立てるもの。それが」

——SEX。

「!……二人で組み立てるもの」

私の生涯で今まで考えたことがないものだった。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:面白, 風俗,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様